> ケータイ

ケータイ

au Xperia acro IS11S、MNP で入手してみた

au iPhone 4S に機種変」 してからさらに数週間、非常に快適な日々を過ごしています。

で、これまで使っていたSoftbank iPhone 4 を全く使わなくなったため、これをどうするか問題というのが出てきました。

端末代金は支払い済みで、月月割はあと9回(x1,920円) くらい残っているので、パケットし放題フラット(4,410円/月) を「標準プライスプラン パケットし放題 for スマートフォン」(1,029~4,410円/月) に変更(その場合、月月割がおそらく1,920円/月 から1,440円/月 に減額される) するとたぶん980円/月 くらいで維持できるので、そのまま来年まで寝かせておいて解約すれば2年縛りの解約金9,975円は回避できるのだけど、寝かせて解約してもトータルでかかる金額はあまり変わらないし、全く使わないのにお金だけ払うのも勿体ないなーと。

普通に解約して9,975円払うのも考えたのだけど、折角なのでMNP やってみよう、と思い立ち乗り換え先を検討、今だとau Windows Phone IS12T か、au Xperia acro IS11S かなーと考えてたのだけど、IS12T は全然安くならないし、毎月割も低いし、ということでXperia acro を選択。

まあジョーシンでMNP本体価格一括0円、だったからというのが一番大きくて、特に条件もなく(毎月割が必要ならISフラットかダブル定額必須)、プランSSシンプル 980円/月 + IS NET 315円/月 + ダブル定額 2,100円/月、毎月割が2,200円、で1,195円/月 くらいになる模様(あとユニバーサル何とか7円くらい)。

メインのiPhone 4S とは無料通話分け合いにしたので通話が多くても安心。使いきれないようであればiPhone 4S の料金プランをプランZシンプルに変更予定。

MNP 契約時にジョーシンのポイント5,000P、不要になったXmini を下取りに出して110P + 5,000P 貰いました。たまにゲームのワゴンセールで掘り出し物があったりするのでそういう時に使用予定。

MNP にかかった費用はsoftbank の解約9,975円とMNP転出手数料2,100円、au の契約事務手数料2,835円。MNP には予約番号の取得というのが必要なのだけど、家電量販店であれば予め自分で手続きしなくてもその場で電話かけてくれるのでラクです。あと実際にMNP による転出を実行した時点で転出手数料がかかります(番号取得だけなら無料)。

開通の手続きもモバイルデータ通信を切った状態で行ってくれたようで、パケット通信を行う場合にはオンにしてくださいと引き渡しの時に説明がありました。よく分かっていらっしゃる...。


そんなこんなで色は店員さんに勧められるままにRuby を選択。いい感じです。

Xperia acroはRubyにしてみた


液晶保護シールはミヤビックスのXperia(TM) acro SO-02C - OverLay Plus for Xperia(TM) acro SO-02C/IS11S - OLSO02C - を選択。

acroにビザビの低反射タイプを貼ってみた。


OverLay Plus for Xperia(TM) acro SO-02C/IS11S 低反射タイプ液晶保護シート OLSO02C
B0056KSEK2


で、ポチポチと触ってるのですが、コレ、ある意味iPhone 以上にPC 使いこなせること前提というかPC そのものだなー感が非常に強いです。

Google アカウントにすべてが紐付けされてるのは、ラクっちゃーラクですね。PC のandroid マーケットでダウンロード確定させたらすぐさま端末側にプッシュされるのは素晴らしい。

iOS に慣れ切ってしまっているので、状況依存でいろんなことをさせる物理キーにはまだあまり慣れてないのと物理キーの耐久性が気になるところですが、iPhone とはまた違った感じで新鮮です。しばらくいろいろやって遊んでみる予定。

au iPhone 4S に機種変して数日

雨の降りしきる10/14 夕方、予約してたau ショップに行って無事機種変更(端末増設) してきました。毎度のことですが、我ながら必死すぎる...。

レビューは以下が詳しいです。

@ezweb.ne.jp のメール設定はちょっと慣れた人じゃないと難しいかも。メールの初期設定する画面で、メールアドレス変更と、転送先メールアドレスの設定ができるので、転送先にiCloud の@me.com なメールアドレスを指定しとくとプッシュ通知されるしベンリなのでオススメ。

顔文字は、メッセージアプリでau ケータイにCメールとして送った場合は、いくつかの顔文字は有効でしたが、メールアプリからだと文字化けしてしまいました。

契約時にのみ、AppleCare Protection Plan が月額325円で入れるので、これは入っておいたほうがいいです。今回は2年使うつもりなので加入しました。

料金プランは、au のページ に書いているプランZシンプルである必要はないので、プランSSシンプルを選択。無料通話付きなので、普通に使うぶんには多分こっちのほうがお得なはず。

そんなこんなで、64GB 版を24回分割にしたので、月額支払いが7,850円 + 無料通話超過分通話料、くらいになる予定。

最初のアクティベーションが必要になるため、ショップで開封されmicro SIM カードを挿入、初期設定を適当に済まされた状態で引き渡されて所要時間は30分ほど。途中、アドレス帳の移行とかメールの説明などがありましたが、もともとその辺は全部自分でやるつもりだったのであっさり終わりました。

で早速持ち帰ってiTunes に繋いで復元。適当にiCloud とか初期設定をやりつつ、いつもの儀式。

今回は、パワサポの「アンチグレアフィルムセット for iPhone 4」 と、TUNEWEAR 「eggshell for iPhone 4S/4」 の黒を選択。

Power Support アンチグレアフィルムセット for iPhone 4 PHK-02
B003TII2UU

TUNEWEAR eggshell for iPhone 4S/4
B005SVN7CO


液晶保護シールは、iPhone 4 用のものがそのまま使えますが、ケースは使えないものがあるので注意。

iPhone 4 のときはパワサポのが出るまでのつなぎのつもりでTrinity の「iPhone 4S用保護フィルムセット(アンチグレア)」 を貼ったところ、特に大きな不満もなく、傷はいくつか入ってますが今も現役で貼りっぱなしです。

今回は同じくSimplism の「iPhone 4S用バブルレス保護フィルムセット(アンチグレア)」 にしてみるつもりだったものの、あいにく在庫切れだったのでパワサポに。保護シールは、そこそこいいやつにしておいたほうが、貼りやすいし貼り直しもやりやすいのでオススメです。今回もなんだかんだで3回くらい貼りなおしました。

ケースは、iPhone 4 ではBumper を使っていましたが、さすがにヘタってきたので、例のアンテナ問題で無料でもらったincase のSnap Case for iPhone 4S and iPhone 4 を今は使ってます。サイトに載ってるのは4 / 4S 対応のものになってますが、ウチのは4 のみ対応なので、ちょっと残念。国内では扱ってるところも少ないしちょっと高めですが、半透明でガッチリな感じで悪くないです。

ただ今回は買おうかどうしようか迷ってるうちに通販サイトでほぼ全滅しちゃったので、eggshell に。こっちはこっちでストラップホールもついてるし、値段なり感はありますが手触りも悪くないし、満足してます。

ストラップでUSBメモリくっつけた


そんなこんなであっという間に常用できるようになったので、これまで使っていたiPhone 4(iOS4、もちろんSoftbank 回線) と一緒に持ち出して速度計測など行ってみましたが、CPU もOS のバージョンも違うのであまり参考になる結果ではないものの、Softbank のほうがピークスピードでは速い時もある一方、au の方がトータルで安定してるように感じます。

その代償というのか、Softbank は電波が入らなくて早々に圏外になってしまうような場所でも、au だとなんとか電波をつかもうと頑張るみたいで(実際アンテナ1-2本と検索中と圏外を行ったり来たりになる)、その結果、バッテリがちょっと持たないかも? と感じる時がありました。

またその時、「3G」 マークが「○」 になることがあって、これはなんなんだろう、と思ってたんですが、「音声通話ローミング」 をオフにしている時でも「○」 になることがあったので、ますます謎...。

あと、「位置情報サービス」 の「システムサービス」 以下は全部オフでもいいかも。1回なぜか「コンパスの調整」 が動きっぱなしになったことがあって、これもオフったのだけど、GPS の調整がいい加減になってしまうようなので、これだけはオンでもいいかも。

その他、通知なども不要なものはできるだけ消すようにすると多少なりとも効果はあるはず。

これらの設定の見直しに加えて、1度電源が落ちるまでバッテリを使い切ったりなどしてみて、なんとかこれまで通りのバッテリ持ちになったかも、という感じです。


最後に、液晶の色比較。貼っている液晶保護シールの種類が違うので参考程度にですが、左がiPhone 4S で暖色系、右がiPhone 4 で、寒色系な感じです。同じiPhone 4 でも、初期のものは青っぽかったのにどこかのタイミングで暖色系の物になったようなので、4S のもそれと同じかも。

左がiPhone4Sで、右がiPhone4。


バッテリ持ちはあんまり変わらないですが、CPU が速くなってストレージが64GB に、カメラのいわゆる「青カビ」 も解消しているので満足度高いです。

iPhone 4S はau で予約しました


日本国内ではsoftbank のみがiPhone を取り扱う唯一のキャリアでしたが、このたびau からもiPhone が出ることとなりました。

現在通話用にau Xmini を、通信用にsoftbank のiPhone 4 という2台持ち運用にしていて、いろいろ考え、au 側に回線をまとめてしまおうという結論に至り、近所のau ショップで64GB 黒をXmini からの機種変(買い増し) で予約してきました。当日受け取りできるようです。

本体価格は72,000円、毎月割が1,750円/月の24回、24カ月経過後の実質本体負担額が30,000円になる、とのこと。新規より機種変(買い増し) の方が高くなるのは仕方ないですね。


ちなみに、softbank の方が本体価格、月額料金ともに安くなるようですが、電波のつかみやすさとか、その辺を勘案して選択するのがよいかと。個人的には通話と通信を統合したかったので少々割高になってもau 一択でした。

softbank だと機種変(買い増し) でも24カ月以上使用していた場合はフルで月月割が付くようですね。


窓口で説明を受けた、au のiPhone 4S で毎月割が有効になる料金プランは、「任意の通話プラン」 + 「ISフラット」 か、「プランF (IS) シンプル」 のみとなるそうで、「任意の通話プラン」 + 「ダブル定額」 などは対象外になるとのことです。

無料通話の付く「プランSSシンプル」 + 「ISフラット」 とかにしておけば、もし通話プランを変更しても毎月割は有効のままになるようなので、通信だけでなく通話もするヒトであれば、無料通話分まで含めて考えたらau の方がちょっとお得になるかも。


あと、softbank 版とau 版の技術的な大きな違いは、au 版に「通話中に通信ができない(通信中に着信があった場合は通信が切られる)」 という制限が(CDMA 2000 という通信規格上の制限として) あるので、そこだけ注意。そういう使い方を求められる場面がどれほどあるか、といあたりで判断が必要です。個人的にはそのような使い方してない(というかほぼ電話としては使ってなかった) ので、なくても困らないかな、という気がしています。


というわけで、iPhone 3G → (別回線で契約した) iPhone 3GS → iPhone 4 と、3年ちょっと持ち続けてきたsoftbank とはこれにてお別れ、となります。端末代金は支払い済みなので、残り数カ月分の月月割を捨てることになるのと、もはや使い道のない1,000ポイントくらいが無駄になるのがちょっと残念。また違約金9,975円払う必要があるので、そのまま解約するよりかはMNP でau IS12T(Windows Phone) とかに行っちゃった方が遊べる...かな?

iPhone 4 買って2日ほど使ってみた

06/24 に無事iPhone 4 を入手し、2日ほど使ってみたのでその感想など。

これまでの経緯はこのへん。

ヨドバシ梅田で3時間並んだのは、なんだかんだでここが一番信用できる(ソフトバンクだけじゃなくてau もイーモバもここで契約した) のと、まぁ一括で買えばポイント付くんじゃない? という読みと、一部ショップで行われている自称「頭金」(本体価格とは全く別に店独自に徴収している代金) や、オプション強制などを避けたかった、てのがその理由。

今回のiPhone 4 は予約時に予約サーバがサーバ過負荷で落ちたらしいとか、結局予約と関係なく当日販売枠が設定されていたり(そりゃマスコミ的にも列があった方がいい画が撮れるでしょうしねぇ...) とか、色々ありました。当日販売分があったお店はApple かソフトバンクかは分かりませんがiPhone などの販売において重要視しているお店のはずなので、覚えておいてもいいかも。


また予約の時に頭金を設定されたり、オプション強制などの混乱についても、最終的に無償で外す、ということになりました。これも重要なので覚えておくべし。


壱消費者としてはありがたい話ですが、そもそも、iPhone 4 の契約を1台取ってもおそらくお店側にはたいした儲けがなく、オプション設定で得られるインセンティブでどうにかトントン、という感じなんじゃないかなーという気がするので、ちょっともにょもにょする話でもあります。

で、気になるお値段は、iPhone 4 32GB は57,600円。これは新規でも買い増し(機種変) でも同額。iPhone 3G 16GB が80,640円、iPhone 3GS 32GB が69,120円 だったことからするとかなりお安くなりました。で、残念ながらヨドバシのポイントは5%。iPad はポイント無しだったことからすると付くだけマシかも。

ただ、残念ながら予約時に強制で付けられていたWホワイトと基本オプションパック(i) は「必須です」 とかなんとか言われて外せず。翌日以降に157 に電話して外してくださいとのことで、同様のことはau のケータイ買ったときもあったし、まぁポイント5% 分ですかねーと思いつつもなんだかなーとの思いでその旨つぶやいてみた ところ、ソフトバンクのサポセンの方からReply があり、それに従ってWeb から状況を説明したら数時間で「オプション解除しました」 とのメールが。というわけで色々現場で混乱もあって中のヒトは大変だと思うんですが事後対応は悪くないです。むしろワガママなこと言ってスマンカッタ。

アップルストアだとこの手のオプションとか頭金とか不要らしいので、ポイントが不要であればアップルストアが一番いいかも。

ちなみに、去年だと2台持ちにして塩漬け、てのも意味がありましたが、今年は買い増しでも値段が変わらないこと、またホワイトプラン(980円/月) が月々割の割引対象外となったため、低額で維持することができなくなったので、素直に買い増しした方がよさげです。


そんなこんなで購入手続きは10分ほどで終了。ソフトバンクカウンターで契約手続きが終わった段階で既存のiPhone のSIM が無効化されます。今回のiPhone 4 はmicro SIM という、これまでのSIM よりもかなり小さいカードになり、買い増しした瞬間SIM も新しい方に切り替わる模様。この新しいSIM カードへの切り替え手数料は無料(あとでiPhone 4 → iPhone 3GS へ戻したい場合は有料)。そしてこれまで使っていたiPhone はカメラ付きiPod touch となります。あと旧SIM は特に回収されませんでした。無効化されてるから持っててもあんまり意味なさげですが、アクティベーションくらいは通せるのかな?

続いてヨドバシ側のレジで支払いなどを済ませた後、アクティベーションカウンターへ、というのが通常の流れっぽいですが「自分でやります」 と答えてここで終了。アクティベーションの前に色々と「儀式」 があるのでね...。


とりあえず、液晶保護シールは例によってパワサポの アンチグレアフィルムセット for iPhone 4 が本命ですが、販売開始がもう少し先なのでそれまでの繋ぎとしてトリニティの 【Simplism】iPhone 4用保護フィルムセット(アンチグレア)[Protector Film Set for iPhone 4 Anti-Glare] を購入。裏面のシールは特に不満も問題もなくキレイに貼れて、液晶側のシールは、上下端とかボタン周りなど、一部どうやっても浮いてるのがやや不満。でも手触りは悪くないです。

ちなみに、iPad 用の液晶保護シールは、パワサポの アンチグレアフィルムセット for iPad を貼っていますが、これ、表面の手触りがiPhone 用のとちょっと違ってザラザラな感じがするので、こっちも 【Simplism】iPad用保護フィルム(アンチグレア)[Protector Film for iPad Anti-glare] に貼り替えちゃってもいいかもしれない。


で、お次はケース。本命はアップル純正のApple iPhone 4 Bumper 狙いで、一応オンラインのアップルストアで唯一納期の早かったブラックを注文しておいたんですが、ヨドバシには在庫がなかったのでその足でアップルストア心斎橋へ。何故かブラックのみですが大量在庫していたので早速購入。ダメ元で聞いてみたけどiPad 用のcamera connection kit は在庫無しとのこと。

アップルストア心斎橋は11:00 頃行ったのですが、店の外に当日販売分の長蛇の列が...。お疲れ様です...。写真では分かりにくいけど、クリスピークリームドーナツを買い求める列より長かったです。

本日11:10頃、アップルストア心斎橋で並んでるiPhone 4 当日販売の列。左の方。右端の列はクリスピードーナツの列


また更に南下してイオシスでこういうやつ を購入。ついでに(持ってなければ) 目の細かめの棒ヤスリ(平らなのと丸いのがあると更に良し) とかもその辺のお店で買っておくといいかも?

