IE でページを開いただけでウィルスに感染してしまう

Windows + InternetExplorer の環境で、とあるサイトのページを開いただけで自動的にトロイの木馬型ウィルスを仕掛けられてしまう、といったことが起きているようです。対策としては、毎度のことですがとにもかくにもまずはWindowsUpdate することです。これで感染のリスクがかなり下がります。ただ、今回の件ではパッチ未公開のIE の脆弱性を利用している、との話もあるので、これだけでは不完全かもしれません。できればJavaScript の実行もオフにしておきたいところです。ついでに、ActiveX 関係もオフにしておいたほうがより安全です。
例えばSleipnir の場合、ステータスバーのアイコンをシングルクリック or ダブルクリックするだけでActiverX のオン/オフ をすぐ変更できますので、こういう機能がついているタブブラウザなどを使うのもきわめて有効な手段です。よりいっそう安全を求めるヒトはMozilla やOpera をどうぞ。
そんなこんなで、いまや画像表示以外はすべてデフォルトでオフ、になりましたが…IE をクラッシュさせるGIF 画像 なんてのもあるらしく…画像表示もオフにしろと!?

シェアする

フォローする