Home > Archives > 2006/04

2006/04

なんか自動更新来たので入れてみた

Windows XP SP2 環境で起動時にSTOP エラーが出る件の対策、らしいのですが、どういうタイミングで起きるんだろう?

機械によるステキ翻訳だと

原因
この問題はタイミングの問題が原因で発生します。

Windows XP Service Pack 2 でのエラー メッセージ:「 0x7E を停止します」

とまるで禅問答のような事が書かれているのですが。

とりあえず素直に適用して再起動、特に問題なしっぽい。

Catalyst 6.4 ってなんか問題あるっぽい?

  • PC

このへんに書いたとおり、ゲームPC のビデオカードを交換して余ったRadeon 9600(ファンレス) をメインPC に取り付けたところ、ディスプレイの表示がなんかチラ付くようになったり、唐突に一部だけキュッと縮んだり、もやみたいなのがかかったりするようになりました。

ディスプレイの電源を入れてしばらくたつとおさまったりもするので、あぁ、いよいよEIZO T761 も寿命かなぁ、あぁ、ルータも買い換えだしなんか出費がかさむなぁ、と思ってたのですが。

ATi が提供しているRadeon 用のドライバは、Catalyst という名前で、このパッケージはドライバとCatalyst Control Center(CCC) という、.NET Framework 必須なコントロールパネル(かなり動作が重い) がセットになっていて、前はもっと軽いコントロールパネルがあったはずなのになくなったのね...と諦めてたのですが、「FireMV」 用のドライバを選択するとドライバと軽い方のコントロールパネル(CP) のセットがダウンロードできる、ということを発見。

ドライバ自体は汎用なので、普通にRadeon 用としてもこのドライバを使うことが出来ます。ただ、CC 付きの最新版はCatalyst 6.3 で、CCC 付きのCatalyst 6.4 よりは一つ前のバージョンになるのだけど、軽い方が良いのでダウングレードを決行したところ、ディスプレイの不調も治った。ドライバのせいだったのか...、いやぁ、ごめんよT761。

もうしばらくはこのディスプレイで粘ろう。

Winny のセキュリティホール

これまで、数々の情報漏えいを引き起こしてきたのは主にWinny ネットワーク上で流通していると思われる通称「Antinny」 ウィルスによるもので、最近はさらに(ある意味効果の高い) 「山田オルタナティブ」 と呼ばれる新種も出ていたりしています。

Winny そのものの利用と、ウィルスに感染し、ファイルがWinny ネットワーク上に流出することは本来別のこととして扱うべきはずですが、一緒くたに説明されたりしています。なのでまずは正しい知識から。以下のページの動作概要図はよくまとまっていると思います。

書かれている各種対策はかなり地味ではありますが、是非やっておくべきです。

Winny 検出ツールも各種出ていますので、自ら進んでWinny を利用するのはともかくとして、誰かが使うのを防ぎたい、という場合にはこういうのを利用するとよい感じのようです。今後、何らかのウィルスに感染したらこっそり裏でWinny 本体をダウンロードしてきて…、なんてのが出てこないとも限らないですし。

また、動作そのものの禁止は、特に特別なツールを使わなくても、グループ ポリシー(ローカル コンピュータ ポリシー) で設定できるようです。ファイル名じゃなくてハッシュで指定できるのでベンリっぽい。

で。

先のeEye の中の人が検知ツールを開発するための解析を進めるうちにセキュリティホールを発見した、ということが公表されました。

単純にWinny を落とすことが出来るだけなのか、それとも任意のコードを実行することが出来るのか、分かりませんが、「アプリケーション作成者が脆弱性を修正することが出来ない」 稀有なケースとして歴史に残るんじゃないだろうか、コレ。いやほんとに。修正できない以上、利用しないのが対策です、というのはもうそういうしかないんじゃないかなぁ。