この間、iPhone はずっと圏外だったため、無線LAN がiPhone ユーザーなら無料で使えるマクドとかがまさにオアシスでした。...そして別に窓際でもないのに異常に電波弱かったりなどもありましたがそれもいい思い出。

そんなこんなで帰宅。

今日買ったものと届いたもの一式。

いつも通りに開封の儀。そして風呂場にて液晶保護シール貼り付けの儀を済ませた後、アクティベーション。


今まで使っていたiPhone 3GS は、数日前にリリースされていたiOS 4 へアップデート済みで、その状態のバックアップも取っておいたのでそこから復元、この作業に1時間弱くらい。ただ待つだけとはいえ、結構かかってますが、これでも初代iPod touch の異常なまでの転送速度の遅さに比べれば早くなったものです(遠い目)。

その間にオンラインのアップルストアで注文しておいたBumper をキャンセル...できない。どうやら既に出荷手続きに入っているらしい。えー。アップルストアは5,000円以上だと送料無料なのに、Bumper はカートに入れると何故か「送料無料」 と表示されるので注文したんだけど、その後届いたメールには送料がちゃっかり上乗せされていたりなど不審な点もあったのでアップルストアのサポートに電話。

で、結論から書くと「送料無料と表示されていたのはカートシステムのバグ」 ということらしく。それどこかに分かりやすく書いとこうぜ...。で、注文自体は無事出荷停止にして頂いたのでほんとスンマセン。


そしてようやく復元も終わって使用可能に。バッテリは最初から80% くらいは充電されてました。今回液晶のppi(dpi) が従来比2倍になっているので、文字がやたらと高精細で大変キレイ。発色も大変鮮やかで、お互い液晶保護シール貼ってるから正確な比較じゃないんだけど、iPhone 3GS はなんか青っぽく見える。あとものすごーーく斜めから見ても殆ど色の変化がなくて、なんか印刷物を貼っているかのような感じがします。

メモリも噂通り倍増の512MB。iOS 4 で実装されたマルチタスキング機能(現状、Windowsで言うところの最近使ったアプリケーション みたいな感じですが) によって基本的にアプリは終了しなくなったため、よりメモリを必要とする感じです。

アプリケーション自体の実行速度などは、実際の所iPhone 3GS より気持ち早くなったかな、というのが正直なところ。もちろん、縦横切り替えで待たされていたようなところはしっかり高速化していますが、普段使いでここが劇的に早くなった、というのはあんまり実感ないかも。よりストレスなく使えるようになって意識しなくなった、ということかもしれない。

バッテリは、これまで通りな感じに丸1日つかってみて、30% くらい。1年使ってある程度バッテリもへたっているであろうiPhone 3GS だと多くても20%、ヘタすりゃ帰宅前にバッテリ切れになっていたので、まぁだいたいこれまでより20-30% くらいは長く使えるかなと。

外周がアンテナになったことで期待していた、無線の感度アップは、ほぼ期待通り。これまで3G、Wi-Fi ともに圏外になりがちだった場所で、これまでよりもしっかりと電波をつかむようになって個人的には大満足。ただこれはBumper を付けているからであって、ケースを付けない状態でアンテナ部分を持つと圏外になったりするらしい。Apple はこれまでiPod も含め、純正のケースというのは1度も出したことがなく、Bumper はかなり異例。ひょっとしてアンテナの感度対策なんじゃ...と邪推したくもなります。

純正なだけであってさすがピッタリ、ということはなくて、若干、ボタン押したときに動く感じがあったり、折角薄いのにフチの盛り上がりで台無しだよ、と最初は違和感がありましたが、ほどなくしてこれはこれで良い、となりました。要は慣れた。今回は裏面もフラットで保護シールもそのまま貼れるし、しばらくこれでいいかも。弊害として、これまで使っていたトリニティの【Simplism】iPod/iPhone用モバイルバッテリー[MobileBattery for iPod/iPhone] が物理的に刺さらなくなりました。幸い、Dock ケーブルは刺さるので、eneloop + ケーブル の運用にした方がいいかも。


もうひとつ期待していた、カメラの性能もほぼ満足。というわけで、撮影してみた。去年と同じく被写体はポンデライオン。

こちらはiPhone 3GS。

iPhone 3GS で撮ったポンデライオン

で、こちらがiPhone 4。鮮やかな感じになりました。

こちらはiPhone 4 で撮ったポンデライオン。だいぶ発色が違う感じ?


ちなみに去年iPhone 3GS で撮ったのはこんな感じで。

iPhone 3GSで撮ったポンデライオン

iPhone 3G だとこんな感じでした。

iPhone 3Gで撮ったポンデライオン


LED フラッシュライトも、思っていた以上に光量があって近距離だと白飛び起こすくらい。これでほぼカメラに関する不満はなくなった、かな。

動画撮影は、一応iMovie も買ってみたんですがまだ何とも言えないところ。とにかく何か素材を撮ってから、ということで、そのうちyoutube にでもアップする予定。


箱から取り出して手に持ったときの重量感(何故か手に取ったヒト全員が「重いね」 という) や質感に不覚にも感動、満足感は極めて高いです。これまでのiPhone 3GS にiOS 4 入れて使っている場合、デモ機などで納得いくまで触ってからでいいと思いますが、これから新規で買うならもうiPhone 4 行くしかない、と思います。


あとは気づいた不具合などいくつか。

先ほども書いた、アンテナを手で押さえると圏外になる件は、持ち方を工夫するなりケースに入れるなり、でとりあえず対処が可能。

液晶の一部が黄ばんで見える、てのは one-dot enemies てので確認してみたけど、確かに何か右下と左下になにかがあるような気もするけど気のせいかもしれない、というレベルだったので気にしないことにしました。


iPhone 4 のWi-Fi は802.11n 対応ってので喜んでたんですが実は2.4GHzのみ対応などという罠があり、AirMac Express でまさに802.11n (5GHz のみ) 運用をしていたので繋がらなくて焦りました。iPad は5GHz のみで繋がるんだけどなぁ...。

これは仕様ってことで仕方ないとするとしても、AirMac Express 側で非公開ネットワーク に設定していると繋がらない、という不具合もあってなんじゃこりゃー、となりかけた。こちらもiPad だと問題なく繋がるんだけど...。

もう1つ。Spotlight 検索で、対象をミュージックだけにすると検索しても全く何も出てこない、なんてのもありました。

まこの辺はいずれアップデートで解消されるでしょう。


というわけで現在のホーム画面はこんな感じ。リンク先は1920x960 なのでサイズ注意。フォルダ分けによってだいぶスッキリしました。

iphone4ss201006.jpg


壁紙のパックマンは「[珈] iPhone のホーム画面をパックマンっぽくしてみた」 から頂きました、ありがとうございます。この壁紙、元々はiPhone 3GS を前提としていて、iPhone 4 では引き延ばされた表示になっていますが、これはこれで味があるかも。


なお、無償でというか強制で? 付いてきたfon ルータは、ウチのプロバイダ的には禁止してるはずなので使えないのだけど、なんか色々と遊べる機会らしいのでそのうちそういう遊び方をしてみる予定。

au の通話・通信料金を安くする方法を考えてみる

iPhone と2台持ちするようになってから、au 携帯は通話(iPhone では通話しない) とちょっとメール、あとモバイルバンキングのための端末となったので、月々の固定費をできるだけ削減するべく、色々と考えたりする日々。

3月くらいにXminiシンプルコース の機種変(買い増し) 価格で安かったので機種変、そのときにプランSSシンプル(誰でも割併用で980円/月) に料金プランを変更、あとパケット定額はダブル定額ライト(後にダブル定額スーパーライト に変更) で出来るだけパケット通信をしない、という風に使っています。

で、このプランSSシンプル + ダブル定額スーパーライトにしていて通話も殆どしないでいると毎月1,050円分の無料通話が貯まっていくわけですが、これ(無期限くりこし) の上限が5,250円までで、それ以上の無料通話分は自動的に消滅してしまいます。

微妙にもったいない話なんですが、これをきっちり使いきる方法があって、それは、「パケット定額サービスに加入してない状態であれば無料通話分がパケット代として使用される」 という。

根拠は、このあたり。シンプルコース用料金プラン のページ一番下のご注意に書いてます。

通話料が無料通話を超過しない場合、パケット通信料を無料通話に適用致します (パケット通信料割引サービス加入の場合を除く)。


で、3ヶ月ほど前に実際にパケット定額を外して様子を見てみたりした結果、上記解釈で問題ないことを確認しました。

もし無料通話分と繰り越し分を通話で消費しきってしまい、パケット通信も結構使ってしまった、というような場合であれば、その時点でパケット定額、例えばダブル定額スーパーライトに加入すればその月の頭までさかのぼって月初からダブル定額スーパーライトに加入していた扱いにしてくれます。これも確認済み。

大体の目安としては、パケット数が3,720 超えだとダブル定額スーパーライト、10,000パケットを超えるとダブル定額ライトが安くなり、20,000パケットを超えるとダブル定額、となります。毎月25日くらいにパケット数をチェックして、適当に選択すればよいと思います。

逆に、パケット定額サービスを外す場合は翌月扱いになります。


などということをチマチマとやってたんですが、そんな時に突如発表されたのがガンガンメール

ガンガンメールの特徴をまとめるとだいたい以下のようになります。

  • 通話はプランSSシンプルと同じ30秒/21円
  • パケット通信はダブル定額スーパーライトと同じ0.105円/パケット
  • 通話、パケット通信の無料分はなし
  • パケット通信にはEZ WINコース(315円/月)加入が必須(なので通話のみならば加入不要?)
  • EZ WINのEメールは海外ローミングを除く国内での使用であれば写真を添付していてもパケット料金無料

ウチみたいな使い方にはピッタリっぽい。あと、長電話する可能性のある相手はau 使いなので、指定通話定額(390円) の併用でカバーする予定。

超適当計算だけど、プランSSシンプル + ダブル定額スーパーライトからガンガンメール + 指定通話定額に移行することで、600円/月くらいは安くなるはず、たぶん。

ガンガンメールは既にサービスが始まっていますが、既存の加入者は例によって翌月以降、つまり今からだと来月12月分から、となります。まぁ特に大きな罠もなさそうなので、試してみることにします。

ひびの入ったiPhone 3G をGENIUS BAR で交換

先週iPhone 3GS を購入し、USIM カードを入れ替えてこれまで1年使用していたiPhone 3G は予備機として保管、1年使ってきたしそろそろ保証切れるけど特に外装に問題ないよねー、っと確認してたら。

iPhone 3G(16GB白)、Dockコネクタ左側にひび割れ

Dock コネクタ左側にひび割れが。既に断層化してきています。


というわけで、良い機会なのでアップルストアの GENIUS BAR を予約してみました。

まずは「オンライン修理サービス」 からシリアル番号など入力。オンラインで修理を依頼することも出来ますが、今回は最寄りのアップルストア心斎橋での修理を依頼してみます。名前とかメールアドレスとかを入力、GENIUS BAR のに行く日と時間を指定。あまりにもあっさりな予約です。

当日は、念のためiPhone 本体以外にも、ケーブル等一式持って行きました(GENIUS BAR の説明にもそう書いてる) が、結果的には本体のみでOK でした。でも症状によっては必要になるかも知れないので、持って行った方が面倒が無くて良いと思います。

指定時間の5分前に着きましたが待つこと10分程度、「Dock コネクタの横が割れている」 と伝えたところ、ルーペでDock コネクタとイヤフォンジャックの中などを詳細に(おそらく水濡れインジケータ を確認していたっぽい) チェック、落下による傷や変形がないか確認した後、交換対応となりました。

交換品は、「内部部品に再生品が使われている場合があるものの、外装は新品」 というようなものであるらしいです。再生修理品に近いものなのかも。実用上は新品といってよさげ。

今のところ、交換用に在庫しているiPhone 3G はまだiPhone OS 2.2 みたいで、カウンターのMac でアクティベーションを行った後、iPhone OS 3.0 にアップデート後の受け取りとなります(ここにちょっと時間がかかる)。なお、iPhone 交換後の復元は出来ない旨確認を取られますが、普通にiTunes と同期していればバックアップも取れているはずなので、まず問題にはならないはず。

復元している間に書類などにサイン。ギリギリですがまだ1年以内なので修理費用は無料。あとで封筒に同封されていた領収書をみると21,714円と記載されていました。


というわけで所要時間30分程度。GENIUS BAR で相談するにあたり、無償修理(交換) にはあたらず、調査手数料などが発生することも覚悟していたのですが、あっさりと交換となりました。実際の所、このクラックがいつから発生していたのか不明、なぜ発生したのかも不明、毎日Dockケーブルを抜き差ししてた、てのが有力ですが、そんなにヤワいのかなぁとも思ったり。

GENIUS BAR は噂に違わぬ対応でした。素晴らしい。

隣では、iPod shuffle(旧型) を持ち込み修理に来ている方がいましたが、生憎修理在庫がないので後日発送するとかそんな話をしていました。店頭の新品在庫と修理用在庫は全く別の物(交換用のiPhone も緩衝材がたっぷり入ったダンボールに入っていました) らしく、しかも土日は物流が動いていないので月曜日は在庫が無いこともある、とか何とか。とすると、金曜日あたりとかが一番確実なのかも。

iPhone 3GS 購入したので簡単な感想を書いてみた

iPhone 3GS 新規で購入してきました。

これまでの経緯は以下のような感じ。


ヨドバシ梅田での予約は、本契約の受付時間が指定されていて、また、その時間の30分前には外のソフトバンクショップ前へ来るように、となっていたので30分前に到着したら誰も並んでナイ。で、中にいたヒトに「良かったら見ていってください-」的に声かけられて、「予約してるんですが...」と伝えたところ、あれよあれよという間に手続き開始となりました。どういう判断してるか分かんないですが、指定の時間よりちょっと早いくらいならそのまま手続きしてくれるのかも。

まだ朝の早い時間だったためか、ヒトも少なかったですが、購入後のアクティベーションカウンターにPCが2台しか無く、長蛇の列になりつつありました。あと、レジが1台しかないため、ここもちょっと待つかも。レジは仕方ないとして、アクティベーションは自分でやると言えば未開封状態で手渡してくれるので、全部自分でやりたいヒトには良いかと。

予約の時に強制(「これ付けないとこのお値段では提供できない」、と断言した) だったWホワイト と基本オプションパック(i) は、「予約の時には付いていたが、不要」 と伝えたところ、特に何も言われずに外してくれました。このあたり、受付スタッフによって対応がマチマチのようなので、ちょっと注意が必要かも。

そんなこんなで手続きは30分そこらで終了。最後に端末代金を精算して付いたポイントでAirジャケットセットのホワイトを購入。多分これ、構造的に、付けっぱなしにしていてもだんだんひび割れてくるモノなんじゃないかと思うので、ほんと消耗品ですねー。付けっぱなしでも、純正のDock スタンドに乗らなくなる以外は特に問題も無いので、割れたら買い換える。

パワーサポート エアージャケットセット for iPhone 3G White PPK-70
B001DTYME2

もう少しポイントが余ってるなら、充電器など買っておくと色々と安心かと。トリニティのMobileBattery for iPod/iPhone オススメ。


iPhone 3G と3GS の違いは既にあちこちでレポされてるので、それらを参照の方向で。


まずはアクティベーション、の前にUSIM カード挿入。Apple純正のクリップみたいな器具を穴に押し込めばUSIM のスロットが飛び出してくるのであとはそれを引き出せばOK。一応裏表があって、いかにも「ここにUSIM カードをこういう向きで置いてくださいね」 的な感じになっているので、表裏を間違えず、慎重にやればiPhone の中にUSIM カードを落っことすこともないかと。

あとはiTunes に繋げば勝手にアクティベーションが完了し、ユーザ登録。そういえばこういうのあったね...。それが終わるとiPhone 3GS を全くの新しいiPhone として認識するか、それともiTunes 内のバックアップを使用して復元するか聞いてくるので、復元を選択。これが結構時間がかかって、45分くらい。

この時点で、ホーム画面とかのアプリの配置は再現できているものの、App Store のアプリとか、音楽とかは転送されていない状態。このあとは普段通り同期を実行でそれらも無事転送されました。これに30分くらい。入ってる曲数にもよるけど、初代のiPod touch ののろさと比べると隔世の感がありますな!!

これで大体環境の移行が完了。すげえ。ただMail とかのパスワードが空になっているので、この辺だけは一つ一つ確認する必要があります。

一応、一通り出来たので両方の電源を落としてUSIM カード差し換え。去年契約したUSIM カードで新しいiPhone 3GS を使用します。今回契約したUSIM カードはiPhone 3G に。@i.softbank.jp と@softbank.ne.jp のアドレスはデフォルトのままで、未設定。

iPhone で通話することはないし、メールもGmail を全ての窓口として、メール到着を通知するために転送しているだけなので、USIM 入れ替えせずに新たにメールアドレス取得しても良いのですが、とりあえず今はこんな感じで。


音楽は、ソニーエリクソンのHBH-DS205 + BOSE IE という組み合わせで、Bluetooth で聞いています。iPhone 3G の時は移動中時々音が途切れることがあったり(全く起きない日もある) など、不安定なところもありましたが、iPhone 3GS ではCPU の処理能力が上がった分、音の途切れとかは低減されるのではないかと期待。

ただBluetooth の仕組み上、どうしても音は遅れて聞こえてくるので、たとえばTapTap とかは映像と音が合わなくてちょっと悲しいゲームプレイになります。

CPU とかメモリ周りに余裕が出来たことを一番感じるのが、日本語入力まわり。iPhone OS 3.0 にアップしたiPhone 3G で感じていた遅さが解消されているので、これでようやくまともに文章書けるかなあという気がしています。

後はカメラ。マクロ機能標準で実装されたことにより、これでようやくItemShelf をまともに使うことが出来るようになります。マクロは割と優秀。

かんたんに撮り比べてみた。

iPhone 3Gで撮ったポンデライオン

iPhone 3GSで撮ったポンデライオン

上がiPhone 3G、下がiPhone 3GS。AF及びマクロ機能が付いたことで非常に良い感じになりました。

コンパスは、iPhone の向きに合わせてGoogle Map がリアルタイムに回転するのは感動的ですが、これ、そもそも本当にちゃんと北向いてる? 的な疑惑がちょっとあったり。でももうこれで初めての場所でも迷うことはないかも。あとこのコンパスを使えば、Google Earth がえらいことになる予感。最近はやりのAR 的なものとか、「東のエデン」 とか。


以上思うままに書いてみましたが、全ての機能がきわめて普通に使えているため、なんか、新型の感慨があんまりないというか、正直なところ、一瞬、必死になって買うまでもなかったか!? という気もしましたが、これまで事あるごとにちょくちょく溜まっていた、使用時の「待たされ感」 がほんとにかなり減っているので、ますます手放せないデバイスになりそうです。

来年のiPhone まで待つことにしたヒトは(触ると絶対欲しくなるので) 触らない方が宜しいかと。そしてこれからiPhone 欲しいかも、というヒトはもう絶対iPhone 3GS にすべきです。


そうそう、一つ忘れてた。iPhone 3GS の液晶は、iPhone 3G と比べると色温度の低い感じの色味になっているように思います。個人的には、iPhone 3G の色合いの方がスキなんですが、まぁ両者を同時に見比べてみないと分からないぐらいの差かも。

iPhone 3GS は機種変更の方がお得だけど2台持ちにするよ

iPhone 3G S が発表されたのでiPhone 3G からの移行プランを考えてみた」 の時に途中で挫折した、iPhone 3GS を新規契約した場合と、機種変更(買い増し) した場合の比較をExcel で作ってみた。

表を作るにあたり、以下のページの内容を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

この表は、以下の条件で作成しています。どこかに間違いがあるかもしれないので、金額の正確性については一切保証しません(できません)。

  • 2008/07/12 にiPhone 3G 16GB を新規契約、端末代金は24回分割
  • 2009/06 からiPhone 3G でiPhone for everybody 加入
  • 2009/06/26 にiPhone 3GS 32GB を新規契約 or 機種変更(買い増し)
  • iPhone 3GS 32GB は端末代金一括、ヨドバシ等で付与されるポイントは計算しない
  • iPhone 3GS もiPhone for everybody 加入
  • iPhone 3G とiPhone 3GS のUSIM カードは入れ替えて使用
  • 新契約時の、2008/07/12 - 07/31 分と、2009/06/26 - 06/30 分は日割計算
  • 新規契約は契約事務手数料2,875円機種変更(iPhone 3G からiPhone 3GS) は手数料なし
  • iPhone 3G からiPhone 3GS の機種変更の際、iPhone for everybody の契約は継続
  • 分割代金の支払いと月々割の適用は契約後3ヶ月目から
  • 新規、機種変共に月々割は1,920円/月
  • 購入時のショップ独自のいわゆる「頭金」等は想定しない
  • 「ただとも」等のキャンペーンによる商品券なども考慮しない
  • Wホワイトや基本オプションパック(i) などのオプションは付けない
  • ユニバーサルサービス料は計算しない

iphone3g_to_iphone3gs.png

結論を先に書くと、この条件でも機種変した方が安い、となるのですが、一応簡単に解説。

短期的には、機種変より2台持ちにしたほうが安いです。これは、機種変価格が新規より7,200円(300円 x24) 高いため。で、月額だと2台持ちの方が400円くらい高いです。

ただ、2台持ち続けるのは実は損で、2台目をどこかの段階で解約する必要があります。で、解約時にiPhone for everybody の解除料9,975円を払う必要があります(「2台持ち-機種変差額(解約時)」参照)。

2008/07 に購入したiPhone 3G の月々割が2010/08 で終了するため、この時にどちらかを解約するのがいちばんよさげ。あるいは、iPhone for everybody の契約解除月である2011/06 に解約。

この表には全く入れていませんが、来年出るであろう新型iPhone をどのような形で購入するか(購入するの前提かよ、という話はさておき)、でも変わってくるように思います。が、それはまた来年考える!!


