Home > Archives > 2009/11

2009/11

[はてな] 「シュタインズゲート」 が面白すぎたのでオススメしてみる

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

各所で評判の高いシュタインズゲート、体験版は結構前に落としてたのだけど、なかなかそこまでたどり着けず。


ベヨネッタを買ってきたその日に意を決して体験版開始。


そしてOPムービーが始まるころには、まだそのときは在庫があった数量限定版をポチっていたのでした...。

シュタインズ・ゲート Xbox360 プラチナコレクション
B004UPAI0I


なのでベヨネッタは一刻も早く終わらせる必要があったのですが、Normal 1周したとはいえ、実質3-4日しか遊んでないわけだけどそれはそれ。


もし、Xbox 360 を持っているなら、とりあえず無料で落とせる体験版で序盤がまるまる遊べるので、まずはそれを試してみるのがお勧め。

Xbox 360 持ってないなら、とりあえずニコ動のプレイ動画とか。以前は本編のプレイ動画もありましたが、今は体験版のプレイ動画が残っているのみ。体験版であればプロモーションになる、という判断なのでしょうな。


さて、主人公の岡部倫太郎は厨二病(中二病)患者で、色々と言動がイタいのですが、これをなんとかガマン出来るかどうか、がこのゲーム最大のネックかも。宮野真守の熱演はもう怪演といって良いほどで、これほどにも上手いものなのかと感心することしきりなわけですが、受け付けられないヒトはダメかも。まずは体験版を...というのはこの辺が理由。また、2ちゃんねる(ゲーム中では@ちゃんねる)などで使用される独特の用語なども非常に多用されるため、その手の言葉遣いに嫌悪感を抱くヒトもキツいかも。

このゲームがどういう事を主題に扱っていくのか、というのも体験版で分かるので、そういう話に興味がなければたぶんこの先も楽しめないです。個人的にはもうOPムービーの時点でこれは買いだ!! となって実際50時間ぐらい(早いヒトはこの半分くらいでクリア出来るらしい?)かけて初の実績1,000をゲットするなど、かなり楽しめたのですが、でもこれが万人向けかというと...。amazonのレビューで1点付けて、10数時間遊んだ上で面白くないとか書いてるヒトもいましたが不幸な出会いと言わざるを得ない。

泣けるかどうかというと、涙腺決壊するシーンも多数あるんですが、どちらかというとそれよりも伏線のばらまき方と回収の仕方が誠に秀逸なので、そういうのが好きなヒト向けかも。体験版ラストの演出にうぉー!! なったらこのあとも間違いなく楽しめます、えぇ。

正直なところ、手放しに大絶賛、というわけでもない(ネタバレにつき後述)のだけど、50時間くらいつぎ込むだけの価値のあるゲームだと思うので、オススメです。

公式サイトすらネタバレがあるようですし、各所のレビューや紹介記事とかも読まずに、できるだけ何も知らないまっさらな状態でプレイした方がより楽しめる(ひとことで即死級のネタバレが多数あるし)ので、ビビッときたら本体ごと買うくらいの勢いで!!


あとはプレイ中の興奮をお届け。発言内容よりも時間に注目。


さてこのあとはネタバレありで。


先に難点を。Yボタンで携帯を取り出せるのは良いんですが、しまうのはBボタン連打となるのが微妙に面倒なので、Yボタンでしまえるようにして欲しかったかなぁ、と思うのと、キーコンフィグのバリエーションが少なすぎで、左手プレイとかやるとバックログ呼び出すのが面倒になったりするのでそのへんもちょっと使いにくかったかなと。

きちんと分岐をメモってれば良かったのかもだけど、紅莉栖ルートとトゥルーエンドルートはフォーントリガーできちんとフラグ立てないといけない、ということに気がつかなくてまゆしぃルートを3周位してしまい、心折れて攻略サイトのお世話になってしまったのが返す返すも残念。なのでちょっと分岐が難易度高いんじゃない? とか思ったんですが、ひょっとしてココ、殆どのヒトは特にハマることなくスルーする所なんでしょうかね...?

