Home > Archives > 2009/06

2009/06

ひびの入ったiPhone 3G をGENIUS BAR で交換

先週iPhone 3GS を購入し、USIM カードを入れ替えてこれまで1年使用していたiPhone 3G は予備機として保管、1年使ってきたしそろそろ保証切れるけど特に外装に問題ないよねー、っと確認してたら。

iPhone 3G(16GB白)、Dockコネクタ左側にひび割れ

Dock コネクタ左側にひび割れが。既に断層化してきています。


というわけで、良い機会なのでアップルストアの GENIUS BAR を予約してみました。

まずは「オンライン修理サービス」 からシリアル番号など入力。オンラインで修理を依頼することも出来ますが、今回は最寄りのアップルストア心斎橋での修理を依頼してみます。名前とかメールアドレスとかを入力、GENIUS BAR のに行く日と時間を指定。あまりにもあっさりな予約です。

当日は、念のためiPhone 本体以外にも、ケーブル等一式持って行きました(GENIUS BAR の説明にもそう書いてる) が、結果的には本体のみでOK でした。でも症状によっては必要になるかも知れないので、持って行った方が面倒が無くて良いと思います。

指定時間の5分前に着きましたが待つこと10分程度、「Dock コネクタの横が割れている」 と伝えたところ、ルーペでDock コネクタとイヤフォンジャックの中などを詳細に(おそらく水濡れインジケータ を確認していたっぽい) チェック、落下による傷や変形がないか確認した後、交換対応となりました。

交換品は、「内部部品に再生品が使われている場合があるものの、外装は新品」 というようなものであるらしいです。再生修理品に近いものなのかも。実用上は新品といってよさげ。

今のところ、交換用に在庫しているiPhone 3G はまだiPhone OS 2.2 みたいで、カウンターのMac でアクティベーションを行った後、iPhone OS 3.0 にアップデート後の受け取りとなります(ここにちょっと時間がかかる)。なお、iPhone 交換後の復元は出来ない旨確認を取られますが、普通にiTunes と同期していればバックアップも取れているはずなので、まず問題にはならないはず。

復元している間に書類などにサイン。ギリギリですがまだ1年以内なので修理費用は無料。あとで封筒に同封されていた領収書をみると21,714円と記載されていました。


というわけで所要時間30分程度。GENIUS BAR で相談するにあたり、無償修理(交換) にはあたらず、調査手数料などが発生することも覚悟していたのですが、あっさりと交換となりました。実際の所、このクラックがいつから発生していたのか不明、なぜ発生したのかも不明、毎日Dockケーブルを抜き差ししてた、てのが有力ですが、そんなにヤワいのかなぁとも思ったり。

GENIUS BAR は噂に違わぬ対応でした。素晴らしい。

隣では、iPod shuffle(旧型) を持ち込み修理に来ている方がいましたが、生憎修理在庫がないので後日発送するとかそんな話をしていました。店頭の新品在庫と修理用在庫は全く別の物(交換用のiPhone も緩衝材がたっぷり入ったダンボールに入っていました) らしく、しかも土日は物流が動いていないので月曜日は在庫が無いこともある、とか何とか。とすると、金曜日あたりとかが一番確実なのかも。

iPhone 3GS 購入したので簡単な感想を書いてみた

iPhone 3GS 新規で購入してきました。

これまでの経緯は以下のような感じ。


ヨドバシ梅田での予約は、本契約の受付時間が指定されていて、また、その時間の30分前には外のソフトバンクショップ前へ来るように、となっていたので30分前に到着したら誰も並んでナイ。で、中にいたヒトに「良かったら見ていってください-」的に声かけられて、「予約してるんですが...」と伝えたところ、あれよあれよという間に手続き開始となりました。どういう判断してるか分かんないですが、指定の時間よりちょっと早いくらいならそのまま手続きしてくれるのかも。

まだ朝の早い時間だったためか、ヒトも少なかったですが、購入後のアクティベーションカウンターにPCが2台しか無く、長蛇の列になりつつありました。あと、レジが1台しかないため、ここもちょっと待つかも。レジは仕方ないとして、アクティベーションは自分でやると言えば未開封状態で手渡してくれるので、全部自分でやりたいヒトには良いかと。

