> > iOS

iOS

(追記あり) iPhone 6s の交換プログラムに申し込んでみた

iPhone 6s で使用中に急に電源が落ちる件、対象は2015/09 と2015/10 に製造された一部のみとのことで、これまでの交換プログラムであればシリアル入れたら対象かどうか分かるようになっていたのに今回はなし。日本語版ページも用意されていないしなんか変な感じ。

(例によって何にも書いてないけど) 普段使いのメインは既にiPhone 7 に移行しているし、リアルApple Store まで行く用事もそうそう無いし、暫く様子見かなと思ってたんですが、以下の記事で自分で対象かどうかが確認出来るってので、確認してみました。


で、無事というか見事というかなんというか、自分のシリアルがリストにあったわけですが、Apple が公式に出したわけではないと思われるこのリストは信用してもいいのかなーと。


まあ実際にApple に問い合わせてみないと分からないので、実際に交換対応して貰った方の記事とか読んでました。先の9to5Mac の記事にも書かれてますが、どうやら交換用バッテリの在庫がほとんど無いみたいで、たとえジーニアスバーに行ったとしてもその場交換は出来ないっぽい。


また、Apple - サポート のチャットサポートで自分のiPhone が対象かどうか調べて貰えるらしい、というが分かったので、予めiPhone 6s のシリアルをコピーするかメモしている状態で、さきほどのページの[iPhone] → [ バッテリー、電源、および充電] → [予期せぬ終了/再起動] → [スキップする] → [チャット] と選択、名前とメールアドレス、シリアルを入れて暫く(15分くらい) 待ったらチャットサポートが始まりました。

最初[チャット] の項目がなくて焦りましたがいったん戻ってもう一度選択しなおしたら無事出てきました。チャットサポートって1人で何件かの問い合わせを複数同時並行で対応してるみたいで、それでもキャパオーバーになった場合はメニューに表示しないようになってるのかも。

で、入力しておいたシリアルで対象であることが確認され、修理オプションの案内がありました。まあジーニアスバーかクイックガレージなどの正規サービスプロバイダへ出向くか、配送で引き取って貰うかなんですが、配送の場合はiPhone を送って修理が完了したら返送、か、玄関先で交換用iPhone と交換というエクスプレス交換サービスってのがあって、今回交換パーツの在庫がないため前者の修理サービスだと多分2週間くらいは預けることになりそうだったので、エクスプレス交換サービスにしてみました。

こちらは多分元々通常ストックの交換用iPhone が割り当てられるはずで、品薄とか関係ないようにも思うのですがこちらでも12月上旬になるとのこと。また、クレジットカードで7万オーバーの仮引き落としがなされるのでドキドキです。こちらのiPhone が先方に届いて問題が無ければ解除されるらしい。画面割れもないし、まあ大丈夫でしょう、たぶん...。そうそう、今回のiPhone 6s はAppleCare+ に入っているためエクスプレス交換サービスの利用料金は無料っぽい。(今回初めて使ったけど)入ってた良かったね。

そんなこんなでチャットサポート完了まで約1時間。サポートの人の入力待ち(多分状況に応じての定型文コピペと手入力があるっぽい) で結構待ちが多かったですが、その間はひたすらMicrosoft Solitaire Collection やってたのでちっとも苦じゃなかったよ...!!

交換が完了したら追記予定。

2016/12/03 追記

この記事書いた翌日に日本語版ページとシリアル入力欄が出来るとか...。

既に交換対応済みなので当然っちゃー当然ですが、ためしに交換前のiPhone 6sのシリアル入れてみたら対象でした。

で、12/01 に交換用iPhone 6s が発送され、無事12/02 に交換完了。

チャットサポートでは、配達の日時(夜間とか土日配達) は選択出来ないとのことでしたが、発送はクロネコだったので、発送メールに書いてる荷物番号で、クロネコメンバーズ のサイトから配達時間変更出来ました。

iPhone 6s はSIM カード抜いて初期化して保護シールも外した状態でクロネコの人に引き渡し。配達伝票が付いてる箱を開けて貰って、その中の書類と交換用iPhone 6s が入っている白い箱を受け取って、元の箱にこちらのiPhone 6s をそのまま入れて返送する模様。これは(クロネコの人が) 面倒くさい...。

受け取ったiPhone 6s はSIM カード入れてアクティベーション。バッテリがほとんど無かったのでフル充電して特に問題ない感じ。ちなみにiOS 9.3.2 でした。微妙に古いな...。AppleCare も残ってるし、万が一の時の交換機として保管予定。

これまで使ってたiPhone 6s はホームボタン押したときに違和感があって気になってたので、そのうち交換して貰いにGenius Bar 行くかー認めて貰えるかなー(昨年通常使用で曲がったと思われるiPhone6(AppleCare あり) 有償交換になったし...)、と思ってたので交換になって良かったです。

iPad Air 2 Wi-Fi 64GB シルバー 買いました

買ったのになんだかんだで早2週間が過ぎ去り、いい加減書かないと、というキモチで一杯ですがまあ例年の如くiPad と私シリーズ。

ビザビの「OverLay Brilliant for iPhone 6 極薄保護シート(上級者向け)」レビュー

今回ビザビさんのご厚意で「OverLay Brilliant for iPhone 6 極薄保護シート(上級者向け)」を頂いたので、そのレビュー。きっかけは、コレ。

丁度iPhone 6 持ってるしブログもあるし、ということでDM で応募して無事? 当選、商品を送って頂けることに。代金分のクーポンを発行することで、メール便送料無料で届きました。太っ腹。封筒もハロウィン仕様で凝っていて、しかも次回以降使える割引クーポン付きでなかなかやりおる...(えらそう)。

iPhone が異常に発熱するのでジーニアスバーに行くつもりが何とか自力解決できたけど結局ジーニアスバーに行ってみた

ようやく「iPhone 5s の液晶に常時点灯があったのジーニアスバーで交換」 で書いた、ジーニアスバーで交換したiPhone 5s ですが、今月頭くらいから使用中にiPhone 本体が発熱する、という現象が多発するようになりました。

キーボードリセットと復元を試してもダメ。

どれか特定のアプリが原因ではないのか、と疑ってみたり、このアプリが原因ではなかったり。

メモリ解放ソフトでプロセス強制解放する、という泥縄な運用で様子を見ようと考えたり。

結局解放してもすぐ負荷が上がるので全くダメ。

というわけで、ジーニアスバー予約してみたものの、おそらくソフトウェア側の問題だろうからとりあえず的に本体交換しても多分これ改善しないだろうなーと思いつつ、ふと思いついてもう少し切り分けを進めたら、原因がほぼ特定できました。

iOS にはユーザ辞書ってのがあって、iCloud の「書類とデータ」をオンにしておくと各iOS 端末、Mac と同期してくれるのですが、たまにこの辞書が壊れることがあるみたいで、壊れてしまうと同期が上手くいかなくなってCPU に負荷を掛け、結果的にバッテリも多く消費する、ということになる模様。

で、オンオフ繰り返してるとMac 側のユーザ辞書(ことえり用の辞書) も同様におかしくなってきた。

もはやどうしようもないので、iCloud のサイトから書類とデータのリセットを実施。おそらく、各端末とは別に、iCloud 上にデータがあるはずで、これをリセットしているのだと思います。

これでiPhone 5s の暴走もなくなり、ユーザ辞書も正常に登録されている状態、となりました。Mac のユーザ辞書は戻ってませんが、普段使ってるのはATOK なので、特にこれ以上は気にしないことに。


ここまで前フリ。折角予約したジーニアスバーも、問題が解決してしまったのでキャンセルしようかと思ったのですが、そういえば...と思い出したのがこれ。

ウチのau iPhone 5 はバッチリこれの対象だったので、持って行こうか、ということに。ちなみに、バッテリー交換プログラムの方は対象外でした。

iPhone 5 はiOS 6 のままでおいていたので、まずはiOS 7 にアップデート。とその前にユーザ辞書を確認したところ、同じものが数百個、重複して登録されていて、そうかこれが元凶ッ...!! とiCloud の書類とデータをオフってみましたが全く消える様子がないので、アップデート、復元して様子を見ることに。

そして復元後、こっちでも同じ現象が。

というわけで、(1)スリープボタン交換プログラムに申し込めるのか、(2)iCloud のユーザ辞書同期をうまく行う方法はあるのか、という2点をジーニアスに聞くことにしました。

待ち時間も含め、滞在時間20分程度で終了。予約さえ入れておけばさほど待つこともないのでいい感じです、が、もうスペース的にかなり手狭になってきてる気がする...。で、対応結果ですが、

(1)iPhone 5 スリープボタン交換プログラムについては、「あくまでリコールではないので、スリープボタンの不具合が現在出ていないのであれば受けつけない」とのこと。プログラム開始直後はともかく、現在の基準では、予防交換とかはやってない模様。あと、プログラムの有効期間が2年となっているので、その期間を過ぎた場合に発症した場合は、有償での通常の本体交換(たぶん2万円ちょいくらい) となるので、その場合は機種変更をお勧めしている...とのこと。まあこれが現在のジーニアスバーの公式見解なんじゃないかと。

(2)iCloud のユーザ辞書がおかしくなる件は、Apple としては認識している不具合(と受け取れるニュアンス) だけど、具体的にこうすれば100% 直る、という方法はなく、もしMac を使っているのであればMac 側のユーザ辞書を消すなどの方法で同期し直すことが可能と思われる、なお、iPhone 単体で不具合を解消する方法はない、ということでした。こっちもまあ現在のジーニアスバーの公式見解なんでしょうけど、この回答は割とガッカリ。こっちの聞き方の問題もあったかと思われますが(もちろん喧嘩腰とかじゃないよ)、こっちが困ってるのにそれはどうにもならないですね~みたいな感じに受け取れたので。

個人的には、iPhone 5 のスリープボタンよりもiPhone 4 のホームボタンを修理して欲しいのに、みたいなことを思いました(わりと切実)。

iPhone 5s の液晶に常時点灯があったのでジーニアスバーで交換

ドコモのiPhone にMNP しました で「というわけで次回」 としてから早半年...これまで何をしていたのか...というわけで続き。

まあもう時間もたってるのでささっと書くと、iPhone に限らず、携帯とかスマホとかを購入するとき、大抵は外装チェックを求められ、傷がないことを確認したうえで契約が進むと思いますが、この時のチェックってあくまでも外装のみで、液晶画面の表示までチェックすることはたぶんないんじゃないかと思います。

これまではそれで問題なかったのですが、今回、持ち帰って復元して...みたいな一連の作業をやってて気付いたのです。

iOS7 デフォルトの星空の壁紙だと見えづらく、電源オンとかしたときのアップルロゴの左横をよく見たらあるかも...というレベルだったので最初は全く気付かず。たぶん店の人も気付かなかったと思われます。でも一度気がついてしまうとかなり気になるように。

液晶の常時点灯が初期不良扱いになるのかどうか、この時点ではググってもあまり要領を得ず、まあもうダメ元でジーニアスバー行くしかないか、ということにして予約。

というわけで、過去2回 ひびの入ったiPhone 3G をGENIUS BAR で交換iPhone 4S のWi-Fi が使えなくなったのでジーニアスバーで交換してきた。 に続き、3回目のジーニアスバー。前はなかったはずの、「予約なしの当日飛び込み列」が螺旋階段に形成されてたのが興味深かった。待つのはタイヘンだ...。

で、まあそのへんのジーニアスに予約時間と名前伝えて時間になったら呼ばれて、ジーニアスが手持ちのiPad を使ってiPhone の情報取ったりしてそれからもう少しだけ待つとカウンターに案内され、症状伝えて即交換。あっという間に終わり。今回もスムーズな対応でした、次回もよろしくお願いします(ヤフオクの評価欄的な感想)。

液晶の常時点灯は使用中に突然発生するものでもなさそうですし、多分初期不良扱いで交換対象になるっぽいので最初によく確認ですね、というお話しでした。

ドコモのiPhone にMNP しました

昨年au でiPhone 5s 機種変した わけですが、予備機運用となっていたiPhone 5 の残債は結局精算せずそのまま、AppleCare+ も継続としていたのでなんか毎月結構払ってるよなー、いやそりゃそうだよなー、なのだけど、MNP 転入のiPhone 5 からiPhone 5s へ機種変したことで毎月の割引が減っていて、当時の選択としては悪くなかったけど今となってはちょっとね、と。

あと、au Xperia acro IS11S が丁度2年たったので、そのまま解約も勿体ないなーということでこれまたMNP でSB iPhone 5 を密かに手に入れていたのですが、こちらもあわせて2回線、ドコモにMNP しました。

最近はMNP でiPhone 5s 16GB が一括0円、更にキャッシュバック、複数台同時契約で更に倍、などなどがどのキャリアでも当たり前となってますが、今回はiPhone 5s 64GB(スペースグレイ) + iPhone 5s 16GB(シルバー) の2台でどちらも一括0円(分割無し)、キャッシュバック無し、ドコモのオプションいくつか + 有料コンテンツいくつか、みたいな感じの条件でした。

キャッシュバックといってもその場で現金、商品券、数ヶ月後に郵送、振り込み、と色々あるようで、そのショップは2ヶ月後に商品券郵送、だったんですが商品券より普段使い用に容量増やした方がいいか、というわけでこういう組み合わせに。

オプションとコンテンツは契約時に○月○日を過ぎたら解約OK、と言われることが多く、指定期日まで契約していることがキャッシュバックの条件となってることが殆どですが、今回みたいにキャッシュバックがない場合は...まあ適当に。といってもキャリアのオプションはたいてい無料期間のうちに解約OK ですし、有料コンテンツは即解約してもまるっと1ヶ月分かかるわけで...。ということでその辺は(解約OK な日を確認して) 適当に処理。コンテンツ契約するショップもそうだけど受け取り後解約するのも大変めんどくさいけどしょうがない感じですね。

というわけで、ショップの案内の人とやりとりしてたんですが「いざとなれば3円維持できますし」 とか言ってきてえーそれアリなの? とか、その後カウンターで申込書書きつつau とSB にMNP 予約番号発行の電話(なかなか繋がらない) してオペレーターさんと会話する中でどちらも「今回の番号発行は何回線ですか?」 と聞いてきてなんかもうぶっちゃけすぎやで...。特にau の方は「普通予約番号発行前にアップルストアでiPhone の交換をやって新品にしてからMNP の手続きすることが多いようですが今回はそういうのは無しということでOK ですか?」 とかとても勉強になる...。

で、あとは口頭で「90日以内に契約した回線はありませんか?」 と聞かれて2回線同時契約の与信? みたいなの通して無事契約となりました。一応、通話用として1年前にドコモでXperia Z 契約してて、それを親回線としました。64GB のほうはそのまま使うとして、16GB の方は先の3円維持にしても良いし、データプランに契約変更(できる/できないとかあるみたいだけど) して、いまIIJmio で使ってるNEXUS 7(2013) に入れてもいいかも、とか考え中。

基本、SIM 契約がある端末は売却したりせず、手元にちゃんと置いてるほうですが、一括で買って契約が終わった端末であれば売るのも自由、ということでMNP 転出手数料とau iPhone 5 の残債などなどはau iPhone 5s と SB iPhone 5 処分して賄う、という感じになりました。ここまであえて細かい金額は書いてないですが、月々の金額考えると別に3円維持にしなくても十分安くなりましたので、いまやどのキャリアでもまあそこそこどこでも電波掴めるようになりましたし、とにかく安くiPhone を持ちたいって場合はMNP するのが一番オトクかと思います。


iPhone に限らずですが、後のクレーム防止のために、開封直後に外装に傷がないか、などの確認を客自ら行うのが当たり前で、今回も特に問題なかったのですが受け取って家に帰って復元して...とかやってると画面が黒バックの時にだけ見える赤色の点が...!! というわけで次回。

iPad Air Wi-Fi 16GB シルバー 買いました

届きましたわー

買っちゃいました。はい。というわけでこれまでのiPad と私(去年と全く同じ流れ)。

昨年買ったiPad mini、まあまあ気に入ってはいたのですが、Nexus 7 (2013) 買ってしまったらアレもうiPad mini 要らない子...? となってしまい(えー)。自分でもこうなるとは予想してなかったけど、サイズ感的にはNexus 7 (2013) の方がより好ましかったみたい。何より安いし。

というわけで(自分でも意外ですが)iPad mini はドナドナしましてNexus 7 (2013) 使いとなりました。折角のLTE 版なのでIIJmioプリペイドパック のSIM さしてテザリングでWi-Fi ルーター的に使用中。あとGPS もついてるので地図見たりとか。自宅内ではちょろっと調べ物をChrome でやって、あとでPC のChrome から履歴参照するとかそんな感じ。あんまりアプリ入ってないです。

iPad mini は、Nexus 7 (2013) の画面見た後だと流石にもう厳しく、あと使用開始当初から気になっていた、タッチパネルが柔らかいというのがなんか受け入れられなくて、その辺が手放した原因。あとまあ新型出る前に売った方が高いしね、という読みもあって、実際そこそこ高く売れたのでこれはこれで。


で、新型iPad。サイズ的にはNexus 7 (2013) が気に入ってるので、最早iPad mini Retina である必要は無いなー、となって、でもMac 買い替えるのが先でしょ、という感じだったはずなのについうっかり。ポチッと。でも去年iPad mini 64GB 買ったときは44,800円だったのが、その後値上がりして52,800円に、そしてiPad Air は51,800円~ となるともう一番安いのしか買えないよ...という感じで16GB。でも32GB行っといた方が良かったかも、とかなんとか。円安になった分、仕方ないけど高いよなー。

開封の儀とかファーストインプレッションとかそこかしこにあるのであんまりぐだぐだと書かないけど、サイズ的にもNexus 7 (2013) と棲み分けが出来るし、この重量感であれば許容範囲。外に持ち出して頻繁に使うとかはないかもですが(落としたら怖いし)。

あと気にしていたタッチパネルは、いちおうすごーく薄いガラス、ということらしく(iPad mini Retina の商品説明にはガラスの記述なし)、やや柔らかさが気になる感じではありますがまあもうこれは受け入れるしかないかな...と。タッチパネル叩いた感じではNexus 7 (2013) のほうが遙かに硬質な感じがします(こっちはCorning 社のガラスを使用しているらしい)。