ただまぁ鈴羽ルートでの岡部みたいな気持ちは味わえたので、それはそれで良し、かも。で、その鈴羽ルートも、いきなりED曲が流れて「え?」となったのだけど。


鈴羽の遺書はトラウマレベルですし、天王寺綯の豹変ぶりも心底ゾッとしたんですが、一番衝撃的だったのはフェイリスルートかなぁ。全く別の世界線に飛んでしまい、もう元の世界線に戻る手段もなく、フェイリスと共に生きていく、というのはそれはそれでキレイなEDでしたが、その後のルカ子ルートで確信へと変わる、「岡部以外の人間も世界線変動前の記憶を持っている」という設定を最後の最後であんな風に使うとは...。あのラストは素晴らしいという他ない。

面白半分で作ってしまったタイムマシンによって、多くの人を傷つけてしまい、その傷を世界でただ一人負いながらただただまゆしぃを助けたい一心で長い長い旅を繰り返し、ようやくこれで...というところでまゆしぃか紅莉栖か、という2択を迫られるという展開も良かったのだけど、紅莉栖ルートは(キスとかラボに戻ってきたときの笑顔とか破壊力抜群とは言え)誰も幸せになってないのでちょっとなーという気が。さすがにまゆしぃは見捨てられないか...。

勿論それはトゥルーエンドルートへの伏線で、EDのスタッフロールが流れてる時に電話が鳴って...という演出と共にスタッフロールが巻き戻って、ってのは「風雲カブキ伝」を彷彿とさせましたが(って分かるヒトいるのか?)、そこからの展開が白眉ですなー。鈴羽は世界線が変わってもタイムマシンに乗ろうと手をさしのべてくるし、体験版の冒頭で起きた事件も全て回収し、挫折とこれまでの自分の行為に対する代償を支払ってようやく全てを収める、という展開は(これしかない、というくらいに予測出来たヒトも多いのかもですが)大いに楽しめました。

登場人物の名前やタイムマシンに関する設定、ジョン・タイターという人物に関すること、など、ほんとよくここまで練り上げたよなぁと。記憶なくしてまでもう1度やりたいとは流石に思わないけど、時々、思い出したようにやるかも。

岡部倫太郎役の宮野真守以外の声優さんも、みなさんかなり上手くて、またアニメなどとは違い、基本的にこちらがボタンを押さない限り次のセリフはしゃべらないため、ゆっくり、自分のペースで声優さんの演技を堪能出来る、ってのはこういうゲームの利点かも。昔確かリーフのヒトがノベルゲーについて「文字送りをするマウスのクリック音でリズムを刻む」みたいなことを行ってたような気がするけどそう言う感覚に近いかもしれない。


ゲーム中の音楽も名曲揃いなんですがサントラは来年なのが残念。

STEINS;GATE Original Soundtrack+Radio CD(仮) [Soundtrack]
B002WNNX4I

OP、ED曲は既に出ているのでこれだけでも買っておくかな、というところ。

Xbox360ソフト「STEINS;GATE」オープニングテーマ「スカイクラッドの観測者」 [Single, Maxi]
B002MHA400

Xbox360ソフト「STEINS;GATE」エンディングテーマ「運命のファルファッラ」 [Single, Maxi]
B002POENXE


あとは...このゲームやってるとドクターペッパー飲みたくなりますな。残念ながら関西では扱ってる場所が限られるらしく、残念。amazonで箱買いすりゃいいんだけど、その前に1回、飲んでみたいんだよなぁ...。

ドクターペッパー 350ml×24本
B001DDOIBU


というわけで、「ラブプラス」ばっかりやってたんじゃないですよ、という。えぇ。

au の通話・通信料金を安くする方法を考えてみる

iPhone と2台持ちするようになってから、au 携帯は通話(iPhone では通話しない) とちょっとメール、あとモバイルバンキングのための端末となったので、月々の固定費をできるだけ削減するべく、色々と考えたりする日々。

3月くらいにXminiシンプルコース の機種変(買い増し) 価格で安かったので機種変、そのときにプランSSシンプル(誰でも割併用で980円/月) に料金プランを変更、あとパケット定額はダブル定額ライト(後にダブル定額スーパーライト に変更) で出来るだけパケット通信をしない、という風に使っています。