当初予定通り、iPhone 3GS は新規契約して2台持ちにする予定です。

iPhone 3G S 予約してきた

最近iPhone 関連ばっかりですが気にしない方向で。

さて、「iPhone 3G S が発表されたのでiPhone 3G からの移行プランを考えてみた」 の続きですが、06/18 にiPhone 3G S の予約が始まったので早速予約してきました。

おそらく来年以降も同様の方法で予約を取ると思われるため、メモとして残しておきます。

予約はヨドバシ梅田で行ったのですが、お昼頃の時点で「予約手続きのための整理券発行」 という状態で、最短でも2時間先、とかだったので予約の時間を夕方に設定。またこの時点で、当日の受け取り時間を06/26 - 06/28 の中から選ぶようになっていて、06/26 のお昼頃を指定。

今回は16GB、32GB 共に白黒あるようですが、32GB白を選択。また既にiPhone 3G を持っていて、それとは別に新規契約したい旨を伝えたところ、1台目のiPhone の料金を支払っているクレジットカードと身分証明があればOK とのことでした。この手続きは5分とかからず終了。

確か去年は、07/11(金) のかなり早い段階で07/11 - 07/13 の3日間の予約整理券を配布完了してしまっていたかと思うので、去年の混雑を踏まえ、ソフトバンクから正式な形で予約を取るようになったのはいい改善点だと思います。ただ、表参道など、「予約は予約、当日はまた別途並んでもらう」 みたいな方針のお店もあるようですし、同じヨドバシでも店によっては当日の受付順みたいなところもあるようです。

で、時を改めて夕方に予約手続き。この時にまた新規か機種変更かと聞かれたので、在庫分は予約者の契約方法に応じて振り分ける形にしているのかも。

事前の説明どおり、2台目(新規) でクレジットカードも身分証もあったので10分程度で予約完了。手続きは通常契約時とおそらく同じもので、電話番号とかが空欄の書類を手渡されます(これが手元にない場合は「予約」できてない可能性が高いです)。後は当日に電話番号が確定、端末代金を支払って受け取り、だけでOK なはず。

ただ、iPhone for everybody が自動的についていたのはよいとして(解約ペナルティより本体割引価格のほうが多いので入ったほうが絶対お得)、Wホワイト基本オプションパック(i) が付けられていて、確認したところ「Wホワイトと基本オプションパック(i) の契約が提供の条件」 みたいな感じで。まぁ「翌日以降に解約でOK」 とのことだったので特にもめることもないかなと。同じヨドバシ梅田でも余計なサービスは付けられなかったヒトもいるみたいなので、よく分からん話です。


おそらく追加サービスごとに、ソフトバンクから販売店(あるいはスタッフ個人?) へのインセンティブが設定されているはずで、au とかだとそのインセンティブを原資として「このサービスつけると○○円本体価格安くします」 と明確に言ってくれるのだけど、本体価格は事前計算どおり、2,880円 x 24 の69,120円(iPhone for everybodyキャンペーン 適用価格) で特に値引きはされてない。まぁ一括で買えばポイント付くし即解約すればいいのだからこまけぇ話はいいんだよ、てな話ではあります。

ショップによっては、「頭金」 と称してお金取ってるところもある(去年もあった) ので、要注意。可能であれば量販店とかで買ったほうがいいかも。


あと、Wホワイトは、新規契約時に付けられていた場合は翌日解約してしまえば、6月末までの日割り分の請求となるようですが、機種変更の場合は来月7月から適用となるため、その時点で解約しても7月末までのまるまる請求されるっぽい気がしますがどうなんだろう。


1人で2回線目の契約をした場合は「ただとも」 の対象外、と言われたのだけど、OK と言われたヒトもいるみたい。ほんとこのへんショップとかスタッフによって言うことが違うから困る。どう見ても5,000円分の商品券もらったほうがオトクな気がするけど、「しゃべるお父さんBIGストラップ」 欲しい!!

iPhone 3G をiPhone OS 3.0 にアップデート

ダウンロード開始は日本時間の06/18 02:00(午前2時) からという噂を信じて待ち、02:10 くらいからダウンロードできるようになったので早速インストール。我ながら必死すぎる。

ところで、iPhone OS 3.0 は、単に機能追加のアップデートというわけではなく、いくつかの脆弱性も修正しているようなので、iPhone OS 3.0 で動かないアプリの対応待ちなど、特に理由がない限り、アップデートしておいたほうが吉。

今回追加された機能のあれこれについては、あちこちでさんざ書かれているので割愛。


個人的に、一番欲しかったのがBluetooth A2DP。これでようやくワイヤレスで音楽を聞くことが出来るようになるわけです。

話は変わりますが、3月末にau の携帯を ソニエリのXmini に機種変しまして。小さいのが欲しかったのと、機種変価格がシンプル一括でも非常に安かったのでこれを機にシンプルプランに移行しようかという。

で、この6月から、ソニエリ携帯を対象に、Bluetooth 機器を買ったらEdy でキャッシュバックするよてなキャンペーンが始まったので、前からいいなぁと思いつつ、高いよなぁと思っていた、ソニエリのHBH-DS205 を購入。Xmini はおサイフケータイは付いていないので、かわりに4,000円分チャージしたEdy カードがそのうち送られてくるらしい。

おーこれはいいなぁ、と思っていたところ、丁度Amazonで一瞬、7,900円で売っていた(納期1~2ヶ月) ので、ダメ元で注文してみたところ、その日のうちに在庫確保されすぐ発送されたのでした。

SONY ワイヤレスヘッドセット DS205 HBH-DS205
B001CNRENU


さっそくペアリングして普段使用しているBOSE IE 繋いで視聴。予想外に普通に聞けます。iPhone をカバンの中に入れたりしていても大丈夫なので、ケーブルの取り回しがラクになりました。

音質は許容範囲内ですが、時々音が飛ぶ(瞬断みたいなかんじ) のが気になると言えば気になります。まぁこれは仕方ないところですかね。あとA2DP には対応しているものの、再生中の曲のスキップしたり戻したりは不可。再生/一時停止とボリュームのみ操作可能。


あと、車で移動中にもラクに聞きたいなぁ、ってことでこういうのも準備してみた。

こっちは、電源取ったりとか、どう考えても車いじった経験のない素人には不可能な作業っぽいのでディーラーに取り付けを依頼しないと、と思いつつそのまま放置中。そのうちなんとかする。

他はコピーペーストができるようになった、とか、Google Calendar と直接同期できるようになった、とか大変良い感じになりました。ほんと隙のないアップデートです。

トリニティのMobileBattery for iPod/iPhone 購入

ご存じの通り、iPhone 3G のバッテリはちょっとヘビーに使うと1日もたない程度の容量しか無く、バッテリ残量を気にしながらチマチマ使うか、なんらかの補助バッテリを用意して非常時に備えるなどが必要です(まぁこの辺は普通の携帯でもよくある話だけど)。

で、これまではエネループのmobile booster KBC-L3 ってのとDock ケーブルを持ち歩いていたわけですが、どうもiPhone はUSB の仕様以上の電力を要求するらしく、すぐ充電が止まるのと、毎回ケーブルを接続するのが非常に面倒でした。

で、なんか良い物はないかと常々思ってたのですがついに理想的なのを発見。

iPhone 接続用のDock コネクタ内蔵なのでiPhone と直接接続が出来るし、バッテリ自体の充電は汎用のUSB ケーブルで可能、またiPhone とこのバッテリを接続している状態でUSB ケーブルからの充電も可能でその際にはiPhone の充電が優先的に行われる、と良いことずくめ。デザインもiPhone との一体感があって良し。というわけで早速購入。

iPhone と接続するだけで自動的に充電が始まります。充電中は「MobileBattery」 が青く光るのでわかりやすい。バッテリインジケータ部分を触るとバッテリ残量が光ります。

mobilebattery_1.jpg

iPhone にはパワサポのfor iPhone|Airジャケット の心斎橋アップルストア限定版を付けていますが、付けたままでも充電OK なのはラッキーでした。どうでも良いですがAirジャケット 付けっぱなしなのにどんどん割れてきています。なーぜー。

mobilebattery_2.jpg

メーカー保証外ですがこういう接続もおそらくOK。

mobilebattery_3.jpg

実際にバッテリ残量が10%くらいにまで低下したiPhone を充電してみましたが、途中で止まったりすることもなく、宣伝通り60% くらいまで充電してくれました。充電中も大して発熱は無いように思いますが、できれば何も操作せずにおいたほうが良いと思います。

あと、単純にDock コネクタで繋がっているだけなので、充電中は取扱注意。

ともあれ、なんだかとっても安心感と満足度が高いです。オススメ。

Simplism iPod iPhone用モバイルバッテリーホワイト MobileBattery for iPod iPhone White ポータブル充電器 TR-MBI-WT
B002BWP85C

Simplism iPod iPhone用モバイルバッテリーブラック MobileBattery for iPod iPhone Black ポータブル充電器 TR-MBI-BK
B002BWP852


姉妹品として、単4電池3本で充電、というのもあります。エネループをたくさん持っているヒトなら充電器兼用でこちらもよいかも。

iPhone 3G S が発表されたのでiPhone 3G からの移行プランを考えてみた

昨夜(日本時間) のWWDC で、期待の新型iPhone、iPhone 3G S が発表になりました。日本ではソフトバンクより06/26 発売。


新型はともかくとして、まず、初代iPhone(日本での販売なし) とiPhone 3G ユーザは、06/17 に無償でiPhone OS 3.0 へアップデート可能(iPod touch の場合は1,000円強かかる、筈)。Bluetooth A2DP とかサポートされるようになるので、これはこれで期待大。


現行のiPhone 3G と、新型のiPhone 3G S の比較。処理速度が速くなっていたり、無線LANでの寿命が長くなっていたり(他はさほど変わらないので、バッテリ容量が増えたのではなく、省電力チップに変わった?) しますが、一番気になるのはAF とマクロ付きカメラ。これまでのカメラはほんとなんちゃってだったので。


で、ここからが本題。iPhone 3G、がんばって2年持ち続けるつもりでしたが、やはり新しいの気になるよね、というか、年に1回のこのビッグウェーブに乗るかどうか、というお話。


いくつか移行プランを考えてみた。

1) iPhone 3G S には移行せず、来年の新型iPhone を待つ

iPhone 3G S は見送って、来年発表されるであろう、さらに新型のiPhone へ機種変。これが一番お金がかからない(当たり前)。ガマンのきくヒト向け。

ただ、昨年の発売時に飛びついたヒトの場合、iPhone 3G 自体の保証(1年) がまもなく切れるため、7,800円のAppleCare Protection Plan for iPhone に加入して保障期間を1年延ばしておくかが悩みどころ。

バッテリの消耗によるバッテリ交換(実質本体交換) が無償になるわけですが、認定はかなり大変っぽい。

ちなみに、AppleCare Protection Plan for iPhone に入らずに1年が経過し保障期間が終了した後、バッテリ交換が必要になった場合は9,800円、それ以外の修理は22,800円。

大雑把にまとめると「7,800円が丸損になるかも知れないけど、万が一のときに新品交換になるかも」 ということなわけなので、なにがなんでも2年堅持する、と心に固く決めたヒトは加入しておいたほうがよいかも。

もし故障したとしてもその段階でiPhone 3G S へ機種変すればいいや、と考えるなら不要。


2) 機種変更(端末増設)

iPhone 3G は端末代金24回払いの月月割(新スーパーボーナス) での加入で、現時点であと16回支払いが残っています。この支払いが毎月3,360円で、月月割により1,920円マイナスされてるわけですが、機種変するとこの月月割の1,920円/月がなくなります。

実際は、iPhone 3G S をまた月月割で契約すればそちらに新たに割引(1,920円・24回分) が付くわけで、もしiPhone 3G S の端末代金を一括で支払えば、トータルで見た場合の月額支払額は変わらない、ということになるはず。

というのは月月割のない状態で残りを毎月支払う、と仮定した場合で、機種変時に残りを一括精算、とかになるとえらいことになるのでこの手は難しい。説明文のどこにも「一括で精算」 とは書いてないのだけど、ちょっと気になるところ。

ソフトバンクショップで確認された方の情報。ありがとうございます!! 機種変時に一括精算してもいいし、しなくてもいい、という理解でよいみたいですね。

また、一括代金は、ソフトバンクの発表資料がキャンペーン適用とか非適用とか書いてるのでややこしいんですが、おそらく、16GB が分割金2,400円のようなので x 24 して57,600円、32GB が分割金2,880円なのでこちらも x 24 して69,120円、で合ってる筈。iPhone 3G 16GB は最初 3,360円 x 24 = 80,640円でしたから、だいぶ安くなりました。

端末代金を一括で支払うメリットはないように見えて、ヨドバシなどで購入するとポイントが付くので、ポイント分、オトクだったりします。一括でも月々割は付きますし、また1年後に悩む必要もなくなるので、今回は(もし機種変するなら) 一括で行く予定。

なお、「iPhone for everybody キャンペーン」 は2年縛りになりますが、パケット定額フルの上限が下がるので、加入しておいたほうがよいと思います。


3) 新規契約(2台持ち)

そのままiPhone 3G を維持していたらあったはずの月月割がなくなるのはもったいない、と考えるならiPhone 3G S を新規契約してまさかの2台持ち。

iPhone 3G は4月分実績で月額8,700円くらい。5月にiPhone for everybody を申し込んだので、6月分からはパケット定額フルの上限が下がって7,200円くらいになる予定。

で、2台持ちにして、iPhone 3G ではパケット通信は全く行わない、とした場合、パケット料金が5,985円 → 1,029円となり、約3,800円/月。そしてiPhone 3G S(一括購入) が、980円 + 315円 + 4,410円 -1,920円 = 3,785円/月、となるので、2台の合計で約7,800円/月 くらい? (一括購入した端末代金を考慮していないため) 2台持ってもあまり負担額変わらないかも。

「2台も持ってどうするの?」 という問いに答えが用意できるならあり、ですかねー。

あと、機種変した場合と、2台持ちにした場合の、それぞれ今後2年間にかかる金額の比較とか考えてたらわけ分からなくなったので考えるのをやめた。


4) 禁断の、新規契約 → 即解約

まぁ、一応、考えてみた。

iPhone 3G S を新規契約し、すぐ(即日~半年以内) に解約。そしてUSIM カードさしかえ。iPhone 3G S の月々割とかなくなるし、短期解約者は要注意者リストに載って今後の契約時に影響を受けるかも、なんて噂もありますし、正直あんまりメリットがないんじゃないかと。というかお店に迷惑がかかると思われるので、非推奨。


以上、適当に考えてみたいので計算間違いとか見落としとかあるかも。個人的には、2台持ちがいいんじゃないか、という気がしてきてます。もちろん狙うは32GB 白。

あと気になるのは、USIM カードを抜いたiPhone が、通話と3G の通信が不可になるのは当然として、他にどのような制限が付くのか、って所。自分で抜いてみれば分かる話ではあるのだけど。


(2009/06/10 10:30 追記)

iPhone 3G Sの価格について | SoftBank」 に書いている価格とかがちょっと引っかかったのでもう少しよく考えてみた結果、一括で買う場合のお値段が異なる場合があるかも、という結論に至ったので、表にしてみた。

  キャンペーン適用価格(一括) キャンペーン非適用価格(一括)
iPhone 3G S 16GB 57,600円 69,120円
iPhone 3G S 32GB 69,120円 80,640円

iPhone for everybody」 の2年縛り(更新月以外の契約解除料9,975円) を受け入れるなら、端末価格を11,520円値引きした上に、パケット定額フルの上限も1,575円引き下げますよ、ということですね。これですっきりした。

注意深く検討する必要はあるものの、iPhone for everybody に入っておいたほうがオトクになると思われます。

なお、12回または24回の分割で購入する場合は、上記価格を12 または 24 で割った金額から、月月割で最大1,920円引きしたあとの金額が、端末代金として毎月かかる、という理解でよいと思われます。

比較のために、iPhone 3G 8GB / 16GB の、現時点での販売価格も同様に表にしてみた。

  キャンペーン適用価格(一括) キャンペーン非適用価格(一括)
iPhone 3G 8GB 30,720円 69,120円
iPhone 3G 16GB 42,240円 87,840円

こうして表にしてみると、iPhone 3G S 32GB は、iPhone 3G 16GB より少し安くなってますね。この価格の根拠は、ソフトバンクオンラインショップ。ページ上部の「※ iPhone for everybody キャンペーン非適用でのお申し込みはこちら」 右横のリンクからたどれます。

あと、オンラインショップの表を見ていて気づいたのが、機種変更(端末増設) した場合、おそらく、購入時の端末価格は新規契約と同じだけど、月月割の値引き額が減っている という点。

そもそも、1年未満の機種変更プランがない、というのも気になるところ。ちなみに、ウチのiPhone 3G は、利用期間起算日が「2008年07月12日」 で、本日までのご利用期間が「10ヶ月」 となっております。

やはり2台持ちするしか...?