液晶保護シールは、トリニティの【Simplism】iPad Air用 抗菌保護フィルムセット(クリスタルクリア) [Protector Film Set for iPad Air Crystal Clear] を選択。クリスタルクリアはいいのだけど防指紋ではないので指紋が気になるかも。フォーカルポイントのTUNEWEAR TUNEFILM Pro for iPad Air 抗菌・防指紋タイプ も気になったのだけどヨドバシ店頭で見つけられなかったのでまた次機会があれば。

ケースは、同じくフォーカルポイントのTUNEWEAR eggshell for iPad Air fits Smart Cover がいいかなあと。初代iPad からケースはずっとTUNEWEAR だし。

あと前に買ったsuono のiPad ケース が(若干余るけど)そのまま使えるのでとりあえずこれで。

iPad Air

au iPhone 5s 64GB スペースグレイ買いました

まーなんだかんだでこういうことになりまして。

昨年の経緯はこの辺。

でまあ「LTE はえー!!」とか言ってたのも最初のうちだけで、2.1GHz のLTE にしか対応していないiPhone 5 はLTE で通信出来るエリアは結構限られていて、3G だとわりとまともに通信が出来ない、ということが多々あってそれがだんだん不満になってきました。というか毎年iPhone 買って9ヶ月もすると回線速度に不満が出てくるのは何故なのか...?

au iPhone 5 のまま、という選択肢ももちろんありましたが、通信エリアに不満がある状態で使い続けるのは精神衛生上良くないのでやはり替えざるを得ない、となり、今年はとうとうドコモもiPhone を扱うこととなったため、ドコモで使うか、au のまま使うか、という2択になりました(ソフトバンクは今回除外)。

昨年のiPhone 5 はMNPで購入したため、毎月割が3,550円(2,570円+980円) あって、24回分割にしたのでこれがあと44,590円(月3,430円 x13回) 残ってます。ざっとした計算で、ドコモにMNP すると手数料だけで15,000円くらい、毎月の割引がたぶん2,940円(5s 64GB) と780円(1年間のみ) で3,720円。au のままで機種変だと手数料が3,150円で、毎月割が2,815円。手数料と割引、2年換算でほぼ同じくらいになるし料金プランもほぼ同じくらいなのでもうどっちがいいか分からなくなって吐きそうに(おおげさ)。

CPU もメモリも回線スピードもあるに超したことはない、ということで毎年買ってきましたが、なんか今年は暫く様子を見てもいいんじゃ...いやいや回線に思いっきり不満あるし!! ということでとりあえずau のMNP 予約番号を取って何か進展した気になってみるか-、てことでau に電話してみたところ、噂に聞いていた、「引き留めポイントを差し上げるので是非au で機種変してくれ」、ということになったためau で、ということになりました。

au iPhone 5 ユーザーは全員無償で5s / 5c に取り替えられるべき、というのはほんとそう思うし、だから下取りプログラム の金額他社より増やしてますよ、ってコトなのだろうけど普通にじゃんぱらとかで売った方が高いわけで、メリットとしては残債がある状態でも減額されない、たぶん本体のみ引き取りなのでAC アダプタとUSB ケーブルは手元に残る、というとこらへんか。でも手続きの時点で初期化して手渡さないといけないのでちょっと使いにくい。というわけで今回は下取りは使用せず、5s 壊れた時用として手元に残しておくことに。

で、発売日の9/20 は、ヨドバシのオンライン予約 で予約してみたものの、一行に連絡が来ず、ヨドバシのサイトに載ってる手続き状況の様子を見るに、ひょっとして予約関係なく朝ヨドバシに行ったら買えるんじゃ...? ということで翌9/21 朝にヨドバシ梅田へ。即案内開始となり、手続きに30分、SIM カード差し替えるだけで何をそんなに時間が掛かるのか、という処理待ちで1時間、で無事入手できました。(色々はしょるけど) 機種変更で使えるクーポンと引き留めで貰ったポイント、あといくらか貯まっていた、なけなしのヨドバシのポイントも使用して残りは一括。ポイント5% つきました。シルバーとゴールドは予約しないとダメだったぽいですが、元々スペースグレイ狙いだったので問題なし。

iPhone 5 の残債はとりあえずそのまま毎月払う状態にして(後日どっかのタイミングで一括精算予定)、なんかバッテリがへたってるような気がするので、AppleCare+ も継続としました。


iOS 7 については個人的には大歓迎。大変良い感じです。ただマップアプリがiOS 6 のときからあまり進化しているように見えないのには大変失望しました。3D 表示にすると、何がやりたいのかは何となく分かるような気がしますが、1年たって何故この状態なのか...。

指紋認証も、ほんとにこれでセキュアなのか、とか気になるものの、ギミックとしては面白いです。実用的な使い方はこれからですかね。


で、肝心の電波状況ですが、大変素晴らしい。これまで、3G 表示なのに通信出来なかったりしていた複数の箇所でLTE できちんと通信出来ました。いやこれは替えた甲斐がありました。回線速度もこれまでよりも速いです。

スピードテストのアプリは、speedtest.net のやつよりRBB SPEED TEST のほうが速度が出る感じ。


「繋がりやすさ」 は特に問題は感じないですが、うちの環境の問題なのか、自宅だとアンテナが5つとも●になることは少なくて、たいてい4つなのが若干気になります。ただ、●1つでもLTE で繋がっていれば体感では特に遅いとは感じないです。地下とか奥まったところに行かない限りは3G や1x に落ちたりしないです。800MHz はすげえな。

au 4G LTE は、既存の3G をLTE に替えて行ってる感じなので、3G にさえならなければ快適です。ドコモのXi LTE は、どうにもau 4G LTE ほどにはエリアがカバー出来ていない印象。ただ、3G に落ちても最低限通信は出来る、という感じなので、どうあれいついかなる場所でも繋がっていたい、という場合はドコモの方がよいかも。今回このあたりが悩みどころだったのですが、色々ありましたがau で良かったかな、と。さあ来年はどうしようか...(気が早い)。

iPad mini 黒 64GB 買いました。

とかいってたらキター!!


まあなんというか買いました。以下、これまでのiPad シリーズと私。

iPad(シリーズ) には総じて満足していますが、初代からその重量がネックだったみたいで、軽くなったiPad2 には飛びついた一方、たとえ僅かであったも重量増となった第3世代iPad はスルーするなどして現在に至っています。iPad2 は家の中であればなんとかギリギリ、けど旅先に持って行くのは大きいし重いし、という感じです(PCに比べりゃ軽いんだけどね)。

しかも勿体ないことに家の中で使うといってもたまに引っ張り出してきて...という感じで正直使用頻度は高くない状態でした。

でそんなところに出たNexus 7、なんか小さくて軽いみたいだしなにより安いし、と飛びつきかけたものの、通販はトラブってるみたいだし量販店でついうっかりしようにも品切れだし、そうこうするうちになにやら32GB 版が出るらしい? となってiPad mini の噂も本当っぽいし全部出そろうまで待ちますか、とか思ってたはずなのについうっかり。いやさあアップルストアで32GB が納期2週間、とかなったら64GB いっちゃうじゃん?(そうか?)


で、無事発売日を迎えて届きました。宅急便のおにいさんが持ってきてくれた外箱の時点で小さくて軽い感動が。というか笑いそうになったやばい。外箱、軽く角打ちしてたけど許す!!(iPad mini 自体の箱は無傷)

開封の儀とかはばっさり省略。ファーストインプレッションをちょっとだけ。


iPad2 のバックアップで復元したため、まさに小さくなったiPad2 であり、画面の大きさよりもどちらかというと軽さを求めてきた自分としてはさらに理想に近づいた感じ。ディスプレイの解像度についても、なんでもiPhone 3G / 3GS と同等の解像度ということらしいけど、iPhone 4 見た後の3GS は文字がにじんで見えたはずなのに、今回はあまり気にならない。比較対象がiPad2 だからなのかも。第3世代iPad 使ってたヒトからしたらこのディスプレイは納得いかないだろうけど、次モデルでRetina Display 搭載とかは普通にあり得るだろうし、次モデルに期待ですね。

いつもなら最初に付けるはずの液晶保護シールもケースもまだなにも付けてない状態で、最近ヨドバシ行く時間も無いので通販で買いたいのだけど、欲しいのがまだ売ってないのでもう暫くは家の中で大人しく使う予定。

mini ではいまんとこNewsify でGoogleリーダー消化、Tweetbot でtwitter のタイムラインを眺めるなどに使用してますが大変快適。そもそもこのサイズのタブレットを欲した理由でもある、LPIC のLinux 教科書 を出先でも手軽に読みたい、てのは実現出来そう。PDF/ePub 版でも良いし、アプリ版もあるしで大変太っ腹で良いです。


というわけで長期貸し出し中の初代iPad とiPad2 を交換して、初代iPad が手元に戻ってきました。今となってはスペックは低いのだけど、このカタチが好きなのでまあ末永く使っていく予定。ケースを付けていない状態であればsuono のiPad ケース にもギリギリ入るのでオススメ。

初代iPad回収してきた。

iPad mini のタッチパネル、これまでのiPad のそれと比べ、微妙に柔らかい気がするけど気のせいのような気もするし、どうなんだろこれ。というところだけがちょっと気になっております。

au iPhone 5 黒 64GB MNP で買いました。

近所のau ショップで土曜の昼に予約した ため、たぶん発売日の受け取りはないだろうなーまあ仕事あるし週末に手に入ればいいか、とのんびりしていたものの、発売日の夜になっても「確保出来ました」 連絡がなく、これはひょっとして...とやきもきしながら就寝、翌朝ようやくau ショップから連絡があり、よっしゃ読み通り!! と思いながら土曜の昼に契約しに行ってきました。

今回はMNP での契約のため、LTE プランの基本使用料980円/月が2年間無料になって、「料金・割引 | iPhone 5 | au」 にもあるとおり、月に

5,775円 + 366円(AppleCare+) + 3,430円(本体代金24回払) - 2,570円(毎月割) = 7,001円

くらいかかるイメージとなります(細かいやつは割愛)。昨年機種変で買ったiPhone 4S のときは7,850円/月 くらいだったので、MNP による割引が結構効いてます。

保証関係は、今回新設された「紛失補償オプション」 てのが月額100円ちょっとの上乗せで、万が一紛失した場合でもau から2万円キャッシュバックしますというものみたいなのだけど、実際のキャッシュバックは数ヶ月後になる(手続き時に確認済み) とのことだったので、携帯を含め、ものをなくすということが殆どないしということで従来通り「AppleCare+」 にしてます。

iPhone 4S で突然
WiFi 通信が出来なくなった件
も、結果から言えば1年以内の自然故障扱いになったため、AppleCare+ はあってもなくても、ではありましたが、それでも対応時に「AppleCare+ にもお入り頂いていますね」 的な確認が入ったため、なんらかのなにかがあったりなかったりするのかもしれません。たぶん妄想。


で、これまでのiPhone 4S の本体代金残り13回分、39,000 円については残りすべてを一括精算手続き。来月分にて合算されるとのこと。au のルール的には、分割支払いは2回線まではOK、ということみたいなのだけど、これでスッキリです。あとは折を見てiPhone 4S のパケット定額は外し、ほぼ通話専用iPhone として使用する予定ですが、SIM カードを白ROM で買ったIS12T とか、Xperia acro とかに刺し替えてしまってもいいかも。


そんなこんなでiPhone 5、手続きの合間に裏も表もありとあらゆるところをよーく見てみましたが、幸い、ウチのやつは初期状態で大きな傷が付いてるようなことも無く。何故かこういうところだけは非常に運が良いです。使っているうちに塗装がはげてきたり傷が付くのも味ですが、まあいつもの如くケースは付けましょう、ということで本体より先に届いたケースがこちら。

B0098HKTE8

そうそう、ケースだけ先に届いた。

今回はモックの流出などが相次いだからか、新型なのにいきなりもの凄い数のケースが出ています。でまあ信頼のTUNEWEAR にしてみましたがカメラ周りの穴が広すぎてかっこわるいです。見た目の光沢感などは悪くないんですが、サラサラ過ぎて手から飛んでいきそうなので、付属のストラップ必須です。


で、液晶保護シールもまたいつもの。

B009B1IU88

局地的に満員電車並みのモロ混みだったヨドバシ梅田で運良くゲット出来ました。もうちょっと陳列方法考えて欲しい...。手に入らなかったらTUNEWEAR のケースに付属のを仮で貼っとくつもりでした。

Simplism の液晶保護シール、最近のは特に精度が上がってきてるみたいで、サイズぴったりすぎて逆に貼り付け難易度が上がっているような。苦労して貼っただけあって仕上がりはなかなかキレイです。

毎度恒例保護シール貼り付けの儀も恙なく終了。


で、みんなが気になる通信速度。au ショップ店内では絶賛"3G" でおいおい、と思いましたが外出たらちゃんとLTE になってほっとしたり。現時点の傾向として、屋外だと割とOK、屋内は殆ど入らない、駅のホームは入るけど駅と駅の間は切れる(LTE → ○ → 3G みたいになる)、という感じです。

LTE で先行しているはずのドコモXi ですらいまだにエリア外になってるようなところでも、au 4G LTE はきっちり電波掴んでたりするので侮れないです。通信エリア的にはこれから整備されていくでしょうし最初はこんなもんかな、と。

速度は、屋外で一番速かったときでだいたいこのくらい。ダウンロード速度が速いだけでなく、アップロード速度も速いので、写真のアップロードもやりやすくてよさげ。


CPU まわりも速くなってるし、通信も速いし、薄くて大きくて軽いのでこれまでのiPhone 4S が急に重たく感じられるようになってきました。人の好みはそれぞれですが、iPhone 持ちの人には特にオススメです。ああ、マップがアレなのは間違いないので、(そのうちなんとかなるだろうけど) そこだけはご留意を。

iPhone 5 はau で予約してきた。

なんだかんだで毎年買ってるiPhone ですが、iPhone 4 / 4S の時以上にビビッときたデザイン(特に側面と正面の間のナナメの部分とか)、au 版はとうとう公式にテザリング対応がうたわれたため、買わない理由がナイ、というところまでははやかったのですが、ちょっと悩んだのがどう買うか、ってところ。

とりあえずこの1年au で使ってきて特に不満無かったため、引き続きau で。SB の方がいいと判断する人もいるんでしょうけど、個人的には選択肢にならず。

で、単純に昨年iPhone 4S に機種変した回線をまた1年で機種変するてのも考えてみましたが、機種変じゃ毎月割の金額が少ない(このページ の一番下の表参照) し、てところでそういえば以前ソフトバンクのプリモバイルで契約したX02T の回線がまだ残ってるのでそっからMNP 転出したらいいのでは、ということに。

プリモバイル、あまりにもMNP 転出に使われまくった(MNP弾というらしい) ため、2012/04/04 以降の契約の場合、1年未満の解約(転出含む) には9,975円がかかるようになったようですが、X02T の契約はそれ以前のためMNP 転出手数料2,100円のみ。ただし事前にプリペイドカードでチャージ(最低3,000円) しておいた上で、SBショップ店頭で直接手数料2,100円を払う必要があります。

というわけでSBショップ行ってau ショップへ、という段取りに。


プリモバイルからの転出は妙に時間がかかるというウワサがあったり、ましてiPhone 5 の予約も始まったこの時期だともの凄く時間がかかるのでは、と覚悟していたのに超一瞬で終わりました。「今日はどんなご用件で」「プリモバイルからのMNP 転出をお願いしたいんですが」「ちなみにどちらへ...?」「え、au へ...」「...ちなみに機種は......?(なにか気づいた顔で)」「あ、iPhone 5 で......(バツ悪そうに)」なんて会話もありましたが、ええ。手続きをお願いしたSBショップはもの凄く愛想が良くてそういう意味でも逆に肩すかしというか。イヤミのひとつも言われたりするかなーとか思ってたので。お世話になることはないかもだけどなんかあるときはまた行こう...。

そんなこんなでMNP 転出番号を持ってau ショップへ移動、「今iPhone 予約の者が席を外していますのでその間に必要事項に記入をお願いします」と言われるままに書いてたら書き終わると同時に声かけられ。待ち時間ゼロ過ぎ。

思いっきり「部外秘」的なことを書かれた内部資料で軽く料金プランなど説明を受けつつ、ささっと予約も完了。選ぶはもちろん黒 64GB。いわく、白 32GB がなんだかんだで一番人気なんだとか。容量に迷ったら32GB が一番バランスいいと思います。黒 64GB はそこまで人気がないので、もの凄く待つことはなさそうだけど、店への入荷数が読めないため、いつになるか、という案内は今はまだできない、とのこと。確か去年もそんな感じで、発売日前日に「明日入荷します」 て電話があったような気がするので期待せずに期待して待つことにします。発売日でなくていいので、週末手に入ればいいのだけど...。


で、あとは、オンラインからau 事前登録 やっとけばOK。「iPhone 5の設定(購入前) | iPhone | au」 も熟読しておくと窓口での手続きがささっと済むと思います。去年は店頭での説明に時間がかかったのが多かったからなのか、この辺対処してきてる印象。

iPhone 4S のWi-Fi が使えなくなったのでジーニアスバーで交換してきた。

最近、白ROM で手に入れたL-04Db-mobile4G PairGB SIM を入れて遊んでて、いい感じで使えそうならiPhone 4S もモバイルデータ通信をオフにしてWi-Fi オンリーで運用出来ないかなー、ということをやっていたのですが、iPhone 1台で済むところをモバイルルーターも一緒に持ち歩くことについてなど、ちょっとあれこれあって併用を中断し、モバイルデータ通信をオンに戻しました。これが先週半ばの話。この時までは確実に問題なく使えてました。

で数日たって土曜日、昼間雷が鳴っていたようなので、ひょっとすると瞬停で家のルーター死んでるかも、と思いつつ帰宅。で、iPhone 4S の表示確認したら3G のまま(普通はWi-Fi のマークになってる)。無線LAN のAP を兼ねてるルーターを再起動、でも3G のまま。この辺でなんかおかしいぞ、となって他のデバイスを確認、ちゃんとAP と繋がってる。


というかiPhone 4S でだけ、近所とかのWi-Fi アクセスポイントが全く表示されてない。もちろん手動で家のAP を再設定してみたけどダメ。というわけで冷静にサポート情報を確認(震える手で)。

iPhone 4S の電源を切って電源入れ直す、ネットワーク設定のリセットを実行、では改善せず、最後の手段として断腸の思いで復元を実行、バックアップから環境を復元してみましたがやはりダメでした。