で、このプランSSシンプル + ダブル定額スーパーライトにしていて通話も殆どしないでいると毎月1,050円分の無料通話が貯まっていくわけですが、これ(無期限くりこし) の上限が5,250円までで、それ以上の無料通話分は自動的に消滅してしまいます。

微妙にもったいない話なんですが、これをきっちり使いきる方法があって、それは、「パケット定額サービスに加入してない状態であれば無料通話分がパケット代として使用される」 という。

根拠は、このあたり。シンプルコース用料金プラン のページ一番下のご注意に書いてます。

通話料が無料通話を超過しない場合、パケット通信料を無料通話に適用致します (パケット通信料割引サービス加入の場合を除く)。


で、3ヶ月ほど前に実際にパケット定額を外して様子を見てみたりした結果、上記解釈で問題ないことを確認しました。

もし無料通話分と繰り越し分を通話で消費しきってしまい、パケット通信も結構使ってしまった、というような場合であれば、その時点でパケット定額、例えばダブル定額スーパーライトに加入すればその月の頭までさかのぼって月初からダブル定額スーパーライトに加入していた扱いにしてくれます。これも確認済み。

大体の目安としては、パケット数が3,720 超えだとダブル定額スーパーライト、10,000パケットを超えるとダブル定額ライトが安くなり、20,000パケットを超えるとダブル定額、となります。毎月25日くらいにパケット数をチェックして、適当に選択すればよいと思います。

逆に、パケット定額サービスを外す場合は翌月扱いになります。


などということをチマチマとやってたんですが、そんな時に突如発表されたのがガンガンメール

ガンガンメールの特徴をまとめるとだいたい以下のようになります。

  • 通話はプランSSシンプルと同じ30秒/21円
  • パケット通信はダブル定額スーパーライトと同じ0.105円/パケット
  • 通話、パケット通信の無料分はなし
  • パケット通信にはEZ WINコース(315円/月)加入が必須(なので通話のみならば加入不要?)
  • EZ WINのEメールは海外ローミングを除く国内での使用であれば写真を添付していてもパケット料金無料

ウチみたいな使い方にはピッタリっぽい。あと、長電話する可能性のある相手はau 使いなので、指定通話定額(390円) の併用でカバーする予定。

超適当計算だけど、プランSSシンプル + ダブル定額スーパーライトからガンガンメール + 指定通話定額に移行することで、600円/月くらいは安くなるはず、たぶん。

ガンガンメールは既にサービスが始まっていますが、既存の加入者は例によって翌月以降、つまり今からだと来月12月分から、となります。まぁ特に大きな罠もなさそうなので、試してみることにします。

[はてな] 「ラブプラス」のためにDSi LL 買った。大変満足している。

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。


長年愛用してきたDS Lite も、ヒンジが割れてきたりして、やっぱりDSi 買うかな、寧々さん画面大きくなるし、とか考えてたタイミングでの新型発表。最初は例によって例のごとく日経の飛ばし? 記事での発表で、ついったーでその事を知ったのは幸いでした。なにしろ、もし知らなかったらたぶんあのタイミングでDSi 買ってた、と思う。


というわけで、なんとかゲオの通販でナチュラルホワイトを確保、11/19 に発送され、翌11/20 は配達所留め、そして発売日の11/21 にきっちり手元に届きました。良い仕事過ぎる。

液晶保護シートはとりあえずホリの液晶保護フィルターDSi LL をソフマップで購入。発売日当日はDSi LL だけでなく、周辺機器類は手に入らないだろうと覚悟してたのですが、意外にも在庫潤沢。普通に買えました。DSi LL 自体も普通に在庫アリとかで、充分な数を供給出来ていたのか様子を見ているヒトが多いのか...。

液晶保護フィルターDSi LL
B002WRGK5S


各所で言われていますが、まず箱からしてかなりでかいです。

DSi LLデカすぎる


一応当日リアル店舗で液晶保護シールが手に入らなかった際の保険としてamazon でゲームテックのDSi LL用目にラクシート を頼んでおいたのだけど、こちらは予備として保管予定。

DSi LL用液晶保護シート『目にラクシートLL』
B002WGHV0W


あとはいつもの儀式、お風呂場で液晶保護シール貼り。若干ホコリが入ったっぽいですが気泡にはならなかったため、これで良し。

なんか単純に画面が大きくなっただけなんだけど存在感がかなり増しました。

見よ! 圧倒的じゃないか!!