ただ、この脆弱性を回避する手段(?) として、Winny 改造版を利用する、というものがあるようですね。当然、オリジナルの作成者ではないヒトが提供しているものなので、これはこれで現在公表されている脆弱性とは別種のリスクを抱え込むことになります。そもそも、Winny 自体の利用が、とかいう話もあるわけで。

[はてな] DS Lite、ゲット

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

GW 後ぐらいにゲットできれば…とか書いていたDS Lite ですが、色々幸運が重なって、手に入れることが出来ました。最初はエナメルネイビー狙いでしたが、指紋が凄く目立つ、とのことでクリスタルホワイトに。店頭レベルではアイスブルーが人気だったとか。薄いピンクとかのカラーバリエーションがあっても良いと思うのだけど。

さてさて、個人的に気になっていたのはキータッチと液晶の明るさですが、どちらも大変満足。一番明るくするとまぶしすぎたので、上から2段階目の明るさに。これでも十分な感じです。キータッチも、クリック感があるというのか、大変キモチヨイ感じです。

というわけで、ドリラーとぷよぷよでちょっと遊んで、充電して、そのまま放置されていたり。とりあえず「天外魔境2」 買わねば!!

そういえば、ヨドバシのゲームコーナー行ったら、レジに並んでるヒト全員(誇張でなく)がDS のソフトを買おうとしてたよ。脳トレ2種セットで、とか。まさに飛ぶように売れるとはこのこと!!

ケータイのセキュリティ

いつか書こう、と思いつつほったらかしになってたので、この辺で軽くまとめ。

こういうことを考えるきっかけとなった、以下のストーリーは「実際に起きた事件を元にした創作」 とのことですが、いつからAll About は書き下ろし犯罪小説を読めるサイトになりましたか? とか思わずに読んでみることをお勧めします。

さて、最近のケータイは「おサイフケータイ」 機能なども付いていて、既に財布と同レベルの扱いにすべきと思います。その辺に放置しない、なくさない、落とさない、などなど。かばんやポケットの中に入れるときも、すれ違ったヒトにパッと取られることのないよう、しまい方にも気をつけたいです(実際、無用心なヒトを良く見かけます)。ってなんか普通に防犯対策の話だなこれは。

これからがやや本題。「おサイフケータイ」 機能に紐付いている各種電子マネーの、紛失時の対応状況。「Edy」 は補償なし、ってのはちょっと…と思うけど事前にチャージするタイプなので、無制限に使われる可能性もないのでこういう対応なのかな。

あと、万が一なくしてしまった場合、回線の利用休止やロックなどができるようですので、そのあたりの手順も事前にチェックしておいたほうがよいです。ドコモはトップページの分かりやすいところにリンクが置いてあったり、さすがですね。逆にvodafone は欲しい情報に辿り着くまでのステップがかかり過ぎです。

今使っているau W31S は、オートロック機能はあるのですが、「電源投入時に自動的にロック状態になる」 だけで、「指定時間操作しないと自動的にロック状態になる」 わけではないので、ちょっと不便です。せめてキーロックするみたいに、カンタン操作でロックがかけられるとよいのだけど。むしろキーロックがオートロックになればいいのに。

マニュアルPDF をダウンロードして見てみたところ、どうやらW41S だとこの辺の要求は満たせそうだけど、デザインがなぁ…。というわけでまだ見ぬW42S? あたりに期待中。

au にスイッチして早1年。「MY割」 入っちゃうほどau べったりなので、今更ドコモに戻ることはありえないけど、「見られるとヤバいのよ」 のCM でおなじみ、FOMA F902i のセキュリティ機能 はちょっと魅力的。

こういうご時世のわりに、ケータイのセキュリティ機能ってまだまだな気がする。

あと、いくらロックがかかると言っても、所詮数字4桁の順列でしかないので、ケータイを外部のPC などに繋いで総あたり解析すれば暗証番号割り出すことなんてたやすいと思ったりするのだけど、どうなんでしょうね。実際、ケータイのメモリ編集ソフトとかでこういう機能があるやつがあったと思うのですが。そもそも起動時ロックがかかればそういう事もできないのかなぁ。

