> > Office 2007 で作成したファイルをOffice 2003 以前のバージョンで開く方法

Office 2007 で作成したファイルをOffice 2003 以前のバージョンで開く方法

まもなくOffice 2007 がリリースされるわけですが、見た目(UI) が変わっただけでなく、保存形式も変更になるようです。互換性については考えられているようですが、一部気をつけないといけないところがあるので軽くまとめ。

例えばWord の場合、Word 97 - 2003 までは同じファイルフォーマットで、このファイルはWord 2007 でも開くことが出来ますし、Word 2007 の新機能を使用しなければそのままWord 97 - 2003 で読める形式で保存することが出来ます。

逆に、Word 2007 で作成したファイルをWord 2003 でも編集したい場合は、保存する際にWord 97 - 2003 形式で保存すればOK ですが、Word 2007 での新機能は使えない(はず) です。また今後、Office 2007 の普及に伴い、「貰ったファイルがWord 2007 形式だったので開くことが出来ない」 みたいな事が起きるようになると思います。

この問題の対策として、「Microsoft Office Compatibility Pack」 というツールが出ていますので、これをインストールしておけば大丈夫なようです。Office 2000 SP3 / XP SP3 / 2003 SP1 対応。

Office 2007 には試用版もあります。試用版をインストール、試用後、製品版を購入し、プロダクトキーを入力すれば再インストールの手間なくそのまま製品版として使用できるようです。

ウチの場合、XP で充分だからなぁ…とかもあるので、アップグレードはしないかも。とりあえず互換性ツールだけ入れておくことにします。

(2007/02/21 13:36 追記)
互換機能パック入れてみました。Word 2002 のファイル保存ダイアログで2007 形式の保存ができるようになっていることを確認。

先々のことを考えて、Office 2000 / XP / 2003 環境の場合は互換機能パックを必ず入れるようにしておいたほうがよさげです。

(2007/03/15 13:00 追記)

(2007/06/21 18:44 追記)
ひっそりとバージョン上がってました。

これまで公開されていたもののバージョンは「12.0.4518.1014」 で、今回新たに公開されているもののバージョンは「12.0.6015.5000」 になっています。

おそらく、今後「互換機能パック入れているのに何故か変換できない」 ファイルが出てくると思われるので、折を見てバージョンアップしておいたほうがよさげです。

Home > PC > Office 2007 で作成したファイルをOffice 2003 以前のバージョンで開く方法

Return to page top