たぶんもう自分でやれることはやったのでジーニアスバー 予約。ジーニアスバーは3年前にひびの入ったiPhone 3G を交換 してもらった時以来。


というわけで予約した時間にアップルストア心斎橋の2F へ。3年前行ったときは確かチェックイン用のキオスク端末みたいなのがあってそこでチェックイン、順番待ちの人の名前がカウンター後ろのモニターに表示されてた(名前出すのどうなのかなーと思ってた) ように記憶していますが、今はチェックインはiPad 持った人が手動でやるようになってるのですね。

少し早めに着いたのでちょっと待ちましたが、予約時間から5分遅れくらいで対応開始。前回と同様水濡れインジケータ と外装に大きな破損がないかを確認、「綺麗にお使いいただいていますね」 と言って貰えたり。で、症状とネットワーク設定のリセット、復元は既に試したけど改善しない旨説明したところ、即交換対応となり、交換品の動作確認とSIM カード入れ替え、初回アクティベーションなどを行い最後に確認書類にサインして終了。所要時間10分程度。交換したiPhone のデータについては、最後に[すべてのコンテンツと設定を消去] のボタンを押すよう促され、言われるままに押すとあとはよしなにやってくれるようです。まあこれはこれでよい。


いつからWi-Fi がダメになっていたのか、についてはよく分からないです。気づいたのがたまたま土曜だったというだけで、ひょっとするとその1-2日前からおかしくなっていた可能性もある。また原因もよく分からない。一番ありそうなのはズボンのポケットに入れていたので汗で内部が水没、という可能性だけど水濡れインジケータは白いままだったしなあ...。数日使っていた範囲ではWi-Fi が使えなくなっただけで他の機能は全く問題なかったのだけど、Wi-Fi 使えないのは痛すぎるので...。

ジーニアスバーの対応については今回も特に問題なし。こっちとしてはささっと交換してくれたらそれで良いので。


液晶保護シールは、パワサポのアンチグレアが見つからなかったのでトリニティの【Simplism】iPhone 4S用バブルレス保護フィルムセット(アンチグレア)[Bubble-less Film Set for iPhone 4S Anti-glare] を購入。アンチグレアというわりに光沢感がありますが手触りは悪くないので暫くはこれで。

新しいiPad(第3世代) が発表されたよ

  • iOS

ほぼ事前のリーク情報通りの内容。名称については「iPad 3」 とか、いや「iPad HD」 などありましたが、実際は「新しいiPad」 ということで、iPod やMac などと同様、数字を付けずに機種名だけでシンプルに行くということなのかも。

アップデート内容については、ディスプレイがこれまでの2倍(面積比4倍) になって、CPU はiPad2 と同じデュアルコア、グラフィックスコアが従来比2倍のクアッドコア、たぶんメモリも増えてる模様、あとカメラがiPhone 4S 相当になったみたい、あたりが見所。そのかわりに、少し分厚くなって重くなりました。iPad 2 に慣れてるとiPad を持つと「重っ!!」 となるので、スペック以上に重いと感じるかも。

詳しいスペック比較。分かりやすいです。

要確認ですが、液晶保護シールおよびスマートカバー(いわゆる風呂フタ) はiPad 2 用のが流用出来るようです。本体は厚みが増してるので、ケースは流用不可。


で、今回どうするかですが。ちなみにこれまでのiPad シリーズと私。

iPad(初代) もiPad 2 もWi-Fi 版を買って、特に不都合を感じてはいないものの、今回の新しいiPad は4G(LTE) サービス対応してるというしWi-Fi + 4G でも良いかなと思ったのだけど、今のところSoftbank でしか扱いがないようだし、つまり今回もしっかりSIM ロックがかかってる、ということなので、やっぱりやめ。au でパーソナルホットスポット有効な状態で取り扱ってくれた買うんだけどなあ。

容量は、iPad 2 が32GB で余裕なので、同じく32GB でいいかな。色は黒で。

iPad 持ってない、とかiPad(初代) 持ちのヒトなら迷わず買ってもイイと思うのだけど、できれば実物見てから買うかどうか考えようということで、今のところちょっと様子見にしょうかなーという感じになってきた。けど、明日あたり衝動ポチしちゃうかもしれない。

au iPhone 4S に機種変して数日

雨の降りしきる10/14 夕方、予約してたau ショップに行って無事機種変更(端末増設) してきました。毎度のことですが、我ながら必死すぎる...。

レビューは以下が詳しいです。

@ezweb.ne.jp のメール設定はちょっと慣れた人じゃないと難しいかも。メールの初期設定する画面で、メールアドレス変更と、転送先メールアドレスの設定ができるので、転送先にiCloud の@me.com なメールアドレスを指定しとくとプッシュ通知されるしベンリなのでオススメ。

顔文字は、メッセージアプリでau ケータイにCメールとして送った場合は、いくつかの顔文字は有効でしたが、メールアプリからだと文字化けしてしまいました。

契約時にのみ、AppleCare Protection Plan が月額325円で入れるので、これは入っておいたほうがいいです。今回は2年使うつもりなので加入しました。

料金プランは、au のページ に書いているプランZシンプルである必要はないので、プランSSシンプルを選択。無料通話付きなので、普通に使うぶんには多分こっちのほうがお得なはず。

そんなこんなで、64GB 版を24回分割にしたので、月額支払いが7,850円 + 無料通話超過分通話料、くらいになる予定。

最初のアクティベーションが必要になるため、ショップで開封されmicro SIM カードを挿入、初期設定を適当に済まされた状態で引き渡されて所要時間は30分ほど。途中、アドレス帳の移行とかメールの説明などがありましたが、もともとその辺は全部自分でやるつもりだったのであっさり終わりました。

で早速持ち帰ってiTunes に繋いで復元。適当にiCloud とか初期設定をやりつつ、いつもの儀式。

今回は、パワサポの「アンチグレアフィルムセット for iPhone 4」 と、TUNEWEAR 「eggshell for iPhone 4S/4」 の黒を選択。

Power Support アンチグレアフィルムセット for iPhone 4 PHK-02
B003TII2UU

TUNEWEAR eggshell for iPhone 4S/4
B005SVN7CO


液晶保護シールは、iPhone 4 用のものがそのまま使えますが、ケースは使えないものがあるので注意。

iPhone 4 のときはパワサポのが出るまでのつなぎのつもりでTrinity の「iPhone 4S用保護フィルムセット(アンチグレア)」 を貼ったところ、特に大きな不満もなく、傷はいくつか入ってますが今も現役で貼りっぱなしです。

今回は同じくSimplism の「iPhone 4S用バブルレス保護フィルムセット(アンチグレア)」 にしてみるつもりだったものの、あいにく在庫切れだったのでパワサポに。保護シールは、そこそこいいやつにしておいたほうが、貼りやすいし貼り直しもやりやすいのでオススメです。今回もなんだかんだで3回くらい貼りなおしました。

ケースは、iPhone 4 ではBumper を使っていましたが、さすがにヘタってきたので、例のアンテナ問題で無料でもらったincase のSnap Case for iPhone 4S and iPhone 4 を今は使ってます。サイトに載ってるのは4 / 4S 対応のものになってますが、ウチのは4 のみ対応なので、ちょっと残念。国内では扱ってるところも少ないしちょっと高めですが、半透明でガッチリな感じで悪くないです。

ただ今回は買おうかどうしようか迷ってるうちに通販サイトでほぼ全滅しちゃったので、eggshell に。こっちはこっちでストラップホールもついてるし、値段なり感はありますが手触りも悪くないし、満足してます。

ストラップでUSBメモリくっつけた


そんなこんなであっという間に常用できるようになったので、これまで使っていたiPhone 4(iOS4、もちろんSoftbank 回線) と一緒に持ち出して速度計測など行ってみましたが、CPU もOS のバージョンも違うのであまり参考になる結果ではないものの、Softbank のほうがピークスピードでは速い時もある一方、au の方がトータルで安定してるように感じます。

その代償というのか、Softbank は電波が入らなくて早々に圏外になってしまうような場所でも、au だとなんとか電波をつかもうと頑張るみたいで(実際アンテナ1-2本と検索中と圏外を行ったり来たりになる)、その結果、バッテリがちょっと持たないかも? と感じる時がありました。

またその時、「3G」 マークが「○」 になることがあって、これはなんなんだろう、と思ってたんですが、「音声通話ローミング」 をオフにしている時でも「○」 になることがあったので、ますます謎...。

あと、「位置情報サービス」 の「システムサービス」 以下は全部オフでもいいかも。1回なぜか「コンパスの調整」 が動きっぱなしになったことがあって、これもオフったのだけど、GPS の調整がいい加減になってしまうようなので、これだけはオンでもいいかも。

その他、通知なども不要なものはできるだけ消すようにすると多少なりとも効果はあるはず。

これらの設定の見直しに加えて、1度電源が落ちるまでバッテリを使い切ったりなどしてみて、なんとかこれまで通りのバッテリ持ちになったかも、という感じです。


最後に、液晶の色比較。貼っている液晶保護シールの種類が違うので参考程度にですが、左がiPhone 4S で暖色系、右がiPhone 4 で、寒色系な感じです。同じiPhone 4 でも、初期のものは青っぽかったのにどこかのタイミングで暖色系の物になったようなので、4S のもそれと同じかも。

左がiPhone4Sで、右がiPhone4。


バッテリ持ちはあんまり変わらないですが、CPU が速くなってストレージが64GB に、カメラのいわゆる「青カビ」 も解消しているので満足度高いです。

iPhone 4S はau で予約しました


日本国内ではsoftbank のみがiPhone を取り扱う唯一のキャリアでしたが、このたびau からもiPhone が出ることとなりました。

現在通話用にau Xmini を、通信用にsoftbank のiPhone 4 という2台持ち運用にしていて、いろいろ考え、au 側に回線をまとめてしまおうという結論に至り、近所のau ショップで64GB 黒をXmini からの機種変(買い増し) で予約してきました。当日受け取りできるようです。

本体価格は72,000円、毎月割が1,750円/月の24回、24カ月経過後の実質本体負担額が30,000円になる、とのこと。新規より機種変(買い増し) の方が高くなるのは仕方ないですね。


ちなみに、softbank の方が本体価格、月額料金ともに安くなるようですが、電波のつかみやすさとか、その辺を勘案して選択するのがよいかと。個人的には通話と通信を統合したかったので少々割高になってもau 一択でした。

softbank だと機種変(買い増し) でも24カ月以上使用していた場合はフルで月月割が付くようですね。


窓口で説明を受けた、au のiPhone 4S で毎月割が有効になる料金プランは、「任意の通話プラン」 + 「ISフラット」 か、「プランF (IS) シンプル」 のみとなるそうで、「任意の通話プラン」 + 「ダブル定額」 などは対象外になるとのことです。

無料通話の付く「プランSSシンプル」 + 「ISフラット」 とかにしておけば、もし通話プランを変更しても毎月割は有効のままになるようなので、通信だけでなく通話もするヒトであれば、無料通話分まで含めて考えたらau の方がちょっとお得になるかも。


あと、softbank 版とau 版の技術的な大きな違いは、au 版に「通話中に通信ができない(通信中に着信があった場合は通信が切られる)」 という制限が(CDMA 2000 という通信規格上の制限として) あるので、そこだけ注意。そういう使い方を求められる場面がどれほどあるか、といあたりで判断が必要です。個人的にはそのような使い方してない(というかほぼ電話としては使ってなかった) ので、なくても困らないかな、という気がしています。


というわけで、iPhone 3G → (別回線で契約した) iPhone 3GS → iPhone 4 と、3年ちょっと持ち続けてきたsoftbank とはこれにてお別れ、となります。端末代金は支払い済みなので、残り数カ月分の月月割を捨てることになるのと、もはや使い道のない1,000ポイントくらいが無駄になるのがちょっと残念。また違約金9,975円払う必要があるので、そのまま解約するよりかはMNP でau IS12T(Windows Phone) とかに行っちゃった方が遊べる...かな?

iPad 2 (Wi-Fi 32GB ブラック) 買いました

  • iOS

当初予定では03/25 発売予定でしたが、03/11 に発生した東日本大震災による影響により発売延期、手に入れられる日を心待ちにしていたわけですが、少し前から04/28 あたりらしい、なんて情報がちらほら出回るようになり、04/27 朝(というか未明) に日経 が第一報、次いで昼にMSN産経 が同様の報道、そしてヨドバシでは通常09:30 の営業開始を30分早め、09:00 オープンなどという告知を出したため、あぁこりゃ確定だろうな、と。

最終的に正式な確定情報が出たのが04/27 夜になってからだったため、開店くらいのタイミングでヨドバシ並べば買える可能性があるなー、なんとなぜか午前は(仕事のスケジュール上) 並ぶことが可能だ!! では行くしか!! ということで並んでみることに。

というわけでヨドバシ梅田に到着したのは予定通りオープン直後の09:05 頃。1F 北側の駐車場脇通路の列は既に無く、店内へ案内された後だった模様。ちょっと雨も降ったみたい(そういえばiPhone 4 予約のときも雨でした)。

周りの様子から、なんとなくB1F だろうとアタリを付け、エスカレーターを降りると、店の奥のほうから御堂筋側入口まで列が出来ており、店員さんが整理券を配布中。この時点でWiFi 白 64GB は売り切れ。そしてお目当てのWi-Fi 32GB ブラックの整理券を無事ゲット。

ちなみに同日発売開始のiPhone 4 ホワイトと、iPad 2 Wi-Fi + 3G は1F での受付だったようです。


初代iPad はWi-Fi 16GB を買い、もし容量が足りないなんて事になれば買い換えるか(えー) なんて考えてたんですが、音楽も入れてないし、16GB で十分でした。

特に最近はiPad をTV 脇に置いていてちょっと調べ物をしたり、また寝る前にちょっと何か見たり、などという使い方で、この1年振り返ってみても、外に持ち出して使うということは殆ど無く、またGPS は付いていないとは言ってもマップ開くとなぜか割と精度よく位置情報を拾ってくれるので、3G なくてもあんまり困らなかったです。たぶんないとは思うけど、もしどうしても3G 欲しくなったら海外のSIM フリー版に手を出すつもり。


というわけで今回はWi-Fi、お値段的に初代よりちょっと安くなったため少し背伸びして32GB、色は当然ブラック、という選択となりました。iPad の時は確かポイント5% ついたらしい(リアルアップルストアで買ったので、伝聞) ですが、今回はポイントなし。まぁアップルの商売がどうこう以前に、殆ど儲けのないギリギリの値段設定なのでしょう、と好意的に解釈。既に貯まっているポイントを使うことは出来ました。


本体買ったら次はアクセサリ。

液晶保護シートは迷うことなくSimplism(Trinity) のBubble-less Film for iPad 2 Anti-glare を選択。

Simplism iPad 2 液晶保護フィルム 気泡が抜けやすく貼付簡単 非光沢 つや消しマット TR-PFIPD2-BLAG
B004UNGI40


iPhone 3G / 3GS ではパワサポのアンチグレア を使ってたんですが、iPhone 4 買ったとき、パワサポのものがまだ出ておらず、それまでのつなぎのつもりで買ったSimplism のアンチグレア が、ボタン周辺などに若干の浮きはあるもの手触りがよく、現在に至るまで貼り替えることなくずっと使っていて気に入っている、てのが理由のひとつ。

もうひとつの理由は、iPad を買ったときにこれまたパワサポのアンチグレア を貼ってみたもののなんか指のすべりが悪く、気になって仕方なかったのでSimplism のアンチグレア に替え、まぁこのくらいなら...となったので。この手のものは優劣というより合う合わないだと思うので、納得いくものを探すしかなさげ。

液晶保護シート貼り付けは、新しく買ったものを使い始める前の儀式みたいなモンで、電源を入れる前に厳かに執り行います(おおげさ)。ホコリの混入を避けるため、たいていは湿度を上げた風呂場等でやるものと決まっていますが、今回は手抜きして普通に貼ってみた。

さすがバブルレスをうたうだけあって、気泡になりにくいです。正確には、全く気泡にならないわけではないですが、保護シール自体に厚みがあるため、ずれないように気をつけながら沿わせていけば自然に貼り付いてくれます。あとはセロテープを駆使しつつ、付属の埃取りテープでホコリを取っていけばOK。

貼りつけた後、実は若干斜めになっていたことに気づいて、今度は風呂場で貼り直ししたんですが、貼りなおしも簡単でした。満足。


で、お次はカバー。

お風呂のフタにしか見えない、アップル純正のSmart Cover は、自宅使用がメインだし、とりあえずなくてもいいかなということでスルー。

iPad には、SwitchEasy のNUDE for iPad てのを使ってるんですが、どうやらNUDE for iPad2 はラインナップされてない模様。

シリコンとかではなく、ハードケースがいいので、2つに絞ってみた。

どちらもヨドバシでパッケージを見比べてたのですが、実際に直接触ることのできるサンプルがなく、値段も同じだし決め手がないのでさんざ迷ったあげく、なんとなくロゴに惹かれてTUNEWEAR のeggshell for iPad 2 (スモーク) を選択。というかスモークしかなかった。

TUNEWEAR eggshell for iPad 2 スモーク TUN-PD-000060
B004QZAM9O


結果的にクリアでなく、スモークでよかったかなーという感じですが、内側に細かいホコリみたいなのがついたまま取り付けてしまい、2箇所ほど傷を付けてしまった...。まぁ仕方ない。固定自体はしっかり出来ているので問題なし。エッジの処理も角を取って丸い感じになってるので触っても気にならないです。

Simplism のと違い、下部のスピーカー穴の部分が全くカバーされていないため、そこを気にする場合はSImplism の方がいいかも(逆に上部が全くカバーされなくなります...)。

ちなみに、TUNEWEAR eggshellアップル純正のスマートカバー対応の、「eggshell for iPad 2 + Smart Cover」 てのがもう少ししたら出るみたいですが、HK-DMZ PLUS.COM さんの04/28の記事 によると、普通のeggshell でもくっつく事はくっつく模様。


ここまでが前準備、あとはiTunes に繋いでアプリとかインストール。初代iPad に比べ、薄く軽くなったので、バスケのボールをつかむような要領で片手もちできるのがうれしい(個人差があります)。個人的には、このくらいの重さならもう言うことない感じです。裏面がフラットすぎるので、机の上に置いたiPad 2 を持ち上げるのに若干苦労するようになりましたが、それはそれ。

iPhone 4 と同じくメモリ512MB、CPU もデュアルコアになってグラフィックスチップも速くなって...ということらしいですがまぁこのへんは正直よく分からない。ただSafari でWeb 見てるときのリロードとかが減っているはずなので、その分ストレスは少ないと思います。