上記の内容は、個人で適当に計算してるだけなので、どこかに勘違いが潜んでいる可能性が高いです。決してこのページを鵜呑みにせず、ソフトバンクからのオフィシャルな情報を確認するようにしてください。

イーモバイル H12HW 買ってみた

ヨドバシ店頭で「にねん+アシスト500」端末代金1円で購入、1円分のポイント。オンラインストアで買うより安いんですがクレジットカード必須(本人確認とか犯罪利用防止のためなのかな)。

これまでは定額通話用にウィルコム(月額2,900円)を3年ちょい使ってたんですが、さすがにそろそろ...とか色々考えていたところに出てきたのがイーモバイルのキャンペーン。

通話料値引きはともかく、契約事務手数料無料、ってのも魅力的。あと店頭で説明を受けたときに3つめの特典を案内されたのだけど、Web には載ってないので一応詳細は伏せてみる。たぶん検討中のヒトの背中を押すために、店頭でのみ案内してるのかなーと。ひょっとしたらヨドバシ限定かもしれないし、気になるヒトは要確認。

で、24ヶ月持つこと前提で、「ケータイ定額プラン」 780円と端末代金500円の合計1,280円が月々かかる費用。これでイーモバイル同士なら24時間話し放題。

もし24ヶ月たたないうちに途中で解約する場合には契約解除料 「28,800円 - (1,200円 x 利用月数)」 を支払う必要があって、ただ最低利用額が1,280円なので、途中で解約しなくても、24ヶ月持ち続けてもそんなに変わりませんよ、というロジック。で、これ以外に解約時にかかる必要はない模様。

24ヶ月 過ぎた段階で「ケータイ定額プラン(ベーシック) 」 1,780円 + 「年とく割」(1年契約) で1,000円安くなって780円、というプランに自動的に移行、契約解除月以外での解約は6,300円 かかるようになるとのこと。

イーモバイルもなんだかんだで色々とややこしいのだけど、まぁこうして整理し直すと悪くないなと言うことで契約に至ったのでした。


イーモバイルに決める前、ウィルコムの「X PLATE」 月額780円というのもあって、それも検討していたのだけど、ちょーっと契約に関する質問に対しての回答がいい加減だったのでやめたのでした。まぁ仕方ないよね。

とりあえず通話のみ、ということでオプションの類は今のところ一切なし。

データ通信用に、アッカのACCA mobile(E) で契約したD02HW を維持していて、これの費用が月額1,580円(780円+モデムレンタル料800円) かかる筈なのだけど、確か年末までだったはずのモデムレンタル無料キャンペーンが1月利用分でもまだ継続していて月額780円で済んでいるのでわざわざ解約金5,250円払ってまで解約する理由も特に見あたらず、あと半年このまま維持した方がオトクなようです。


買うまでの話を長々としたけど実際の使用感など。端末価格も安いし、各部はまぁそれなりの作りといった感じです。特に通話キー部分と10キー部分はそれぞれ外装とは独立した部品になっている(日本の携帯だと外装の各ボタンの部分がくりぬいてたりする) ので、この部分が微妙に左右に動きます。コスト削減ですねー。でも見た目とかは概ね良い感じです。

色々と出来るようですがBluetooth 載ってたりハンズフリーで話せたりするのが個人的に目新しいです。10分も話すとほんのり暖かくなってくるので、ハンズフリーはありがたい。スピーカの品質はそれなりみたいで、結構音割れしてますが、ひょっとすると回線の問題かも知れない。

ウチの家の中だと何故かアンテナは0~2本で、滅多に3本(最大) にならないです。iPhone ですら常に最大の5本だというのに!! なのでエリア改善要望 出しておいた。

充電はPC からUSB ケーブルで充電できる(勿論普通の充電アダプタも付属) のもポイント高し。


というわけでウィルコムは早々に解約予定。それでもau(INFOBAR2)、iPhone、ACCA mobile(E)、H12HW と4台もモバイル通信端末があるわけですが、1台で何でもできるような端末だけじゃなく、単機能・低価格な端末を機能に応じて複数台使い分けるみたいな提案を各社していったらいいのに、とか思った。そういうニーズはあるはずなんだけどなぁ(サンプル1名)。

iPhone OS 2.2 にアップデートしました

待望のiPhone OS 2.2 が公開されたので、そそくさとアップデート。

今回の目玉はマップでGoogle Street View に対応した(でも使い方分からないよ、これ)、ってのと、メールで絵文字が使えるようになった(ただしi.softbank.ne.jp のみ) あたりかと思いますが、個人的には今回のアップデートによって以下の2点の問題が解消されたので大変嬉しいです。

  • IMAP で読んでいるGmail で受信したau からのメール本文が添付ファイル扱いになる上に文字化けする
  • アプリケーションのアップデートに失敗する

au からのメールは絵文字こそ文字化けしたままですが、添付ファイルにもならずそのまま表示できるようになりました。絵文字もそのうち何とかなるでしょう、きっと。

で、なにげにコレ致命的なんじゃないの?? と思っていたアプリケーションアップデートが出来ない問題が解消されたので、これでようやくまともに使えます。ただこの問題の発生条件が不明なため、2.2 でも依然おかしいまま、って環境のヒトもいるかも、という気がしますがどうだろう。

上手くいかない場合はiPhone 側で一旦そのアプリを消してから改めてインストールするしかなさげ。PC 側に保存されているアプリケーションのファイル名を変更することで回避することも出来るらしいですが、ウチの環境では上手くいかなかったです。

あとApp Store の表示速度が速くなったような気がするのと、日本語入力がちょっと快適になった気がする(多分にプラシーボ) です。

この調子でちょくちょくアップデートがあるのは実にPC 的ですね。iPhone は色々言われてますが「外に持ち出せるPC的なもの」 としてはかなり素晴らしいデキです。電話機能は通信機能のオマケみたいなもんです(えー)。

iPhone 3G のUSB 電源アダプタに感電の恐れあり、リコールのお知らせ

コンセント部分の金具だけが抜けて残ってしまい、感電するかも、とのこと。

超コンパクト電源アダプタをお使いのお客様は、新設計の超コンパクト電源アダプタとの交換が完了するまで、ただちに電源アダプタの使用を中止していただきますようお願いいたします。

感電のしどころ? が悪いと普通に命の危険があるので、即刻使用中止にした方が良いです。

対策品との交換は10/10 以降、Web から申し込んで対策品を先送り、同封の箱に不具合品を入れて送り返すか、リアルのアップルストアに直接iPhone 3G 本体とアダプタを持ち込んでその場交換するかの2択。

ウチでは基本的に使用してないので特に大きな支障はないですが、Web からの申し込みだとなんか時間かかりそうだし、折角なのでアップルストアに行こうかな。

それまでの間、折角だからなんか別のアダプタ買ってみようかなぁ。

ダイヤテックのモバイルクルーザーシリーズとかよさげ。

ダイヤテック モバクルiPodケーブルセット PLS5C
ダイヤテック (2008-03-24)
売り上げランキング: 5689

iPhone まだまだ絶賛いじり中

iPhone を数日持ち歩いての感想とか、とりとめもなくダラダラ書く。

  • 持ってるだけ、見てるだけでも楽しい。
  • 重さ、大きさは丁度良い。
  • 文字入力は片手で出来なくもないけど、両手の方がより早い。
  • 日本語入力は、テンキーかフルキーのみ(と英語キー) にすれば超絶もっさりはかなり軽減される。
  • ただし連文節変換は出来ないし変換候補の検索が遅いのであまり実用的でない。ATOK 欲しい!!
  • iPod としてはtouch からほとんど変わらず。そろそろリピート機能欲しい。
  • @i.softbank.jp 宛のメールはプッシュでメール着信をお知らせ。Gmail でも、フェッチをON にしておけば一定時間ごとに確認してくれる。
  • マップのGPS 追従機能は悪くない精度。徒歩ならばほぼ問題なく追いかけてくれる感じ。これでもう迷わない!!
  • Safari のブックマークをホーム画面にショートカットとして配置できるのがベンリ。
  • カメラはかなりガッカリ度高い。でもあるとベンリ、とは思う。
  • au W53S からアドレス帳をどうやって持って行けばいいのか...。色々模索中。
  • App Store の無料アプリだけでもかなり楽しめる。
  • 充電、使用中共にほんのり暖かい。冬は微妙にカイロ代わりに使えそう。
  • バッテリは持たない。毎日充電必須。日中のバッテリ切れ対策も必要。
  • ソフトバンクのネットワークは粘りがない感じ。
  • コピーペースト出来ないのは今後のソフトウェアアップデートに期待

よし、iPhone 3G 16GB 買うぞ!!

料金プラン発表から早2週間。色々考えた結果、覚悟完了しました。

今使っているのは、au とウィルコム(あとACCA mobile(E) とかあるけどまた別の話)で月額10,000円くらい。ここにiPhone 3G を追加して+7,000円強、となると流石にきついので何を削れるのか考えた。

au は現在のダブル定額ダブル定額ライト に変更し、あまり通信しないようにすれば-3,000円、長電話はウィルコムとSkype でまかなえそうなので、一応付けてた指定割 も解除で-300円。計3,300円削れるとしてこれまでより+4,000円くらい増える計算。

au を解約してMNP しようかとも考えたけど、誰でも割 の解除月は2010/02 で、それまでに解約すると9,975円かかるし、MNP は2,100円かかる割に出来ることは文字通り番号が引き継げるだけだし、あんまり意味ない感じ。

iPhone 3G ではモバイルバンキングが出来ないんじゃないか、という気がしてならないのですが、それ以前に、そもそも電話帳とか移行出来ないんじゃね? とかいうあたりも気になり始めてきたので、au はそのままで、というのがリスク低くて良いんじゃないかという結論に。

暫く使用してiPhone 3G だけでも問題なさそうであればそのときにまた考える。併用を続けるのであれば機種変時にシンプルコースにしたうえでプランSSシンプルを選べば 更に1,000円削れる(んだけど端末代が別途かかるから微妙)。


で、もちろん選ぶは16GB。新スーパーボーナス で買うのは抵抗があるのだけど、実質、24回払い以外の方法を選ぶ理由がなさげっぽいので、そうするしかない模様。ドコモやau も含め、今ケータイ買おうと思ったら24ヶ月払いの2年縛りがあたりまえになってきてるので、折角なら納得のいく端末を使いたいなぁと。


そして最後の問題は、07/11 当日にゲットできるのか、という。予約とかしてないので、当日電話してみるしかないなー。

アッカのACCA mobile(E) 申し込んでみた

iPhone も出るし、ということで色々と動きの激しいモバイル関連のサービスですが、アッカのイー・モバイルMVNO サービスがイー・モバイルと直接契約するよりも月額最低料金が安く、色々と理想的な感じだったのでついカッとなって申し込んでみた。年間契約ならば、今年いっぱい、端末のレンタル料金がタダっていうのでつい...ね。

確かに、現時点では同じくMVNO で提供している他のサービスよりは最低料金が低いっぽい。

端末はレンタルのみで、USB 接続の「D02HW」。2年縛りの契約、本体買取のお値段とか勘案すると、アッカのサービスは1年縛りだし、とりあえず緊急時に使う回線としては良いと思います。

acca_emobile_1

というわけで、06/16 に申し込んで1週間弱の、06/24 に届いたのでした。アッカの封筒に入っているだけで、イーモバイルそのまんまです。

acca_emobile_2

なかにかろうじて紙切れが一枚入っていたのみ。ちゃんと年末までのレンタル料金タダになるんでしょうね...? 「ACCA mobile」 と書いたテプラが貼ってあるのが何とも言えない感じです。

acca_emobile_3

先日これまたついカッとなって密かに購入、現在整備中のThinkPad X31(Pentium M 1.4GHz、1GB) で接続確認。

d02hw_ss

D02HW の中に仮想CD-ROM 領域があり、Windows の場合にはそこから自動起動でユーティリティなどがインストールされます。このユーティリティを起動しないと電波強度などは分からないです(画面左下)。

一応、7.2Mbps で繋がっているように見えますが、実測はかなり遅いです。

ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.0
測定時刻 2008/06/24 23:36:33
回線種類/線路長/OS:モバイル回線/-/Windows XP/-
サービス/ISP:-/-
サーバ1[N] 806kbps
サーバ2[S] 1.05Mbps
下り受信速度: 1.0Mbps(1.05Mbps,131kByte/s)
上り送信速度: 410kbps(416kbps,52kByte/s)

でも下り1.0Mbps も出れば良い方みたい。なのかも。逆に、上りは理論値限界(384kbps) を超えてしまってますが原因不明。

USB ケーブルは2種類付属していますが、短い方でもちょっとぶらぶらしてしまって微妙な感じ。「3D USB アダプタ」 ってのを買うか、マジックテープを貼り付けてPC 本体とくっつけるなりするとスッキリしそうです。ウチのはレンタル品ですし、アダプタに何かくっつけるのは忍びないので、近いうちに「3D USB アダプタ」 を買うことにします。

このままで半年(更新月以外の解約は5,250円(税込)) なり1年利用するなりして、もしその間により魅力的な端末なりサービスなりが出ていればそちらに移る、ぐらいのつもりです。

最初はイー・モバイルで音声端末と通信端末で2台持ちにするか、とかも考えていたのですが、iPhone のこともあるし、色々悩ましい今日この頃です。

Apple からソフトバンク向けiPhone 3G 正式発表

Ustream でWWDC キーノートスピーチ会場の音声をストリーミングで流してくれてるヒトのを聞きながら、ものすごい勢いで更新されるMac 系のサイトをリロードしまくってたりしてました。

というわけで、ソフトバンクから07/11 に販売開始ですってよ奥さん!!

アメリカだと、8GB 版が199ドル、16GB 版でも299ドルで、他の国でも基本的にこの値段より上がることはない、とのことなので、まぁ、最大限見積もっても16GB 版の本体価格4万でおつりが来る、くらいで心づもりしておくくらいでよいかと。現時点でソフトバンクから料金体系とかの発表がないのでその辺も気がかりですが、これも毎月1万くらいかかるとみておけばガッカリ来ることもないかと。

普通に携帯電話として持ち歩くにはちょっと大きいかなぁ。でも普通の携帯にはもう飽き飽きしているし、いわゆる普通の「携帯サイト」 にはなんの興味もないので...、割と本気で購入することを考えてたりするわけですが。

現在、au (W53S) とwillcom (9(nine)) の2台持ちなので、これをどう整理するか。現在ダブル定額 をフルに使って(といっても10万パケット/月 くらい) 月の支払いが7,000円前後。willcom はウィルコム定額プラン で月2,900円なので、トータルでみるとこれまでと負担額はあまり変わらなさそう(月額1万円前後と仮定)。

au からMNP してソフトバンクに移動した場合、au は誰でも割 の契約解除料が9,975円。willcom も解約する場合は契約解除手数料は2,100円。

ただソフトバンクは夜間は通話定額ではないので、willcom 回線はしばらく残しておいた方が良いかもしれない。

3台持ちって手も一応ある。その場合、au のダブル定額をダブル定額ライト にして通話専用と割り切り、パケット通信しなければ月額-3,000円。というか通話専用にしてまで維持する意味ないような気もするし、さよならau、かなぁ。

なんか今携帯の買い方が、2年はきっちり同じ端末を使ってね、という風になってきているので、それならそれでキャリア関係なく気に入った端末にさくっとMNP して乗り換えてしまった方が良いんじゃないかという気がする。

iPhone については色々な見方がされているけど、Apple とiPod のブランド力はすごくあるので、ひょっとするとものすごーく売れちゃうかも知れない。というか売れてしまった方が色々と面白くなってくると思うので、今回ばかりはソフトバンクに乗っかった方が面白そうかなと思う次第。

ソフトバンク独占販売、とはいってないので、半年とか1年したらドコモからもiPhone が出る可能性はゼロではないかも。技術的には対応できる(au は通信方式がマイナーなので、まず無理) わけだし。ドコモスキーなヒトはそれを待つのも手かも。

(2008/06/11 21:17 追記)

(2008/06/14 09:47 追記)
近所のソフトバンクショップで予約受け付けてた。本体価格と料金プランが決まらないことには...と思うものの、予約しておこうかなぁ。

(2008/06/14 17:50 追記)

(2008/06/19 20:52 追記)
予約が出来たりできなかったりするらしいですが、本体価格も料金プランも明らかでない(なんかリーク情報もあるけど真偽不明ですし) 現状ではまだちょっと動けない感じ。早く情報公開してー。

Windows Mobile 6.1 搭載のWILLCOM 03

先月あたりから、アドエスが2年契約で実質0円とかになってて、一瞬グラっときつつも耐えた甲斐があった...のかどうか。昨年4月にW-ZERO3[es] に機種変してみた りしたものの、ネットに繋ぐ際のタイムラグが自分の中では許容できなかった...です。

端末の性能自体は上がっているのだろうけど、やはりそこがネックですよ。

ZEROProxy で手持ちのiPod touch をどこでもネットに繋がるようにして...とかやると夢がひろがりんぐですがそれだったらEM・ONE でいいやんとかね。イーモバに行くなら行くで現状のau + ウィルコム持ちをすっかり止めることも視野に入れて考えないとだしねぇ。

それに、今週か来週あたりにiPhone が日本でも正式発表になるのでは? なんて話もあるし、にわかにこのあたりが騒がしくなってきた感じですね。

個人的には、微妙に期待していたW61S も、そのもっさり感とお値段で一気に買う気減退したので、iPhone がドコモで出るならそっちにMNP するよ、とかもアリかもしれんですよ。

とか色々考えると、もうちょっと材料が出そろわないことには動けないな、という。

ソニエリのau 向けケータイW61S とW62S 発表

春モデルの情報出ました。どちらも魅力的。

W61S

気になったところ。

  • スライド
  • 511万画素CMOS、AF、手ぶれ補正、光学3倍ズーム、LEDライト
  • Bluetooth
  • ワンセグ
  • EV-DO Rev.A
  • micro SD

W62S

気になったところ。

  • 折りたたみ
  • GSM
  • 201万画素CMOS、AF
  • ジュラルミン製フロントパネル
  • micro SD

どちらも魅力的ではあるのです、が。ジョグダイヤルがまたしても無くなってるのは何故なんだ…。夏モデルに期待?

