> > Internet Explorer に関する定例外のセキュリティ修正プログラム

Internet Explorer に関する定例外のセキュリティ修正プログラム


マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (981374): Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される」 の修正プログラムが出ました。早めの適用を。

一方、「マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (981169): VBScript の脆弱性により、リモートでコードが実行される」 の修正プログラムは現在未提供。


緊急 (1件)

  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS10-018 - 緊急 : Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (980182)
    http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS10-018.mspx
    • 対象 :
      IE 5.01 / 6 SP1 @ Windows 2000 SP4
      IE 6 / IE 7 / IE 8 @ Windows XP SP2 / SP3
      IE 6 / IE 7 / IE 8 @ Windows XP Professional x64 Edition SP2
      IE 6 / IE 7 / IE 8 @ Windows Server 2003 SP2
      IE 6 / IE 7 / IE 8 @ Windows Server 2003 x64 Edition SP2
      IE 6 / IE 7 @ Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems
      IE 7 / IE 8 @ Windows Vista / SP1 / SP2
      IE 7 / IE 8 @ Windows Vista x64 Edition / SP1 / SP2
      IE 7 / IE 8 @ Windows Server 2008 for 32-bit Systems / SP2
      IE 7 / IE 8 @ Windows Server 2008 for x64-based Systems / SP2
      IE 7 @ Windows Server 2008 for Itanium-based Systems / SP2
      IE 8 @ Windows 7 for 32-bit Systems
      IE 8 @ Windows 7 for x64-based Systems
      IE 8 @ Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems
      IE 8 @ Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems
    • Exploitability Index (悪用可能性指標) : 1 -- 安定した悪用コードの可能性
    • 注意 : MS10-002 を置き換える

Home > セキュリティ > Internet Explorer に関する定例外のセキュリティ修正プログラム

Return to page top