FinePix F10 購入

F10 発表時より個人的にチェックしていたものの、充電まわりのケーブル取り回しが面倒そうなので、この次のモデルになればクレードル付きになるかもだからそれを待とう、と思ってたのですが、家族の人がデジカメを欲しがっていたので、自分の好みや操作性なども反映させつつ、フジのを勧めていたら、なぜかF10 を買うことに。決め手は大きな液晶画面だったようです。
Amazon で、本体と、オリンパスのUSB リーダー付き256MB xDピクチャーカードを購入。最終的にギフト券での還元があるし、ヨドバシより安いし、とか思ってAmazon で買ったわけですが、純粋に値段を追求すればもっと安く売ってるお店もあるようです(ちょっと、悔しい)。
今ならキャンペーン中で、05/31 までに購入してユーザ登録をすませたら128MB のxDピクチャーカードがもらえます。というわけでそそくさと登録して待つこと数日、xDピクチャーカードが届きました。128MB で容量小さめとはいえ、普通に買えば4,000円くらいはするものなのでオトクな気分。
そして撮影サンプルも兼ねてF10 のマクロモードで撮影。画像をリンクすると大きな画像が表示されます。3M モード(2048×1536) で撮ったそのままをアップしてます、700KB くらいあるので要注意。


フラッシュの有り無し。
xd1.jpg
xd2.jpg
手元のSO505iS。
so505is.jpg
これだけ6M モードで撮ったものをPhotoshop で50% にリサイズ、JPEG 80% で出力。なんかそのままだとアップ時にMT に”The file you uploaded is too large.” とか言われたので。回避方法もすぐには見つかりそうになかったので、諦めた。
shinto_shrine.jpg
起動も速いし、確かに暗いところにも強いし(強力な緑ライトで測光するのはちょっとアレですが)、なにより軽い!! 電池の持ちも含めて、FinePix 4700z とは比べものにもなりません。そりゃそうなんだけどね。
1回フル充電にすれば500枚撮影できるとのことなので、日帰り程度なら予備バッテリも必要なさそうです。良い買い物ですねこれは。
さほど大きく印刷する事もないだろうし、3M モードで常用することにします。
メーカ広報による、開発者インタビュー。

デジカメウォッチの長期使用レポート。

シェアする

フォローする