> > [はてな] 「シュタインズゲート」 が面白すぎたのでオススメしてみる

[はてな] 「シュタインズゲート」 が面白すぎたのでオススメしてみる

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

各所で評判の高いシュタインズゲート、体験版は結構前に落としてたのだけど、なかなかそこまでたどり着けず。


ベヨネッタを買ってきたその日に意を決して体験版開始。


そしてOPムービーが始まるころには、まだそのときは在庫があった数量限定版をポチっていたのでした...。

シュタインズ・ゲート Xbox360 プラチナコレクション
B004UPAI0I


なのでベヨネッタは一刻も早く終わらせる必要があったのですが、Normal 1周したとはいえ、実質3-4日しか遊んでないわけだけどそれはそれ。


もし、Xbox 360 を持っているなら、とりあえず無料で落とせる体験版で序盤がまるまる遊べるので、まずはそれを試してみるのがお勧め。

Xbox 360 持ってないなら、とりあえずニコ動のプレイ動画とか。以前は本編のプレイ動画もありましたが、今は体験版のプレイ動画が残っているのみ。体験版であればプロモーションになる、という判断なのでしょうな。


さて、主人公の岡部倫太郎は厨二病(中二病)患者で、色々と言動がイタいのですが、これをなんとかガマン出来るかどうか、がこのゲーム最大のネックかも。宮野真守の熱演はもう怪演といって良いほどで、これほどにも上手いものなのかと感心することしきりなわけですが、受け付けられないヒトはダメかも。まずは体験版を...というのはこの辺が理由。また、2ちゃんねる(ゲーム中では@ちゃんねる)などで使用される独特の用語なども非常に多用されるため、その手の言葉遣いに嫌悪感を抱くヒトもキツいかも。

このゲームがどういう事を主題に扱っていくのか、というのも体験版で分かるので、そういう話に興味がなければたぶんこの先も楽しめないです。個人的にはもうOPムービーの時点でこれは買いだ!! となって実際50時間ぐらい(早いヒトはこの半分くらいでクリア出来るらしい?)かけて初の実績1,000をゲットするなど、かなり楽しめたのですが、でもこれが万人向けかというと...。amazonのレビューで1点付けて、10数時間遊んだ上で面白くないとか書いてるヒトもいましたが不幸な出会いと言わざるを得ない。

泣けるかどうかというと、涙腺決壊するシーンも多数あるんですが、どちらかというとそれよりも伏線のばらまき方と回収の仕方が誠に秀逸なので、そういうのが好きなヒト向けかも。体験版ラストの演出にうぉー!! なったらこのあとも間違いなく楽しめます、えぇ。

正直なところ、手放しに大絶賛、というわけでもない(ネタバレにつき後述)のだけど、50時間くらいつぎ込むだけの価値のあるゲームだと思うので、オススメです。

公式サイトすらネタバレがあるようですし、各所のレビューや紹介記事とかも読まずに、できるだけ何も知らないまっさらな状態でプレイした方がより楽しめる(ひとことで即死級のネタバレが多数あるし)ので、ビビッときたら本体ごと買うくらいの勢いで!!


あとはプレイ中の興奮をお届け。発言内容よりも時間に注目。


さてこのあとはネタバレありで。


先に難点を。Yボタンで携帯を取り出せるのは良いんですが、しまうのはBボタン連打となるのが微妙に面倒なので、Yボタンでしまえるようにして欲しかったかなぁ、と思うのと、キーコンフィグのバリエーションが少なすぎで、左手プレイとかやるとバックログ呼び出すのが面倒になったりするのでそのへんもちょっと使いにくかったかなと。

きちんと分岐をメモってれば良かったのかもだけど、紅莉栖ルートとトゥルーエンドルートはフォーントリガーできちんとフラグ立てないといけない、ということに気がつかなくてまゆしぃルートを3周位してしまい、心折れて攻略サイトのお世話になってしまったのが返す返すも残念。なのでちょっと分岐が難易度高いんじゃない? とか思ったんですが、ひょっとしてココ、殆どのヒトは特にハマることなくスルーする所なんでしょうかね...?