予約の時に強制(「これ付けないとこのお値段では提供できない」、と断言した) だったWホワイト と基本オプションパック(i) は、「予約の時には付いていたが、不要」 と伝えたところ、特に何も言われずに外してくれました。このあたり、受付スタッフによって対応がマチマチのようなので、ちょっと注意が必要かも。

そんなこんなで手続きは30分そこらで終了。最後に端末代金を精算して付いたポイントでAirジャケットセットのホワイトを購入。多分これ、構造的に、付けっぱなしにしていてもだんだんひび割れてくるモノなんじゃないかと思うので、ほんと消耗品ですねー。付けっぱなしでも、純正のDock スタンドに乗らなくなる以外は特に問題も無いので、割れたら買い換える。

パワーサポート エアージャケットセット for iPhone 3G White PPK-70
B001DTYME2

もう少しポイントが余ってるなら、充電器など買っておくと色々と安心かと。トリニティのMobileBattery for iPod/iPhone オススメ。


iPhone 3G と3GS の違いは既にあちこちでレポされてるので、それらを参照の方向で。


まずはアクティベーション、の前にUSIM カード挿入。Apple純正のクリップみたいな器具を穴に押し込めばUSIM のスロットが飛び出してくるのであとはそれを引き出せばOK。一応裏表があって、いかにも「ここにUSIM カードをこういう向きで置いてくださいね」 的な感じになっているので、表裏を間違えず、慎重にやればiPhone の中にUSIM カードを落っことすこともないかと。

あとはiTunes に繋げば勝手にアクティベーションが完了し、ユーザ登録。そういえばこういうのあったね...。それが終わるとiPhone 3GS を全くの新しいiPhone として認識するか、それともiTunes 内のバックアップを使用して復元するか聞いてくるので、復元を選択。これが結構時間がかかって、45分くらい。

この時点で、ホーム画面とかのアプリの配置は再現できているものの、App Store のアプリとか、音楽とかは転送されていない状態。このあとは普段通り同期を実行でそれらも無事転送されました。これに30分くらい。入ってる曲数にもよるけど、初代のiPod touch ののろさと比べると隔世の感がありますな!!

これで大体環境の移行が完了。すげえ。ただMail とかのパスワードが空になっているので、この辺だけは一つ一つ確認する必要があります。

一応、一通り出来たので両方の電源を落としてUSIM カード差し換え。去年契約したUSIM カードで新しいiPhone 3GS を使用します。今回契約したUSIM カードはiPhone 3G に。@i.softbank.jp と@softbank.ne.jp のアドレスはデフォルトのままで、未設定。

iPhone で通話することはないし、メールもGmail を全ての窓口として、メール到着を通知するために転送しているだけなので、USIM 入れ替えせずに新たにメールアドレス取得しても良いのですが、とりあえず今はこんな感じで。


音楽は、ソニーエリクソンのHBH-DS205 + BOSE IE という組み合わせで、Bluetooth で聞いています。iPhone 3G の時は移動中時々音が途切れることがあったり(全く起きない日もある) など、不安定なところもありましたが、iPhone 3GS ではCPU の処理能力が上がった分、音の途切れとかは低減されるのではないかと期待。

ただBluetooth の仕組み上、どうしても音は遅れて聞こえてくるので、たとえばTapTap とかは映像と音が合わなくてちょっと悲しいゲームプレイになります。

CPU とかメモリ周りに余裕が出来たことを一番感じるのが、日本語入力まわり。iPhone OS 3.0 にアップしたiPhone 3G で感じていた遅さが解消されているので、これでようやくまともに文章書けるかなあという気がしています。

後はカメラ。マクロ機能標準で実装されたことにより、これでようやくItemShelf をまともに使うことが出来るようになります。マクロは割と優秀。

かんたんに撮り比べてみた。

iPhone 3Gで撮ったポンデライオン

iPhone 3GSで撮ったポンデライオン

上がiPhone 3G、下がiPhone 3GS。AF及びマクロ機能が付いたことで非常に良い感じになりました。

コンパスは、iPhone の向きに合わせてGoogle Map がリアルタイムに回転するのは感動的ですが、これ、そもそも本当にちゃんと北向いてる? 的な疑惑がちょっとあったり。でももうこれで初めての場所でも迷うことはないかも。あとこのコンパスを使えば、Google Earth がえらいことになる予感。最近はやりのAR 的なものとか、「東のエデン」 とか。