(2006/05/21 14:21 追記)

市販されている携帯電話用ソフトのなかには、この暗証番号を解析してくれるものもある(図3)。「ロック中」の端末では同機能は使えず通信エラーになるので心配はないのだが、ロックを外していると暗証番号を検索して表示してしまう。

ケータイの情報流出を防げ(前編)/SAFETY JAPAN [特集]/日経BP社

この話が本当ならば、「起動時自動ロック」 は効果があるかも。

あと、外部メモリーカードには一切のセキュリティ保護機能がないので、重要な情報は入れないほうが良いです。

(2006/05/29 09:20 追記)

Google Calendar ベンリかも

GIGAZINE - GoogleCalendarに祝日を簡単に追加する」 で、iCal 形式のカレンダーをGoogle Calendar に取り込んでみよう、という記事があったので、試してみたのだけど、説明にある手順ではうまく行かず。色々設定見てたら別の方法で祝祭日は追加できたのでまずはそれをメモ。

[Settings]-[Calendars]-[Add calendar]-[Holiday Calendars]-[Japanese Holidays] 右横の[Add calendar] ボタンを押す。これだけ。アラ簡単。

どこかで公開されているカレンダーを取り込む場合は、[Settings]-[Calendars]-[Add calendar]-[Public Calendar Address] にURL を入力して[Add] ボタンを押す。

どこかで公開されているiCal ファイルをダウンロードしてそれを取り込む場合は、[Settings]-[Import Calendar] でファイルを指定し、[Import]。予め専用のカレンダーを作っておくとベンリかも。

というわけで、ちょっと調べてみた範囲での公開カレンダーまとめ。

カレンダーを自作する際に必要となる仕様まとめ。

まだ自分の日々の生活に役立てる、というところまでは至ってないけど、徐々に使いこなせたらなと。

メモリースティックの模造品が出回っている模様

うわ、これはまた(個人的に) 絶妙なタイミングで。メモリースティック PRO Duo(ハイスピード) の大容量タイプなどのニセモノが出回っている模様。

ただ、ソニーとしては具体的な型番を公表していないし、判別方法自体もかなり微妙(ソニーが有償で判定はしてくれるようだけど…) なもののようなので、エンドユーザ側で出来ることは、正規販売店以外からは購入しないようにする、ということしかないっぽい。

au W31S のデジカメのピント合わせが遅く、結構不満があったので、なんとなく、今使っているメモリースティック PRO Duo が流用できるデジカメが欲しくなり、サイバーショット DSC-U40 の新品デッドストックを手に入れたのですよ。

こいつは、F2.8、単焦点、200万画素で小さく軽く、起動も速いしピント合わせも速い。2003年秋頃に出たモデルで、既に生産完了しており、もうネットオークションや、どこかの放出品などで入手するしかない状態。しかも、同じコンセプトを持った後継機が出てないので、価格も高騰しがち。たまたま、新品の出品があり、運よく落札できたのはラッキーでした。

で、今のところはW31S で使っていた512MB をそのまま流用しているのですが、やはりもう1枚欲しいなぁ、と、これまたやふおくで物色していたところなのでした。なので非常に個人的に絶妙なタイミングだったのでした。新品未開封でも市価よりかなり安いのだけど、万が一偽造品だったりしてカメラ壊したりとかするとかなりアレなので、大人しく普通にお店で買うことにします。

(2006/04/21 20:01 追記)
実際にニセモノを掴まされてしまったのヒトのレポートなど。いまのところ1GB とか2GB が多いのかな。欲しいのは512MB なのだけど、この状況下ではヘタに手を出さないほうがよさそう。

オフィシャルよりも具体的な情報がまとまっています。かなり精巧なようですね。実際のニセモノの写真も見られるようになっていますが、これ、よっぽど気をつけてみないと見分けつかないよ。それすらも修正さている可能性がある、とソニーは言ってるし。