あとスピーカーも良くなったっぽい(DS Lite 比) 気がします。


大きくなった分重くもなってるはずですがさほど気にならず、あらゆる面において予想以上に良い感じでなんだか満足度は極めて高いです。買って良かった。

唯一不満があるとすれば、天板が光沢仕上げで指紋だらけになる点。DSi と同じく、ここはマット加工にして欲しかったかも。

とうとうPSP よりも高いDS となってしまいましたが、値段なりの高級感? 的なものはあるかなーと。

11月のWindows Update は、緊急3、重要3 です

[はてな] 「ベヨネッタ」買ってみた

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

BAYONETTA(ベヨネッタ) Xbox 360 プラチナコレクション
B003ULN9JU

体験版の感触だとバカゲーっぽくて爽快感も高めでいいかも、と思い、なんとなく買うつもりでいたのに例によって気づいたときにはamazonの予約特典付きは売り切れてたので、発売日の夕方にJoshin(のリアル店舗)にて購入。予約特典は先着順だったみたいで何も言わずとも付けて貰えました。

一応、Xbox 360 版と PS3 版と両方の体験版を遊んでみましたが、ちょっと違いは分からなかったです。個人的にはマルチタイトルならばよほどの致命的なバグでもない限り、Xbox 360 版を選ばない理由がないというほどに実績システムに支配されているのでXbox 360 版を選択。あとPS3 のコントローラのR2、L2 が非常に使いにくいというかXbox 360 のそれが手になじみすぎてしまっているため、てのも理由のひとつ。

デモシーンとかは結構おバカな感じで笑えるんですが、フィルムを再生したかのような演出がちょっと鼻につくのと、いちおうムービースキップは出来るものの、(1)スタートボタン押す→(2)Skip選択→(3)スキップしますかYESを選択、とちょっとめんどい。で、通常のデモシーンならまだしも、ショップに出入りするたびに微妙に長いロードが入ったうえに短いムービー、てのがかなりイラっときます。気短すぎ?

肝心のアクション部分は、武器が数種類あったりするんですが結局刀一択に。コンボも結局特定のやつしか使わないとか。たぶん状況に応じて使い分けろ、って事なんだろうけど正直覚えられない。敵の攻撃を間一髪でかわすと数秒間時間の流れが遅くなり、この間にコンボたたき込んでね、ということなんだろうけどそもそもコレでまず攻撃をかわしたあとに攻撃をたたき込む前提のゲームバランスになっているため、避けられない=死です割と。なーんか敵からのダメージもでかいんだよなぁ。

HPはアイテムによる回復制。で、回復アイテムはその辺に落ちてるアイテムを合成したり、またショップで購入することも可能な例によって例のごとくな和ゲースタイルなんですが、そのためにお金(的なモノ)集めたりとかもうタルいんですよ正直。敵からのダメージを大きくするならするで、「スゲー技をキメたらHP回復」とかなんかそういう爽快感的なモノをもっと入れて欲しかったなぁと。あとデモシーンだと銃弾一発で瞬殺してるのに実際は何でこんなにコンボたたき込まないといけませんか? とかもなー。

一応、Normalで1周したんですが、正直途中でものすごく退屈になってきて、あとたぶん趣向を凝らしたステージとかも、長すぎでダルかったです。こういうのをちょいちょい挟み込んだりするのって、なんか入れとかないと不安だから、とかあるんですかねぇ。

もっとこうシンプルにストイックに、バカゲーっぽくまとめたらいいのに、なんかよく分からないシナリオ入れてみたりとか、まったく入り込めなかったです。

一部はものすごく面白いのに、全体としてみると...で、アイテムとか引き継いだ状態でHardちょっとやってみたけどなんか理不尽さが更に上がっただけのような感じがして、やることはずっと同じだし、まぁもうやることはないかな...、と。

ファミ通で40点満点(Xbox 360 版)取ったらしいですが、どうやら私には合わないゲームだったようです。というかもう洋ゲーのやりすぎでFPS脳になってしまってるのかも。ダメじゃん。

Home > Archives > 2009/11

Return to page top