以上思うままに書いてみましたが、全ての機能がきわめて普通に使えているため、なんか、新型の感慨があんまりないというか、正直なところ、一瞬、必死になって買うまでもなかったか!? という気もしましたが、これまで事あるごとにちょくちょく溜まっていた、使用時の「待たされ感」 がほんとにかなり減っているので、ますます手放せないデバイスになりそうです。

来年のiPhone まで待つことにしたヒトは(触ると絶対欲しくなるので) 触らない方が宜しいかと。そしてこれからiPhone 欲しいかも、というヒトはもう絶対iPhone 3GS にすべきです。


そうそう、一つ忘れてた。iPhone 3GS の液晶は、iPhone 3G と比べると色温度の低い感じの色味になっているように思います。個人的には、iPhone 3G の色合いの方がスキなんですが、まぁ両者を同時に見比べてみないと分からないぐらいの差かも。

iPhone 3GS は機種変更の方がお得だけど2台持ちにするよ

iPhone 3G S が発表されたのでiPhone 3G からの移行プランを考えてみた」 の時に途中で挫折した、iPhone 3GS を新規契約した場合と、機種変更(買い増し) した場合の比較をExcel で作ってみた。

表を作るにあたり、以下のページの内容を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

この表は、以下の条件で作成しています。どこかに間違いがあるかもしれないので、金額の正確性については一切保証しません(できません)。

  • 2008/07/12 にiPhone 3G 16GB を新規契約、端末代金は24回分割
  • 2009/06 からiPhone 3G でiPhone for everybody 加入
  • 2009/06/26 にiPhone 3GS 32GB を新規契約 or 機種変更(買い増し)
  • iPhone 3GS 32GB は端末代金一括、ヨドバシ等で付与されるポイントは計算しない
  • iPhone 3GS もiPhone for everybody 加入
  • iPhone 3G とiPhone 3GS のUSIM カードは入れ替えて使用
  • 新契約時の、2008/07/12 - 07/31 分と、2009/06/26 - 06/30 分は日割計算
  • 新規契約は契約事務手数料2,875円機種変更(iPhone 3G からiPhone 3GS) は手数料なし
  • iPhone 3G からiPhone 3GS の機種変更の際、iPhone for everybody の契約は継続
  • 分割代金の支払いと月々割の適用は契約後3ヶ月目から
  • 新規、機種変共に月々割は1,920円/月
  • 購入時のショップ独自のいわゆる「頭金」等は想定しない
  • 「ただとも」等のキャンペーンによる商品券なども考慮しない
  • Wホワイトや基本オプションパック(i) などのオプションは付けない
  • ユニバーサルサービス料は計算しない

iphone3g_to_iphone3gs.png

結論を先に書くと、この条件でも機種変した方が安い、となるのですが、一応簡単に解説。

短期的には、機種変より2台持ちにしたほうが安いです。これは、機種変価格が新規より7,200円(300円 x24) 高いため。で、月額だと2台持ちの方が400円くらい高いです。

ただ、2台持ち続けるのは実は損で、2台目をどこかの段階で解約する必要があります。で、解約時にiPhone for everybody の解除料9,975円を払う必要があります(「2台持ち-機種変差額(解約時)」参照)。

2008/07 に購入したiPhone 3G の月々割が2010/08 で終了するため、この時にどちらかを解約するのがいちばんよさげ。あるいは、iPhone for everybody の契約解除月である2011/06 に解約。

この表には全く入れていませんが、来年出るであろう新型iPhone をどのような形で購入するか(購入するの前提かよ、という話はさておき)、でも変わってくるように思います。が、それはまた来年考える!!