液晶も、最大輝度にした状態の比較で、初代より若干黄色っぽい(というか初代の方が青っぽい?) 気もしますが、iPad 2 の方がより明るい感じ。

iPad2(左)とiPad(右)の液晶比較。iPadの方が青いけどちょっと暗い感じ?


iPad でもそれなりに使っていたので、iPad 2 もそれなりに使っていくと思います。満足度は高い。

ちなみにこれまでのiPad は初期化していくつかのアプリとデジカメ写真を入れ、アプリのインストールとか出来ないように機能制限かけて家族へのプレゼントとする予定。初期設定とかさえちゃんとやっておけば、Web もメールもyoutube も見られる、初心者でも使える(使う気になる) 端末として現状最適かと。

iPad 2 発表されたので考え中

  • iOS

事前の各種報道どおり、新型iPad が発表されました。スペックは「アップル - iPad - iPadの詳細な技術仕様」 から。初代iPad とのスペック比較は「iPad 2 vs. 初代 iPad 仕様比較チャート、変更点まとめ」 で確認。

現在Apple Store では初代iPad が処分価格となっているため、とにかく安いのがいい、という場合はもうこれ買っちゃった方がイイと思います。それにしても思い切った値下げですなぁ...。たぶん併売じゃなくて在庫限り、と思うので欲しいヒトはお早めに。


さて、アメリカでは03/11 から、日本では03/25 から発売となり、初代に引き続きソフトバンクが販売するようです。日本円でのお値段はまだ出ていませんが、おそらく値下げ前の初代iPad と同じ値段になるんじゃないかと。


昨年iPad Wi-Fi 16GB を買った わけですが、割とベンリに使ってます。3G とGPS(AGPS) のないWi-Fi 版ですがGoogle Map でもそこそこの精度で現在地が出るし、あんまり不自由ないです。動画とかPDF 一杯入れてるわけでもないので、16GB でも持て余してるくらい。3G版だったらもうちょっと外に持ち出したかもだけど、基本的には家の中のみ。でもいろいろと重宝してます。買って良かった、という結論は変わらない。

でまぁiPad 2 はどうしようかねぇってとこですが、デュアルコアになったとかよりも、薄く軽くなった、ってところに心惹かれてます。いやほんとこの2点のみで買い換えを検討するレベル。

今のiPad は下取りにでも出して処分するか、家族用にしてしまうかすれば...ゴクリ。

まぁしばらく考えます。

追記

初代iPad の整備済製品(実質的にほぼ新品) だと更に安い。

あと、ここ2週間くらいの間にiPad 買っちゃったヒトは連絡すれば差額分を返金してくれるみたい。

iPhone 4 のアンテナ問題、Bumper 無償提供

  • iOS

iPhone 4 の、左下を押さえると圏外になる(こともある)よ問題、様々な憶測などをよびましたが、急遽開催されることとなったプレスカンファレンスの場で、Bumper の無償提供を発表し、事態の収束を図ることとなりました。

この発表に先立って、「電波の計算方法がおかしかったのを修正した」 というiOS 4.0.1 がリリースされています。


この2点をこの件に対する対応とし、大規模なリコールなどは行わない模様。もちろん、今後の製造分はサイレントアップデート済み、というようなことはあり得るかも。


個人的な使用感では、まだiOS 4.0.1 アップデート前の状態でも、アンテナ5本のところではなにをどうやってもアンテナの本数が減ることはなかったけど、アンテナ2本とか、ちょっと不安定なところでは圏外になりました。この状況下では、Bumper 付けていても、左下あたりを手のひらで握りこむと同様に圏外になったりするので、まぁ、そんな感じです。

それでも、iPhone 3GS では圏外になるような場所でもどうにか電波を掴むようになったので、個人的には満足してます。同様に、若干不安定なときもあるけどWi-Fi も感度が良くなってると思います。逆に、Bluetooth が不安定な気もするんですが、これはヘッドセット側の問題もあるかもしれないのでなんともいえない。


Bumper は既に黒を購入していて、こういう場合は返金を受け付けるみたいですが、どちらかというと予備でもう1個欲しいなぁと。黒いiPhone 4 には黒がベストマッチな気がしてますが、もう1つとなると白、かな。このあたりの詳細は来週公表されるようです。

iPhone 4 買って2日ほど使ってみた

06/24 に無事iPhone 4 を入手し、2日ほど使ってみたのでその感想など。

これまでの経緯はこのへん。

ヨドバシ梅田で3時間並んだのは、なんだかんだでここが一番信用できる(ソフトバンクだけじゃなくてau もイーモバもここで契約した) のと、まぁ一括で買えばポイント付くんじゃない? という読みと、一部ショップで行われている自称「頭金」(本体価格とは全く別に店独自に徴収している代金) や、オプション強制などを避けたかった、てのがその理由。

今回のiPhone 4 は予約時に予約サーバがサーバ過負荷で落ちたらしいとか、結局予約と関係なく当日販売枠が設定されていたり(そりゃマスコミ的にも列があった方がいい画が撮れるでしょうしねぇ...) とか、色々ありました。当日販売分があったお店はApple かソフトバンクかは分かりませんがiPhone などの販売において重要視しているお店のはずなので、覚えておいてもいいかも。


また予約の時に頭金を設定されたり、オプション強制などの混乱についても、最終的に無償で外す、ということになりました。これも重要なので覚えておくべし。


壱消費者としてはありがたい話ですが、そもそも、iPhone 4 の契約を1台取ってもおそらくお店側にはたいした儲けがなく、オプション設定で得られるインセンティブでどうにかトントン、という感じなんじゃないかなーという気がするので、ちょっともにょもにょする話でもあります。

で、気になるお値段は、iPhone 4 32GB は57,600円。これは新規でも買い増し(機種変) でも同額。iPhone 3G 16GB が80,640円、iPhone 3GS 32GB が69,120円 だったことからするとかなりお安くなりました。で、残念ながらヨドバシのポイントは5%。iPad はポイント無しだったことからすると付くだけマシかも。

ただ、残念ながら予約時に強制で付けられていたWホワイトと基本オプションパック(i) は「必須です」 とかなんとか言われて外せず。翌日以降に157 に電話して外してくださいとのことで、同様のことはau のケータイ買ったときもあったし、まぁポイント5% 分ですかねーと思いつつもなんだかなーとの思いでその旨つぶやいてみた ところ、ソフトバンクのサポセンの方からReply があり、それに従ってWeb から状況を説明したら数時間で「オプション解除しました」 とのメールが。というわけで色々現場で混乱もあって中のヒトは大変だと思うんですが事後対応は悪くないです。むしろワガママなこと言ってスマンカッタ。

アップルストアだとこの手のオプションとか頭金とか不要らしいので、ポイントが不要であればアップルストアが一番いいかも。

ちなみに、去年だと2台持ちにして塩漬け、てのも意味がありましたが、今年は買い増しでも値段が変わらないこと、またホワイトプラン(980円/月) が月々割の割引対象外となったため、低額で維持することができなくなったので、素直に買い増しした方がよさげです。


そんなこんなで購入手続きは10分ほどで終了。ソフトバンクカウンターで契約手続きが終わった段階で既存のiPhone のSIM が無効化されます。今回のiPhone 4 はmicro SIM という、これまでのSIM よりもかなり小さいカードになり、買い増しした瞬間SIM も新しい方に切り替わる模様。この新しいSIM カードへの切り替え手数料は無料(あとでiPhone 4 → iPhone 3GS へ戻したい場合は有料)。そしてこれまで使っていたiPhone はカメラ付きiPod touch となります。あと旧SIM は特に回収されませんでした。無効化されてるから持っててもあんまり意味なさげですが、アクティベーションくらいは通せるのかな?

続いてヨドバシ側のレジで支払いなどを済ませた後、アクティベーションカウンターへ、というのが通常の流れっぽいですが「自分でやります」 と答えてここで終了。アクティベーションの前に色々と「儀式」 があるのでね...。


とりあえず、液晶保護シールは例によってパワサポの アンチグレアフィルムセット for iPhone 4 が本命ですが、販売開始がもう少し先なのでそれまでの繋ぎとしてトリニティの 【Simplism】iPhone 4用保護フィルムセット(アンチグレア)[Protector Film Set for iPhone 4 Anti-Glare] を購入。裏面のシールは特に不満も問題もなくキレイに貼れて、液晶側のシールは、上下端とかボタン周りなど、一部どうやっても浮いてるのがやや不満。でも手触りは悪くないです。

ちなみに、iPad 用の液晶保護シールは、パワサポの アンチグレアフィルムセット for iPad を貼っていますが、これ、表面の手触りがiPhone 用のとちょっと違ってザラザラな感じがするので、こっちも 【Simplism】iPad用保護フィルム(アンチグレア)[Protector Film for iPad Anti-glare] に貼り替えちゃってもいいかもしれない。


で、お次はケース。本命はアップル純正のApple iPhone 4 Bumper 狙いで、一応オンラインのアップルストアで唯一納期の早かったブラックを注文しておいたんですが、ヨドバシには在庫がなかったのでその足でアップルストア心斎橋へ。何故かブラックのみですが大量在庫していたので早速購入。ダメ元で聞いてみたけどiPad 用のcamera connection kit は在庫無しとのこと。

アップルストア心斎橋は11:00 頃行ったのですが、店の外に当日販売分の長蛇の列が...。お疲れ様です...。写真では分かりにくいけど、クリスピークリームドーナツを買い求める列より長かったです。

本日11:10頃、アップルストア心斎橋で並んでるiPhone 4 当日販売の列。左の方。右端の列はクリスピードーナツの列


また更に南下してイオシスでこういうやつ を購入。ついでに(持ってなければ) 目の細かめの棒ヤスリ(平らなのと丸いのがあると更に良し) とかもその辺のお店で買っておくといいかも?

この間、iPhone はずっと圏外だったため、無線LAN がiPhone ユーザーなら無料で使えるマクドとかがまさにオアシスでした。...そして別に窓際でもないのに異常に電波弱かったりなどもありましたがそれもいい思い出。

そんなこんなで帰宅。

今日買ったものと届いたもの一式。

いつも通りに開封の儀。そして風呂場にて液晶保護シール貼り付けの儀を済ませた後、アクティベーション。


今まで使っていたiPhone 3GS は、数日前にリリースされていたiOS 4 へアップデート済みで、その状態のバックアップも取っておいたのでそこから復元、この作業に1時間弱くらい。ただ待つだけとはいえ、結構かかってますが、これでも初代iPod touch の異常なまでの転送速度の遅さに比べれば早くなったものです(遠い目)。

その間にオンラインのアップルストアで注文しておいたBumper をキャンセル...できない。どうやら既に出荷手続きに入っているらしい。えー。アップルストアは5,000円以上だと送料無料なのに、Bumper はカートに入れると何故か「送料無料」 と表示されるので注文したんだけど、その後届いたメールには送料がちゃっかり上乗せされていたりなど不審な点もあったのでアップルストアのサポートに電話。

で、結論から書くと「送料無料と表示されていたのはカートシステムのバグ」 ということらしく。それどこかに分かりやすく書いとこうぜ...。で、注文自体は無事出荷停止にして頂いたのでほんとスンマセン。


そしてようやく復元も終わって使用可能に。バッテリは最初から80% くらいは充電されてました。今回液晶のppi(dpi) が従来比2倍になっているので、文字がやたらと高精細で大変キレイ。発色も大変鮮やかで、お互い液晶保護シール貼ってるから正確な比較じゃないんだけど、iPhone 3GS はなんか青っぽく見える。あとものすごーーく斜めから見ても殆ど色の変化がなくて、なんか印刷物を貼っているかのような感じがします。

メモリも噂通り倍増の512MB。iOS 4 で実装されたマルチタスキング機能(現状、Windowsで言うところの最近使ったアプリケーション みたいな感じですが) によって基本的にアプリは終了しなくなったため、よりメモリを必要とする感じです。

アプリケーション自体の実行速度などは、実際の所iPhone 3GS より気持ち早くなったかな、というのが正直なところ。もちろん、縦横切り替えで待たされていたようなところはしっかり高速化していますが、普段使いでここが劇的に早くなった、というのはあんまり実感ないかも。よりストレスなく使えるようになって意識しなくなった、ということかもしれない。

バッテリは、これまで通りな感じに丸1日つかってみて、30% くらい。1年使ってある程度バッテリもへたっているであろうiPhone 3GS だと多くても20%、ヘタすりゃ帰宅前にバッテリ切れになっていたので、まぁだいたいこれまでより20-30% くらいは長く使えるかなと。

外周がアンテナになったことで期待していた、無線の感度アップは、ほぼ期待通り。これまで3G、Wi-Fi ともに圏外になりがちだった場所で、これまでよりもしっかりと電波をつかむようになって個人的には大満足。ただこれはBumper を付けているからであって、ケースを付けない状態でアンテナ部分を持つと圏外になったりするらしい。Apple はこれまでiPod も含め、純正のケースというのは1度も出したことがなく、Bumper はかなり異例。ひょっとしてアンテナの感度対策なんじゃ...と邪推したくもなります。

純正なだけであってさすがピッタリ、ということはなくて、若干、ボタン押したときに動く感じがあったり、折角薄いのにフチの盛り上がりで台無しだよ、と最初は違和感がありましたが、ほどなくしてこれはこれで良い、となりました。要は慣れた。今回は裏面もフラットで保護シールもそのまま貼れるし、しばらくこれでいいかも。弊害として、これまで使っていたトリニティの【Simplism】iPod/iPhone用モバイルバッテリー[MobileBattery for iPod/iPhone] が物理的に刺さらなくなりました。幸い、Dock ケーブルは刺さるので、eneloop + ケーブル の運用にした方がいいかも。


もうひとつ期待していた、カメラの性能もほぼ満足。というわけで、撮影してみた。去年と同じく被写体はポンデライオン。

こちらはiPhone 3GS。

iPhone 3GS で撮ったポンデライオン

で、こちらがiPhone 4。鮮やかな感じになりました。

こちらはiPhone 4 で撮ったポンデライオン。だいぶ発色が違う感じ?


ちなみに去年iPhone 3GS で撮ったのはこんな感じで。

iPhone 3GSで撮ったポンデライオン

iPhone 3G だとこんな感じでした。

iPhone 3Gで撮ったポンデライオン


LED フラッシュライトも、思っていた以上に光量があって近距離だと白飛び起こすくらい。これでほぼカメラに関する不満はなくなった、かな。

動画撮影は、一応iMovie も買ってみたんですがまだ何とも言えないところ。とにかく何か素材を撮ってから、ということで、そのうちyoutube にでもアップする予定。


箱から取り出して手に持ったときの重量感(何故か手に取ったヒト全員が「重いね」 という) や質感に不覚にも感動、満足感は極めて高いです。これまでのiPhone 3GS にiOS 4 入れて使っている場合、デモ機などで納得いくまで触ってからでいいと思いますが、これから新規で買うならもうiPhone 4 行くしかない、と思います。


あとは気づいた不具合などいくつか。

先ほども書いた、アンテナを手で押さえると圏外になる件は、持ち方を工夫するなりケースに入れるなり、でとりあえず対処が可能。

液晶の一部が黄ばんで見える、てのは one-dot enemies てので確認してみたけど、確かに何か右下と左下になにかがあるような気もするけど気のせいかもしれない、というレベルだったので気にしないことにしました。


iPhone 4 のWi-Fi は802.11n 対応ってので喜んでたんですが実は2.4GHzのみ対応などという罠があり、AirMac Express でまさに802.11n (5GHz のみ) 運用をしていたので繋がらなくて焦りました。iPad は5GHz のみで繋がるんだけどなぁ...。

これは仕様ってことで仕方ないとするとしても、AirMac Express 側で非公開ネットワーク に設定していると繋がらない、という不具合もあってなんじゃこりゃー、となりかけた。こちらもiPad だと問題なく繋がるんだけど...。

もう1つ。Spotlight 検索で、対象をミュージックだけにすると検索しても全く何も出てこない、なんてのもありました。

まこの辺はいずれアップデートで解消されるでしょう。


というわけで現在のホーム画面はこんな感じ。リンク先は1920x960 なのでサイズ注意。フォルダ分けによってだいぶスッキリしました。

iphone4ss201006.jpg


壁紙のパックマンは「[珈] iPhone のホーム画面をパックマンっぽくしてみた」 から頂きました、ありがとうございます。この壁紙、元々はiPhone 3GS を前提としていて、iPhone 4 では引き延ばされた表示になっていますが、これはこれで味があるかも。


なお、無償でというか強制で? 付いてきたfon ルータは、ウチのプロバイダ的には禁止してるはずなので使えないのだけど、なんか色々と遊べる機会らしいのでそのうちそういう遊び方をしてみる予定。

iPhone 4 予約してきた

  • iOS

あとで状況が変わればキャンセルすればいいし、ということでiPhone 4 32GB ブラックを買い増しで予約してきた。これまでの経緯はこの辺。

近所のソフトバンクショップは信用できないので、ヨドバシへ。17:00 から予約開始というのに既にチラホラ並んでいるヒト達がいるというので14:00過ぎ頃ヨドバシ梅田に到着、丁度雨の降る外から地下へ誘導を始めたところで、若干蒸し暑いながらも雨のかからないところで待てたのはラッキーでした。

ある程度列が出来たら整理券配布で列解散になると踏んでたんですが特にそういう動きもなく、ひたすら待ち続けてようやく16:30 頃から列割り込み防止のための整理間配布、順次店内誘導が開始されました。

ようやく整理券ゲットだぜ。長かった...