ようやく出るW54S といい、micro SD になってしまうし、もうメモリースティックの採用はなさげっぽいですね。これはソニーが、とかいうより携帯のハードウェアをある程度共通化していこうという流れからなのかも。

どっちかというとW61S かなぁ。発売開始は4月以降とかいうし、そのくらいであればW53S の機種変 から7ヶ月超えになるので、お値段次第ですが実機触っていい感じであれば機種変(端末増設) するかも。

ソニエリのau 向けケータイ、W53S に機種変更した

発売開始の10/05 は時間の都合が付かなかったので、10/06 に機種変したのでした。丁度iPod touch の到着とかぶってしまったので書くタイミングを逃してしまったのですが、3週間使ってきた感想など。。

これまで使っていたのはW43S だったんですが、au IC カード対応機種から同じくau IC カード対応機種への機種変は「増設」 という形になり、機種変手数料2,100円は不要とのこと。店員さんにそう言われてホントかな? と思ったんですが正解みたい。

そのかわり、というのか、一度au IC カードを差し込んだケータイはそのカードしか受け付けないように「ロック」 される仕様になっているので、ヒトから譲り受けた場合はロック解除の手続きをして貰う必要があるとのこと。これの手数料が2,100円。

そんなこんなで、関西13ヶ月機種変でポイントとか引いて貰って9,240円(税込) でした。色はマットブラックで。

基本的な部分はW43S とほとんど同じではあるのですが、やはりジョグが付いたのがうれしいなー、と。ジョグのセンサーが昔のから改良されてるので前みたいにスベるとかはなくなってるらしいですよ、と店員さんは言ってたんですが、たしかにスベリとかはないものの、なんか微妙に引っかかりを感じたり感じなかったり。ジョグをスクロースさせたときの移動量を3種類から選択できるようになってるんですがどれもしっくり来ない。「はじめの一歩から最高速」 てのがやりたいのだけど、思いっきりジョグを回さないといけないのがちょっと不便。

ボタン周りはしっかりとしたクリック感と深さがあって、もうW43S には戻れないです。携帯を閉じた時用のポッチみたいなのが4カ所あって、ボタンが液晶面に触れないようになってるのも良いです。W43S だと液晶保護シールにキーの跡がついてたからねぇ…。ただ、上部スピーカ部の固定用ゴムが○2つだけになったので、閉じたときの遊びが増えたような気がするのがちょっときになる。たぶんヒンジの内部機構が変更されるっぽいので、これはこれでOK という判断なんだろうけど。

ソフトウェア的には細かく改修してるのだろうけど、目立ってこれがよくなった、とかはあんまりないかも。「W31S で再生できる音楽とか動画を作る」 で作ったえせ着うたはW43S に引き続き、W53S でも使えてます。この辺はうれしい。でも辞書がダウンロードし直しになるのはちょっと面倒。

あと、全体的に、ボタン押してから反応あるまでの微妙なラグが気になると言えば気になる。でもまぁキニシナイ。カメラはAF ボタンが新設されたのがちょっと改良点。W31S みたいに、シャッター押したときにAF も動いて焦点が合ってからシャッターが切れる、ではなくて、まずAF で焦点合わせてから別途シャッター、という流れなので、ちょっと手間ではあるけどAF 不要な場合はすぐシャッターが切れるのは良いかもしれない。

その他外装なども気に入ってます。マットな黒なので指紋が付きまくりですごく目立つ、とか言うこともなし。パネル交換もできるようですがあんまりよさそうなのがなかったのでデフォルトのままで。シンプルが一番。個人的にはワンセグもいらないし、ホント電話とメール、ちょこっとケータイWeb ができてカメラがついていればオッケー、なので、このくらいが一番です。でもできればもっと小さく薄くして欲しいかも。

「au買い方セレクト」 は2007/11/12 から開始」 なので、W53S が気になるヒトは、後々の選択肢を残しておくためにも今のウチに機種変してしまった方がいいかも、と思います。

「au買い方セレクト」 は2007/11/12 から開始

数日前よりうわさのあった、端末価格が高くなるかわりに月々の基本使用料安くなる、という料金プランが発表になりました。なんか色々と複雑で、まだよく把握できてないのですが(ほんとこういうスキーム? 組むヒトはすごいと思う)、今既にお目当ての機種があるヒトは、このサービス開始の2007/11/12 を待たずにさっさと機種変してしまったほうがよいのでは、という気がします。たぶん。

で、私は、5月に発表されたW53S がようやく明日あたりに発売開始になるみたいなので、近日中に機種変する予定です。

「フルサポートコース」 は「シンプルコース」 よりも端末価格が21,000 円安くなる、とのことですが、そのかわり端末価格の2年縛りがあります。2年以内の盗難や故障に備えて、「安心ケータイサポート」(月額315円) に入っておいたほうがよさげではありますが…。

あと、今現在の端末価格 = フルサポートコースでの端末価格 = シンプルコースでの端末価格-21,000 円 という理解でいいんだろうか? どちらにせよ、2007/11/12 以降はもうこの条件でしか端末が買えなくなるわけで、現状よりも制限が強くなってるように感じるし、動くなら今のうち、かも。

au 的には同じ端末を2年以上使って欲しいなー、イヤならその分大目にお金払ってねー、ということなんですかね、というのは意地悪な見方か。でもまぁ解除料払うことになっても、次の機種変もまたフルサポートコースで21,000円 引き、とすると微妙にオトクそうな気もしてきた。

ところでSIM ロック解除とかその辺の話はどうなりましたか?

以前の「MY割」 → 「誰でも割」 の流れみたいに、1年もしないうちに改定が入りそうな気がする。

(2007/10/05 16:05 追記)
「フルサポートコース」 では今使っている端末が7ヶ月以上であれば機種変できるようなので、やはり今機種変してしまった方がよいという結論に。というわけで、今日たぶんW53S に機種変してきます。

機種変つながりでここにぶらさげ。au ではなく、ソフトバンクでの話ですが、注意喚起をかねて。本当にこういうコトができるのであれば、組織としてマズいと思う。

(2007/10/07 17:47 追記)

(2007/10/10 13:51 追記)

(2007/10/11 15:51 追記)

W-ZERO3[es] から9(nine) に乗り換え

W-ZERO3[es] から9(nine) に乗り換えました。以下理由をぐだぐだと。

まず、これまでの経緯はこんな感じ。

機種変キャンペーンにつられてついフラフラと京ぽんから機種変し、色々周辺機器をそろえて動画なども見られるようになりましたが、結局のところ常用するには至らず…。電話としては使ってたものの、電話機としてみると色々と微妙で。

  • 重い、大きい、持ちにくい
  • スライドがカタカタ動いて通話ノイズになる
  • なんか電波悪い?

などがかなり気になり。

あと、ダイアルアップ開始から繋がるまでに予想外に時間がかかるのもちょっと盲点でした。全体的にもっさりな感じがあるのも気になり…。

Advanced/W-ZERO3[es] だとこの辺改善されるのかナァ、と淡い期待も持ってみたけどどうもそういうわけでもないみたいで…。

そうそう、W-ZERO3[es] にしようと思った理由のひとつとして、Google Calendar をどこでも見られるようにしたい、ってのがあったのだけど、GCMG で全部解決してしまったので、あれ、いらない…? ということに。GCMG ベンリ過ぎです。

そんなこんなでもう通話専用として割り切ることにして、9(nine) をやふおくで購入、W-SIM 差し替えでさくっと変更完了。小さい、薄い、軽い、なんかメニューとかもサクサク、というわけで大満足。

電波の掴みはW-ZERO3[es] よりは良くなったけど、やっぱりちょっと弱い感じ(初代京ぽん比)。やはりW-SIM はアンテナ部分が完全にジャケットの中に入る分、弱いのかなぁ。でも、通話中でも「アンテナサーチ」 で電波掴み直してくれる機能があるので助かってます。

今後PDA 的なモノが欲しくなったらやはりイーモバイルかなぁ。EM・ONE のセカンドモデルなどに期待。や、iPhone が国内で出るならそれに飛びつくんだけどねぇ。

iPhone 日本向けバージョンは出るのかなぁ?

GSM 方式の携帯である、って時点で日本じゃ使えないからスルー、としてたのですが実際に動いてるモノを(TV で) 見てしまうと、こりゃすげぇや、となってしまった(ありがち)。Web で多数あがってる詳細なレポートもいいけど、パッと動画で見せられるとまたインパクトが違うなあと。本体の傾きによって画像の位置が自動的に変わったりとか、二本指で画面の拡大縮小あたりにシビれました。

iPhone は携帯電話なので、携帯電話会社(AT&T) との回線契約を結び、アクティべーションする必要があるのですが、その契約方法がiTunes 経由で、ってのがかなり未来だなぁとこれまたシビれた。契約には米国在住者なら必ず持っているソーシャルセキュリティナンバー(SSN) の入力が必要で、外国人旅行者なんかがフラッと買って回線契約、とかはできない作りになっているようです。あと最初はアクティべーションで混乱もあったらしい。

初期不良っぽいのと不注意で壊れたケース。どちらも良品交換となったらしく、壊れたときの対応はなかなかよさそう。

iPhone は単体で十分利益の出る作りになっているんだとか。

iPhone は日本国内のFOMA(ドコモ) やCDMA 1x WIN(au) のような3G ではなく、2G 携帯になるらしく、その理由が「3G のチップを使うにはまだ時期尚早」 ってことらしい。もし日本版iPhone が出るとしても、ちょちょっと中いじって…、程度では済まなさそうです。日本国内では微妙にスマートフォンが盛り上がってきているような気もしますがどうなんかなぁ。すごくニッチな気もする。

などどいろいろ書いてきたけど、たぶんなんとなくここからが本題。

ウィルコムのWM6 搭載スマートフォン「Advanced/W-ZERO3 [es]」

予定通り、発表になりました。(W-ZERO3[es] 買ったばかりだし) あまり期待しないようにしていたのですが、実際に出てきたものを見ると、これは「買い」 だしやっぱり欲しい、となりました(えー)。今のところ本体の色はこれだけのようなのが残念。いずれカラバリで黒とか出ることを期待。

今持ってるW-ZERO3[es] と比べると、薄く、小さく、少し軽く、無線LAN 内蔵、Windows Mobile 6 搭載、あたりがツボでした。使っていてなんとなく不満に感じてたところをきっちり改良してきたように思います。

W-SIM は流用できるので、本体だけ欲しい、とかだといくらくらいになるのだろう…。miniSD な無線LAN カードが1万弱なので、それを買うくらいなら新しいの行っちゃった方がいいような気もする。

(2007/06/09 21:29 追記)
[es] と比較してCPU のクロックが上がっているのとメモリ搭載量が増えているので、ひょっとすると「XM6 on W-ZERO3」 が快適に動くようになるのでは、とか期待してみたり。

ソニエリのau 向けケータイW52S とW53S 発表

2機種同時発表とは予想外。

W52S のウォークマン機能には全く興味がないけど、小ささは魅力的。やはり折りたたみよりコンパクトなヤツのほうがよいかなぁと最近思うようになってきた。あとW53S でようやくジョグダイヤルが復活したので、こっちも(主に耐久性とかが) 気になるです。

前回の機種変からまだ7ヶ月くらいなので、ホットモック触りながら秋モデル待ち。小さくてジョグダイヤルのが出ればいいのに。

W-ZERO3[es] 用にminiSD 1GB を買って動画を見られるようにしてみた。

miniSD 1GB 買いました。CFD のやつ。1GB が余裕で2,000円を切るとは…安すぎる。

完全に空の状態じゃないけど、バッファローのMCR-A27/U2 経由でPC と繋いで"FILE DEVICE BENCHMARK 1.03(2003/02/21)" で計測するとこんな感じ。

CFDminiSD1GB.png

また、上記と同じ接続の構成でFire File Copy 4.6.1.0(unicode) でPC → miniSD に20MB くらいのファイルを書きこんだ際の速度は"write:3.4MB/s"、逆にminiSD → PC の読み込み速度は"read:9.7MB/s"。「1秒間に9MBのデータを読み込み可能」 とあるので確かに看板に偽りはナシ、ただ書き込み速度がちょっと遅いかもしれない。

で、大容量ストレージを手に入れたからには挑戦しなきゃなのが動画再生。折角VGA な液晶も積んでいるのだし。で、調べてみるとTCPMP ってのだとDivX な動画も再生できるってので、早速"tcpmp.pocketpc.0.72RC1.cab" をダウンロードしてインストール、MTV2000Plus で作成したMPEG2 をTMPGEnc 3.0 でDivX AVI にしたVGA サイズの動画をminiSD に入れてみたところ、割とあっさり再生できました。

画像は著作権に配慮してみた。W-ZERO3[es] を置いている台はMX Revolution の充電台。なにげにピッタリ。W-ZERO3[es] 専用充電台もちょっと切り込みを入れたらいい感じに横置きも出来る台になるのにナァ…勿体ない。

w-zero3es_tcpmp.jpg

あっさり再生できたといっても、特に動きの激しい部分などではやはり処理能力的に色々と厳しいみたいで、画質を1段階下げてなんとか見られるか…という感じ。画質を1段階下げると320x240 の拡大になるので、ちょっとエッジがモヤモヤして気になるなぁ…。

当初、再生音量が小さいなぁ、と思っていたのですが、TCPMP の[オプション]-[オーディオ]-[アンプで増幅] を何回か行ったらいい感じになりました。大きすぎた場合はその上の[アンプで減衰] など行って調整を。

W-ZERO3[es] いじり中

w-zero3es_1.jpg

毎日結構楽しくいじっております。

まずはヨドバシで充電台とUSBホストケーブルを買ってきた。

充電台は…本当に充電が出来るだけで、正直、これでこのお値段は…という気が。せめてもうすこしがっちりホールドするようになっていれば、と思うけど、まぁ充電のたびにカバー取り外して充電端子に挿し込んで…とかいう手間が省けるようにはなったので、これはこれでよしとする。なんだかんだいって必須アイテムかも。

USB ホストケーブルはUSB(A)メス-USBminiAオス なケーブルで、USBキーボードとかそういう普通のUSB 機器が接続できるようになるという物。とりあえず、手持ちのUSM512E というUSB メモリを接続してみたら普通に認識され、中に入っている画像とかが普通に表示できた。ちょっと展開に時間が掛かるけど、これはベンリかも。あとまだ試してないけど、カードリーダ経由でデジカメの画像とかも表示できるんじゃないだろうか。これは色々と使えそうな感じです。

それから、いくつかソフトを入れ中。

まず入れたのはWithATOK。こういうツールが提供されるのが、さすがWindows Mobile、普通のケータイと違うよナァ、と。

次に、なんかファイラーの類が欲しいかも、と思って定番っぽいGSFinder+ Custom を選択。

更に、定番っぽいPocket の手を入れてフォントのアンチエイリアスを有効にし、フォントをIPA UIゴシックに変更。

上記ファイルのインストールは、W-ZERO3[es] 付属のCD-ROM に入っていたActiveSync 4.2 をPC にインストールして行っていたのですが、.NET Compact Framework 2.0 を探していたときにActiveSync 4.5 を見つけたので、そっちに入れ替えてみた。

実は、ActiveSync 4.2 で接続していた際にどうやってもW-ZERO3[es] を認識することが出来ず、やむなく[設定]-[接続]-[USB接続]-[ActiveSync]-[高度なネットワーク機能を有効にする] のチェックを外して使っていたのでした。ActiveSync 4.5 に変えた際にもう1回チャレンジしてみたところ、やっぱり認識できなかったものの、トラブルシュートのウィザードが起動し、最終的に「DHCP Client サービス」 を止めていたことが原因と判明、設定変更して無事認識できるようになりました。

で、高度なネットワーク機能が有効になっていると、どうやらPC 経由でネットに出られる模様。これはかなりベンリ。

W-OAM 対応の青耳RX420IN とはいえ、どうやら自宅周辺はまだW-OAM 対応エリアではないらしく、SPEED TEST の「160kバイト」 でも速くて120Kbps 程度。ウィルコム定額プラン+データ定額で4xパケットデータなので、理論値通り、ではあるのだけど。

これがPC 経由だと1.28Mbps くらいにまでなるので、もう格段に違いますなぁ。USB ケーブルが邪魔っちゃー邪魔なんだけど、もうしばらく設定を追い込むまではこのままでよいかも。というわけで無線LAN カードはもう暫くなくても大丈夫そうな感じです。

ちなみに、エリア確認ツール で自宅周辺のアンテナを調べてみたところ、最寄りアンテナまで100m、250m内にアンテナ2本、500m内にアンテナ12本、という環境。これはどんなもんなんだろ。あと、W-ZERO3[es] になって気づいたのだけど、何にもしてない状態でもアンテナ本数が結構増減する(緑→オレンジ→赤 とかよくなる) のは何でなんだろう。そういえば前に京ぽんで通話してたときは時々無音状態になったりぷちっと切れたりしてたなぁ…。ちょっとアンテナ弱いのカモね。こういうのって要望出したらアンテナ増やしてくれたりするのだろうか?? とりあえずエリアご意見箱 に書いてみた。

あと今後入れてみたいツールとかリスト。

あとは使用していないときに自動的にロック掛けてくれるツールなんかがあると持ち運びの際にも便利な感じだけど、さすがにそういうのはないかな…。

実用的なツールとしてまだまだ楽しく遊べそうです。というわけでわざとらしくamazon。

WILLCOM W-ZERO3[es]Premium Version ブラック WS007SH(B)P
シャープ (2007/04/10)
売り上げランキング: 400
おすすめ度の平均: 3.5
3 やっぱ液晶が小さいし、操作性が悪い。
4 これぞスマートフォン

現時点で36,800円なのだけど、amazonポイントが20%(7,360円分) ついて、あとなぜか15,000円キャッシュバックがあるようなので、一時的には大きな出費になるし、色々とややこしいけど最終的には実質14,400円となって最安な感じではあります。amazonポイントはヨドバシポイントとかと違い、実際に使えるようになるまでの期間がちょいと長いんですがamazonでよく買い物するヒトならこういう買い方もいいのかもしれない。

結局W-ZERO3[es] に機種変してみた

試験勉強の合間についカッとなって機種変してみた。

イーモバイルのEM・ONE もかなり気になる(でもまだ自宅近辺は絶賛エリア外) し、ウィルコムからも夏にWindows Mobile 6 搭載端末が出るとのアナウンスがあったけど、待てば待つほど…てのはこの手の商品では常のことだし、というわけでやはり決め手はお値段なのでした。今後も同様のオファーがあるかもしれないし、一般売りの値段もいずれ下がるかもだけど、まぁ、京ぽんも1年5ヶ月くらい使ったし(といっても音声専用端末としてだけど) 機種変の頃合いかなと。

あと、W-SIM がなにげにこないだ出たばかりのRX420IN、通称青耳になってると説明文に記述があったのでもういってしまおうという勢いで。というわけで金曜晩に注文。土曜日に発送され、日曜、試験から帰ってきたら既に配達されてて大変満足している。

ウィルコムストアで機種変するととりあえず新しい機種が送られてきて、到着した日の26:00 くらいに自動的に回線を切り替えてくれる模様。というわけで朝起きたら自動的に…とはなってなくて、W-ZERO3[es] を再起動したら自動的に回線が切り替わり、と同時に京ぽんの回線が不通になったです。

パケット定額の契約が04/17 からになったので、今はウズウズしつつまだあんまり触ってないです。初のWindows Mobile 端末なのですよ。ちなみに初めてさわったPDA はCLIE といってだな(略)。あの頃から比べると、隔世の感がありますなぁ…。

VGA な液晶はやはり広いし文字小さくてもちゃんと読めるのに感動。かなり遊べるおもちゃな感じで満足度高いです。

液晶保護シールはとりあえず的にラスタバナナの「パーフェクトガードナー WS007SH【es】専用」(RBPH043) を貼ってみた。まぁまぁうまく貼れた模様。いずれミヤビックスのに貼り替えたい。

あとは充電台とかUSB ホストケーブルとか無線LAN とか欲しいので、徐々に買いそろえよう。充電台は早めに買っておいた方がよさげなのだけど、ヨドバシとかで売ってるのだろうか…?

