> > > ひびの入ったiPhone 3G をGENIUS BAR で交換

ひびの入ったiPhone 3G をGENIUS BAR で交換

先週iPhone 3GS を購入し、USIM カードを入れ替えてこれまで1年使用していたiPhone 3G は予備機として保管、1年使ってきたしそろそろ保証切れるけど特に外装に問題ないよねー、っと確認してたら。

iPhone 3G(16GB白)、Dockコネクタ左側にひび割れ

Dock コネクタ左側にひび割れが。既に断層化してきています。


というわけで、良い機会なのでアップルストアの GENIUS BAR を予約してみました。

まずは「オンライン修理サービス」 からシリアル番号など入力。オンラインで修理を依頼することも出来ますが、今回は最寄りのアップルストア心斎橋での修理を依頼してみます。名前とかメールアドレスとかを入力、GENIUS BAR のに行く日と時間を指定。あまりにもあっさりな予約です。

当日は、念のためiPhone 本体以外にも、ケーブル等一式持って行きました(GENIUS BAR の説明にもそう書いてる) が、結果的には本体のみでOK でした。でも症状によっては必要になるかも知れないので、持って行った方が面倒が無くて良いと思います。

指定時間の5分前に着きましたが待つこと10分程度、「Dock コネクタの横が割れている」 と伝えたところ、ルーペでDock コネクタとイヤフォンジャックの中などを詳細に(おそらく水濡れインジケータ を確認していたっぽい) チェック、落下による傷や変形がないか確認した後、交換対応となりました。

交換品は、「内部部品に再生品が使われている場合があるものの、外装は新品」 というようなものであるらしいです。再生修理品に近いものなのかも。実用上は新品といってよさげ。

今のところ、交換用に在庫しているiPhone 3G はまだiPhone OS 2.2 みたいで、カウンターのMac でアクティベーションを行った後、iPhone OS 3.0 にアップデート後の受け取りとなります(ここにちょっと時間がかかる)。なお、iPhone 交換後の復元は出来ない旨確認を取られますが、普通にiTunes と同期していればバックアップも取れているはずなので、まず問題にはならないはず。

復元している間に書類などにサイン。ギリギリですがまだ1年以内なので修理費用は無料。あとで封筒に同封されていた領収書をみると21,714円と記載されていました。


というわけで所要時間30分程度。GENIUS BAR で相談するにあたり、無償修理(交換) にはあたらず、調査手数料などが発生することも覚悟していたのですが、あっさりと交換となりました。実際の所、このクラックがいつから発生していたのか不明、なぜ発生したのかも不明、毎日Dockケーブルを抜き差ししてた、てのが有力ですが、そんなにヤワいのかなぁとも思ったり。

GENIUS BAR は噂に違わぬ対応でした。素晴らしい。

隣では、iPod shuffle(旧型) を持ち込み修理に来ている方がいましたが、生憎修理在庫がないので後日発送するとかそんな話をしていました。店頭の新品在庫と修理用在庫は全く別の物(交換用のiPhone も緩衝材がたっぷり入ったダンボールに入っていました) らしく、しかも土日は物流が動いていないので月曜日は在庫が無いこともある、とか何とか。とすると、金曜日あたりとかが一番確実なのかも。

Home > Apple > iOS > ひびの入ったiPhone 3G をGENIUS BAR で交換

Return to page top