で、17:00 から予約開始、2巡目で順番が回ってきて無事予約できました。ヨドバシ梅田は、店内のソフトバンクカウンターと、ソフトバンクショップ側のカウンターとに分かれての受付対応で、最初に渡される、注意事項を書いた紙では60番台、最終的に渡される予約受付票の番号は110番台となりました。予約受付票は16GB と32GB で別扱いになってる模様。


今回は、2008/07 に購入したiPhone 3G の機種変(買い増し) で、24回払いの端末代金と、それに対する月月割が、あと4回残っています。買い増しをすると月月割が消失し、残りの端末代金は、そのまま毎月あと4回払うこともできるし、一括で清算することもできます。この場合でも、現金の精算は出来なくて毎月の料金とともに引き落とし。というわけで一括清算を選択。これでiPhone 3G はフリー。去年 ひびの入ったiPhone 3G をGENIUS BAR で交換 して貰って以降、iPhone 3G は万が一のバックアップとして保管していたので、新品同様。


iPhone 4 の端末代金は一括にしてみたんだけど、そういえば値段聞くの忘れてた。多分この表の通りで、新規、買い増しの6ヶ月以上、12ヶ月以上、18ヶ月以上、24ヶ月以上で、価格は同じだけど月月割の額が異なるだけかと。でもひょっとすると新規より買い増しの方がちょっと高いかもしれない。

この辺も参照。


一括で買った場合、ヨドバシのポイントが付くか非常に重要なので聞いてみたところ、現時点ではどうなるか不明とのこと。去年のiPhone 3GS の時は10% 付きましたが、iPad はポイント付かなかったし、ちょっと微妙なところ。通常のApple 製品と同じく、5% 付くんじゃないかという噂もありますが...。

パケット料金プランは、色々考えて、あえて現状通り標準プライスプランで行くつもりでしたが、パケットし放題フラットにしておいて、あとで標準プライスプランに戻すことも出来る(その場合、月月割の額は減る) との説明だったので、パケットし放題フラットに。でもこれも実は上限4,410円の標準プライスプランにすることは出来なくて、パケットし放題forスマートフォン(上限5,985円) にしかできないんじゃないか(そしてその場合月月割も消失する?)、という懸念もあったり。これは本契約の時に再確認ですねー。

あそうそう、早い段階でiPhone 3G を購入したヒトで、後から開始されたiPhone for everybody に加入した場合、契約期間と2年縛りの期間がずれているはずですが、今回の買い増しでその2年縛りの期間がリセットされ、端末の契約期間と一致するようになるみたいです(これは確認済み)。今はホワイトプラン(i) に2年縛りが付いてるみたいですね。

「翌日にすぐ解除してもらっていいですから」 とWホワイトと基本オプションパック(i) も自動的に付けられちゃいましたが、去年も予約の時に付けられてたものの、本契約の時には普通に外して貰ったので今年もそうするつもり。ダメなら次の日に解約すればいいので。

3時間並びましたがまぁ予約できて良かった、かな。

iPhone 4 はもちろん買いますとも!!

  • iOS

事前にiPhone そのものが流出したりして、やや新鮮味はかけてしまったものの事前の情報通りの外観でした。スペックなどは以下のページがよく分かるかと。未確認ですが、搭載メモリが現行の256MB から512MB になっているという噂もあります。iPad は256MB のままなので、真偽は微妙なところ。

あといくつかリンク。


で、日本では06/24 から販売開始、予約は06/15、ということだけWWDC で発表されたわけですが、ソフトバンクからの発表は今日になってから。かなりギリギリな感じです。

アメリカのAT&T やイギリス O2 など、iPhone 独占のキャリアがデータ通信の定額制に上限を付けたり(その代わり安くなったりテザリング解禁になったり) などという動きがあったので、ソフトバンクももしかして...と思ってましたが特にそういう発表はなかった。


毎月のパケット量を確認するとだいたい200万パケット以内で収まっていて、1パケット=128byte とのことなので、仮にちょっと多めで300万パケット使ったとしても、"3,000,000*128/1024/1024" で約366MB くらい。月1GB の従量制とかでもいいから公式にテザリング解放してくれたらなぁ...と思うことしきり。

既にiPhone 3G なりiPhone 3GS を持っているヒトは、機種変(端末増設)するのか2台持ちにするかなどの決断を迫られることになります。

iPhone 3G を2008/07 に最速で買ったヒトでもあと4回、端末代金(24回払い)と月月割が残っているはず。機種変すると月月割はなくなり、残りの端末代金はそのまま月額料金として払っても良いし、一括清算しても良い、とのこと。ただたぶんその場で現金清算ではなく、毎月の請求で、という形になるっぽい。またこの手続きの際、印鑑が要る模様。


毎年新型iPhone を買うつもりならば、端末代金は最初に一括で払って、あとは月月割だけ享受すれば良い、との考え方の元、去年はiPhone 3GS を新規購入し、2台持ち運用にして現在に至ります。事前の計算通り、2台で7,600円前後で済んでいます。

で、今回は2年前に契約したiPhone 3G の方を機種変更(買い増し) 、また例によってヨドバシで一括購入すればポイントも付くし、というところですが若干考えないといけないポイントが。

まず予想外だったのが、事前予約が可能なのはブラックのみで、ホワイトは少なくとも06/24 の販売開始には間に合わない、ということ。iPhone 3G の時はブラック狙いだったのに、「ホワイトならご用意できます」 ってことで選んだら意外にもいい感じで、続いてiPhone 3GS もホワイトを選択。ブラックだと指紋目立つし、今回もホワイトかなぁと思いつつ、でもどうせなんかジャケット付けるし何でもいいよね、という気もしてきたので、32GB ブラックで。今iPhone 3GS の32GB モデルだけど、まだ8GB 程度余裕があるので、容量的にも問題なし。

iPhone 4 は新規でも機種変更(買い増し) でも本体価格は同じ、との噂で(でもたぶん月月割の額が違うんじゃないかと思う)、パケット代が月額固定のバリュープログラム(i) は月月割での割引額が増えていたりと、また色々とややこしさがアップしてますな...。

ちなみに、昨年のiPhone 3GS は、新規一括で69,120円、機種変更(買い増し) が同じく一括で76,320円 でした。コレと比べるとiPhone 4 は32GB でも新規で57,600円 と、だいぶお安い感じなんですが...。

以降の話は、今日時点で探した限りでは、ソフトバンクのサイトには載っていないので、契約時に各自で確認した方が良いです。これまでの月月割は、単純に値引きをしてくれるもので、解約すればその値引きの権利も消失する、という分かりやすいものでした。が、今回のiPhone 4 からは月月割が変わったみたいで、ひょっとすると2年未満で解約、あるいは機種変更(買い増し) した際に、予想外の請求があるかも...? という懸念があります。実はそんなことは全然なかったぜ、だとしたらそれはそれでいいんですが、一応、「途中解約した際のペナルティについての詳細」 は確認しといた方がいいかなー、と。


そんなこんなで、不確定要素も多いんですが、一応明日ヨドバシで予約する予定です。

iPad はじめました

  • iOS

予約開始日も販売開始日もなんとか切り抜けたのに、会うヒト会うヒトに「iPad 買った?/ 買わないの?」 とか聞かれまくる日々に疲れたというかなんというか。というのは建前で。

まもなく開催されるApple Worldwide Developers Conference 2010(WWDC) で新型iPhone がお披露目、BUY NOW になることはほぼ確実視されているこのタイミングで優先度付けるならiPad よりiPhone だよねぇ、てのもあって当初はスルー予定だったのですが。

iPad Wi-Fi + 3G 版 は、iPhone と比べると電話とカメラ、通話機能、そしてSMS/MMS がないかわりに画面が大きくなったり無線が速くなったり(802.11 a/b/g/n) してるわけですが、Wi-Fi 版 だとさらに3G 回線での通信機能とGPS(AGPS) が省かれています。

GPS は後付けできないため出来ればiPad Wi-Fi + 3G 版 でいきたいとこですが月々の維持費とか2年縛りとか、SIMロックがかかってるっぽい(実際は海外はSIM フリー、日本ではソフトバンクのみ)、とか、なんか色々踏ん切りが付かず、そうこうするうちにタイムオーバーとなった、てのが本当のところ。


その後、さらに良く調べてみると、どうやら (iPad専用)プリペイドプラン で契約、プリペイドプランはiPad 契約後30日以内にプリペイド登録する必要があるものの、6月に入ってから購入、プリペイド契約開始はギリギリまで粘って07/01 から開始になる100MB プランを契約、プリペイド契約したりしなかったりを繰り返せば結構安価に維持できるんじゃないか、という算段が付いたのでまぁもう後は店頭にフラッと行って...なんて甘いことを考えてました。えぇ。


ヨドバシなどで確認すると、盛んに予約は取ってるものの即持ち帰りができるようでもなく、でも予約すると数時間で連絡があるとの噂もあり、もうこうなったら直接行くしか、というわけで06/01 にアップルストア心斎橋へ。

店に到着したのは11:00 頃で、1F 奥のレジカウンターにいるスタッフのヒトに「予約はしてないんですがiPad ありますか」 「Wi-Fi ですか?」 「いえ3G で」 「では在庫確認しますね」 てことでバックヤードへ。他のレジでは皆が皆iPad 購入なう。という感じで、レジカウンター奥側の棚にもiPad が割と多数山積み状態。

程なくして先ほどのヒトが戻ってきたんですが残念ながら「3G は在庫切れです」 とのこと(単純にモノがないのか、契約の関係で1日の対応可能件数をオーバーしたからなのかは不明)。結構逡巡したんですがこの機会を逃すとしばらく購入できない可能性が高い(後ほどこれは正しい判断だったと知った) ため、Wi-Fi 16GB 版を購入。今思い起こすとココでApple iPad Camera Connection Kit が在庫してないか聞くべきだった...。


で、まぁあとは適当にジャケットと液晶保護シールを物色。ジャケットはSwitchEasy NUDE for iPad。これのiPhone 版 を使ってて、そこそこ気に入ってるので。

液晶保護シールは同じくiPhone やMac Book Pro でも実績のある、パワーサポートのアンチグレアフィルムセット for iPad 一択なんだけど同じことを考えるヒト多いみたいでどこも品切れ。やむなくヨドバシの通販で注文、明日到着予定。

それまでの間は、SwitchEasy NUDE for iPad に付属の液晶保護シートを貼ってます。光沢なので映り込み激しいし、そして指紋だらけ。あくまでおまけですね...。おまけと言えば、簡単な作りのスタンドが2つ付属してるのですが、チープな割に使える感じ。これは予想外。


iPad はこれまでのiPhone の環境を引き付かず、新たに登録。いったんはiPhone アプリも転送してみましたが、よくよく考えるとiPad で使うiPhone アプリはごく一握りなので殆ど削除。iPad 用アプリのみを転送し、必要なiPhone アプリがあれば都度転送する、てのがよさげです。

そんなこんなで現在こういう感じ。

iPad(2010/06/01) 1

iPad(2010/06/01) 2

iPad(2010/06/01) 3

やはりi文庫HD とiELECTRIBE は外せなかった。即購入。あとは無料アプリもあったり有料アプリもあったりという感じですがどれもが素晴らしいデキ。GoodReader HD はほんとやりたいと思ったことがことごとく用意されてる感じでここでは語り尽くせない。確かにこれは必須。Dropbox、SugarSync、Evernote なども、さほど使いこなせてるわけじゃないけど必携ツールという気がします。

なかでも一番衝撃を受けたのはCamera for iPad。こいつはiPad とiPhone の両方にインストールして、両方で立ち上げると、Wi-Fi とBluetooth でお互いを自動的に繋ぎ、iPad からiPhone 側のカメラを切ることが出来、撮った写真はすぐさまiPad の写真に入れてくれるというもの。こういう使い方ができるんだ...!! 今のところ、カメラのピント調整ができないっぽくてただシャッターが切れるだけなんだけど、いずれ対応するんじゃないかと。

取り込んだ写真はPhotoPad である程度編集できます。これも感動的。後はぼかしフィルタなどの類と、特定領域を消す、あるいはモザイク、黒塗りなどが出来るようなのがあればカンペキ。

そうして編集した写真はflickr にあげて、同時にtwitter にも告知したいんだけど、今コレができるのってたぶんGyazickr だけなんじゃないかと(他に知ってるヒトがいたら是非教えて欲しいです)。で、flickr 側の制限で、同じ名前のアプリはiPhone かiPad、どちらかしか登録できないようなので、何かしらツールを探してみる予定。

まだ試してないけど、たとえばFlickr uploader for iPad(Wifi) via iPhone 3G なんてのがよさげ。


また、Simplenote も同じくiPad とiPhone にインストール、ユーザ登録すると、この2台に加えてWeb 経由でPCともテキストメモの同期が出来ます。さすがにまだバックグラウンドで自動的に同期は出来ないのでアプリ起動して同期、が必要だけど、秋以降にiPad のOS がiPhone OS 4 相当になってマルチタスク出来るようになれば、この辺もそのうち対応するんじゃないかなと。

あとこれだけ画面が大きいのだから、PC 内の動画なども再生できたらイイナ、と思ってDLNA クライアントを捜したらMedia Link Player Lite というのをみつけたので、PC 側にTVersity 入れて試してみたんだけど、なんかトランスコードが上手く行ってないっぽくて断念。

かわりに見つけた Air Video てのが、割とよさげ。これは専用のアプリをPC 側に入れる必要があるのだけど、フリー版で試してよさげだったので有償版を購入予定。もしiTunes を入れていないWindows PC にインストールする場合は、Bonjour Print Services for Windows を入れておく必要があります(Windows 7 64bit 版で確認済み)。

ゲームなんかは今のところ無料のやつばかり。iPad のデモとして使えそうです。

あと猫が操作してるiPad でおなじみ、Magic Piano も買ってみた。


そんなこんなで購入してすぐにアプリだけで2,000円以上つかったりしたので、いい機会だから20% OFF のiTunes Card 買ってしまおう、ということになったのでした。


ここまで、追加アプリのことばかり書いてきましたが、標準搭載のアプリ達もかなり素晴らしいです。特に写真。このサイズなのに写真の展開が早く、iPhone 3GS との性能差が如実に感じられます。おそらくiPad 搭載のCPU と同等のものが新型iPhone にも載るんじゃないかと勝手に想像してるので、発表の日が待ち遠しいです。


そんなこんなで、まだまだ使いこなせてない部分も多いですが、予想してたよりも「使える」 感じです。こりゃーネットブック売れなくなるわけだわ...。実のところ、新型VAIO P を買おうかなどということも考えてたんですが、もうこれで十分かも...。

最初は、iPhone があればiPad は不要、と思ってましたが、お互いを補完するような立ち位置なのかなぁと。まだまだ品薄感があるようですが、それだけの価値はあるんではないかと思います。割に衝動買いに近かったですが、ほんと買って良かった。


最後にいくつかレビュー記事などリンク。

サークルKサンクスの20% OFF iTunes Card 買ってみた

  • iOS

これまでも時々やっていたサークルKサンクスのiTunes Card 20%OFF キャンペーン、今回初めて買ってみたのですがいくつかハマるポイントがあったのでメモ。

必要な手続きを順番に書くと、

  • iTunes Card が 20% OFF になる「カルワザクーポン」 の発行が必要
  • 「カルワザクーポン」 1枚 で、iTunes Card 1枚 を20% OFF(1人あたり最大30枚発行可能)
  • 「カルワザクーポン」 の発行には「カルワザクラブ」 への入会が必須
  • 「カルワザクラブ」 の会員登録には、住所氏名メールアドレスの他、指定のEdyカード(あるいはおサイフケータイ) が必要
  • 「カルワザカード」 を新規発行する場合は、発行手数料300円が必要

という感じ。

公式サイト見ててもこの辺ちょっと整理されてない感じで、よく分からないんですよねぇ。


とりあえず、どうするにしてもまず「カルワザクラブ」 のサイトから新規会員登録します。

このとき、登録した「パスワード」 と「会員番号」 を控えておきます。店頭で端末を操作するときにこの2つが必要です。

あとは店頭の「カルワザステーション」 でEdy カード(あるいはおサイフケータイ) を登録。手順の詳細はリンク先参照で。

これでようやくカルワザクーポン の発行が可能になるのであとは「カルワザクーポン」 から好きなだけ(最大30枚) iTunes Card を買えばOK。


たまたま、「ANAマイレージクラブEdyカード」 があったのでこのカードを登録。で、カルワザクーポンを2枚発行して3000円のiTunes Card を2枚、購入。支払いは多分Edy とかでもOK だと思うけど今回は現金で計4,800円也。


これまで殆ど音楽とかアプリとか買うことがなかったので、都度カード決済してたんですがいい機会なので、ね。

iPadのケースはスイッチファクトリーのNUDEってやつにした。パワサポのアンチグレア手に入るまで付属の保護シールで我慢

参考になれば幸いです。

ひびの入ったiPhone 3G をGENIUS BAR で交換

先週iPhone 3GS を購入し、USIM カードを入れ替えてこれまで1年使用していたiPhone 3G は予備機として保管、1年使ってきたしそろそろ保証切れるけど特に外装に問題ないよねー、っと確認してたら。

iPhone 3G(16GB白)、Dockコネクタ左側にひび割れ

Dock コネクタ左側にひび割れが。既に断層化してきています。


というわけで、良い機会なのでアップルストアの GENIUS BAR を予約してみました。

まずは「オンライン修理サービス」 からシリアル番号など入力。オンラインで修理を依頼することも出来ますが、今回は最寄りのアップルストア心斎橋での修理を依頼してみます。名前とかメールアドレスとかを入力、GENIUS BAR のに行く日と時間を指定。あまりにもあっさりな予約です。

当日は、念のためiPhone 本体以外にも、ケーブル等一式持って行きました(GENIUS BAR の説明にもそう書いてる) が、結果的には本体のみでOK でした。でも症状によっては必要になるかも知れないので、持って行った方が面倒が無くて良いと思います。

指定時間の5分前に着きましたが待つこと10分程度、「Dock コネクタの横が割れている」 と伝えたところ、ルーペでDock コネクタとイヤフォンジャックの中などを詳細に(おそらく水濡れインジケータ を確認していたっぽい) チェック、落下による傷や変形がないか確認した後、交換対応となりました。

交換品は、「内部部品に再生品が使われている場合があるものの、外装は新品」 というようなものであるらしいです。再生修理品に近いものなのかも。実用上は新品といってよさげ。

今のところ、交換用に在庫しているiPhone 3G はまだiPhone OS 2.2 みたいで、カウンターのMac でアクティベーションを行った後、iPhone OS 3.0 にアップデート後の受け取りとなります(ここにちょっと時間がかかる)。なお、iPhone 交換後の復元は出来ない旨確認を取られますが、普通にiTunes と同期していればバックアップも取れているはずなので、まず問題にはならないはず。

