> > [はてな] 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-43 「反撃の声」

[はてな] 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-43 「反撃の声」

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

「そしてあなたは 確かに戦士なのかもしれませんが アスランでしょ」

ここで前作でのラクスの言葉を思い出してみる。あのとき彼女は

「ザフトのアスラン・ザラ」

と言ったのです。

このへんの対比というかラクス様による新たな洗脳というか一つ一つ心の殻を解体していく様が、これまで割り切ることも出来ず、ひたすら考えるしかなかったアスランにとっての救いとなったのだなぁ、よかったねぇアスラン、というかんじで。

で、いかに世界最強の戦士たるキラ様であったとしても、2対1では分が悪い、キラ危ない!! ってところでアスラン介入判定成功!! しかし

「やめろーっ!!」

ってなんでいきなり無線通信できますか。いやもともと同じザフトの機体だからなのかもしれないけど、通信コードみたいなのあると思うしぃ、脱走兵なアスランの識別コードみたいなんも無効化されてんじゃないか、とか考えてはダメです。様々なツッコミどころには生暖かいまなざしで見ることが出来れば、近年希に見る面白アニメなのですよ。いやほんとに。

あとアークエンジェルとミネルバの戦いも、アークエンジェルが潜航しはじめた時が追撃のちゃーんすなのに何故かミネルバは速攻逃げ打ち始めるし、そして次のシーンではもう潜航完了してたりするし、ってもう。ええ。

いやいやそんなことよりアスランですアスラン。殺したはずの相手が実は生きていたことを知ったとき、それが悟りへの第一歩なのです、このアニメでは。そして悟りを開きつつあるアスランのお言葉、これまでの回想がもうね、「なにがほしかったんだ!!」 とか素晴らしくて。

でも残念ながらシンは、困った事態になると逆ギレ種割れするので、ね。しかしようやく種割れしたアスランに一瞬で力の差を見せつけられたのでした。よくやったアスラン!! あっぱれ!!

アークエンジェルは最初から潜航してたら…いやいや。

ユウナたんは非業の最期…まあそこまでやらんでも…と思わなくもない。

で、セイラン家を踏み台にしたジブリールは月へ。ってか重力圏を突破する速度のシャトルに後追いで追いつけるはずないし、ここはミサイルとか撃つところでは、とかってのももういい。てか追撃にあえて射撃スキルの低いルナマリア、ってのはここでシャトルを撃ち落とさせないためですか?

グラディス艦長はよく分かった人ですね。状況終了。そしてアスラン意識を失う。なんつーか、フリーダムとジャスティスのカラミシーンを作りたかっただけちゃうんかと。アスラン瀕死やん。怪我の治りが遅いと言うよりはマジで死にかけてたんかなあ。

で、ネオ=ムウで確定かな。フラッシュバックとかしてたし。記憶を書き換えられてたようですな。そんなネオの口説き文句にメロメロです。ほんとこの船の艦長はお優しい。

カガリの意志。そこに介入する偽ラクス。そしていよいよ本気で動き出した本物ラクス。そしてED へ。毎度毎度入り方が上手すぎ。

Home > はてな > [はてな] 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-43 「反撃の声」

Return to page top