当初予定通り、iPhone 3GS は新規契約して2台持ちにする予定です。

iPhone 3G S 予約してきた

最近iPhone 関連ばっかりですが気にしない方向で。

さて、「iPhone 3G S が発表されたのでiPhone 3G からの移行プランを考えてみた」 の続きですが、06/18 にiPhone 3G S の予約が始まったので早速予約してきました。

おそらく来年以降も同様の方法で予約を取ると思われるため、メモとして残しておきます。

予約はヨドバシ梅田で行ったのですが、お昼頃の時点で「予約手続きのための整理券発行」 という状態で、最短でも2時間先、とかだったので予約の時間を夕方に設定。またこの時点で、当日の受け取り時間を06/26 - 06/28 の中から選ぶようになっていて、06/26 のお昼頃を指定。

今回は16GB、32GB 共に白黒あるようですが、32GB白を選択。また既にiPhone 3G を持っていて、それとは別に新規契約したい旨を伝えたところ、1台目のiPhone の料金を支払っているクレジットカードと身分証明があればOK とのことでした。この手続きは5分とかからず終了。

確か去年は、07/11(金) のかなり早い段階で07/11 - 07/13 の3日間の予約整理券を配布完了してしまっていたかと思うので、去年の混雑を踏まえ、ソフトバンクから正式な形で予約を取るようになったのはいい改善点だと思います。ただ、表参道など、「予約は予約、当日はまた別途並んでもらう」 みたいな方針のお店もあるようですし、同じヨドバシでも店によっては当日の受付順みたいなところもあるようです。

で、時を改めて夕方に予約手続き。この時にまた新規か機種変更かと聞かれたので、在庫分は予約者の契約方法に応じて振り分ける形にしているのかも。

事前の説明どおり、2台目(新規) でクレジットカードも身分証もあったので10分程度で予約完了。手続きは通常契約時とおそらく同じもので、電話番号とかが空欄の書類を手渡されます(これが手元にない場合は「予約」できてない可能性が高いです)。後は当日に電話番号が確定、端末代金を支払って受け取り、だけでOK なはず。

ただ、iPhone for everybody が自動的についていたのはよいとして(解約ペナルティより本体割引価格のほうが多いので入ったほうが絶対お得)、Wホワイト基本オプションパック(i) が付けられていて、確認したところ「Wホワイトと基本オプションパック(i) の契約が提供の条件」 みたいな感じで。まぁ「翌日以降に解約でOK」 とのことだったので特にもめることもないかなと。同じヨドバシ梅田でも余計なサービスは付けられなかったヒトもいるみたいなので、よく分からん話です。


おそらく追加サービスごとに、ソフトバンクから販売店(あるいはスタッフ個人?) へのインセンティブが設定されているはずで、au とかだとそのインセンティブを原資として「このサービスつけると○○円本体価格安くします」 と明確に言ってくれるのだけど、本体価格は事前計算どおり、2,880円 x 24 の69,120円(iPhone for everybodyキャンペーン 適用価格) で特に値引きはされてない。まぁ一括で買えばポイント付くし即解約すればいいのだからこまけぇ話はいいんだよ、てな話ではあります。

ショップによっては、「頭金」 と称してお金取ってるところもある(去年もあった) ので、要注意。可能であれば量販店とかで買ったほうがいいかも。


あと、Wホワイトは、新規契約時に付けられていた場合は翌日解約してしまえば、6月末までの日割り分の請求となるようですが、機種変更の場合は来月7月から適用となるため、その時点で解約しても7月末までのまるまる請求されるっぽい気がしますがどうなんだろう。


1人で2回線目の契約をした場合は「ただとも」 の対象外、と言われたのだけど、OK と言われたヒトもいるみたい。ほんとこのへんショップとかスタッフによって言うことが違うから困る。どう見ても5,000円分の商品券もらったほうがオトクな気がするけど、「しゃべるお父さんBIGストラップ」 欲しい!!

iPhone 3G をiPhone OS 3.0 にアップデート

ダウンロード開始は日本時間の06/18 02:00(午前2時) からという噂を信じて待ち、02:10 くらいからダウンロードできるようになったので早速インストール。我ながら必死すぎる。

ところで、iPhone OS 3.0 は、単に機能追加のアップデートというわけではなく、いくつかの脆弱性も修正しているようなので、iPhone OS 3.0 で動かないアプリの対応待ちなど、特に理由がない限り、アップデートしておいたほうが吉。

今回追加された機能のあれこれについては、あちこちでさんざ書かれているので割愛。


個人的に、一番欲しかったのがBluetooth A2DP。これでようやくワイヤレスで音楽を聞くことが出来るようになるわけです。

話は変わりますが、3月末にau の携帯を ソニエリのXmini に機種変しまして。小さいのが欲しかったのと、機種変価格がシンプル一括でも非常に安かったのでこれを機にシンプルプランに移行しようかという。

