Home > Archives > 2009/01

2009/01

[はてな] ホリのXbox 360 向けジョイスティック「リアルアーケードPro. EX SE」 ポチった

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

前に買ったRAP EX が、レバー及びボタンがセイミツ製になり、またボタン配置も微妙に良い感じになってかえってきた。

これは買わざるを得ない、というか最初からこの仕様で出せよと...。とか色々思うものの、自前でパーツ取り寄せて改造するのも手間暇お金がかかるので、ポチった。01/26 から販売開始していたようだけど、今回は現時点でもまだ在庫ある模様。

既にPS2 用のRAP SE もあるし、さすがに3台も置く場所無いのでRAP EX はドナドナ予定。微妙にアレな感じだけど、仕方ない。


追記

ホリのこの手のジョイスティックは、初期ロット完売すると追加生産されず、やふおくとかでプレミア付けられたのを買うしかない、ということになることがよくあるので、気になるならおさえておいたほうがよさげ。

過去の例だと、上にも書いたリアルアーケードPro. SE はキャンセル以外の追加生産は一切なかったと記憶。SA の方はゲームショウで販売、とかやってたんだけどねぇ。

[はてな] 年末にXbox 360 ハードディスク 120GB 買った

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

amazon で11/20 ごろに注文、1ヶ月くらい待ってようやく昨年末に届いたのですが、今見てみてるといまだに品薄みたいですね。

一応、60GB なんてのもあるのですがこっちにはHDD転送キットが付いていないので、別途Web から申し込むという、エリートと同じ方式で、案の定届かないなどの悲劇が続発してるらしく。相変わらずですな。

大は小をかねるなのでできれば120GB HDD 買っておいたほうが幸せになれる、かも。


んで、いくつかのゲームをHDD インストールしてみたんですが、読み込み速度向上については効果がよく分からないのだけど、ディスクの回転がなくなったことによる静音化が効果大でまじやばい。

特に「DEAD SPACE」は回転音がなくなったことで、「これまで聞こえなかったヒソヒソ声」などが聞こえてくるようになり、また異常なまでの没入感がえられるようになって30分も遊べば精神的にぐったり。こんなに変わるものなのか、と。

Dell SC440 にWindows 7 β 64bit 入れてみた

  • PC

期間限定、製品品質に達していないベータ版とはいえ、新しいOS をタダ使える良い機会なので使わない手はない、というわけで、動画エンコード専用機にするつもりでまったくの放置状態だったDell SC440(Pentium Dual Core E2180(2GHz)、DDR2 ECC 2GB、SATA 80GB) に先日改造したGeForce 8600GT を入れてWindows 7 β 64bit 版をインストール。

windows7_setup_format.jpg

セットアップは非常に簡単。デュアルブートにする必要もないのでHDD 全てを1パーテーションで...、と設定しても何故か先頭に200MB の領域が自動的に確保されてしまう。ブート領域なのかな?

とりあえずそれは無視することにして、ディスク0パーテーション2 をフォーマットしてインストール。最初ここでフォーマットを忘れててセットアップが途中で終了してしまうなどの失敗もありました。

windows7_performance

あとは特に大きくはまるような所もなく、セットアップ完了。とりあえずセットアップ完了直後のパフォーマンス。Windows 7 では最大7.9 になったそうです。5.0 あればまずまず...というくらいなのかな。

windows7_nvidia.png

ただこの時点ではGeForce 8600GT 用のドライバがちゃんと入っていないのでWindows Update からインストールする必要があります。

windows7_performance2

そしてアップデート後に再計測。びみょーにスコア向上。

GPU-Z で確認すると、PCI Express x4 で動いてるようで一安心。ただやはりファンレスなのでアイドル時でもGPU 温度が 70度あるのでやばいかも。

ウィルス対策ソフトは今のところNorton 360、AVG Internet Security / AVG Anti-Virus、Kaspersky Anti-Virus あたりが公式対応、ということになってるみたい。