ウィルコムの機種変割引キャンペーンの案内が来た

微妙にオトクなのかどうなのか分からないけど、一応メモっておこう。お知らせが来たヒト限定のキャンペーンで、期間は04/30 までらしい。

WX310KWX310J が5,000円。

WX320KWX321J が12,800円。

で、W-ZERO3[es] Premium Version が14,800円。

あたりの価格と比較してみると、新規契約とほぼ同じくらいのお値段ですかねぇ。機種変10ヶ月以上と比較すると安い。9(nine) があれば即飛びついたんだけどなー。このなかだとやはりW-ZERO3[es] にするのが一番オトクな感じに見えるけど…やはり絶妙に微妙なラインナップと価格設定だ。さてどうしようか。

イー・モバイル のEM・ONE よさげかも

割とスルー気味だったのだけど、TVCM も始まっているし、改めてよくよく端末見てみるとかなりよさげじゃないか!!

気になるEM・ONE のお値段は何の縛りもない契約だと95,000円(+ 契約事務手数料2,835円)、1年契約、2年契約することでそれぞれ71,000円、39,800円となるけど、途中解約すると解約手数料がかかるので要注意。常時持ち歩く携帯端末で2年保つとは思えないのだけど、故障時の対応はどうなるのだろう。

ウチの通常生活圏はまだエリア外なので、03/31 のサービスイン以降、ネットに上がってくるであろう各種レポに期待しつつ、しばし様子見。ウィルコムがコレに対抗してくるのかどうかとかも気になる。

今のところ、au W43S + ウィルコム 京ぽんの2台持ちで両方あわせて月額8,000円くらい。京ぽんは音声通話専用で、データ通信はW43S のパケット定額の基本料金(2,000円) で収まる範囲(40,000パケット) ぐらいの通信料。京ぽんをW-ZERO3 に機種変してデータ定額付けたりすると色々夢が広がるかなぁ…とか思ってたのだけど、このへんも含めて様子見ですね。

イー・モバイルのサービスは月額5,980円とのことなので、単純に3台持ちにすると家計に響くしなぁ。

それにしても、シャープはAQUOSケータイといい、W-ZERO3 や今回のEM・ONE といい、かなり各方面で存在感を増してきているなぁ、という感想。

(2007/03/05 16:21 追記)

(2007/03/06 15:34 追記)

(2007/03/09 11:28 追記)

(2007/03/16 11:24 追記)

(2007/03/23 12:24 追記)

ソニエリのau 向けケータイ、W51S

W43S からあまり変わってないような…。ハードウェア的なサイズや重量、液晶やカメラはほぼそのまま、メモリ関係が倍増になっているぐらい。ソフトウェアはPCサイトビューアが横画面対応になったことと、PCドキュメントビューアを新た搭載、あと勝手JAVA アプリを動作させるオープンアプリプレイヤーてのも載ってるようです。オープンアプリプレイヤーはちょっと気になるし、ボタン周りがちょっと改良されてるっぽいけど、あえてW43S から替えるほどでもなさそう。W43S が壊れた時の機種変によさげ。

それよりも、たぶんW52S? とかで薄くて軽いワンセグケータイを出してくるはずなのでどうせならそっち待ちがよさげ。ドコモ向けにはもう出るんだし。W51S と比べ、数ミリ程度大きく、25グラムほど重いみたいだけど、このくらいなら許容範囲。

なにげにこれ、メモリーカードがメモリースティックDuo とかじゃなくてmicroSD になってますね。もうメモリースティックDuo はいらない子ですかそうですか。

(2007/01/18 11:36 追記)
BRAVIAケータイは6月発売予定なのに春モデルとはこれいかに。普通それは夏モデルといいます。au 向けにも出してさえくれればその辺はどうでも良いのでよろしくお願いしますね。

W43S のアップデート

なんか不具合修正の更新がきてたので早速やってみた。更新はこれで2度目。

メインメニュー出して[5]-[8]-[1] と押していけば更新を確認する画面が出ますのであとは画面の指示に従って。説明にあるとおり、ホントに40分くらいかかるので、念のため、充電器に繋いでから行ったほうが良さそうです。更新時間を予約しておくことも出来るので、寝てる間にアップデートしておくと使えない時間が少なくて済みそうです。

で、アップデートした結果は…微妙? キーレスポンスが改善されてるようなのだけど、今のところあまり改善されたようにも思えず。もうちょっとキーレスポンス早くならないかなぁ。ボタン押してから半拍ぐらい遅れて反応がある感じがする。

あと、実際に使ってて遭遇した不具合っぽい挙動は、メールを受信した瞬間、画面が真っ暗になり、自動的に再起動した、てのが1回と、EZweb(OPENWEB) のブラウザ履歴はクリアしない設定にしており、電源入れなおしもしていないのにEZweb 起動時にOPENWEB のスプラッシュスクリーンが表示(ブラウザ履歴がないときの挙動) された、てのが2回くらい。原因はよくわからんです。

W31S からW43S に機種変してました

機種変したのは9月半ばだったのですが、それからなんだかんだで今頃になって感想とか。今更とか言っちゃダメです。

W43S にしようと思ったポイントは、

  • ソニーエリクソン製
  • PCサイトビューア
  • 待ち受け画面で一定時間経過後オートロック
  • ロックパスワード長が最大8ケタ

あたり。ドコモ時代からSO504i → SO505iS → W31S ときたので、もうソニエリ以外は受け付けないカラダに…。ちなみにソニエリといえばジョグダイアルですが、特にそこにこだわりがあるわけではなく、むしろ日本語入力のPOBox が使いたくて…という理由だったりします。

ソニエリのアンケートの項目とか見ていると、今後の機種でのジョグダイアル搭載についても考えているようですが、どうなるんでしょうね。こだわりはないと書いたものの、十字キーは使いにくいかも。

で、実際にW31S から機種変して良かった点。

  • 薄い
  • 軽い
  • 縦方向に画面が広くて、何かとベンリ
  • シャッターの下りるのが速くなった(AFが無くなった為)
  • オートロックはかなり安心感がある
  • 8ケタパスワードもいい感じ
  • POBox の変換が速くなった

悪かった…とまではいかないけど、若干気になった点。

  • EZweb の終了(終話ボタン押し) に時間がかかる
  • 待ち受け画面でメニューを呼び出した時にワンテンポ待たされる
  • オートロックの指定時間が10秒固定なのでもうちょっと長く設定したい
  • FeliCaロックやハロー着信制限を設定しているとロック解除時に毎回その旨表示される
  • 十字キーが押しにくく、指が痛くなる
  • 十字キーとクリアキー、クリアキーと2キーの間がそれぞれ狭すぎて打ち間違いしやすい
  • ボタンが平べったく、押し込みが深いのでどのキーも押しにくいかも
  • 机の上に置いてボタンを押した時の安定が悪い

とまぁ、いくつか不満点はあるものの、機種変した甲斐はありました。

今のところ、おサイフケータイ周りはまったく使ってないです。あかり関係も主張が激しいので、どう使ったものかと思案中。

あと、自作のえせ着うたとかは「W31S で再生できる音楽とか動画を作る」 で作ったやつがそのまま問題なく使えています。

ソニエリのau 向けケータイ、W43S

秋モデル来ました!! なんだかんだでW42S はスルーしてしまったので、今度こそ!! 機種変13ヶ月以上で15,000円くらいまでなら即買っちゃうかも。

一部予想ではワンセグ搭載されるかも? とかありましたが、ワンセグ載せるとこの薄さは実現できたとは思えず、無くて良かったカナー、と。ワンセグ機能は端末解約するとロックされるという話ですし、それならDS+ワンセグカードの方がよさげ。

432x240 な2.7インチワイド液晶も、メール入力時に画面が広く使えて良いかも。使うか分からないけど、おサイフケータイ® も付いてるし、機能的にはそんなに不満ないです。

どの色にするかはちょっと悩みどころ。モカブラウンが一番無難で、アンビションレッドはさすがに…。

ウィルコムの新型スマートフォン、W-ZERO3[es]

W-ZERO3 と比べ、液晶は小さくなったものの、スマートな感じでよさげですね。USB ホスト対応で外付けのUSBキーボードなどを接続できるそうだから、結構便利に使えそうな予感。

といっても発売日に特攻する!! とまではいかず、これまた冷静に情報収集モード。今使ってる京ぽんが、えーっと、夏過ぎたあたりで10ヶ月越えるはずなので、もし買うとしてもそれ以降。できればホットモック触ってからの方がよいかな。

というわけで、ウィルコムストアで2006/07/11 10:00 より事前登録開始らしいですが、この機会に、そろそろ、電話もできるウィルコム、いかがですか?>だれとなく

(2006/07/04 20:12 追記)

(2006/07/04 20:19 追記)

(2006/07/05 14:51 追記)

(2006/07/06 12:38 追記)

(2006/07/08 00:27 追記)

(2006/07/12 13:21 追記)

(2006/07/13 19:26 追記)

(2006/07/15 13:02 追記)

(2006/07/28 00:17 追記)

子供向けケータイ

子供に携帯を持たせる、という話を読んで思い出したのでちょっとメモ。

ドコモの子供向け携帯「キッズケータイ」 の実物を見る機会があったのですが、なかなか機能豊富でした。防犯ブザーと連動して予め指定しておいたメールアドレスにメールを送る機能とか、電源オフでも同様にメールを送るとか、簡単には外せない電池パックとか。あとメニュー表示がひらがななのも基本をおさえてる感じ。

ただ、メール送信がドコモの「メッセージR」 を使っているようなので、親のケータイもドコモに縛られる気がするのだけどどうなのだろう。ある種、利用者を囲い込む作戦なのかも。

というわけでau 向け端末。こっちは「ジュニアケータイ」 という名称。

同じく、防犯ブザーは付いてるけど、直感的なヒモではないので、ちょっと使いにくいかも。機能的にはSA800i にあと一歩、といったところ。CDMA 1X なので、WIN 向け端末に期待。SANYO はなにげにこういうところでニッチなところを狙いにいってますねぇ。

vodafone には今のところ同様のコンセプトを持ったケータイはない模様。

その代わり? willcom にはあります。

ただ、デザインがいかにも「女子児童向け」 なので、男子児童は持てないねぇ…。通信ユニットはW-SIM を使用し、特殊ネジで止めてるそうなので最低限の対策はとってある模様。


誘拐を企む輩がいたとして、ターゲットの携帯の仕様を予め確認すれば(ネットでも結構詳しい情報分かるし) 各種制限も結構たやすく回避されそうな気もしますし、子供の携帯を利用するつもりがなければわざと水没させたり物理的に破壊したり、あるいはその辺に投棄すればよいワケで、いやそもそも誘拐レベルまで想定するのがアレかも。

ついこないだも「小1女子を誘拐しようとして防犯ブザーを鳴らされて失敗した犯人が原付で逃げるところを一緒にいた友達がケータイカメラで撮った写真からナンバーが割れて御用」 というかなり斬新な事件があったので、日常生活で安全に使える携帯はアリなのかも。

あと、親がちゃんと機能とか把握し、コントロールできるようにしておくのは必須ですね。小1ぐらいでもできる子は自分ひとりでふつーにPC 立ち上げてネットで適当にフリーゲーム探し出して遊ぶくらいはやってのけますから。

(2006/08/07 21:12 追記)
飛行機に乗るときは注意。

au W42S の情報収集中

W42S への機種変を考えていまして、発売前に予約すれば通常価格から2,000円引きしてくれるショップがあったのに、「やっぱりホットモックで触ってからにしよう」 と思ってスルーしてしまい、現在に至るまで未購入。

ホットモック触った感じ(W31S 比較) では、スライドが自分で開けないといけなくなったり、ちょっと液晶のサイズが小さくなったり、カーソルの上ボタンがちょっと押しづらいかも? というあたりが気になったものの、カメラのAF がなくなったぶん、シャッター切れるのが早くなったように感じられたり、全体的に動作が速くなったっぽくて、よさげな感じ。

ただ、関西13ヶ月以上の機種変価格がどこも17,640円くらいで、ポイントの値引きとか考えても15,000円弱くらいなので、値段下がるまでちょっと待ちモード。W31S もまださほどヘタってないので、まだ使えそうですし。

で、W42S には2種類の音楽再生機能が付いてますが、どちらも微妙な様子。SonicStage CP からW42S に転送できる音楽ファイルはATRAC3 132kbps のみ対応らしくてiTunes のAAC を再生することは不可、au Music Port のほうはHE-AAC 48kbps、着うたフル相当とのことで、ちょっと音質的にどうなのか。

ケータイのハードウェアの制限で高ビットレートでの再生が制限されているというよりは、政治的なものが原因なのかもしれない。どちらにせよ、この対応状況ではiPod と互角に戦うことはできない印象。

それでも、それ以外のセキュリティ機能とかがいい感じなので、(適当に値段が下がれば) 機種変予定。

(2006/07/03 20:13 追記)

(2006/07/05 17:27 追記)

au の「3ヶ月くりこし」 が「無期限くりこし」 にサービス内容変更

au の無料通話分の未使用分は2006/08/01 より「3ヶ月くりこし」 されることになっていましたが、これが「無期限くりこし」 に変更され、時間での縛りがなくなりました。

その代わり、各通話プランごとにくりこし上限が設けられています。上限を月額の無料通話分で割ると、安い料金プランのほうがより長く貯められるようになってますね。これはこれで。

au の2006年夏モデル、ソニエリ W42S 発表

とうとう発表になりました。6月下旬発売予定とのこと。

PCサイトビューアが付いているのは良いとして、Felica がないのが残念。そもそもウォークマン携帯にならなくてもよいのに…。例によってSonicStage しばりがあってATRAC3 でないと転送できないっぽい。音楽用に内蔵メモリが1GB 用意されるのは良いとして、無駄に端末価格を押し上げそうだなぁ。いくらになるのやら。

値段次第では、機種変予定。色はたぶんヒートブラック。

(2006/05/23 23:35 追記)

ソニエリの携帯サイトだといろいろ情報が出ているのだけど、ロックを解除しても10秒で自動的に再ロックがかかったり、暗証番号が8ケタになるようなので、個人的にはコレだけでも機種変する価値があります。デザインも割と気に入った!!

ただ、ネットの情報を総合するに、音楽用の内蔵1GB ってのは着うたとかLISMO Music Store とかで購入した音楽データしか入れられないらしい。あと、au Music Port ってのがCD を音楽データに変換する機能を持っているらしいので、それはそれで問題ないか。

で、Sonic Stage からはこの内蔵1GB 領域にはアクセスできないらしく、メモステに保存してね、ってことらしい。一応、MP3 とかAAC も使えるようなのだけど、もーすべてがちぐはぐ。こんなんじゃiPod 追撃なんて夢のまた夢ですよ。

ただ、非HDD なシリコンオーディオは欲しいので、このくらいの制限はどうってことない。

(2006/05/25 19:14 追記)
W42S に添付されるのはコレかな。自分でCD からiTunes に取り込んだAAC ファイルなら読み込んでくれそうですね。

(2006/05/29 21:51 追記)

(2006/05/31 14:08 追記)

(2006/06/04 14:56 追記)

(2006/06/05 20:22 追記)

ナンバーポータビリティの手続き方法が公開

手続き方法が出てきました。ちょっと煩雑ですね。

これを見るに、ほんとに同じ番号がそのまま使えますよ、以外のメリットはなさそう。解約→新規契約となるので、利用期間割引とかも引き継がれないしね。メールアドレスが変わるのは仕方ないとしても、ダウンロードコンテンツとか電子マネーとかの扱いがまだ未定っぽいので、そのへん気になる。

と、一応情報追いかけていはいるものの、既にau の「MY割」 入っちゃったので、これからもau です。末永くよろしくお願いいたします。つきましては、そろそろW42S の詳細を発表していただきたく…。

ケータイのセキュリティ

いつか書こう、と思いつつほったらかしになってたので、この辺で軽くまとめ。

こういうことを考えるきっかけとなった、以下のストーリーは「実際に起きた事件を元にした創作」 とのことですが、いつからAll About は書き下ろし犯罪小説を読めるサイトになりましたか? とか思わずに読んでみることをお勧めします。

さて、最近のケータイは「おサイフケータイ」 機能なども付いていて、既に財布と同レベルの扱いにすべきと思います。その辺に放置しない、なくさない、落とさない、などなど。かばんやポケットの中に入れるときも、すれ違ったヒトにパッと取られることのないよう、しまい方にも気をつけたいです(実際、無用心なヒトを良く見かけます)。ってなんか普通に防犯対策の話だなこれは。

これからがやや本題。「おサイフケータイ」 機能に紐付いている各種電子マネーの、紛失時の対応状況。「Edy」 は補償なし、ってのはちょっと…と思うけど事前にチャージするタイプなので、無制限に使われる可能性もないのでこういう対応なのかな。

あと、万が一なくしてしまった場合、回線の利用休止やロックなどができるようですので、そのあたりの手順も事前にチェックしておいたほうがよいです。ドコモはトップページの分かりやすいところにリンクが置いてあったり、さすがですね。逆にvodafone は欲しい情報に辿り着くまでのステップがかかり過ぎです。

今使っているau W31S は、オートロック機能はあるのですが、「電源投入時に自動的にロック状態になる」 だけで、「指定時間操作しないと自動的にロック状態になる」 わけではないので、ちょっと不便です。せめてキーロックするみたいに、カンタン操作でロックがかけられるとよいのだけど。むしろキーロックがオートロックになればいいのに。

マニュアルPDF をダウンロードして見てみたところ、どうやらW41S だとこの辺の要求は満たせそうだけど、デザインがなぁ…。というわけでまだ見ぬW42S? あたりに期待中。

au にスイッチして早1年。「MY割」 入っちゃうほどau べったりなので、今更ドコモに戻ることはありえないけど、「見られるとヤバいのよ」 のCM でおなじみ、FOMA F902i のセキュリティ機能 はちょっと魅力的。

こういうご時世のわりに、ケータイのセキュリティ機能ってまだまだな気がする。

あと、いくらロックがかかると言っても、所詮数字4桁の順列でしかないので、ケータイを外部のPC などに繋いで総あたり解析すれば暗証番号割り出すことなんてたやすいと思ったりするのだけど、どうなんでしょうね。実際、ケータイのメモリ編集ソフトとかでこういう機能があるやつがあったと思うのですが。そもそも起動時ロックがかかればそういう事もできないのかなぁ。

(2006/05/21 14:21 追記)