で、この6月から、ソニエリ携帯を対象に、Bluetooth 機器を買ったらEdy でキャッシュバックするよてなキャンペーンが始まったので、前からいいなぁと思いつつ、高いよなぁと思っていた、ソニエリのHBH-DS205 を購入。Xmini はおサイフケータイは付いていないので、かわりに4,000円分チャージしたEdy カードがそのうち送られてくるらしい。

おーこれはいいなぁ、と思っていたところ、丁度Amazonで一瞬、7,900円で売っていた(納期1~2ヶ月) ので、ダメ元で注文してみたところ、その日のうちに在庫確保されすぐ発送されたのでした。

SONY ワイヤレスヘッドセット DS205 HBH-DS205
B001CNRENU


さっそくペアリングして普段使用しているBOSE IE 繋いで視聴。予想外に普通に聞けます。iPhone をカバンの中に入れたりしていても大丈夫なので、ケーブルの取り回しがラクになりました。

音質は許容範囲内ですが、時々音が飛ぶ(瞬断みたいなかんじ) のが気になると言えば気になります。まぁこれは仕方ないところですかね。あとA2DP には対応しているものの、再生中の曲のスキップしたり戻したりは不可。再生/一時停止とボリュームのみ操作可能。


あと、車で移動中にもラクに聞きたいなぁ、ってことでこういうのも準備してみた。

こっちは、電源取ったりとか、どう考えても車いじった経験のない素人には不可能な作業っぽいのでディーラーに取り付けを依頼しないと、と思いつつそのまま放置中。そのうちなんとかする。

他はコピーペーストができるようになった、とか、Google Calendar と直接同期できるようになった、とか大変良い感じになりました。ほんと隙のないアップデートです。

トリニティのMobileBattery for iPod/iPhone 購入

ご存じの通り、iPhone 3G のバッテリはちょっとヘビーに使うと1日もたない程度の容量しか無く、バッテリ残量を気にしながらチマチマ使うか、なんらかの補助バッテリを用意して非常時に備えるなどが必要です(まぁこの辺は普通の携帯でもよくある話だけど)。

で、これまではエネループのmobile booster KBC-L3 ってのとDock ケーブルを持ち歩いていたわけですが、どうもiPhone はUSB の仕様以上の電力を要求するらしく、すぐ充電が止まるのと、毎回ケーブルを接続するのが非常に面倒でした。

で、なんか良い物はないかと常々思ってたのですがついに理想的なのを発見。

iPhone 接続用のDock コネクタ内蔵なのでiPhone と直接接続が出来るし、バッテリ自体の充電は汎用のUSB ケーブルで可能、またiPhone とこのバッテリを接続している状態でUSB ケーブルからの充電も可能でその際にはiPhone の充電が優先的に行われる、と良いことずくめ。デザインもiPhone との一体感があって良し。というわけで早速購入。

iPhone と接続するだけで自動的に充電が始まります。充電中は「MobileBattery」 が青く光るのでわかりやすい。バッテリインジケータ部分を触るとバッテリ残量が光ります。

mobilebattery_1.jpg

iPhone にはパワサポのfor iPhone|Airジャケット の心斎橋アップルストア限定版を付けていますが、付けたままでも充電OK なのはラッキーでした。どうでも良いですがAirジャケット 付けっぱなしなのにどんどん割れてきています。なーぜー。

mobilebattery_2.jpg

メーカー保証外ですがこういう接続もおそらくOK。

mobilebattery_3.jpg

実際にバッテリ残量が10%くらいにまで低下したiPhone を充電してみましたが、途中で止まったりすることもなく、宣伝通り60% くらいまで充電してくれました。充電中も大して発熱は無いように思いますが、できれば何も操作せずにおいたほうが良いと思います。

あと、単純にDock コネクタで繋がっているだけなので、充電中は取扱注意。

ともあれ、なんだかとっても安心感と満足度が高いです。オススメ。

Simplism iPod iPhone用モバイルバッテリーホワイト MobileBattery for iPod iPhone White ポータブル充電器 TR-MBI-WT
B002BWP85C

Simplism iPod iPhone用モバイルバッテリーブラック MobileBattery for iPod iPhone Black ポータブル充電器 TR-MBI-BK
B002BWP852