復元している間に書類などにサイン。ギリギリですがまだ1年以内なので修理費用は無料。あとで封筒に同封されていた領収書をみると21,714円と記載されていました。


というわけで所要時間30分程度。GENIUS BAR で相談するにあたり、無償修理(交換) にはあたらず、調査手数料などが発生することも覚悟していたのですが、あっさりと交換となりました。実際の所、このクラックがいつから発生していたのか不明、なぜ発生したのかも不明、毎日Dockケーブルを抜き差ししてた、てのが有力ですが、そんなにヤワいのかなぁとも思ったり。

GENIUS BAR は噂に違わぬ対応でした。素晴らしい。

隣では、iPod shuffle(旧型) を持ち込み修理に来ている方がいましたが、生憎修理在庫がないので後日発送するとかそんな話をしていました。店頭の新品在庫と修理用在庫は全く別の物(交換用のiPhone も緩衝材がたっぷり入ったダンボールに入っていました) らしく、しかも土日は物流が動いていないので月曜日は在庫が無いこともある、とか何とか。とすると、金曜日あたりとかが一番確実なのかも。

iPhone 3GS 購入したので簡単な感想を書いてみた

iPhone 3GS 新規で購入してきました。

これまでの経緯は以下のような感じ。


ヨドバシ梅田での予約は、本契約の受付時間が指定されていて、また、その時間の30分前には外のソフトバンクショップ前へ来るように、となっていたので30分前に到着したら誰も並んでナイ。で、中にいたヒトに「良かったら見ていってください-」的に声かけられて、「予約してるんですが...」と伝えたところ、あれよあれよという間に手続き開始となりました。どういう判断してるか分かんないですが、指定の時間よりちょっと早いくらいならそのまま手続きしてくれるのかも。

まだ朝の早い時間だったためか、ヒトも少なかったですが、購入後のアクティベーションカウンターにPCが2台しか無く、長蛇の列になりつつありました。あと、レジが1台しかないため、ここもちょっと待つかも。レジは仕方ないとして、アクティベーションは自分でやると言えば未開封状態で手渡してくれるので、全部自分でやりたいヒトには良いかと。

予約の時に強制(「これ付けないとこのお値段では提供できない」、と断言した) だったWホワイト と基本オプションパック(i) は、「予約の時には付いていたが、不要」 と伝えたところ、特に何も言われずに外してくれました。このあたり、受付スタッフによって対応がマチマチのようなので、ちょっと注意が必要かも。

そんなこんなで手続きは30分そこらで終了。最後に端末代金を精算して付いたポイントでAirジャケットセットのホワイトを購入。多分これ、構造的に、付けっぱなしにしていてもだんだんひび割れてくるモノなんじゃないかと思うので、ほんと消耗品ですねー。付けっぱなしでも、純正のDock スタンドに乗らなくなる以外は特に問題も無いので、割れたら買い換える。

パワーサポート エアージャケットセット for iPhone 3G White PPK-70
B001DTYME2

もう少しポイントが余ってるなら、充電器など買っておくと色々と安心かと。トリニティのMobileBattery for iPod/iPhone オススメ。


iPhone 3G と3GS の違いは既にあちこちでレポされてるので、それらを参照の方向で。


まずはアクティベーション、の前にUSIM カード挿入。Apple純正のクリップみたいな器具を穴に押し込めばUSIM のスロットが飛び出してくるのであとはそれを引き出せばOK。一応裏表があって、いかにも「ここにUSIM カードをこういう向きで置いてくださいね」 的な感じになっているので、表裏を間違えず、慎重にやればiPhone の中にUSIM カードを落っことすこともないかと。

あとはiTunes に繋げば勝手にアクティベーションが完了し、ユーザ登録。そういえばこういうのあったね...。それが終わるとiPhone 3GS を全くの新しいiPhone として認識するか、それともiTunes 内のバックアップを使用して復元するか聞いてくるので、復元を選択。これが結構時間がかかって、45分くらい。

この時点で、ホーム画面とかのアプリの配置は再現できているものの、App Store のアプリとか、音楽とかは転送されていない状態。このあとは普段通り同期を実行でそれらも無事転送されました。これに30分くらい。入ってる曲数にもよるけど、初代のiPod touch ののろさと比べると隔世の感がありますな!!

これで大体環境の移行が完了。すげえ。ただMail とかのパスワードが空になっているので、この辺だけは一つ一つ確認する必要があります。

一応、一通り出来たので両方の電源を落としてUSIM カード差し換え。去年契約したUSIM カードで新しいiPhone 3GS を使用します。今回契約したUSIM カードはiPhone 3G に。@i.softbank.jp と@softbank.ne.jp のアドレスはデフォルトのままで、未設定。

iPhone で通話することはないし、メールもGmail を全ての窓口として、メール到着を通知するために転送しているだけなので、USIM 入れ替えせずに新たにメールアドレス取得しても良いのですが、とりあえず今はこんな感じで。


音楽は、ソニーエリクソンのHBH-DS205 + BOSE IE という組み合わせで、Bluetooth で聞いています。iPhone 3G の時は移動中時々音が途切れることがあったり(全く起きない日もある) など、不安定なところもありましたが、iPhone 3GS ではCPU の処理能力が上がった分、音の途切れとかは低減されるのではないかと期待。

ただBluetooth の仕組み上、どうしても音は遅れて聞こえてくるので、たとえばTapTap とかは映像と音が合わなくてちょっと悲しいゲームプレイになります。

CPU とかメモリ周りに余裕が出来たことを一番感じるのが、日本語入力まわり。iPhone OS 3.0 にアップしたiPhone 3G で感じていた遅さが解消されているので、これでようやくまともに文章書けるかなあという気がしています。

後はカメラ。マクロ機能標準で実装されたことにより、これでようやくItemShelf をまともに使うことが出来るようになります。マクロは割と優秀。

かんたんに撮り比べてみた。

iPhone 3Gで撮ったポンデライオン

iPhone 3GSで撮ったポンデライオン

上がiPhone 3G、下がiPhone 3GS。AF及びマクロ機能が付いたことで非常に良い感じになりました。

コンパスは、iPhone の向きに合わせてGoogle Map がリアルタイムに回転するのは感動的ですが、これ、そもそも本当にちゃんと北向いてる? 的な疑惑がちょっとあったり。でももうこれで初めての場所でも迷うことはないかも。あとこのコンパスを使えば、Google Earth がえらいことになる予感。最近はやりのAR 的なものとか、「東のエデン」 とか。


以上思うままに書いてみましたが、全ての機能がきわめて普通に使えているため、なんか、新型の感慨があんまりないというか、正直なところ、一瞬、必死になって買うまでもなかったか!? という気もしましたが、これまで事あるごとにちょくちょく溜まっていた、使用時の「待たされ感」 がほんとにかなり減っているので、ますます手放せないデバイスになりそうです。

来年のiPhone まで待つことにしたヒトは(触ると絶対欲しくなるので) 触らない方が宜しいかと。そしてこれからiPhone 欲しいかも、というヒトはもう絶対iPhone 3GS にすべきです。


そうそう、一つ忘れてた。iPhone 3GS の液晶は、iPhone 3G と比べると色温度の低い感じの色味になっているように思います。個人的には、iPhone 3G の色合いの方がスキなんですが、まぁ両者を同時に見比べてみないと分からないぐらいの差かも。

iPhone 3GS は機種変更の方がお得だけど2台持ちにするよ

iPhone 3G S が発表されたのでiPhone 3G からの移行プランを考えてみた」 の時に途中で挫折した、iPhone 3GS を新規契約した場合と、機種変更(買い増し) した場合の比較をExcel で作ってみた。

表を作るにあたり、以下のページの内容を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

この表は、以下の条件で作成しています。どこかに間違いがあるかもしれないので、金額の正確性については一切保証しません(できません)。

  • 2008/07/12 にiPhone 3G 16GB を新規契約、端末代金は24回分割
  • 2009/06 からiPhone 3G でiPhone for everybody 加入
  • 2009/06/26 にiPhone 3GS 32GB を新規契約 or 機種変更(買い増し)
  • iPhone 3GS 32GB は端末代金一括、ヨドバシ等で付与されるポイントは計算しない
  • iPhone 3GS もiPhone for everybody 加入
  • iPhone 3G とiPhone 3GS のUSIM カードは入れ替えて使用
  • 新契約時の、2008/07/12 - 07/31 分と、2009/06/26 - 06/30 分は日割計算
  • 新規契約は契約事務手数料2,875円機種変更(iPhone 3G からiPhone 3GS) は手数料なし
  • iPhone 3G からiPhone 3GS の機種変更の際、iPhone for everybody の契約は継続
  • 分割代金の支払いと月々割の適用は契約後3ヶ月目から
  • 新規、機種変共に月々割は1,920円/月
  • 購入時のショップ独自のいわゆる「頭金」等は想定しない
  • 「ただとも」等のキャンペーンによる商品券なども考慮しない
  • Wホワイトや基本オプションパック(i) などのオプションは付けない
  • ユニバーサルサービス料は計算しない

iphone3g_to_iphone3gs.png

結論を先に書くと、この条件でも機種変した方が安い、となるのですが、一応簡単に解説。

短期的には、機種変より2台持ちにしたほうが安いです。これは、機種変価格が新規より7,200円(300円 x24) 高いため。で、月額だと2台持ちの方が400円くらい高いです。

ただ、2台持ち続けるのは実は損で、2台目をどこかの段階で解約する必要があります。で、解約時にiPhone for everybody の解除料9,975円を払う必要があります(「2台持ち-機種変差額(解約時)」参照)。

2008/07 に購入したiPhone 3G の月々割が2010/08 で終了するため、この時にどちらかを解約するのがいちばんよさげ。あるいは、iPhone for everybody の契約解除月である2011/06 に解約。

この表には全く入れていませんが、来年出るであろう新型iPhone をどのような形で購入するか(購入するの前提かよ、という話はさておき)、でも変わってくるように思います。が、それはまた来年考える!!


当初予定通り、iPhone 3GS は新規契約して2台持ちにする予定です。

iPhone 3G S 予約してきた

最近iPhone 関連ばっかりですが気にしない方向で。

さて、「iPhone 3G S が発表されたのでiPhone 3G からの移行プランを考えてみた」 の続きですが、06/18 にiPhone 3G S の予約が始まったので早速予約してきました。

おそらく来年以降も同様の方法で予約を取ると思われるため、メモとして残しておきます。

予約はヨドバシ梅田で行ったのですが、お昼頃の時点で「予約手続きのための整理券発行」 という状態で、最短でも2時間先、とかだったので予約の時間を夕方に設定。またこの時点で、当日の受け取り時間を06/26 - 06/28 の中から選ぶようになっていて、06/26 のお昼頃を指定。

今回は16GB、32GB 共に白黒あるようですが、32GB白を選択。また既にiPhone 3G を持っていて、それとは別に新規契約したい旨を伝えたところ、1台目のiPhone の料金を支払っているクレジットカードと身分証明があればOK とのことでした。この手続きは5分とかからず終了。

確か去年は、07/11(金) のかなり早い段階で07/11 - 07/13 の3日間の予約整理券を配布完了してしまっていたかと思うので、去年の混雑を踏まえ、ソフトバンクから正式な形で予約を取るようになったのはいい改善点だと思います。ただ、表参道など、「予約は予約、当日はまた別途並んでもらう」 みたいな方針のお店もあるようですし、同じヨドバシでも店によっては当日の受付順みたいなところもあるようです。

で、時を改めて夕方に予約手続き。この時にまた新規か機種変更かと聞かれたので、在庫分は予約者の契約方法に応じて振り分ける形にしているのかも。

事前の説明どおり、2台目(新規) でクレジットカードも身分証もあったので10分程度で予約完了。手続きは通常契約時とおそらく同じもので、電話番号とかが空欄の書類を手渡されます(これが手元にない場合は「予約」できてない可能性が高いです)。後は当日に電話番号が確定、端末代金を支払って受け取り、だけでOK なはず。

ただ、iPhone for everybody が自動的についていたのはよいとして(解約ペナルティより本体割引価格のほうが多いので入ったほうが絶対お得)、Wホワイト基本オプションパック(i) が付けられていて、確認したところ「Wホワイトと基本オプションパック(i) の契約が提供の条件」 みたいな感じで。まぁ「翌日以降に解約でOK」 とのことだったので特にもめることもないかなと。同じヨドバシ梅田でも余計なサービスは付けられなかったヒトもいるみたいなので、よく分からん話です。


おそらく追加サービスごとに、ソフトバンクから販売店(あるいはスタッフ個人?) へのインセンティブが設定されているはずで、au とかだとそのインセンティブを原資として「このサービスつけると○○円本体価格安くします」 と明確に言ってくれるのだけど、本体価格は事前計算どおり、2,880円 x 24 の69,120円(iPhone for everybodyキャンペーン 適用価格) で特に値引きはされてない。まぁ一括で買えばポイント付くし即解約すればいいのだからこまけぇ話はいいんだよ、てな話ではあります。

ショップによっては、「頭金」 と称してお金取ってるところもある(去年もあった) ので、要注意。可能であれば量販店とかで買ったほうがいいかも。


あと、Wホワイトは、新規契約時に付けられていた場合は翌日解約してしまえば、6月末までの日割り分の請求となるようですが、機種変更の場合は来月7月から適用となるため、その時点で解約しても7月末までのまるまる請求されるっぽい気がしますがどうなんだろう。


1人で2回線目の契約をした場合は「ただとも」 の対象外、と言われたのだけど、OK と言われたヒトもいるみたい。ほんとこのへんショップとかスタッフによって言うことが違うから困る。どう見ても5,000円分の商品券もらったほうがオトクな気がするけど、「しゃべるお父さんBIGストラップ」 欲しい!!

iPhone 3G をiPhone OS 3.0 にアップデート

ダウンロード開始は日本時間の06/18 02:00(午前2時) からという噂を信じて待ち、02:10 くらいからダウンロードできるようになったので早速インストール。我ながら必死すぎる。

ところで、iPhone OS 3.0 は、単に機能追加のアップデートというわけではなく、いくつかの脆弱性も修正しているようなので、iPhone OS 3.0 で動かないアプリの対応待ちなど、特に理由がない限り、アップデートしておいたほうが吉。

今回追加された機能のあれこれについては、あちこちでさんざ書かれているので割愛。


個人的に、一番欲しかったのがBluetooth A2DP。これでようやくワイヤレスで音楽を聞くことが出来るようになるわけです。

話は変わりますが、3月末にau の携帯を ソニエリのXmini に機種変しまして。小さいのが欲しかったのと、機種変価格がシンプル一括でも非常に安かったのでこれを機にシンプルプランに移行しようかという。

で、この6月から、ソニエリ携帯を対象に、Bluetooth 機器を買ったらEdy でキャッシュバックするよてなキャンペーンが始まったので、前からいいなぁと思いつつ、高いよなぁと思っていた、ソニエリのHBH-DS205 を購入。Xmini はおサイフケータイは付いていないので、かわりに4,000円分チャージしたEdy カードがそのうち送られてくるらしい。

おーこれはいいなぁ、と思っていたところ、丁度Amazonで一瞬、7,900円で売っていた(納期1~2ヶ月) ので、ダメ元で注文してみたところ、その日のうちに在庫確保されすぐ発送されたのでした。

SONY ワイヤレスヘッドセット DS205 HBH-DS205
B001CNRENU


さっそくペアリングして普段使用しているBOSE IE 繋いで視聴。予想外に普通に聞けます。iPhone をカバンの中に入れたりしていても大丈夫なので、ケーブルの取り回しがラクになりました。

音質は許容範囲内ですが、時々音が飛ぶ(瞬断みたいなかんじ) のが気になると言えば気になります。まぁこれは仕方ないところですかね。あとA2DP には対応しているものの、再生中の曲のスキップしたり戻したりは不可。再生/一時停止とボリュームのみ操作可能。


あと、車で移動中にもラクに聞きたいなぁ、ってことでこういうのも準備してみた。

こっちは、電源取ったりとか、どう考えても車いじった経験のない素人には不可能な作業っぽいのでディーラーに取り付けを依頼しないと、と思いつつそのまま放置中。そのうちなんとかする。

他はコピーペーストができるようになった、とか、Google Calendar と直接同期できるようになった、とか大変良い感じになりました。ほんと隙のないアップデートです。

トリニティのMobileBattery for iPod/iPhone 購入

ご存じの通り、iPhone 3G のバッテリはちょっとヘビーに使うと1日もたない程度の容量しか無く、バッテリ残量を気にしながらチマチマ使うか、なんらかの補助バッテリを用意して非常時に備えるなどが必要です(まぁこの辺は普通の携帯でもよくある話だけど)。

で、これまではエネループのmobile booster KBC-L3 ってのとDock ケーブルを持ち歩いていたわけですが、どうもiPhone はUSB の仕様以上の電力を要求するらしく、すぐ充電が止まるのと、毎回ケーブルを接続するのが非常に面倒でした。

で、なんか良い物はないかと常々思ってたのですがついに理想的なのを発見。

iPhone 接続用のDock コネクタ内蔵なのでiPhone と直接接続が出来るし、バッテリ自体の充電は汎用のUSB ケーブルで可能、またiPhone とこのバッテリを接続している状態でUSB ケーブルからの充電も可能でその際にはiPhone の充電が優先的に行われる、と良いことずくめ。デザインもiPhone との一体感があって良し。というわけで早速購入。

iPhone と接続するだけで自動的に充電が始まります。充電中は「MobileBattery」 が青く光るのでわかりやすい。バッテリインジケータ部分を触るとバッテリ残量が光ります。

mobilebattery_1.jpg

iPhone にはパワサポのfor iPhone|Airジャケット の心斎橋アップルストア限定版を付けていますが、付けたままでも充電OK なのはラッキーでした。どうでも良いですがAirジャケット 付けっぱなしなのにどんどん割れてきています。なーぜー。

mobilebattery_2.jpg

メーカー保証外ですがこういう接続もおそらくOK。

mobilebattery_3.jpg

実際にバッテリ残量が10%くらいにまで低下したiPhone を充電してみましたが、途中で止まったりすることもなく、宣伝通り60% くらいまで充電してくれました。充電中も大して発熱は無いように思いますが、できれば何も操作せずにおいたほうが良いと思います。

あと、単純にDock コネクタで繋がっているだけなので、充電中は取扱注意。

ともあれ、なんだかとっても安心感と満足度が高いです。オススメ。

Simplism iPod iPhone用モバイルバッテリーホワイト MobileBattery for iPod iPhone White ポータブル充電器 TR-MBI-WT
B002BWP85C