[はてな] MOTHER3

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

B000093OLW MOTHER3

「MOTHER」 も「MOTHER2」 もやったことないので、いよいよ発売か!! とかはないのだけど、一度は開発中止になった「MOTHER3」 を、色々な紆余曲折を経て、こうして携帯機用として出す、という任天堂の決断は物凄い、と過去のインタビューを読んで思った。

特に最後の方の、

岩田:

全部が大人数で大規模になっていって、

いいものをつくるのには、時間がかかりますよ、

っていうのが変な常識になっちゃったんですよ。

ゲームって、すごいアイディアで、

ちっちゃい物でも、

すごく面白いものが作れるってところが

原点だったはずなのに、

それがどっかいっちゃって、

大変なことが当たり前で、

人数と時間をかけることが

競争にすらなっちゃいましたよね。

それをたぶん任天堂自身が

否定してみせないといけない、とさえ

言えますよね。

が、岩田さんが任天堂の社長になってからこっちの、任天堂の姿勢に現れてるよなあ、と。

宮本さんもみんな「3D病」 に一度は罹って、そこからいろいろそぎ落としてシンプルに面白さを追求していくようになった、というとキレイすぎるけど、要は、お金と時間をあまりかけずに面白いゲームを次々と出せる体制にしないと任天堂の先はないですよ、みたいな方向性に基づいてDS を出して、その上に載るゲームで大ヒットを飛ばして、性能としてはあまり向上してない次世代ゲーム機で、やはりその上に載るゲームで過去のゲームのエミュレーションをやる、とかそういう時代の先読み能力が凄いなぁと。

あと、その開発中止から仕切りなおして現在までの話は以下から。

DS Lite、いまだに買えないんだけど、買えたらまずは「MOTHER+MOTHER2」 からやってみたいなあ。GW 頃には買えるようになるのかしら。

B000E5EMBO バリューセレクション MOTHER 1+2

[はてな] 桜蘭高校ホスト部

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

こっちの地方ではやらないのかと思ってたのだけど、偶然インターネットTV番組表で見かけて予約予約。

で、見た。おおおお、榎戸洋司じゃないか!! もうこの時点でアタリ!! しかも主人公坂本真綾じゃないか!! これはとても素晴らしい配役。坂本真綾はまた芸の幅を広げたね。

絵もキレイだし、なんだか分からんが感動した!! 今期観る予定の中で個人的一番かもしれない。

いまんとこ、これら以外のは観る予定無し。これ以上は撮っても時間的に観られなさそう。

Google Calendar キタ!!

Google Calendar [dh's memoranda]」 経由。

おーとうとうカレンダーアプリが!! とりあえずログイン。 さらっと数分見ただけだけど、良い感じっぽい。今は表示は英語のみだけど、そのうち日本語表示にも対応するかと。

願わくば、ケータイでも見られるようになると良いのだけど、日本のケータイはまだ未対応みたいね(そりゃそうか)。ウィルコムとかau のPCSV とかなら見られるのかなぁ。とにかく、PC のブラウザ以外の環境でも見られるようならば、完全に紙の手帳をリプレースできるかも。

ちなみに…この手の道具は、初代CLIE(palm機) 買ったけどなんか突然データ全部飛んでそれっきりだったり。今ならWeb に繋がる何かがあれば似たようなことが出来る時代か…すごいね。

(2006/04/14 14:21 追記)

4月のセキュリティ修正プログラムは緊急3件、重要1件、警告1件です

MS06-013 には、3月にひっそりと公開された、IE のActiveX の呼び出し方法についての特許訴訟に関わる仕様変更の更新が含まれていますので要注意。セキュリティ更新とは別の意味でかなり重要な更新なので、要注意。なお、一時的に無効にする方法を2006/04/12 に提供開始する、とありますが、まだないような。「Mshtml.dll に関する Internet Explorer ActiveX 互換性修正プログラム」 からダウンロードできます(コメントでの情報感謝!!)。この変更を一時的に無効にするプログラムは期限付きで、6月のセキュリティ更新プログラムが提供された時点で無効になります(なんかややこしいな!!)。