姉妹品として、単4電池3本で充電、というのもあります。エネループをたくさん持っているヒトなら充電器兼用でこちらもよいかも。

6月のWindows Update は、緊急6、重要3、警告1 です

iPhone 3G S が発表されたのでiPhone 3G からの移行プランを考えてみた

昨夜(日本時間) のWWDC で、期待の新型iPhone、iPhone 3G S が発表になりました。日本ではソフトバンクより06/26 発売。


新型はともかくとして、まず、初代iPhone(日本での販売なし) とiPhone 3G ユーザは、06/17 に無償でiPhone OS 3.0 へアップデート可能(iPod touch の場合は1,000円強かかる、筈)。Bluetooth A2DP とかサポートされるようになるので、これはこれで期待大。


現行のiPhone 3G と、新型のiPhone 3G S の比較。処理速度が速くなっていたり、無線LANでの寿命が長くなっていたり(他はさほど変わらないので、バッテリ容量が増えたのではなく、省電力チップに変わった?) しますが、一番気になるのはAF とマクロ付きカメラ。これまでのカメラはほんとなんちゃってだったので。


で、ここからが本題。iPhone 3G、がんばって2年持ち続けるつもりでしたが、やはり新しいの気になるよね、というか、年に1回のこのビッグウェーブに乗るかどうか、というお話。


いくつか移行プランを考えてみた。

1) iPhone 3G S には移行せず、来年の新型iPhone を待つ

iPhone 3G S は見送って、来年発表されるであろう、さらに新型のiPhone へ機種変。これが一番お金がかからない(当たり前)。ガマンのきくヒト向け。

ただ、昨年の発売時に飛びついたヒトの場合、iPhone 3G 自体の保証(1年) がまもなく切れるため、7,800円のAppleCare Protection Plan for iPhone に加入して保障期間を1年延ばしておくかが悩みどころ。

バッテリの消耗によるバッテリ交換(実質本体交換) が無償になるわけですが、認定はかなり大変っぽい。

ちなみに、AppleCare Protection Plan for iPhone に入らずに1年が経過し保障期間が終了した後、バッテリ交換が必要になった場合は9,800円、それ以外の修理は22,800円。

大雑把にまとめると「7,800円が丸損になるかも知れないけど、万が一のときに新品交換になるかも」 ということなわけなので、なにがなんでも2年堅持する、と心に固く決めたヒトは加入しておいたほうがよいかも。

もし故障したとしてもその段階でiPhone 3G S へ機種変すればいいや、と考えるなら不要。


2) 機種変更(端末増設)

iPhone 3G は端末代金24回払いの月月割(新スーパーボーナス) での加入で、現時点であと16回支払いが残っています。この支払いが毎月3,360円で、月月割により1,920円マイナスされてるわけですが、機種変するとこの月月割の1,920円/月がなくなります。

実際は、iPhone 3G S をまた月月割で契約すればそちらに新たに割引(1,920円・24回分) が付くわけで、もしiPhone 3G S の端末代金を一括で支払えば、トータルで見た場合の月額支払額は変わらない、ということになるはず。

というのは月月割のない状態で残りを毎月支払う、と仮定した場合で、機種変時に残りを一括精算、とかになるとえらいことになるのでこの手は難しい。説明文のどこにも「一括で精算」 とは書いてないのだけど、ちょっと気になるところ。

ソフトバンクショップで確認された方の情報。ありがとうございます!! 機種変時に一括精算してもいいし、しなくてもいい、という理解でよいみたいですね。

また、一括代金は、ソフトバンクの発表資料がキャンペーン適用とか非適用とか書いてるのでややこしいんですが、おそらく、16GB が分割金2,400円のようなので x 24 して57,600円、32GB が分割金2,880円なのでこちらも x 24 して69,120円、で合ってる筈。iPhone 3G 16GB は最初 3,360円 x 24 = 80,640円でしたから、だいぶ安くなりました。

端末代金を一括で支払うメリットはないように見えて、ヨドバシなどで購入するとポイントが付くので、ポイント分、オトクだったりします。一括でも月々割は付きますし、また1年後に悩む必要もなくなるので、今回は(もし機種変するなら) 一括で行く予定。

なお、「iPhone for everybody キャンペーン」 は2年縛りになりますが、パケット定額フルの上限が下がるので、加入しておいたほうがよいと思います。