Simplism iPod iPhone用モバイルバッテリーブラック MobileBattery for iPod iPhone Black ポータブル充電器 TR-MBI-BK
B002BWP852


姉妹品として、単4電池3本で充電、というのもあります。エネループをたくさん持っているヒトなら充電器兼用でこちらもよいかも。

iPhone 3G S が発表されたのでiPhone 3G からの移行プランを考えてみた

昨夜(日本時間) のWWDC で、期待の新型iPhone、iPhone 3G S が発表になりました。日本ではソフトバンクより06/26 発売。


新型はともかくとして、まず、初代iPhone(日本での販売なし) とiPhone 3G ユーザは、06/17 に無償でiPhone OS 3.0 へアップデート可能(iPod touch の場合は1,000円強かかる、筈)。Bluetooth A2DP とかサポートされるようになるので、これはこれで期待大。


現行のiPhone 3G と、新型のiPhone 3G S の比較。処理速度が速くなっていたり、無線LANでの寿命が長くなっていたり(他はさほど変わらないので、バッテリ容量が増えたのではなく、省電力チップに変わった?) しますが、一番気になるのはAF とマクロ付きカメラ。これまでのカメラはほんとなんちゃってだったので。


で、ここからが本題。iPhone 3G、がんばって2年持ち続けるつもりでしたが、やはり新しいの気になるよね、というか、年に1回のこのビッグウェーブに乗るかどうか、というお話。


いくつか移行プランを考えてみた。

1) iPhone 3G S には移行せず、来年の新型iPhone を待つ

iPhone 3G S は見送って、来年発表されるであろう、さらに新型のiPhone へ機種変。これが一番お金がかからない(当たり前)。ガマンのきくヒト向け。

ただ、昨年の発売時に飛びついたヒトの場合、iPhone 3G 自体の保証(1年) がまもなく切れるため、7,800円のAppleCare Protection Plan for iPhone に加入して保障期間を1年延ばしておくかが悩みどころ。

バッテリの消耗によるバッテリ交換(実質本体交換) が無償になるわけですが、認定はかなり大変っぽい。

ちなみに、AppleCare Protection Plan for iPhone に入らずに1年が経過し保障期間が終了した後、バッテリ交換が必要になった場合は9,800円、それ以外の修理は22,800円。

大雑把にまとめると「7,800円が丸損になるかも知れないけど、万が一のときに新品交換になるかも」 ということなわけなので、なにがなんでも2年堅持する、と心に固く決めたヒトは加入しておいたほうがよいかも。

もし故障したとしてもその段階でiPhone 3G S へ機種変すればいいや、と考えるなら不要。


2) 機種変更(端末増設)

iPhone 3G は端末代金24回払いの月月割(新スーパーボーナス) での加入で、現時点であと16回支払いが残っています。この支払いが毎月3,360円で、月月割により1,920円マイナスされてるわけですが、機種変するとこの月月割の1,920円/月がなくなります。

実際は、iPhone 3G S をまた月月割で契約すればそちらに新たに割引(1,920円・24回分) が付くわけで、もしiPhone 3G S の端末代金を一括で支払えば、トータルで見た場合の月額支払額は変わらない、ということになるはず。

というのは月月割のない状態で残りを毎月支払う、と仮定した場合で、機種変時に残りを一括精算、とかになるとえらいことになるのでこの手は難しい。説明文のどこにも「一括で精算」 とは書いてないのだけど、ちょっと気になるところ。

ソフトバンクショップで確認された方の情報。ありがとうございます!! 機種変時に一括精算してもいいし、しなくてもいい、という理解でよいみたいですね。

また、一括代金は、ソフトバンクの発表資料がキャンペーン適用とか非適用とか書いてるのでややこしいんですが、おそらく、16GB が分割金2,400円のようなので x 24 して57,600円、32GB が分割金2,880円なのでこちらも x 24 して69,120円、で合ってる筈。iPhone 3G 16GB は最初 3,360円 x 24 = 80,640円でしたから、だいぶ安くなりました。

端末代金を一括で支払うメリットはないように見えて、ヨドバシなどで購入するとポイントが付くので、ポイント分、オトクだったりします。一括でも月々割は付きますし、また1年後に悩む必要もなくなるので、今回は(もし機種変するなら) 一括で行く予定。

なお、「iPhone for everybody キャンペーン」 は2年縛りになりますが、パケット定額フルの上限が下がるので、加入しておいたほうがよいと思います。


3) 新規契約(2台持ち)

そのままiPhone 3G を維持していたらあったはずの月月割がなくなるのはもったいない、と考えるならiPhone 3G S を新規契約してまさかの2台持ち。

iPhone 3G は4月分実績で月額8,700円くらい。5月にiPhone for everybody を申し込んだので、6月分からはパケット定額フルの上限が下がって7,200円くらいになる予定。

で、2台持ちにして、iPhone 3G ではパケット通信は全く行わない、とした場合、パケット料金が5,985円 → 1,029円となり、約3,800円/月。そしてiPhone 3G S(一括購入) が、980円 + 315円 + 4,410円 -1,920円 = 3,785円/月、となるので、2台の合計で約7,800円/月 くらい? (一括購入した端末代金を考慮していないため) 2台持ってもあまり負担額変わらないかも。

「2台も持ってどうするの?」 という問いに答えが用意できるならあり、ですかねー。

あと、機種変した場合と、2台持ちにした場合の、それぞれ今後2年間にかかる金額の比較とか考えてたらわけ分からなくなったので考えるのをやめた。


4) 禁断の、新規契約 → 即解約

まぁ、一応、考えてみた。

iPhone 3G S を新規契約し、すぐ(即日~半年以内) に解約。そしてUSIM カードさしかえ。iPhone 3G S の月々割とかなくなるし、短期解約者は要注意者リストに載って今後の契約時に影響を受けるかも、なんて噂もありますし、正直あんまりメリットがないんじゃないかと。というかお店に迷惑がかかると思われるので、非推奨。


以上、適当に考えてみたいので計算間違いとか見落としとかあるかも。個人的には、2台持ちがいいんじゃないか、という気がしてきてます。もちろん狙うは32GB 白。

あと気になるのは、USIM カードを抜いたiPhone が、通話と3G の通信が不可になるのは当然として、他にどのような制限が付くのか、って所。自分で抜いてみれば分かる話ではあるのだけど。


(2009/06/10 10:30 追記)

iPhone 3G Sの価格について | SoftBank」 に書いている価格とかがちょっと引っかかったのでもう少しよく考えてみた結果、一括で買う場合のお値段が異なる場合があるかも、という結論に至ったので、表にしてみた。

  キャンペーン適用価格(一括) キャンペーン非適用価格(一括)
iPhone 3G S 16GB 57,600円 69,120円
iPhone 3G S 32GB 69,120円 80,640円

iPhone for everybody」 の2年縛り(更新月以外の契約解除料9,975円) を受け入れるなら、端末価格を11,520円値引きした上に、パケット定額フルの上限も1,575円引き下げますよ、ということですね。これですっきりした。

注意深く検討する必要はあるものの、iPhone for everybody に入っておいたほうがオトクになると思われます。

なお、12回または24回の分割で購入する場合は、上記価格を12 または 24 で割った金額から、月月割で最大1,920円引きしたあとの金額が、端末代金として毎月かかる、という理解でよいと思われます。

比較のために、iPhone 3G 8GB / 16GB の、現時点での販売価格も同様に表にしてみた。

  キャンペーン適用価格(一括) キャンペーン非適用価格(一括)
iPhone 3G 8GB 30,720円 69,120円
iPhone 3G 16GB 42,240円 87,840円

こうして表にしてみると、iPhone 3G S 32GB は、iPhone 3G 16GB より少し安くなってますね。この価格の根拠は、ソフトバンクオンラインショップ。ページ上部の「※ iPhone for everybody キャンペーン非適用でのお申し込みはこちら」 右横のリンクからたどれます。

あと、オンラインショップの表を見ていて気づいたのが、機種変更(端末増設) した場合、おそらく、購入時の端末価格は新規契約と同じだけど、月月割の値引き額が減っている という点。

そもそも、1年未満の機種変更プランがない、というのも気になるところ。ちなみに、ウチのiPhone 3G は、利用期間起算日が「2008年07月12日」 で、本日までのご利用期間が「10ヶ月」 となっております。

やはり2台持ちするしか...?

上記の内容は、個人で適当に計算してるだけなので、どこかに勘違いが潜んでいる可能性が高いです。決してこのページを鵜呑みにせず、ソフトバンクからのオフィシャルな情報を確認するようにしてください。

iPhone OS 2.2 にアップデートしました

待望のiPhone OS 2.2 が公開されたので、そそくさとアップデート。

今回の目玉はマップでGoogle Street View に対応した(でも使い方分からないよ、これ)、ってのと、メールで絵文字が使えるようになった(ただしi.softbank.ne.jp のみ) あたりかと思いますが、個人的には今回のアップデートによって以下の2点の問題が解消されたので大変嬉しいです。

  • IMAP で読んでいるGmail で受信したau からのメール本文が添付ファイル扱いになる上に文字化けする
  • アプリケーションのアップデートに失敗する

au からのメールは絵文字こそ文字化けしたままですが、添付ファイルにもならずそのまま表示できるようになりました。絵文字もそのうち何とかなるでしょう、きっと。

で、なにげにコレ致命的なんじゃないの?? と思っていたアプリケーションアップデートが出来ない問題が解消されたので、これでようやくまともに使えます。ただこの問題の発生条件が不明なため、2.2 でも依然おかしいまま、って環境のヒトもいるかも、という気がしますがどうだろう。

上手くいかない場合はiPhone 側で一旦そのアプリを消してから改めてインストールするしかなさげ。PC 側に保存されているアプリケーションのファイル名を変更することで回避することも出来るらしいですが、ウチの環境では上手くいかなかったです。

あとApp Store の表示速度が速くなったような気がするのと、日本語入力がちょっと快適になった気がする(多分にプラシーボ) です。

この調子でちょくちょくアップデートがあるのは実にPC 的ですね。iPhone は色々言われてますが「外に持ち出せるPC的なもの」 としてはかなり素晴らしいデキです。電話機能は通信機能のオマケみたいなもんです(えー)。

iPhone 3G のUSB 電源アダプタに感電の恐れあり、リコールのお知らせ

コンセント部分の金具だけが抜けて残ってしまい、感電するかも、とのこと。

超コンパクト電源アダプタをお使いのお客様は、新設計の超コンパクト電源アダプタとの交換が完了するまで、ただちに電源アダプタの使用を中止していただきますようお願いいたします。

感電のしどころ? が悪いと普通に命の危険があるので、即刻使用中止にした方が良いです。

対策品との交換は10/10 以降、Web から申し込んで対策品を先送り、同封の箱に不具合品を入れて送り返すか、リアルのアップルストアに直接iPhone 3G 本体とアダプタを持ち込んでその場交換するかの2択。

ウチでは基本的に使用してないので特に大きな支障はないですが、Web からの申し込みだとなんか時間かかりそうだし、折角なのでアップルストアに行こうかな。

それまでの間、折角だからなんか別のアダプタ買ってみようかなぁ。

ダイヤテックのモバイルクルーザーシリーズとかよさげ。

ダイヤテック モバクルiPodケーブルセット PLS5C
ダイヤテック (2008-03-24)
売り上げランキング: 5689

iPhone 2.1 にアップデート

  • iOS

昨晩リリースされたので早速入れてみた。

各所でレポが上がってますが、日本のiPhoneユーザにとって待望の、連文節変換が搭載され、さらに変換速度も目に見えて速くなりました。これまでは1-2秒程度考え込むことがあったからねぇ...。

他は、心なしか電波の掴みが良くなったような気はします。あとそれに付随してか、「マップ」 で仮位置のプロットまでが早くなりました。携帯の基地局からの位置
計測も組み合わせるGPS(A-GPS) だからですかね。


日本のケータイは予定された仕様を100% 満たした完璧な状態で出荷され、アップデートは機能追加ではなく万が一の不具合修正のみ、という考え方で作られているわけですが、ソフトウェアアップデートで普通に機能追加されていくiPhone はやはり全く違うモノですね。2ヶ月ほど使ってもまだまだ飽きることのないケータイは初めてです。いやそもそもこれはこれまでのケータイとは違うモノですよね。「携帯電話」 としては全く使ってないですし。

まぁ今回の、あるいは今後のアップデート、更にソフトバンクのがんばりによって普段の環境でもほぼ圏外が無くなったらau やめてiPhone 1本にできるかも、みたいな算段もあったりします。

初代iPod nano の2GB / 4GB モデルに気をつけて

  • iOS

初代iPod nano 「MA004J/A(2GB ホワイト)」「MA099J/A(2GB ブラック)」「MA005J/A(4GB ホワイト)」「MA107J/A(4GB ブラック)」 の4モデルで発熱、発火の可能性があるとのこと。

現段階ではリコールはせず、異常を感じた場合、AppleCare に連絡して修理依頼(おそらく良品交換) する、という対応みたい。

充電中、使用中だけでなく、「ただ置いていただけ」 でも発熱・発火する可能性があるので、要注意です。

それにしても、2005/09 ~ 2006/09 の1年間にこの4モデルで180万台売っていた、とかが明らかになって興味深いです。とはいえ流石に3年前のモデルともなると普通にバッテリがへたってきていると思うので、そろそろ買い換え時期かも。そろそろ新型が発表になるかな。

iPhone まだまだ絶賛いじり中

iPhone を数日持ち歩いての感想とか、とりとめもなくダラダラ書く。

  • 持ってるだけ、見てるだけでも楽しい。
  • 重さ、大きさは丁度良い。
  • 文字入力は片手で出来なくもないけど、両手の方がより早い。
  • 日本語入力は、テンキーかフルキーのみ(と英語キー) にすれば超絶もっさりはかなり軽減される。
  • ただし連文節変換は出来ないし変換候補の検索が遅いのであまり実用的でない。ATOK 欲しい!!
  • iPod としてはtouch からほとんど変わらず。そろそろリピート機能欲しい。
  • @i.softbank.jp 宛のメールはプッシュでメール着信をお知らせ。Gmail でも、フェッチをON にしておけば一定時間ごとに確認してくれる。
  • マップのGPS 追従機能は悪くない精度。徒歩ならばほぼ問題なく追いかけてくれる感じ。これでもう迷わない!!
  • Safari のブックマークをホーム画面にショートカットとして配置できるのがベンリ。
  • カメラはかなりガッカリ度高い。でもあるとベンリ、とは思う。
  • au W53S からアドレス帳をどうやって持って行けばいいのか...。色々模索中。
  • App Store の無料アプリだけでもかなり楽しめる。
  • 充電、使用中共にほんのり暖かい。冬は微妙にカイロ代わりに使えそう。
  • バッテリは持たない。毎日充電必須。日中のバッテリ切れ対策も必要。
  • ソフトバンクのネットワークは粘りがない感じ。
  • コピーペースト出来ないのは今後のソフトウェアアップデートに期待

よし、iPhone 3G 16GB 買うぞ!!

料金プラン発表から早2週間。色々考えた結果、覚悟完了しました。

今使っているのは、au とウィルコム(あとACCA mobile(E) とかあるけどまた別の話)で月額10,000円くらい。ここにiPhone 3G を追加して+7,000円強、となると流石にきついので何を削れるのか考えた。

au は現在のダブル定額ダブル定額ライト に変更し、あまり通信しないようにすれば-3,000円、長電話はウィルコムとSkype でまかなえそうなので、一応付けてた指定割 も解除で-300円。計3,300円削れるとしてこれまでより+4,000円くらい増える計算。

au を解約してMNP しようかとも考えたけど、誰でも割 の解除月は2010/02 で、それまでに解約すると9,975円かかるし、MNP は2,100円かかる割に出来ることは文字通り番号が引き継げるだけだし、あんまり意味ない感じ。

iPhone 3G ではモバイルバンキングが出来ないんじゃないか、という気がしてならないのですが、それ以前に、そもそも電話帳とか移行出来ないんじゃね? とかいうあたりも気になり始めてきたので、au はそのままで、というのがリスク低くて良いんじゃないかという結論に。

暫く使用してiPhone 3G だけでも問題なさそうであればそのときにまた考える。併用を続けるのであれば機種変時にシンプルコースにしたうえでプランSSシンプルを選べば 更に1,000円削れる(んだけど端末代が別途かかるから微妙)。


で、もちろん選ぶは16GB。新スーパーボーナス で買うのは抵抗があるのだけど、実質、24回払い以外の方法を選ぶ理由がなさげっぽいので、そうするしかない模様。ドコモやau も含め、今ケータイ買おうと思ったら24ヶ月払いの2年縛りがあたりまえになってきてるので、折角なら納得のいく端末を使いたいなぁと。


そして最後の問題は、07/11 当日にゲットできるのか、という。予約とかしてないので、当日電話してみるしかないなー。

Apple からソフトバンク向けiPhone 3G 正式発表

Ustream でWWDC キーノートスピーチ会場の音声をストリーミングで流してくれてるヒトのを聞きながら、ものすごい勢いで更新されるMac 系のサイトをリロードしまくってたりしてました。

というわけで、ソフトバンクから07/11 に販売開始ですってよ奥さん!!