市販されている携帯電話用ソフトのなかには、この暗証番号を解析してくれるものもある(図3)。「ロック中」の端末では同機能は使えず通信エラーになるので心配はないのだが、ロックを外していると暗証番号を検索して表示してしまう。

ケータイの情報流出を防げ(前編)/SAFETY JAPAN [特集]/日経BP社

この話が本当ならば、「起動時自動ロック」 は効果があるかも。

あと、外部メモリーカードには一切のセキュリティ保護機能がないので、重要な情報は入れないほうが良いです。

(2006/05/29 09:20 追記)

ウィルコムが1,000円キャッシュバックキャンペーン中

今ウィルコム端末を使っているヒトの紹介でウィルコム端末を新規契約した場合、双方に1,000円キャッシュバックされる、とのこと。正確には、「ウィルコムご利用金額からキャッシュバック」 とのことなので、実際は月額利用料金が割引かれる、ということですね。紹介できるのは最高で10件(=10,000円) までとのことだけど、キャッシュバック分が月額利用料金を超えた場合の繰越分はどうなるのだろうね。

期間は2006/02/01 - 2006/03/31。というわけで、どうですか?? とかいってみる。おいでよウィルコム。

ソニーエリクソンのau 向け新型ケータイ、W41S など

出ました春モデル。7機種同時展開なワケですが、興味のあるのはW41S のみ。

PC サイトビューアが付いたのはかなり良し。ただカメラが、W31S だとCMOS 200万画素だったのにW41S ではCMOS 125万画素になってるのはどうなんだろう。とはいっても、普段VGA 程度でしか撮ってないので、あまり問題はなかったりする。暗い所でのノイズが低減されてると良いのだけど。「ルミナスエンジン™」 とやらがその役割を担うのだろうか。あとはBluetooth™ なんかが搭載されてたら良かったのに。あ、もちろんオサイフケータイにもちょっと興味ありますよ、と。

今回のシリーズ全体で見ると、「au Music Port」 てのがおもしろそう。要はiTunes みたいに、PC にインストールして携帯端末と繋ぐ音楽転送ソフトのようですが、着うたフルやがPC にバックアップできたり、他にもアドレス帳やスケジュール、写真とかメールもバックアップできるのはかなりベンリっぽい。

au 的には音楽ケータイという展開を重視してるっぽいですね。

今使っているW31Sは、電池が持たない以外はかなり快適なので、あまりあせらず、機種変価格次第で移行のタイミングを計るつもり。

しかしW41S のカラー展開はもう少し何とかならんかったのかなぁ。かつてのSO505i っぽいブルーが一番イイかな。

(2006/01/19 13:53 追記)

au の「一人で「家族割」+「年割」」 料金割引サービス

今使っているケータイの番号のまま、別のケータイ会社に移行できる、番号ポータビリティ(ナンバーポータビリティ) が2006/11 から開始されるため、各社共に現行ユーザの囲い込みに余念がないです。というのはさておき。

au が、2年契約を条件に、ひとりだけでの契約でも「家族割」+「年割」 と同等の割引を受けられる料金割引サービスを2006/02/20 から開始するとのこと。契約解除月以外に解約などを行った場合、契約解除料として9,975円(税込) を払わなければいけないようですが、どの料金プランでも、1年以上使えばもし途中で解約してもトントンか安くなるっぽいです。私みたいな、au 以外に移動する気がないヒトにとってはオトクかも。

料金プランと家族割の資料(関東・中部以外) おいときますね。

あと、2006/08/01 より、無料通話の余った分を3ヶ月自動的に繰り越せるようになるようです。なんでもっと早く始めませんか? きっとシステム的な都合ではなく、ナンバーポータビリティの開始にあわせ、ギリギリの設定にしたのだろうけど。

ナンバーポータビリティ、どうなるのかなぁ。

au のEZweb 繋がらない?

au の携帯電話のWeb ブラウザに意図しないタイミングでreferer 情報が送信されてしまう不具合」 の不具合発生テストをしようとしたら、なぜか繋がらない。Web サーバのログをみると実際にアクセスを試した(そして繋がらなかった) 時間より数分後にアクセスしたことになっている。かなり意味不明。

で、端末側の問題かと思ったらネットワーク不調っぽい? 全国規模なんかなぁ?

(2005/12/10 01:09 追記)
もうちょっと情報追加。とりあえず、電源切って入れ直したり、バッテリ抜いて入れ直したり、充電しながら、とか色々やってみたけどダメ。自分でテストしてたときのサーバのログを見返すと、12/09 22:30 前あたりから繋がらなくなっていた模様。少なくとも21:20 頃は正常だった。

公式のトップページは見られるようになったけど、料金照会はみられなかったり…DNS サーバが死んだとかか? と思ってIP アドレス指定でもダメ。いったいなんなんだー。

(2005/12/10 01:30 追記)
通話とメールは大丈夫。EZweb だけ繋がらない or 繋がっても非常にレスポンスが悪い → タイムアウト。今日はここまで。朝には復旧してますように…。

(2005/12/10 08:33 追記)
04:00 前頃に復旧した模様。何が原因だったのだろう。

au の携帯電話のWeb ブラウザに意図しないタイミングでreferer 情報が送信されてしまう不具合

au の携帯電話に搭載しているOpenwave Systems 社製Web ブラウザで、意図しないタイミングでreferer が送信されてしまう不具合があったようです。

RFC2616 に記載の仕様と異なる、ということらしいのだけど、再現条件がよく分からないなぁ。

該当機種に挙げられているW31S を用いて「ホームページURLが送出される特定の操作」 の通りに再現テストをやってみたのですが、特に問題はないような? やってみた手順は、「お気に入りリスト」(W31S の場合) からalectrope のトップページを表示、その後[ブラウザメニュー] - [更新] 、という手順では再現できず。

そもそも、お気に入りから飛んだ場合はreferer は空なんじゃないか(IE のお気に入りから飛んだ時と同じ挙動) と思うわけですが、それとも何か入ってるのかなぁ。

au のサイトで該当機種の一覧がありますので、該当してる場合で、ちょっと気になるヒトはソフトウェアの改修して貰ってもいいかも。作業時間は大体30分~1時間、場合によってはもうちょっとかかるようですので、時間の余裕のある時にでも。

(2005/12/10 00:48 追記)

(2005/12/11 00:06 追記)
昨晩はEZweb で障害が発生していたらしく、検証できなかったので改めて再検証したところ、確かに関係ないページのURL がreferer として送信されてますね。

再現の手順説明は上のインプレスの記事通りなんだけど、もう少し細かく書くと、まずどんなページ("ページA") でも良いので表示させた後、[ブラウザメニュー] - [お気に入りリスト] を表示、お気に入り内の任意のページ("ページB") を選択、表示させる。この段階では"ページB" のサーバにはreferer は空の状態で送信されています。このあと、[ブラウザメニュー] - [ページ更新] を行うと、"ページB" のサーバには"ページA" がreferer として送信されています。両者は全く無関係なページなのに、まるで"ページA" 内に"ページB" へのリンクがあり、そこをクリックして表示させたようになるわけです。

理屈の上ではこれを悪用(?) するとURL を確認することのできない、任意のページのURL をreferer を介して取得することができるわけですが、少なくともこの方法ではEZトップメニューのURL を取得することは出来なかったです(空になっていた)。

セキュリティリスクとしてはあんまり大きくないんかなぁ。どうなんだろ。

EZweb のIP アドレスは取得毎に動的に変わるし、UA から使っている機種名は推察できるけど、そこから個人に紐付けることは(au 以外には) 多分不可能だし、さほど神経質になることもないか…。ただ、「パスワード認証とかは導入せず、URL を秘密にすることで利用者制限をしている(つもり) のサイトのアドレス」 がうっかり漏れてしまって第三者にアクセスされる可能性はあるかもね。まぁそれはそういうポリシーで運営していること自体が間違っているわけだし。

利用者側でできる対策はソフトウェアの改修をしてもらうしかないね。時間があったらやってもらおうっと。

シャープ製WILLCOM 向け端末W-ZERO3 の価格決定

ちょーっと乗り遅れた感のあるネタですが一応。新規年間契約アリ39,800円と、かなり安い。年間契約にすると契約更新月以外での解約料がかかりますが、月額2,900円のウィルコム定額プラン は自動的に年間契約必須となるので、一番安いやつを買うのがよいかと。なので新規契約の時は迷わずコレを。

ややこしいのが既にウィルコム端末を持っている場合。いや実はさまざまな理由があってちょいと前に京ぽん買っちゃってねぇ。Opera のそのあまりにものもっさりぶりに目が飛び出しそうになったりもしましたが、音声通話専用端末と思えばそれなり。

で、こういう私みたいなヒトの場合、何ヶ月契約してるか、とかでも機種変のお値段が変わってきたり。もし京ぽん解約→しゃーぽん契約、としたとすると当然電話番号やメールアドレスも変わりますし、年間契約の解約金(1年未満4,200円、1年以上2,100円) が必要なので結構微妙ではある。

で、まとめ見て目からウロコだったのが2台持ち。例えば京ぽんを音声通話専用、しゃーぽんを通信専用として2台持ちし、マルチパック てのを使えば全部まとめても月額5,600円~。さらにA&B割 が使えるプロバイダの場合、これも併用すればさらに15% 安くなる(他の割引適用前から15% 引きなのか、とかよく分からないけど)。「割引は、その他の割引サービス適用前の月額基本使用料に対して適用されます。」 と書いてあるので多分併用可能。折角のしゃーぽんを通話に使わないのは微妙に勿体無い気もするけどね。

料金プランや割引プランの組み合わせが多すぎるので最適解見つけるの結構大変だぞコレ。

で、現在の私の状況から採りうるプランを考えてみた。

  1. 解約金を支払って京ぽん解約、しゃーぽん新規契約
    (ウィルコム定額プラン + リアルインターネットプラス[1x] = 5,000円/月)
  2. 京ぽん継続、しゃーぽん新規契約
    (ウィルコム定額プラン + つなぎ放題[1x] + マルチパック + A&B割 = 5,000円前後/月)

2台持ち(W31S 含めると3台持ち) しても維持費そんなに変わらないね。契約したばっかりで解約金支払うのもアレだし、2台持ちの方がややオトクかな?

あと、前にドコモユーザだったときはケータイ + データ通信カード で非常時やテスト時用のPC 通信回線を持ってたので、なんとなく"DD" が気になったり。店頭でモック触ってみたけど結構よさげだった。

現在のところコレはW-SIM カードと同時契約のみで、単体販売がないため折角のW-SIM カードの利点が薄まってます。でも単体販売だと10,000円超えるかもね…。コレとしゃーぽん単体(45,000円) もアリかと思ったけどあんまり意味ないか…。各端末のお値段とか料金プラントか、「特定の組み合わせだとかなり安い」 とかがなくてよく考えてるよなー、という気がしたりしてます。

…と、ここまで書いておきながら、ちょっと様子見モードに入ってます。いやさ、XBox360 とかでどーんとお金出ていっちゃうしさ、ちょっと落ち着いてしまった。バグ取りファームアップがひと段落してからでもいいかなー、とか。あとはWindows Mobile 5.0 で動作するSSH2 クライアントとかが整備されないかなぁ、とか。

定評のあるのはこれかな。ながらくバージョンアップされてないけど、PockeTTY 2.0 を準備中とのことで期待。

シャープ製ウィルコム向け Windows Mobile 搭載端末

なんだかすごいのが来ましたよ!!

3.7インチVGA(640x480) サイズの液晶を搭載。これはPSP と同じモバイルASV液晶ってやつですね。小さいながらもちゃんとQWERTY 配列なキーボードもかなり魅力的。そしてWindows Mobile 5.0 を搭載。かつてソニーがCLIE で参入し、そして撤退してしまったPDA 市場に参入ですよ。

有効133万画素カメラとか、miniSD カードスロット搭載とか、無線LAN ユニット搭載とか、あとなによりこれはPHS なので音声通話やデータ通信も出来ますよ、ともうこれ1台でなんでもオッケーみたいな感じですね。

重さはバッテリ込みで220g 程度。PSP が同じくバッテリ込みで280g 程度なので、PSP よりは少し軽い。

発売は12月上旬予定、今年度中に10万台を出荷目標と設定しているので3万台/月 くらいの生産体制はあるのかな。W-SIM(PHS 加入) と同時購入で5万円を切る価格を目指すとの事。安いに越したことはないけど、PDA と考えればこのくらいのお値段にはなるかな。

ウィルコムストア で無料のユーザ登録をしておけば予約販売情報をメールで送ってくれるらしいので、とりあえず登録してみた。予約開始は来週くらいかな?

今まさに、音声定額を目的としてウィルコマーになろうとしていたところなので悩ましいところです。通称京ぽん1 が新規4,000円程度。ウィルコム定額プランは月額2,900円だけど年間契約必須、でも待ち受け専門にして一番安いプランを選択すれば……あとは、分かるな?

そうそう、略称は「しゃーぽん」 とかですかね?

(2005/10/21 00:57 追記)

(2005/10/26 17:58 追記)

(2005/10/27 01:03 追記)

(2005/10/27 18:16 追記)

ついにSO for FOMA 登場!!

ようやくにして「SO とSH がFOMA 端末を共同で開発」 の成果物が出てきました。といっても既にau に転身してしまった私には関係のない話ではあります。

デザイン的にはmova のpremini あたりを踏襲した感じですね。小さそうに見える割には300万画素CMOS カメラを搭載してたり、ぬかりがないです。

また、「Sony Ericsson : SEMC FUN : ダウンロード」 のデスクトップ壁紙を見ると、最近のau 向け端末と同じく、ジョグダイヤルは搭載されていないようです。

あと、トランシーバーの要領で話をする定額サービス「プッシュトーク」 が少し気にかかったり。ボーダフォンも「LOVE定額」(PDF) なんていうミもフタもないネーミングで定額制を導入することですし、au さんも是非!! といいつつ近日中に今度こそウィルコマーになりそうな私がいる。

iTunes 搭載のケータイ

前からウワサになっていたiPod 付きケータイが出ました。アメリカとカナダ向けですけど。

正確には、iPod ではなくiTunes(のモバイル版?) が入っているようです。iPod みたいなクリックホイールもないし、こういう名称なのでしょう。iTunes って名前でも分かる人には分かるしね。

iPod nano 4GB で1,000曲、ってことになってるので、100曲入れられるということは少なくとも400MB分のメモリが搭載されていることになります。ざっと詳細を見た限り、メモリは内蔵されているみたいで日本のケータイみたいに外部メモリカードを使うのではないみたい。

日本だと既に音楽が聴けるケータイってのは既存のものだし、こういう「iTunes を搭載したケータイ」 ってのはウケると思うのだけど、国内メーカでそんなことをやってくれそうなところは…。まぁソニエリは有り得ないでしょう。

あぁ、あれだ。ケータイ+音楽プレーヤってのはなんかSCSI オンボードなマザーボードみたいな気がした。例えがマニアックでゴメンよ!! メインの機能をアップグレード(買い替え) しようとしたときに上に乗っかってる機能をどうやって引き継ごうか、という。

いまんところはW31S + iPod(3G) で十分幸せ。

(2005/09/09 14:34 追記)
Cingular ってなんの会社? って思ってたのですが、ドコモとかau と同じく、携帯キャリアになるのですね。2年縛りの端末価格が249.99ドルなのは高いのか安いのか。

(2005/09/13 22:54 追記)
miniSD よりも小さいmicroSD を搭載しているようです。メモリーカードスロットあったのね。

au WIN 端末向けカーナビサービス、EZ助手席ナビ

ケータイがカーナビに!! これはよさそうです。利用料金は1日限定157円か、月額315円。技術的にはケータイに内蔵されてるGPS を利用した「EZナビウォーク」 と同じものの、測位間隔を短くしたり、色々と工夫されてるみたい。

個人的には、紙の地図を見るのは全く苦ではないので、便利そうだと思いつつも特にカーナビは必要ではなかったのですが、ここまで手軽に導入できるなら、W31S も対応機種に入っていることだし、試しに使ってみてもいいかも。

ちなみに、「EZナビウォーク」 は全然使ってなかったり。でもGPS は自動的に時刻調整してくれるのでかなり重宝してます。

「EZ助手席ナビ」 という名前から分かるとおり、改正道路交通法に配慮し、助手席に座っている人が操作することが前提になっています。改正道路交通法では運転中に携帯を見たりするのはダメになったからなのですが、赤信号等で停車中に見るのもダメなのかな?

FM/AM/TV が聞けるソニエリ製ドコモ向けケータイ

FM が聞けるケータイは既に結構ありますが、AM はノイズの処理がタイヘンで、これまでは製品化出来なかったとのこと。で、ソニーエリクソンががんばってAM も聞けるケータイを開発しました。

中身的にはmova で、カメラもメモリーカードスロットもついていない、シンプルなものです。

しかしこのケータイで凄いのは、「携帯用ラジオチューナーにしか見えない」 その外見です。写真見て吹いた。ある意味、これはソニーにしかできないデザイン(※1) かもしれない。

※1 参考

ケータイとラジオの機能は完全に独立しているものの、バッテリは共用のため、ラジオ側でバッテリを使い切ってしまうともう電話もかけられない、てのには要注意です。災害時用と考えるなら、手回しハンドルで充電(※2) できるキットも同梱して欲しかったところです(手回し程度の電力で充電が出来るかはさておき)。

※2 参考

ターゲットはモロに40-50代の男性とのことなので、こういうデザインなのでしょうね。最近のmova のコンセプトケータイは結構面白いのが出てますね。もう戻ることはないかもですが…。

(2005/08/30 14:51 追記)

おサイフケータイ EZ FeliCa とW32S のこと

ドコモの独壇場だった「おサイフケータイ」 にau も参入。両者の話し合いの結果、au は無償で「おサイフケータイ」 の名称やロゴマークを使用できるようです。ドコモ太っ腹だな!! 見直した!!