3) 新規契約(2台持ち)

そのままiPhone 3G を維持していたらあったはずの月月割がなくなるのはもったいない、と考えるならiPhone 3G S を新規契約してまさかの2台持ち。

iPhone 3G は4月分実績で月額8,700円くらい。5月にiPhone for everybody を申し込んだので、6月分からはパケット定額フルの上限が下がって7,200円くらいになる予定。

で、2台持ちにして、iPhone 3G ではパケット通信は全く行わない、とした場合、パケット料金が5,985円 → 1,029円となり、約3,800円/月。そしてiPhone 3G S(一括購入) が、980円 + 315円 + 4,410円 -1,920円 = 3,785円/月、となるので、2台の合計で約7,800円/月 くらい? (一括購入した端末代金を考慮していないため) 2台持ってもあまり負担額変わらないかも。

「2台も持ってどうするの?」 という問いに答えが用意できるならあり、ですかねー。

あと、機種変した場合と、2台持ちにした場合の、それぞれ今後2年間にかかる金額の比較とか考えてたらわけ分からなくなったので考えるのをやめた。


4) 禁断の、新規契約 → 即解約

まぁ、一応、考えてみた。

iPhone 3G S を新規契約し、すぐ(即日~半年以内) に解約。そしてUSIM カードさしかえ。iPhone 3G S の月々割とかなくなるし、短期解約者は要注意者リストに載って今後の契約時に影響を受けるかも、なんて噂もありますし、正直あんまりメリットがないんじゃないかと。というかお店に迷惑がかかると思われるので、非推奨。


以上、適当に考えてみたいので計算間違いとか見落としとかあるかも。個人的には、2台持ちがいいんじゃないか、という気がしてきてます。もちろん狙うは32GB 白。

あと気になるのは、USIM カードを抜いたiPhone が、通話と3G の通信が不可になるのは当然として、他にどのような制限が付くのか、って所。自分で抜いてみれば分かる話ではあるのだけど。


(2009/06/10 10:30 追記)

iPhone 3G Sの価格について | SoftBank」 に書いている価格とかがちょっと引っかかったのでもう少しよく考えてみた結果、一括で買う場合のお値段が異なる場合があるかも、という結論に至ったので、表にしてみた。

  キャンペーン適用価格(一括) キャンペーン非適用価格(一括)
iPhone 3G S 16GB 57,600円 69,120円
iPhone 3G S 32GB 69,120円 80,640円

iPhone for everybody」 の2年縛り(更新月以外の契約解除料9,975円) を受け入れるなら、端末価格を11,520円値引きした上に、パケット定額フルの上限も1,575円引き下げますよ、ということですね。これですっきりした。

注意深く検討する必要はあるものの、iPhone for everybody に入っておいたほうがオトクになると思われます。

なお、12回または24回の分割で購入する場合は、上記価格を12 または 24 で割った金額から、月月割で最大1,920円引きしたあとの金額が、端末代金として毎月かかる、という理解でよいと思われます。

比較のために、iPhone 3G 8GB / 16GB の、現時点での販売価格も同様に表にしてみた。

  キャンペーン適用価格(一括) キャンペーン非適用価格(一括)
iPhone 3G 8GB 30,720円 69,120円
iPhone 3G 16GB 42,240円 87,840円

こうして表にしてみると、iPhone 3G S 32GB は、iPhone 3G 16GB より少し安くなってますね。この価格の根拠は、ソフトバンクオンラインショップ。ページ上部の「※ iPhone for everybody キャンペーン非適用でのお申し込みはこちら」 右横のリンクからたどれます。

あと、オンラインショップの表を見ていて気づいたのが、機種変更(端末増設) した場合、おそらく、購入時の端末価格は新規契約と同じだけど、月月割の値引き額が減っている という点。

そもそも、1年未満の機種変更プランがない、というのも気になるところ。ちなみに、ウチのiPhone 3G は、利用期間起算日が「2008年07月12日」 で、本日までのご利用期間が「10ヶ月」 となっております。

やはり2台持ちするしか...?

上記の内容は、個人で適当に計算してるだけなので、どこかに勘違いが潜んでいる可能性が高いです。決してこのページを鵜呑みにせず、ソフトバンクからのオフィシャルな情報を確認するようにしてください。

Home > Archives > 2009/06

Return to page top