Home > Archives > 2009/04

2009/04

Microsoft スキルチャージ プログラム Web サーバー導入キット サーバ構築中


Microsoft スキルチャージ プログラム のWeb サーバー導入キット に当選した」 から早2週間。時のたつのは早いものです。

現状は、OS のインストールも終わり、各種設定確認とかセキュリティ対策とか行って、IIS をインストールした、というところ。これから詰めないといけないことが多いので気合い入れていかないといけないです。

さて、一応、ポリシーみたいなものを書いておくと、今回のサーバ一式はマイクロソフトのMicrosoft スキル チャージ プログラム ‐ 第 3 弾 の「Web サーバー導入キット」 によるものですが、提供の条件はホントこのページに書いてることだけなので、特に気を遣うこともなくありのままに導入レポなど書くつもり。

ただちょっと気になっているのは「この条件を満たせなかったとき」 にどうなるのか、てのが一切触れられていない点。おそらく一式を返却、ということになると思うので、とりあえず1年間平穏無事に運用するのが最優先だと思うのだけど、他の当選者の導入レポとか見てみると届くなり中開けてCPU とかメモリとかHDD いじっててちょっとビックリした。変にいじってハードウェア故障引き起こして修理拒否、とかもアレなので、1年間はおとなしくオリジナルの構成で運用するつもり(自分で買ったサーバなら色々やるんだけどね)。

Windows Server 2008 は物理サーバと仮想サーバとで別のプロダクトキーが割り当てられていて、エディションによっては仮想サーバ無制限とかあるようなのだけど、残念ながらWindows Web Server 2008 は物理サーバか仮想サーバかどちらか1つだけしか使えない。

1年たったらVMware vCenter Converter とか使ってP2V しちゃって別サーバ上の仮想サーバとして稼働させてみたりとかも面白いかも。


素のHP ProLiant ML110 G5 だとCPU がCeleron 420 (1.6GHz) で、シングルコアだしさすがにこれをそのまま仮想サーバとして使う、というのは厳しいけど、逆にTDP が低い(35W) ので地球に優しい低消費電力で常時稼働サーバとしては悪くないですな。

付属のマウスとキーボードはどちらもPS/2 で、当然本体側もPS/2。そういったレガシーポートを早々に排除したDell とは対照的。どちらが良いとかいう話ではないのですが、現在APEX OutLook 09N4290 というPS/2 + アナログRGB な4ポートKVM を使用していて、これがPS/2 なのでこれはこれで有り難かったり(SC440 との接続はPS/2-USB 変換アダプタかませてる)。

電源オン直後はファンが全力運転するのでさすがにうるさいですが、すぐに回転数が落ちてあとは割と静か。SC440 の方が静かなような気もしますがまぁ同じくらいかなと。IBM x3105 はこの2つと比べるとうるさいです。


Windows Web Server 2008 は32bit(x86)版と64bit(x64)版の2枚のインストールディスクが付いていて、あまり意味はないかも、と思いつつ、なんとなく、x64 を選択。OS のインストール自体はVista とあんまり変わらず。この辺は流石マイクロソフト。

付属のドライバCDにはWindows Server 2008 用のものは入っていないので、必要な物はWeb から落とす必要があります。

で、実際にインストールしたのは以下の4つ。これでデバイスドライバで!マーク付きデバイスが消えました。

あとはWindows Update など実行。


で、最後に一応ウィルス対策ソフト。Windows Web Server 2008 には普通のウィルス対策ソフトは対応してないので、専用の物を用意する必要がありますがこれが結構いいお値段します。色々調べてAVG Anti-Virus Network Edition がいいのではないかという結論に達し、現在30日間試用版を試用中。

最低2ライセンスから買うことが出来て、その場合9,600円/1年、14,300円/2年 と大変お安い。Windows Home Server と2ライセンス買ったら幸せになれそう。ウィルス対策ソフトとなってますがわりとちゃんとしてるっぽいファイヤウォール機能も付いてますので安心。何事も絶対に安全てことはないですが対策しておくにこしたことないです。

というわけで長くなったので今日はこの辺で。

レノボのIdeaPad s9e 買った その2(メモリとHDD 換装編)

  • PC

ちょっと間が開きましたがこないだの続き。今はすっかり環境構築も済んでこのテキストの下書きもs9eでちょこっと書いてみたり。

まずは前回盛大にミスった液晶保護シールのリベンジ。こないだと同じくエレコムのやつ(EF-FL89W(8.9インチワイド用))。

ELECOM 液晶保護フィルム(反射防止仕様) EF-FL89W
B001FSKH2M

前回の反省を生かし、今回は縦方向を0.5mm カット...のつもりが1-2mm 程カット(つまり斜めになった)する結果となってしまい。前回よりはうまく貼れたものの、やはり上の方が浮いてしまってもうダメだ。というわけでリベンジ失敗。心折れたのでしばらくはこのまま使う!!