ただまぁ鈴羽ルートでの岡部みたいな気持ちは味わえたので、それはそれで良し、かも。で、その鈴羽ルートも、いきなりED曲が流れて「え?」となったのだけど。


鈴羽の遺書はトラウマレベルですし、天王寺綯の豹変ぶりも心底ゾッとしたんですが、一番衝撃的だったのはフェイリスルートかなぁ。全く別の世界線に飛んでしまい、もう元の世界線に戻る手段もなく、フェイリスと共に生きていく、というのはそれはそれでキレイなEDでしたが、その後のルカ子ルートで確信へと変わる、「岡部以外の人間も世界線変動前の記憶を持っている」という設定を最後の最後であんな風に使うとは...。あのラストは素晴らしいという他ない。

面白半分で作ってしまったタイムマシンによって、多くの人を傷つけてしまい、その傷を世界でただ一人負いながらただただまゆしぃを助けたい一心で長い長い旅を繰り返し、ようやくこれで...というところでまゆしぃか紅莉栖か、という2択を迫られるという展開も良かったのだけど、紅莉栖ルートは(キスとかラボに戻ってきたときの笑顔とか破壊力抜群とは言え)誰も幸せになってないのでちょっとなーという気が。さすがにまゆしぃは見捨てられないか...。

勿論それはトゥルーエンドルートへの伏線で、EDのスタッフロールが流れてる時に電話が鳴って...という演出と共にスタッフロールが巻き戻って、ってのは「風雲カブキ伝」を彷彿とさせましたが(って分かるヒトいるのか?)、そこからの展開が白眉ですなー。鈴羽は世界線が変わってもタイムマシンに乗ろうと手をさしのべてくるし、体験版の冒頭で起きた事件も全て回収し、挫折とこれまでの自分の行為に対する代償を支払ってようやく全てを収める、という展開は(これしかない、というくらいに予測出来たヒトも多いのかもですが)大いに楽しめました。

登場人物の名前やタイムマシンに関する設定、ジョン・タイターという人物に関すること、など、ほんとよくここまで練り上げたよなぁと。記憶なくしてまでもう1度やりたいとは流石に思わないけど、時々、思い出したようにやるかも。

岡部倫太郎役の宮野真守以外の声優さんも、みなさんかなり上手くて、またアニメなどとは違い、基本的にこちらがボタンを押さない限り次のセリフはしゃべらないため、ゆっくり、自分のペースで声優さんの演技を堪能出来る、ってのはこういうゲームの利点かも。昔確かリーフのヒトがノベルゲーについて「文字送りをするマウスのクリック音でリズムを刻む」みたいなことを行ってたような気がするけどそう言う感覚に近いかもしれない。


ゲーム中の音楽も名曲揃いなんですがサントラは来年なのが残念。

STEINS;GATE Original Soundtrack+Radio CD(仮) [Soundtrack]
B002WNNX4I

OP、ED曲は既に出ているのでこれだけでも買っておくかな、というところ。

Xbox360ソフト「STEINS;GATE」オープニングテーマ「スカイクラッドの観測者」 [Single, Maxi]
B002MHA400

Xbox360ソフト「STEINS;GATE」エンディングテーマ「運命のファルファッラ」 [Single, Maxi]
B002POENXE


あとは...このゲームやってるとドクターペッパー飲みたくなりますな。残念ながら関西では扱ってる場所が限られるらしく、残念。amazonで箱買いすりゃいいんだけど、その前に1回、飲んでみたいんだよなぁ...。

ドクターペッパー 350ml×24本
B001DDOIBU


というわけで、「ラブプラス」ばっかりやってたんじゃないですよ、という。えぇ。

Home > はてな > [はてな] 「シュタインズゲート」 が面白すぎたのでオススメしてみる

Return to page top