それ以外でも動くものは動く模様。

今回はとりあえずkavwks 8.0 for windows 7 を選択。ベータ版扱いなのだけど、これはこれでアクティベーションを行ってライセンスを取得する必要があって、90日間くらい使えるようになりました。

まだあまりアプリケーションは試してないのですが、ロストプラネット体験版(DirectX 10版) はVista 向けなので期待したのですが起動時にあえなくエラーとなりました。Vista でも動く、一般的なアプリならそれなりに動くような気もします。


Windows 7 はVista ベースなだけあって、UI などVista を踏襲していますが、ウインドウの端をドラッグしたまま画面端まで持って行くと自動的に最大化/同じくウィンドウ端を画面端から離すと元のウィンドウサイズに戻る、などが、なんてことないのだけど気がきいてる感じがします。

またVista の場合、UAC のダイアログボックスが出るまでの「間」 がものすごーくイライラしたものですが、Windows 7 だとデフォルトの状態でも即表示されるので、快適です。

今回試したSC440 のスペックもそんなに高くはないはずなのに動作がつっかかったり待たされたりなどのストレスもなく、かなり快適に使えているので、色々チューニングが進んでレスポンスが良くなったのかな、と想像。

ベータとは思えないほど、安定しています。1回だけ、explorer.exe がおかしくなったので再起動させたりなどもありましたが、今のところ再現しないし状況説明も難しいので説明略。再発したら不具合レポート送ってみます。


Vista も、なんだかんだで良くないイメージが付いてしまっているし、ひょっとすると今年中にWindows 7 正式リリースなんて事もありうるかもしれない(根拠無し)。現状特に困ってなかったり、PC を買う予定もなければWindows 7 出るまで、というかWindows 7 への無償アップグレード付きVista PC が出るまで現状維持で待ち、にしても良いかも知れない。

ベータのダウンロードとライセンス取得も期間限定なので、さしあたって使う気がなくても、とりあえず落とすだけ落としておいたほうが良いかもです。

(2009/01/19 20:44 追記)

GeForce 8600GT を削ってDell SC440 に入れてみた

  • PC

Windows 7 β も出たことだし、放置しているDell SC440 に入れて遊んでみるついでに、これまた同じくほったらかしになってるGeForce 8600GT の端子を削ってSC440 にさしてみよう、というお話。

カードはASUS EN8600GT SILENT/HTDP/256M。ファンレスで2スロット消費。

SC440 の場合、電源が300W 程度なので、外部電源を必要とするようなビデオカードは避けておいた方が良いと思います。個人的に、ビデオカードのファンの音は非常に気になるので、ファンレス。BTX ならばきちんと冷却してくれるはず。


どこをどう削ればよいかについてはこの辺参照。

今回はビデオカード側を削っているけど、SC440 マザーボードのスロットをカットする、という方法もあります。どちらの保証を取っておきたいか、など勘案してそれぞれの判断で。

そもそも、こういった改造は単に保証外になるだけでなく、工作時のミスでどこかショートさせて壊してしまったりとか、最悪の場合、発熱や発火などの可能性もあるので慎重に。

この記事を読んで改造を行い、何らかの不具合が起きたとしても一切責任持てませんので、「改造は自己責任」ということでよろしくお願いします。

なお、Wikipedia では「相互接続性の問題」 という項目でこのあたりのことを記述してます。

ただ、「Serial PCI Express Bus 16x Pinout and PCIe Pin out Signal Names」 を読む限り、電源関係の端子は先頭の11ピンに集中していて、あとはPCI Express の転送に使われているだけのようにも見えるけど...、どうだろ。

で、この表でいうところの50ピン(GPUクーラが載っている方を表として、右から数えて33番目) より後が不要なのでバッサリと全部削ってしまってOK です。ただ全部削るのも面倒なので、工作の手間を考えて50-52ピン(右から数えて31-33番目)の3つだけを削ることにします。

1月のWindows Update は、緊急1件 です

MS08-067 の脆弱性を狙ったウィルスが流行っているようなので要注意。悪意のあるソフトウェアの削除ツール が対応したようなので念のためチェックしておいた方がよさげ。

Home > Archives > 2009/01

Return to page top