で、そうこうするうちにsofmap.com で頼んでおいたUMAX のノート用メモリ 2GB とトランセンド の 64GB MLC SSD が到着。

IdeaPad s9e は標準でオンボード512MB + 増設512MB という構成で、増設分の512MB を1GB に換装して合計1.5GB、というのがメーカオフィシャルの最大メモリ、ということになってますが、2GB 載せればオンボードの512MB が無効化され、2GB まるまる認識してくれるみたい、っということで2GB を選択。安いヤツだと半額くらいであるんですがまぁこのへんはなんとなく気分的な信頼性? 重視で。

SSD は、安価なSSD でのプチフリ(プチフリーズ) がきになるところですが、トランセンドのSSD はそれらと同じJMicron のチップを使っているにもかかわらず、独自ファームのおかげでプチフリが起きないとか。

プチフリとかについてはこの辺が詳しいです。

で、なかなかよさげなTS64GSSD25S-M ですが、型番は同じなのに通常モデルとハイスピードモデルが存在するらしく。

で、sofmap.com の商品ページに「最大リード速度148MB/s、最大ライト速度90MB/s」 と書いてるのでこれはきっとハイスピードモデルだそうに違いない信じればそうなる、っというわけでこれを買った次第。

届いたSSD の外箱に「ハイスピードモデル」 のシールが貼ってなくて、落胆してみたりもしましたが、はたして。

よし、これで必要なものは全て揃った。

IdeaPad s9e のメモリとHDD 換装は非常に簡単で、裏返してネジ2本外して裏蓋外すだけですぐアクセスできます。で、そそくさと入れ替えてシステムを転送(詳細は次回)、SSD のベンチマークなど。

TS64GSSD25S-M_CrystalDiskMark

続いて HD Tune。

TS64GSSD25S-M_HDTune_1

TS64GSSD25S-M_HDTune_2.png

ネットブッックのCPU や足回りなどを考えるとまぁこんなもんですかね。あと適当に常駐物とかも動いてたりする状態でベンチ取ってるので、まぁそのへん差し引いて見ていただければと。


換装前のHDD はWestern Digital のWD Scorpio Blue 160 GB SATA HDD (WD1600BEVS) で、こっちのベンチとかは取ってないのだけど、換装後も体感上遅くなったどころかきわめて快適で、HDD の駆動音もなくなったし、システムファン以外の回転するものもなくなったしで取り扱いが気分的にとてもラクに。

また、実際に色々やってみましたが、数秒間操作不能になったりすることは皆無で、ウワサ通りプチフリは起きにくい(実は密かに起きてるけど知覚できてないだけ、かも...) ようです。

というわけで長くなったのでどうやってHDD をSSD に換装したのかはまた次回に。

Microsoft スキルチャージ プログラム のWeb サーバー導入キット に当選した

05/15 までにWeb サーバを立ち上げ、かつ1年間それを維持すること、など提示されてるいくつかの条件が満たせそうだったので、応募してみた。で、あれこれあってモニター当選した模様。

今回モニター当たったヒトには以下の物が送られてくるらしい。早ければ週末くらい?

Windows Web Server 2008 は、Web サーバである IIS 7.0 くらいしか動かない機能限定版なのだけど、そのかわりWeb からのアクセスに対するCAL が不要なのがメリット。Windows でWeb サーバたてる場合はこのへんがネックだったからね...。

今これ書いてるサーバは、Citrix Xen Server Express 4 上にCentOS 5 を稼働させるという変な環境で、諸事情あってこれを別の環境に移そうと思っていた(そして頓挫していた...) ので非常に良い機会です。えぇ。

自宅サーバは RedHat 6.2J から始まってRH9、CentOS 4、CentOS 5 など使ってきましたが、初めてまともに触ったサーバOS とWeb サーバと言えばWindows NT 4.0 Server + IIS3.0 でした。IIS 3.0 は非常に不安定だったので、すぐにNetscape のサーバに乗り換えたりしましたが...。

その後、Windows 2000 Server + IIS 5.0 とか、Windows Server 2003 + IIS 6.0 などを(なんちゃってで)触ったりしつつ、現在に至ります。まぁあんまりたいした使い方してないです。


とりあえず届くまで予習。ライセンスとかも確認しておこう。

サーバ一式が届き次第、進捗をこのサイトで報告しつつ、準備が整ったら新サーバの方へ現行のコンテンツ丸ごと移行予定です。MT4 は個人的にちょい使いにくい感がある(更新が激減したのはそのせい←言い訳) ので、別のものに移行するかも知れませんが、できるだけURL は維持する所存。

Home > Archives > 2009/04

Return to page top