緊急 (3件)

重要 (1件)

警告 (1件)

  • Microsoft FrontPage Server Extensions の脆弱性により、クロスサイト スクリプティングが起こる (917627) (MS06-017)
    http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-017.mspx
    • 対象:
      FrontPage Server Extensions 2002(on Windows Server 2003 / Microsoft Windows Server 2003 SP1)
      FrontPage Server Extensions 2002(on Windows Server 2003 for Itanium-based Systems / Windows Server 2003 with SP1 for Itanium-based Systems)
      Microsoft FrontPage Server Extensions 2002 (x64 Edition) (on Windows Server 2003 x64 Edition / Windows XP Professional x64 Edition)
      FrontPage Server Extensions 2002 (x86 Edition) (on Windows Server 2000 SP4、Windows XP SP1 / SP2)
      SharePoint Team Services 2002

悪意のあるソフトウェアの削除ツール

今月追加されたのは以下の3つ。

  • Locksky
    http://www.microsoft.com/security/encyclopedia/details.aspx?name=Win32%2fLocksky
  • Reatle
    http://www.microsoft.com/security/encyclopedia/details.aspx?name=Win32%2fReatle
  • Valla
    http://www.microsoft.com/security/encyclopedia/details.aspx?name=Win32%2fVAlla

また、いわゆる「山田オルタナティブ」 の一部も検出するようです。

また、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」では、いわゆる「山田オルタナティブ」の一部に対応しており、Agent.AE として検出します。 Agent ファミリ全体ではなく、Antinny 対応の一環として追加しています。

4 月のセキュリティリリース

AGP スロットのバージョン

  • PC

AGP スロットのバージョン違いを調べて見つけた資料をリンク。

ものすごく荒っぽくまとめると、マザーボード、ビデオカード共に、対応しているAGP の倍率を見ることである程度バージョンが推察できそうです。

  • x1 / x2    … AGP1.0
  • x1 / x2 / x4 … AGP2.0
  • x4 / x8    … AGP3.0

バージョンによって、対応電圧が異なるため、AGP 1.0 しか対応していないマザーボードにAGP 3.0 のビデオカードを挿すと発火する、などの事故が起きる可能性があります。勿論、このような事故を防ぐために、物理的に挿さらないよう、スロット形状やビデオカードの端子形状が変更されていたりするようですが、そうでない場合もあるので要注意です。ほんとに。

AGP つながりでついでに。先日、ゲームPC のビデオカードをRadeon 9600 から Radeon X700 Pro に変更しました。勿論AGP。多分コレが最後に買ったAGP ビデオカードとなることでしょう…。次はいよいよシステム総とっかえでPCI Express ですかねぇ。

[はてな] Radeon 9600 → Radeon X700 Pro にアップグレード

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

なんか微妙なアップグレード、という気もしないでもないですが、AGP で、となるともう選択肢があまりないし、X1600 あたりになると発熱が凄いとか言うウワサで、そうするとGeForce? 6600GT あたり? とかいろいろ考えてまぁ安めに済ますか、というので中古のX700 Pro に。という。

それでも、従来比で3倍@ゆめりあベンチ なので、まぁ、換えた甲斐はあったかなと。800x600 でキツかったのが1024x768 でも常用できるレベルになりましたし。CoD やってて重い処理が入った時のフレームレート落ちで酔うことが多々あったのが軽減された感じ。これはよい買い物。

お下がりのRadeon 9600 はやふおくへ…ではなくて、メインPC へ流用予定。これでやっとDVI 端子を獲得(今使っているのはGeForce 4 MX 440)し、今後液晶環境へ移行する際の障壁がひとつ減る、筈。

Home > Archives > 2006/04

Return to page top