Home > Archives > 2011/10

2011/10

au iPhone 4S に機種変して数日

雨の降りしきる10/14 夕方、予約してたau ショップに行って無事機種変更(端末増設) してきました。毎度のことですが、我ながら必死すぎる...。

レビューは以下が詳しいです。

@ezweb.ne.jp のメール設定はちょっと慣れた人じゃないと難しいかも。メールの初期設定する画面で、メールアドレス変更と、転送先メールアドレスの設定ができるので、転送先にiCloud の@me.com なメールアドレスを指定しとくとプッシュ通知されるしベンリなのでオススメ。

顔文字は、メッセージアプリでau ケータイにCメールとして送った場合は、いくつかの顔文字は有効でしたが、メールアプリからだと文字化けしてしまいました。

契約時にのみ、AppleCare Protection Plan が月額325円で入れるので、これは入っておいたほうがいいです。今回は2年使うつもりなので加入しました。

料金プランは、au のページ に書いているプランZシンプルである必要はないので、プランSSシンプルを選択。無料通話付きなので、普通に使うぶんには多分こっちのほうがお得なはず。

そんなこんなで、64GB 版を24回分割にしたので、月額支払いが7,850円 + 無料通話超過分通話料、くらいになる予定。

最初のアクティベーションが必要になるため、ショップで開封されmicro SIM カードを挿入、初期設定を適当に済まされた状態で引き渡されて所要時間は30分ほど。途中、アドレス帳の移行とかメールの説明などがありましたが、もともとその辺は全部自分でやるつもりだったのであっさり終わりました。

で早速持ち帰ってiTunes に繋いで復元。適当にiCloud とか初期設定をやりつつ、いつもの儀式。

今回は、パワサポの「アンチグレアフィルムセット for iPhone 4」 と、TUNEWEAR 「eggshell for iPhone 4S/4」 の黒を選択。

Power Support アンチグレアフィルムセット for iPhone 4 PHK-02
B003TII2UU

TUNEWEAR eggshell for iPhone 4S/4
B005SVN7CO


液晶保護シールは、iPhone 4 用のものがそのまま使えますが、ケースは使えないものがあるので注意。

iPhone 4 のときはパワサポのが出るまでのつなぎのつもりでTrinity の「iPhone 4S用保護フィルムセット(アンチグレア)」 を貼ったところ、特に大きな不満もなく、傷はいくつか入ってますが今も現役で貼りっぱなしです。

今回は同じくSimplism の「iPhone 4S用バブルレス保護フィルムセット(アンチグレア)」 にしてみるつもりだったものの、あいにく在庫切れだったのでパワサポに。保護シールは、そこそこいいやつにしておいたほうが、貼りやすいし貼り直しもやりやすいのでオススメです。今回もなんだかんだで3回くらい貼りなおしました。

ケースは、iPhone 4 ではBumper を使っていましたが、さすがにヘタってきたので、例のアンテナ問題で無料でもらったincase のSnap Case for iPhone 4S and iPhone 4 を今は使ってます。サイトに載ってるのは4 / 4S 対応のものになってますが、ウチのは4 のみ対応なので、ちょっと残念。国内では扱ってるところも少ないしちょっと高めですが、半透明でガッチリな感じで悪くないです。

ただ今回は買おうかどうしようか迷ってるうちに通販サイトでほぼ全滅しちゃったので、eggshell に。こっちはこっちでストラップホールもついてるし、値段なり感はありますが手触りも悪くないし、満足してます。

ストラップでUSBメモリくっつけた


そんなこんなであっという間に常用できるようになったので、これまで使っていたiPhone 4(iOS4、もちろんSoftbank 回線) と一緒に持ち出して速度計測など行ってみましたが、CPU もOS のバージョンも違うのであまり参考になる結果ではないものの、Softbank のほうがピークスピードでは速い時もある一方、au の方がトータルで安定してるように感じます。

その代償というのか、Softbank は電波が入らなくて早々に圏外になってしまうような場所でも、au だとなんとか電波をつかもうと頑張るみたいで(実際アンテナ1-2本と検索中と圏外を行ったり来たりになる)、その結果、バッテリがちょっと持たないかも? と感じる時がありました。