あわせて、非接触ICチップ搭載au 端末が9月に出るようです。具体的にはW32S とW32H の2機種が。ってソニエリ新型ですか!! ソニー自体が非接触IC チップに力入れてたりするので当然っちゃー当然ですが、折りたたみに戻ってしまったのがなんだか複雑なキブン。ジョグダイヤルは復活しなかったこともあいまって、なんだかかなり普通のケータイっぽい印象。当然3種類くらいのカラーバリエーションは出すだろうけど、現時点で公開されている端末のカラーリングがピンクだったりするので、まず女性向けに売っていくつもりなのかもしれない。

次の機種変時が2006年の春になるから、その頃には当たり前のように搭載される機能になってると良いなぁ。これでまた一つ、ドコモに戻る理由が無くなってしまった…。

(2005/07/13 14:32 追記)
W32S とW32H からドコモのFOMA と同様のSIM カード搭載になるようです。海外のGSM 端末にそのまま挿して国際ローミングが出来るようになるとか。これでまたひとつドコモに戻る理由が。

2006年10月からケータイの番号ポータビリティ開始

  • Google 検索:
    http://news.google.co.jp/?ncl=http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200507060012a.nwc

なんかあんまりWeb に記事がないのだけど、2006/10 より開始とのコト。当初2006年の早い段階で、と言われていたのに少し開始が遅くなりました。

移行時の手数料が数千円とのことですが、番号がそのまま移行できるのはよいですね。会社が変わるので、メールアドレスは当然変わるはずです。

私はもう待ちきれずにau に完全移行してしまったので、もうなんか割とどうでもよい話だったりするのですが、いちおう。

ところで上のGoogle ニュース経由で飛べる「FujiSankei Business i. on the Web」 なんですが、相変わらずトップページ以外へのリンクは禁止しているものの、個別ページでトラックバックを受け付けてるのなんでだろう。これじゃ「好きなだけ言及リンクをはらないトラックバックをしてくださいネ」 と言っているようにしか取れないのだけど。

何故かSH901iS 入手

ついカッとなって、本日発売のSH901iS を買ってしまいました。…何故だ。順を追って説明しましょう。

既に唐突にW31S 購入 したものの、これまで使っていたSO505iS は無料通話がまだ残っていたので維持してまして、はよ解約に行かないと、と思っていたのです。SO505iS はひとりファミリー割引でPHS データカードのP-in m@ster も一緒に持っていたのですが、ドコモのPHS からFOMA への優待乗り換え ってのがあり、これを利用してFOMA ってやつを体験してみるか、見なかったことにして完全に解約してしまうか、という2つの選択肢があったのです。

で、色々考えているうちにタイミング良く新型の901iS シリーズが発表になり、昨日フラフラとドコモショップに行って、SH のモック見せてもらったところ思いの外に質感が良かったので、予約できますか? とか聞いてみたら出来ますよー、てなわけで今手元に。ちなみに色はブルーストリームを選択。

で、以下のような手順で。

  1. P-in m@ster を解約
  2. SH901iS を新規契約
  3. SO505iS で貯まっていたドコモポイントを全部使用
  4. SO505iS を解約

最近は充電器と充電台は別売りになってるのですね。というわけで元は年割あり新規24,800円なのが1,700円くらいになりました。まぁ、これくらいなら。あと、料金プランは一番安いやつを。パケット定額はそこそこのプラン以上でないと選択できないみたいなので、パケットパックの一番安いやつで。

あー、今手元の書類確認したら、PHS→FOMA にする際に年割必須とは書いてないじゃないかー。でもまぁ、いいか。年割なしだと+5,000円に設定されてたし、これまでのPHS の利用年数はそのまま繰り越せるので、途中解約してもさほど痛くない。や、即解するとかって話ではなくてですね?

まだ全く触っていないので、操作感とかは何とも言えないです。開いて持ってみると、液晶側が結構重いかんじがするので、長時間持つのはちょっとしんどいかも。

とりあえず、家族のドコモに寄生させてもらってファミリー割引の恩恵を受けるか。って維持するのか?>じぶん

そうそう、まともに使うならminiSD カードを買わないといけないのです。カタログによると、SH901iS は512MB までのminiSD カードが使えるようなのですが、256MB くらいで十分ですよー?

さらっと見た限りではヨドバシよりもAmazon.co.jp の方が安いっぽい。やるねAmazon.co.jp。とりあえず、自分用メモ。アソシエイトなしリンク。W31S 用にメモリースティックPRO DUO も欲しいしなぁ。

キャンペーンで128MB を狙ってみるのも悪くないかも。

(2005/06/04 11:07 追記)

(2005/06/07 15:15 追記)

miniSD は256MB まで、とあるけど、ドコモ関西のカタログには512MB って書いてあるんだよなぁ。

を読んでいると、512MB や1GB のminiSD カードも使えた、という話があるのだけど、そこまでお金出して挑戦する勇気は無いので、速いというウワサのロジテック 256MB を買ってみることにする。あまり扱いが無いのか、そもそも売ってるところが見つからない。

で、リニューアルOPEN のキャンペーンで、500円引きクーポンがもれなくもらえるJoshin で注文。送料込み5,000円ちょいになりました。取り寄せで数日かかるみたいだけど、特に急がないので、まったり待ちます。

p2 + W31S で幸せに

先月末にau W31S に変えて以降、パケット定額の恩恵を受けて、まさに世界が変わったよう。結局FOMA 901iS シリーズでもSO は出なかった ので、見切りをつけて正解だったような気がします。

唯一の不満といえば、EZアプリ (BREW®) はユーザが勝手に作るコトは出来ないらしく、これから先もiMona などは使えないであろう、という点。

代替策として、Flash で作られたブラウザ、Andy も試してみたのですが、数字キーでスクロールなのがちょっと使いにくいな、と思っていました。

で、p2。前から存在は知っていましたが、よくよく見てみると携帯からのアクセスも考慮されてるみたいなので、試しインストール。設置方法は公式の手順どおりで、ものすごく簡単に出来ましたが、セキュリティ対策を厳重に行う必要があります。

携帯から使いたい、というのが最大の目的なので、ウチでは、httpd.conf(.htaccess でも可) でLAN と、EZサーバのIPアドレス帯域 に載っているIP アドレスのみを通す設定に。

"ezweb.ne.jp" を指定するよりは、折角公開されていることですし、IP アドレスを指定してみました。このほうがより安全です。なお、ブラウザのエージェント名、W31S だと"KDDI-SN32 UP.Browser/6.2.0.9 (GUI) MMP/2.0" によるアクセス制御、は偽装が容易なのでこれは使っちゃダメです。

あと、p2 側でBASIC 認証をかけ、「サブスクライバID」 も登録してみた。ひとまず、このくらいか。オレオレ証明書でSSL、とかはまた気が向いたときにでも。

PC で利用する場合、勿論専用ブラウザを使ったほうがなにかと快適です。それでも、JavaScript とか駆使してかなり快適に利用できます。基本的には、携帯で見ることを前提に、お気に入り板とかスレッドとかを登録しておくとベンリっぽいです。あと、dat とかも全てサーバ側に置くことになるので、PC が変わってもそのまま続きから読めるのも見逃せないメリットだったりします。

というわけで、かなり幸せになれました。

※BREW®およびBREW®に関連する商標は、Qualcomm社の商標または登録商標です。

MT4i 2.0 にバージョンアップ

いつの間にかバージョンが上がっていました。管理用モードが追加され、携帯からも投稿が出来るようになったのが一番大きいです。次は携帯カメラで撮った画像投稿も出来れば、と妄想してみましたがそこまでワガママは言いますまい。

というわけで、これまで使っていた1.81 からのバージョンアップ方法 に従って、バージョンアップ。

"mt4imgr.cgi" にアクセスし、保存するとエラーが出たので、エラーログを追いかけ、アクセス権の問題と判明。あらかじめ0バイトの"mt4icfg.cgi" を666 で同じフォルダに作って回避。

見た目はこれまでとあまり変わらないですが、出来ることが増えて、タイヘン良い感じです。ありがとうございます。

W31S で再生できる音楽とか動画を作る

とりあえず、音楽と動画。上のサイトに全てが説明されています。「携帯動画変換君」 とQuickTime(Pro 版でなくてOK)、2つの.ini ファイルをそれぞれ所定の場所にコピー、あとは携帯動画変換君 を起動してメニューから"W31S" を選択、あとは音楽なり動画なりお好きに変換してくださいな。

動画変換のテストとして、たまたま手元にあったCM などを変換してみたところ、15秒で550KB 程度になりました。画質はそれなりですが、ネタ動画や縦シューのリプレイ動画(携帯を縦にすれば見やすいかなー、と) などを変換して持ち歩くなどすると楽しそうです。PC がなくても見られますよー、ぐらいの位置づけでしょうか。

携帯動画変換君 で作ることの出来るファイルは、音楽、動画共に拡張子が.3g2 になります。音楽の場合、再生は出来ますがいわゆる着うた等に指定することは、少なくとも今のところは出来ないようです。

というわけで、えせ着うたなども作ってみました。以下のサイトの「えせ着うたフロントエンドSMAF版」 を使用し、拡張子が.mmf のファイルを作成、そして目的が達成できました。エクセレント!!

色々試してみたところ、W31Sの場合再生可能な最大ファイルサイズは300KB のようです。割り切ってモノラルにすれば、ファイルサイズを抑えることが出来るので、4bit ADPCM(サンプリング周波数24000Hz)、8bit PCM(サンプリング周波数12000Hz) どちらの場合でも、最長25秒程度までの音声ならば、再生できそうです。

ただ、W31S で設定できる音は結構限られていて、いくつかのアクションはプリセットからしか選択できないのが残念(充電時にも音が出るようにして欲しかった!!) ですが、それでも当初やりたかったことが達成できたので、満足しました。

そろそろ、大容量メモリースティックPro Duo を買わないとですね。512MB くらいが適当かな。

そうそう、音楽作成とか動画作成は著作権に留意して、私的利用の範囲内で(おやくそく)。このあたりも最近…まぁ、いいや。

(2005/05/05 20:57 追記)
関連ツール。W31S でも使えます。

唐突にW31S 購入

不意に「携帯変えたくなる病」 の発作が起きたので、魅力がない とかけなしたにもかかわらず、W31S を新規購入してみましたよ。番号が変わるけど、ええい、もうやっておしまい!! という感じの勢いで。

あわよくばW21S がまだあれば…と思ってたのですがもはや動くの遅すぎたようです。

「もうW21S ってないですよね?」 とダメもとで聞いたときの店員さんの「何言ってんの今頃」 みたいな目には耐えられなかった…。それでも、郊外のショッピングセンターの中にあるようなところならまだW21S もあるかも、てな話が聞けたのは収穫でした。が、そこまでするくらいならW31S でいいか、というような妥協もあり。これが年をとるってことなのね…。

さてさて、とりあえず数日使っているわけですが、なんだか快適な感じです。初のau 携帯なので、当然物珍しさなどもあったりしますが、それをさしひいても満足度は高いです。説明書見たりしながら、少しずつカスタマイズを進めている段階です。以下、ばらばらと雑記です。

au のケータイにフリーフォントが無断使用された件

問題解決したようなので、さらっと。

今回無断使用していたというフォントのライセンスはたまたますごく優しいものだったので事実認定さえ済めば状況終了となりそうですが、デザインで食ってる筈のプロの人でも結構ヌルい意識で仕事してるんだなあ、と思いました(感想)。あるいはどうせ…いや、これ以上言うのは止めておこう。

実はこのケータイ、デザインが気になっていたのですが、実物を見て、結構プラスチッキーだったのでそこで忘却の彼方でした。最近しっくり来るケータイがなかなかないです。

(2005/03/30 09:38 追記)
「無断使用」 てのではちょっと言葉が悪いかも。より正確には「(経緯はともかく結果として) 人の作ったフォントをさも自分が作ったかのように宣伝した」 ということになるかと。作者さんの説明ページ(のミラー) で読む限りでは、「使用に関して連絡は一切必要ない」 とは書いていないように読めるのだけど、そのフォントを持ってないのでなんとも。

ドコモのPHS からFOMA への優待乗り換え

ウチにもお知らせが来てました。重要なのは以下の3つ。

  1. 携帯電話への機種変更時に必要になる契約事務手数料3,150円(税込) を無料
  2. 機種変更先の端末がFOMA の場合2万円、FOMA カード型またはmova の場合1万円を端末代金から割引
  3. これまでの継続利用割引、いちねん割引はそのまま継続

というわけで、非常時用、といいつつファミリー割引で細々とPHS を維持していた(料金プランによっては携帯単体契約よりも安くなる) 甲斐があったというものです。音声通話には全く使っていなかったので、同番移行できなくてもなんの問題もないですし。

このキャンペーンは04/01 から09/30 までとのことなので、この間にソニエリとシャープの共同開発端末が出れば…あとは、分かるな? 参考資料置いときますね。

時間がたってもあまり値段の下がらないFOMA 端末を安く手に入れることの出来るチャンスと言えましょう。あせらず、期限ギリギリまで粘ってみます。あぁ、夢が広がる…。

この2万円割引を目当てに今からPHS の新規契約してもこの恩恵が受けられるなら、これはすごい祭りですが、そのへんどうなんでしょうね。

とはいえ、全ては「この先FOMA を使う気があるならばオトク(かも)」 という話なので、実際どうするかは未定。

WILLCOM 定額通話サービス

2005/05/01 から、月2,900円でWILLCOM 端末同士の音声通話は無料、とかやるらしいですよ。ファミリープランを使えば2台目は月2,200円になるというから、2台買って1台は恋人に、とかできるぞ!! って誰に言ってるんだ。

というわけで、なぜか無意味に京ぽん が気になり始めた今日この頃。

あと、7月からはインターネット接続も定額になる、ってのがかなり興味あります。実はドコモのファミリー割引を利用して、万が一の時の代替通信用にP-in m@ster なんかを持ってたりするのですが、このへんのリプレースも出来るかな、とか思ったり。

ソニエリのau 向け新型ケータイW31S

ソニエリのau 向け新型が発表になりましたよ。事前のリークっぽい情報で出ていたデザインを見て、「まさかホントにこんなデザインじゃないよね?」 とか思ってたのに「そのまさか」 になっててしょんぼり。

音楽再生機能なんていらないのだけどなぁ。W21S も突然市場から姿を消してしまったようだし(丹念に探せばまだ手に入りそうではありますが)、au 移行もとりあえずナンバーポータビリティが始まるまで塩漬けにするか。こんな端末じゃ番号替えてまで移行する魅力がない。

といってもドコモにも欲しい端末がありませんよ。いちおう、シャープとソニエリの共同開発FOMA を期待しないで待つことにします。というわけでかなり電池がへたってきたSO505iS にはもうしばらく頑張ってもらおう。なんだかんだで結構気に入ってるし。

SO とSH がFOMA 端末を共同で開発

既にFOMA ではパナソニック(P) とNEC(N) が共同でOS 部分を開発してたりしますが、このたびソニー・エリクソン(SO) とシャープ(SH) も共同で開発するそうです。それぞれ、SO、SH ブランドで提供される、とあるので、見た目SO で中身はSH みたいなコトにはならなさそうですが、どのみち、今から開発ってことは早くとも来年春、遅ければそれ以降、ということになりそうです。

既にFOMA でSO は出ないと踏んでいたので、AU への移行を計画中です。たぶん来月中には移行するかも。

ドコモのSO502i 以降で、パスワードが初期値に戻る

ちょいと前の話題ですが、そういえばSO づかいとしてはおさえておかねば!! と今更思ったので、急遽エントリ作成。ドコモショップに置いてある、アドレス帳をフロッピーにバックアップしてくれるサービスを利用した際に、携帯側のロックパスワードが初期値に戻ってしまうようです。

対策としては、上記の挙動を踏まえて、フロッピーにバックアップを取ったら、その場でパスワードを再設定、と。

それにしても502 から最新のpremini まで、同じバグがずっと内包されたままだったとは…。この件については、ドコモもソニー・エリクソンも大した問題とは認識していないらしく、なんのアナウンスもナシです。

(2004/09/02 00:59 追記)
微妙にかぶる話題なので、ここにぶらさげちゃおう。
携帯/PHS を落としたらまず電話。覚えておきましょう。
おサイフケータイは大半の機種が外部から利用禁止に出来ないのね…覚えておきましょう。

液晶保護シール貼り替えと、次の携帯を考える

SO505iS は液晶面が外側にあるため、画面が傷つく可能性があります。いちおう、「ウルトラハードコート」 とかいうので傷が付きにくいようになっている上に、買ったときには保護シールが貼ってあるのですが、いざというときのために、ラスタバナナのパーフェクトガードナー を買っておきました。

で、ほどなくして初期シールがダメになってきたので、貼り替えることに。説明書の通りにまずシールのシートを半分切って、そろそろと貼り付け…失敗。貼りなおしが出来るという割には、一発勝負過ぎます。というわけでやむなく2枚目購入、再度手順を確認した上で再挑戦…失敗。液晶面はきっちりキレイに拭いたはずなのに、ナゼか細かい糸くず入ってるし。

自分の不器用さに改めてガッカリしつつ、3度目の正直、今度はアルティメットガードナー を購入。パーフェクトガードナーに比べ、シール自体の厚みが10倍なのでクリアさは少し劣りますが、そのかわり一度はがしてもシール面を水洗いすれば粘着力が復元するとのこと。というわけで、やっぱり張り直したりもしましたが、今度こそなんとか成功。これでよい感じに保護できそうです。なぜかシールを保護するシートが貼ってあるので、これは使用前にはがしておいた方が良いかも。

お値段的には1.5倍くらいしますが、アルティメットガードナーのほうがオススメ。自信のある方はパーフェクトガードナーをドウゾ。

携帯用のPOBox 辞書をPCで作れるサービス

SO505iS の日本語変換プログラムであるPOBox は、使い込めばそれなりにベンリになるのは分かるのですが、顔文字とかを新規に登録するのはとてもメンドウです。外部からテキスト情報をインポートし、それをコピーペーストする形で辞書に登録するルートが殆どないに等しいのです。

色々試行錯誤した末、一応以下のようにすればインポートできるようにはなりました。メールの設定で、返信時にメールを引用、引用符なしに設定します。辞書に登録したい顔文字などを本文に書いたメールをPC から携帯へ送り、携帯でそのメールに「返信」 することでそのメール本文が編集できるようになるので、あとはコピーペーストを繰り返せば辞書登録ができます。とてもとてもメンドウなので、途中で挫折してしまいましたが。

今回簡単に辞書登録が自分でできるようになる無料サービスが始まったことで、同様の悩みを抱えていた人にとっては朗報でしょう。同時にソニーエリクソン的には、POBox の経験値を高めることのできる辞書の収集ができるわけです。イイ目の付け所だと思います。

QR コード

QR コードというのはデンソーウェーブ が開発した、2次元コードの1種らしいです。と、QRコードドットコム を読んで初めて理解。ソニーのVAIO C1 のカメラで読み取りが出来るとか、そんなレベルの知識しかなかったのだけど、丁度QR コード読み取り機能の付いてるSO505iS に機種変して興味も出てきたので、ちょっと調べてみました。

QR コードは使用料が必要なく、仕様が公開され、JIS やISO 規格にもなってるとのことなので、利用に制限はなさそうです。仕様書はキーエンスの「2次元コードの基礎知識 : バーコードホットライン」 から落とせるのでここのが使えそうな感じ。

で、これと携帯がどう繋がるのか、ですが、携帯版のサイトのURL を、メールを利用する(メールを送る手間暇や、運営者側に自分の携帯のアドレスを通知してしまうリスクを負う)ことなく、携帯に転送することができる、というのがもっとも一般的な使い方ではないかと思います。

Index of all entries

Home > ケータイ

Return to page top