Home > Archives > 2008/01

2008/01

ソニエリのau 向けケータイW61S とW62S 発表

春モデルの情報出ました。どちらも魅力的。

W61S

気になったところ。

  • スライド
  • 511万画素CMOS、AF、手ぶれ補正、光学3倍ズーム、LEDライト
  • Bluetooth
  • ワンセグ
  • EV-DO Rev.A
  • micro SD

W62S

気になったところ。

  • 折りたたみ
  • GSM
  • 201万画素CMOS、AF
  • ジュラルミン製フロントパネル
  • micro SD

どちらも魅力的ではあるのです、が。ジョグダイヤルがまたしても無くなってるのは何故なんだ…。夏モデルに期待?

ようやく出るW54S といい、micro SD になってしまうし、もうメモリースティックの採用はなさげっぽいですね。これはソニーが、とかいうより携帯のハードウェアをある程度共通化していこうという流れからなのかも。

どっちかというとW61S かなぁ。発売開始は4月以降とかいうし、そのくらいであればW53S の機種変 から7ヶ月超えになるので、お値段次第ですが実機触っていい感じであれば機種変(端末増設) するかも。

[はてな] 年末からずーっと「コールオブデューティ4」 やってた

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

ノーマル→ハード→ベテランとシングルを進め、ベテランのエピローグの壁がアツ過ぎるのでいったん諦めて、今度はイージーでアイテム集めとかを済ませて実績980点にまでなった。最後の20点は老後の楽しみに取っておく。

というわけで都合4周したわけですが、4周やっても面白い。いや面白いとか通り越して凄いですよこれは。FPS なんてどれも同じ、なんて時代はとうに通り越して、従来からのスクリプトと組み合わせていかに面白い場(シチュエーション) を「演出」 してみせるか、なんてところがもう凄すぎる。特に最後。刀折れ矢尽き、もはやここまでか...という状況で、決着をプレイヤーに付けさせるように組み立てる演出は鳥肌が立った。

お話自体は、そんなに複雑なモノではなく、楽しくドンパチできる(ゲームなので) ようになってます。

難易度をイージーにすれば10発くらい銃弾喰らっても死なないので不慣れなヒトにも安心(グレネードは一撃死)。あとLT で狙いを付けることが出来るんですが一度LT 離してもう一度LT 引くと直近の敵に自動的に狙いを付けてくれる機能があるので、これを使いこなすと更にラクになれます(設定でオンオフ可能)。

FPS で3D 酔いもあるだろうし、内容が内容だけにヒトを選びますが、超オススメ。

コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
B002GKBLLY

で、ボチボチマルチの方もはじめてみた。こっちはこっちで経験値がたまると使える武器が増えたりするようになっていて、末永く楽しめそう。いまはまだ使える武器が少ないのでMP5 で。割とすぐ殺されるんだけど瞬時にリスポーン出来るので展開が速くていい感じです。殺されることよりもリスポーン待ちのほうがストレスなので、これは良い仕様。どちらかというとリアル系に近いほうだとは思うのですが、割と気軽に出来るんではないかと。

1月のWindows Update は緊急1件、重要1件です

2008年最初は緊急1件、重要1件と少なめで色々とありがたいです。

[はてな] Xbox 360 修理から戻ってきた

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

あけおめ!! といいつつ年末の話。

これまでの経緯。

12/17 くらいに壊れて-

  • [はてな] ついにそのときが来た!! | alectrope
    http://alectrope.jp/mt/archives/2007/12/17/xbox360_rrod/
  • 12/19 に電話して-

  • [はてな] Xbox 360 の修理依頼をやってみた。 | alectrope
    http://alectrope.jp/mt/archives/2007/12/19/xbox360_rod/
  • 12/20 発送して-

  • [はてな] Xbox 360 発送完了。 | alectrope
    http://alectrope.jp/mt/archives/2007/12/20/xbox360_rod/
  • 12/30 に戻ってきました。

    修理報告書によると、受付が12/19、修理完了が12/28 扱いになってました。まぁ、当初の案内通り、だいたい2週間弱、というところですね。送り状の伝票番号で調べると12/29 発送、何故か12/31 着指定になっているのに12/30 に届いた模様。

    作業内容は、「アルゴンボード」 と「マザーボード」 を交換した、となってます。アルゴンボードってのは電源ユニットまわりのことらしい。AC アダプタはおそらく問題無かったみたいで、そのまま戻ってきました。あと診断テストや負荷耐久テスト、ゲームプレイテストなども行われた模様。

    xbox360ac_1.jpg

    で、エリートのACアダプタと比較してみた。なんか取り回しがしやすくなったなぁ、と思ったらやはりケーブルの太さが全然違う。左が初代、右がエリート。

    xbox360ac_2.jpg

    ちょっと小さいけど、ACアダプタの表示部分。これも左が初代、右がエリート。消費電力が203W → 175W になってます。あとエリートのアダプタに日本アイビーエム株式会社の名前が。

    xbox360ac_3.jpg

    アダプターを本体に差し込むところのコネクタ比較。左と上が初代、右と下がエリート。エリートのアダプタを初代にさす、ってのは出来なくなってます。あと初代だと金属パーツやロックボタンがあったのに、それらも省略されてます。初代のが過剰だったのか、単なるコスト削減なのか...。

    で、起動確認。ここ最近、Xbox LIVE が不安定で入れなかったので、ダッシュボードでの動作しか確認出来てないのですが、明らかに静かになってます!! たぶんヒトによっては結構気にするであろう、ファンノイズが激減してます。エリートと比べてもめっちゃ静か。このまままた初代を使おうかと思ったよ、ってくらい。

    xbox360ac_4.jpg

    折角なので比較写真撮ってみた。

    どちらも、背面側に6cm? ファンが2基搭載されてます。初代のファンはちょっと奥まった位置にあるみたいで見えにくい。エリートのはどうやらデルタ製っぽい。どおりで...(それは偏見です)。

    いつ出るか分からないエラーにおびえてのゲームプレイは結構ストレスですが、壊れた後の体制はまぁ、悪くないです。そうそう、Xbox LIVE ゴールとメンバーシップの1ヶ月分が一緒に入ってました。修理期間中、遊べなかった分の払い戻し的なものですかね。これは太っ腹。

    Home > Archives > 2008/01

    Return to page top