またその時、「3G」 マークが「○」 になることがあって、これはなんなんだろう、と思ってたんですが、「音声通話ローミング」 をオフにしている時でも「○」 になることがあったので、ますます謎...。

あと、「位置情報サービス」 の「システムサービス」 以下は全部オフでもいいかも。1回なぜか「コンパスの調整」 が動きっぱなしになったことがあって、これもオフったのだけど、GPS の調整がいい加減になってしまうようなので、これだけはオンでもいいかも。

その他、通知なども不要なものはできるだけ消すようにすると多少なりとも効果はあるはず。

これらの設定の見直しに加えて、1度電源が落ちるまでバッテリを使い切ったりなどしてみて、なんとかこれまで通りのバッテリ持ちになったかも、という感じです。


最後に、液晶の色比較。貼っている液晶保護シールの種類が違うので参考程度にですが、左がiPhone 4S で暖色系、右がiPhone 4 で、寒色系な感じです。同じiPhone 4 でも、初期のものは青っぽかったのにどこかのタイミングで暖色系の物になったようなので、4S のもそれと同じかも。

左がiPhone4Sで、右がiPhone4。


バッテリ持ちはあんまり変わらないですが、CPU が速くなってストレージが64GB に、カメラのいわゆる「青カビ」 も解消しているので満足度高いです。

10月のWindows Update は、緊急2、重要6 です

iPhone 4S はau で予約しました


日本国内ではsoftbank のみがiPhone を取り扱う唯一のキャリアでしたが、このたびau からもiPhone が出ることとなりました。

現在通話用にau Xmini を、通信用にsoftbank のiPhone 4 という2台持ち運用にしていて、いろいろ考え、au 側に回線をまとめてしまおうという結論に至り、近所のau ショップで64GB 黒をXmini からの機種変(買い増し) で予約してきました。当日受け取りできるようです。

本体価格は72,000円、毎月割が1,750円/月の24回、24カ月経過後の実質本体負担額が30,000円になる、とのこと。新規より機種変(買い増し) の方が高くなるのは仕方ないですね。


ちなみに、softbank の方が本体価格、月額料金ともに安くなるようですが、電波のつかみやすさとか、その辺を勘案して選択するのがよいかと。個人的には通話と通信を統合したかったので少々割高になってもau 一択でした。

softbank だと機種変(買い増し) でも24カ月以上使用していた場合はフルで月月割が付くようですね。


窓口で説明を受けた、au のiPhone 4S で毎月割が有効になる料金プランは、「任意の通話プラン」 + 「ISフラット」 か、「プランF (IS) シンプル」 のみとなるそうで、「任意の通話プラン」 + 「ダブル定額」 などは対象外になるとのことです。

無料通話の付く「プランSSシンプル」 + 「ISフラット」 とかにしておけば、もし通話プランを変更しても毎月割は有効のままになるようなので、通信だけでなく通話もするヒトであれば、無料通話分まで含めて考えたらau の方がちょっとお得になるかも。


あと、softbank 版とau 版の技術的な大きな違いは、au 版に「通話中に通信ができない(通信中に着信があった場合は通信が切られる)」 という制限が(CDMA 2000 という通信規格上の制限として) あるので、そこだけ注意。そういう使い方を求められる場面がどれほどあるか、といあたりで判断が必要です。個人的にはそのような使い方してない(というかほぼ電話としては使ってなかった) ので、なくても困らないかな、という気がしています。


というわけで、iPhone 3G → (別回線で契約した) iPhone 3GS → iPhone 4 と、3年ちょっと持ち続けてきたsoftbank とはこれにてお別れ、となります。端末代金は支払い済みなので、残り数カ月分の月月割を捨てることになるのと、もはや使い道のない1,000ポイントくらいが無駄になるのがちょっと残念。また違約金9,975円払う必要があるので、そのまま解約するよりかはMNP でau IS12T(Windows Phone) とかに行っちゃった方が遊べる...かな?

Home > Archives > 2011/10

Return to page top