アメリカだと、8GB 版が199ドル、16GB 版でも299ドルで、他の国でも基本的にこの値段より上がることはない、とのことなので、まぁ、最大限見積もっても16GB 版の本体価格4万でおつりが来る、くらいで心づもりしておくくらいでよいかと。現時点でソフトバンクから料金体系とかの発表がないのでその辺も気がかりですが、これも毎月1万くらいかかるとみておけばガッカリ来ることもないかと。

普通に携帯電話として持ち歩くにはちょっと大きいかなぁ。でも普通の携帯にはもう飽き飽きしているし、いわゆる普通の「携帯サイト」 にはなんの興味もないので...、割と本気で購入することを考えてたりするわけですが。

現在、au (W53S) とwillcom (9(nine)) の2台持ちなので、これをどう整理するか。現在ダブル定額 をフルに使って(といっても10万パケット/月 くらい) 月の支払いが7,000円前後。willcom はウィルコム定額プラン で月2,900円なので、トータルでみるとこれまでと負担額はあまり変わらなさそう(月額1万円前後と仮定)。

au からMNP してソフトバンクに移動した場合、au は誰でも割 の契約解除料が9,975円。willcom も解約する場合は契約解除手数料は2,100円。

ただソフトバンクは夜間は通話定額ではないので、willcom 回線はしばらく残しておいた方が良いかもしれない。

3台持ちって手も一応ある。その場合、au のダブル定額をダブル定額ライト にして通話専用と割り切り、パケット通信しなければ月額-3,000円。というか通話専用にしてまで維持する意味ないような気もするし、さよならau、かなぁ。

なんか今携帯の買い方が、2年はきっちり同じ端末を使ってね、という風になってきているので、それならそれでキャリア関係なく気に入った端末にさくっとMNP して乗り換えてしまった方が良いんじゃないかという気がする。

iPhone については色々な見方がされているけど、Apple とiPod のブランド力はすごくあるので、ひょっとするとものすごーく売れちゃうかも知れない。というか売れてしまった方が色々と面白くなってくると思うので、今回ばかりはソフトバンクに乗っかった方が面白そうかなと思う次第。

ソフトバンク独占販売、とはいってないので、半年とか1年したらドコモからもiPhone が出る可能性はゼロではないかも。技術的には対応できる(au は通信方式がマイナーなので、まず無理) わけだし。ドコモスキーなヒトはそれを待つのも手かも。

(2008/06/11 21:17 追記)

(2008/06/14 09:47 追記)
近所のソフトバンクショップで予約受け付けてた。本体価格と料金プランが決まらないことには...と思うものの、予約しておこうかなぁ。

(2008/06/14 17:50 追記)

(2008/06/19 20:52 追記)
予約が出来たりできなかったりするらしいですが、本体価格も料金プランも明らかでない(なんかリーク情報もあるけど真偽不明ですし) 現状ではまだちょっと動けない感じ。早く情報公開してー。

BOSE Triport IE のイヤーチップが更に新しく? なってた

  • iOS

BOSE Triport IE を2006/12 に購入し、最初はiPod nano (2nd)、そして今はiPod touch に繋いで毎日使っています。一般的なカナル型のような、自分の足音が聞こえる、というような密閉性はなく、それなりに外の音も聞こえる一方、あまり音漏れもないっぽくて気に入っています。音も(好みもあると思いますが) いい感じです。

Triport IE はイヤーチップがS、M、L の3種類入っていて、自分の耳の大きさに応じて組み合わせて使うことになっていて、色々試した結果、L を使用しています。特にL の場合、イヤーチップがとても外れやすいのがちょっと不満でした。いつか絶対なくしそう、と。

で、同様のクレームが多数あったらしく、2007/04 に改良型のイヤーチップを購入者全員に無償配布すると発表があり、2007/05 から無償配布が始まりました。

イヤーチップは、おそらく2種類の部品を組み合わせているようなのですけど、早速取り寄せた改良型イヤーチップは、内側の不透明な部品が初期型より少しかたいモノに変更され、外れにくくなっていました。

それから数ヶ月、ポケットから出すときに何度か外れる→何とか見つけて取り付ける、を繰り返しつつなんとかなくさずにいたのですが、今日、とうとう片方だけ無くしてしまいました。きっちりポケットに入れていたはずなのに、しばらく後に気づいたときにはイヤーチップが無くなったヘッドフォン部分だけがぶらぶらとポケットの外に出てしまっており...。

で、ダメ元でBOSE ショップへ行き、無くしてしまったので分けてもらえないか、と(涙目で) お願いしてみたところ、「(本来は) BOSE のホームページから請求してくれ」 とのことでしたけど、住所氏名を書き、無償で頂けました。太っ腹!!

ここまでが長い前振り。

今日もらってきたイヤーチップ、どう見ても2007/05 に無償配布されたものとは異なっていました。

bose_ie_ear_chip_1

左から、初代、改良型A(2007/05にもらったもの)、改良型B(今日BOSE ショップでもらってきたもの) です。全てL です。画像をクリックすると少し大きくなります。

bose_ie_ear_chip_2

ちょっと見えにくいかもしれないですが、初代と改良型A にある三角のくぼみが改良型B にはなく、かわりにヘッドフォン側ときっちりかみ合うような深いくぼみが設けられています。改良型B を実際に取り付ける際に何か装着感が違ったので、比較してみて気づいたという。

bose_ie_ear_chip_3

また、シリコン部分も、以前のものは白い半透明のものだったのが、改良型B では少し透明度が高く、ちょっとホコリとかが付きやすい感じのものになっています。

Triport IE のイヤーチップにさらなる改良がなされた、などという発表はBOSE ホームページ上では見つけられなかったため、「たまたま今回は改良型? っぽいものがもらえた」 だけなのかもしれないので気になるヒトは実際に問い合わせてみると良いかも。

Triport IE は2007/12/10 にマイナーチェンジ版(白黒コード) が発売になっているので、ひょっとするとこれにあわせてイヤーチップも新しくなったのかも。

また、このマイナーチェンジ版には新たにクリップとネックストラップが付いていて、初期型ユーザにはこれまた無償配布しています。

年末あたりに請求し、年明け早々に届いたので使い始めて1ヶ月くらいになりますが、ネックストラップはともかく、クリップは非常にベンリです。ネックストラップはベストポジションを探し出すのにもう少しかかりそう。

BOSE Bose in-ear headphones オーディオヘッドホン
B00111ASGI

iPod touch 用のシリコンジャケット買った。

  • iOS

ずっと待ち続けていたシリコンジャケットがようやく届きました。

早速付けてみたんですがこれがどうにもしっくりこない。ジャケット自体が分厚いのは衝撃対策としてはいいのでしょうけど、そのおかげでホームボタンが絶望的に押しにくくなり、また、Amazon のカスタマーレビュー にもあるように、iPod touch 本体に中途半端に貼り付くので見た目がどうにもよろしくない感じで。透明なのも善し悪しというか。

なんか(勝手に) ものすごく期待していたので、がっくり来ました。いやぁーもうちょっとよくよく考えてみるべきだった。液晶保護シール貼っただけの状態で既に1ヶ月以上過ごしてきたので、なんかもう無理にジャケット付けなくても…とも思ったものの、もう一度だけ…、ということで懲りずに買ったのがこないだ買った液晶保護シール と同じメーカのシリコンジャケット。

シリコンジャケットと液晶保護シールのセットです。明言はされてないんですが、液晶保護シールはおそらく「クリスタルフィルムセット for iPod touch」 と同等品なのではないかと思われます。というわけで液晶保護シールの予備が都合2セットになったわけですが、それはそれで。

このシリコンジャケットはフチの部分までしかないため、取り付けてもあまり見た目が変わらず、とてもいい感じです。最初からこれにしておけば良かった…。ジャケット付けた状態ではDock には乗せられないのはちょっと残念ですがこれは仕方ない。ジャケットと同じ素材と思われるDock コネクタが付いてるのがとても良いです。

というわけで写真撮ってみた。

touch20071123.jpg

縁取りされたような感じになっているのが分かるでしょうか。

あと、iPod Touch のファームウェアを1.1.2 に上げる際に、自己責任的にJailbreak してみたので若干アイコンが増えたりしてます。やってみたものの、まだ自己満足の世界かなぁ、と思います。

iPod touch 用の液晶保護シール確保

  • iOS

iPod touch 届いた!!」 の続き。まずは液晶保護シールのその後。

最終的にはヨドバシ.com て手に入れました。送料500円かかるのがちょっと痛いけど、touch 購入時に付いたポイントを消費したのでまぁそれはそれ。本体購入時に付いたポイントで液晶保護シール買うなんてほんとそのまんまな感じですね、えぇ。

と今は手に入ったからよかったものの、もう一度リアルヨドバシに突撃し、在庫は箱3個表示(その場から携帯で確認) になっているのに売り場にない、とかいうケースに遭遇したりもしました。一応レジカウンタの中にいる店員さんに確認して貰っての結果だったので、どうやら店へ入庫した時点で在庫あり表示になるものの、売り場に出ているとは限らない、ということのようです、たぶん。…いやなんか必死すぎてスマン。

で、ヨドバシの入荷状況もこの時点では読めなかったため、保険をかけるべく、在庫ありな上にクロネコメール便で送料140円、と良心的だったこのお店で購入。

注文後、分かったのだけど、ヨドバシには毎日入荷していたみたい(在庫無くなってもすぐ補充される) で、結局ヨドバシ注文分のほうが先に届き、都合2セット手元にある状態になってしまいましたが、それはそれ。予備としておいておこう。ヨドバシはもう在庫潤沢のようです。amazon 注文分はキャンセル。この手の商品は弱いのかな。

で、実際に貼り付けた感じ。

touch_1.jpg

touch_2.jpg

アンチグレア、というだけあって反射も少なめ、それでいて透過率も悪くなく、あと指紋があまり目立たないので、かなり満足。裏面の保護シールは、あともう数ミリ大きい方が…と思うものの、まぁこんなもんか。色々難しいのでしょうけど、もう少し端の方まで保護できると良いのに。でも満足です。これでようやく常用できます。

そうそう、ひとつ不具合があって、それは「iTunes で同期を行った瞬間、日付と時間が大幅にずれてしまう」 というもの。タイムゾーンの設定も問題なく、きっちり現在の時刻に合わせていても、繋いだ瞬間40時間くらい巻き戻されてしまいます(再現性100%)。色々検索してみた結果、以下のページを発見、一度iTunes を再起動すると時刻が狂わなくなりました。

次、動画関係。Canopus MTV2000Plus で録画したMPEG2 ファイルをあんまり手間暇かけずにiPod に持って行く方法がないかと探して見つけたのがコレ。指定のフォルダ内の動画をすべて指定の形式でエンコード(ffmpeg 使用)、指定のフォルダにできあがりの動画とサムネイル画像、閲覧用HTML ファイルとPodcast 用のXML ファイルまで生成してくれるという大変ベンリなスクリプトです。順番に読んでいくことをオススメ。

Core 2 Duo だと片方のCPU を常時使うみたいで、大体30分モノが20分強でエンコードできている模様(C2D E6400)。ファイル名だけだとどうしても重複ができてしまうので、ファイル名+時刻 とかでエンコード済みかどうか判定してくれるとさらにベンリかも。とはいえ今のものでも十分にベンリ。感謝です。

オリジナルのままだと320x240 で、touch で再生させるとちょっとノイズが多い(touch は基本的に自動でフルサイズに拡大再生します) 感じだったので、480x360 にしてます。640x480 にまでしてしまうとファイルサイズが結構大きくなるので、このくらいがベストなんではないかと。

さらに、アートワーク関連。前に「iTunes のアートワークを簡単に取り込む方法」 で多少は取り込んでみたものの、入っていない方が多い、ってくらいだったのが、touch だとカバーフローがデフォルトっぽい扱いで、画面を見ないと何も操作ができない、という作りなのもあってアートワークがないと大変にさみしーい感じです。丁度良いツールを見つけたので、こいつで9割方取り込めました。

基本はamazon に問い合わせをするのですが、アルバム名がamazon に登録のあるモノと完全に一致しないと画像が表示されず、最初は全然ダメじゃん、と思ったのですが、そういう時のために、Google のイメージ検索で画像を探すことができ、見つけたアートワークをドラッグドロップすればささっと登録ができるので、大変ベンリ。オススメ。

あとは関連リンク。

今日のところはこのくらい。

(2007/10/18 14:33 追記)
iPod touch をiTunes と同期した瞬間、時間が狂う、というのは、Windows XP で、iTunes を起動したままスタンバイ/休止状態に落とし、復帰させた後に起きるっぽいです。確かにウチもスタンバイ/休止状態多用してるからなぁ…。iTunes 立ち上げなおせば直るんだけど、微妙に不便なのでアップル様にはぜひコレの修正をお願いいたしたく。

iPod touch 届いた!!

  • iOS

ネットのアップルストア注文分が続々届いた、との情報がネットに流れる中、あぁ、そうか、まず直販予約分から出荷する、これがアップルの商売のやり方なのか...、あぁーなんか萎えてきた、よし、このまま届かないならかわりにキャンセルすればいいじゃない!! と思っていたら、オーダーステータスが商品確保しました!! になっており、そのまま待ってみることにした次第。結局10/05 に発送、手元に届いたのは翌10/06 でした。

感想を書く前にまずはこれから買おうというヒトに注意点。液晶保護シールは前もって全力で保護すべし!! 本体が手元にあるかどうかは関係ない、まずは液晶保護シールを確保、話はそれからだ。

というわけで、買って早々に傷を入れてしまうのも忍びないので、まだ本格使用には至らず。というわけで液晶保護シールを確保しようと、今日昼過ぎにyodobashi.com 経由で在庫確認したらヨドバシ梅田に在庫あり表示(箱3つ) になっていたので、夕方に買いに行ったところ店員さんに半笑いで「ないですー」 とか言われてガックリ。そんなものすごい勢いで売れるんかい、と...。ちなみに買いに行ったのは、これ。

とんだ徒労でございました。

iPod touch 一部で販売開始と不具合のお話

  • iOS

先週末あたりからネットのアップルストア注文分の出荷が開始されているという話があり、今日あたりからはリアルのアップルストアでも販売開始されているとか? 5% のポイント欲しさにヨドバシ.com で注文した分、出荷が遅くなるというわけですかそうですか。「09/28 までに出荷開始」 てのも不思議な販売開始日設定ではありますよねー。

とまぁまだ手元に来ない恨み節はさておき。なんか不具合発生しているみたいですね。ネットの情報によると、日本語版のWindows XP / Vista 上のiTunes でiPod touch のロック解除ができず、全く使用することができないんだとか。対策方法は、Mac 版のiTunes でロック解除するか、英語版Windows 上のiTunes でロック解除するといいらしい。1度ロック解除さえ行えば後は日本語版のWindows XP / Vista で普通につかえるようになるとのこと。

アップルもこの問題は認識しているようなので、おそらく今週中にiTunes のアップデートとか、なんらかの対応がなされるんだと思います。

でも一応念のため保険はかけておいた方がよいし、仮想PC 上にインストールしたiTunes でもOK との話なので、ロック解除できる環境を用意しておこう。丁度仮想PC のWindows Vista 体験版があったのでこれで。でも100MBくらいのファイルを18個落とさないといけないみたいで、ダウンロードがかなり面倒。

iPod touch の本格販売開始と同時くらいに販売開始になるらしいので液晶保護フィルムも買っておこう。まだamazon には登録がない。買うならアンチグレアかなぁ。

本命はコレなんですが、11月発売は遅すぎる!! ...でもamazon では10/20 に販売開始となってる。どっちが正しいんだろ?

B000VZ5K8G TUNEWEAR iPod Touch第1世代用シリコン ICEWEAR touch TUN-IP-000048

(2007/10/01 01:15 追記)
先週末に出たiTunes 7.4.3 for Windows に含まれるiPod touch ファームウェア 1.1.1 で上記問題は改善されたとのこと。早速アップデートしてみたものの、いまだにヨドバシさんから発送のお知らせメールはなく...。ヨドバシ.com 注文でもう届いているヒトっているんだろうか?? 店頭にも並んでないみたいだし、どうなってんだろ。

iPod touch 予約した!!

  • iOS

ウワサの新型iPod たちが発表になりました。というわけであんまり後先考えずにiPod touch 16GB モデルを早速ヨドバシで予約した!! 今使ってるのは昨年買ったiPod nano(2nd) 8GB なので、16GB 選ぶしかないでしょう。

アマゾンでもヨドバシ同様5% のポイントが付くけど実際にポイント付与されるまでに結構タイムラグがあるので要注意。

B000IIOQJK Apple iPod touch 16GB MA627J/A

iPhone とは見た目はソックリなものの、本体サイズが小さくなってたり軽くなってたりと結構違うっぽいのですが、どうみてもiPhone から携帯電話機能を抜いた物に見えるわけで、そうそうこういうのが欲しかったんデスよ!!

無線LAN 搭載というのもイイです。外に出たときに使うかどうかは分からないけど、ベッドに寝っ転がりながら適当にネットみたりとかあぁ夢がひろがりんぐ。

iPhone のときは文字通り指くわで、あぁーホントに来年日本で出るの?? とガッカリしてただけに、こういうカタチで同じような物を出してくるアップルさんありがとうありがとう。

(2007/09/06 22:02 追記)
iPod touch 単体ではFLV ファイルの再生機能はないのだけど、Youtube 側で変換サーバを用意していてそこ経由で見られるようにしてるんだとか。ニコニコ動画も同様の変換サーバ用意してくれないかなぁ...、とか思ってみる。

(2007/09/12 21:42 追記)
iPod touch の日本語入力部分はPOBox 作ったヒトが作ってるそうです。POBox のためにソニエリ携帯使ってる私にとっては朗報。

* POBox はソニーの登録商標です。

iTunes のアートワークを簡単に取り込む方法

  • iOS

新型iPod とiTunes 7 発表」 にも追記したとおり、iTunes 7 になってiTunes Store (旧iTMS) からアルバムのアートワーク(ジャケット) を自動的に取得してくれるようになり、また、新搭載の「Cover Flow」 モードでパラパラとアルバムをめくるUI のデキが素晴らしすぎなのです。

ただ、自動取得できたアルバムはホンの一部だったので、残りをどうするか。出来れば他のアートワークも表示させたい。というわけで一番単純な方法は一つ一つamazon なりから画像を引っ張ってくる、だけど、それはあまりにもめんどくさすぎるし、amazon もジャケット画像の拡大写真にはワザとまわりに空白を設けてそのままでは使えないようにしてたりするので、そうすると画像の加工も必要になり、ちょっと面倒。「A Square Image」 というソフトを使えばある程度は単純作業にはできるけど、やっぱり面倒。

なお、iTunes のアートワークのFAQ については以下のページを参考。

半ば挫折しかけたのですが色々検索してると、どうやらこのあたりの一連の作業を割と自動化してくれるソフトがあるみたい。というわけで見つけたのが「Clutter Clone for Windows」。元々はMac OS X に出ている「Clutter」 というソフトの見た目を真似て作ったソフトらしいです。

開発自体、1年以上止まってしまっていますが、とりあえずダウンロードして解凍、iTunes を起動している状態でフォルダ内の"ClutterClone\ClutterClone.exe" を実行し、適当にアルバムを選択すると自動的にamazon.com or amazon.co.jp から画像を引っ張ってきてくれるようです。たまに違う画像が出たりするのでそういうときは上下のボタンで選択。どーやっても目的の画像が出てこないときは諦める方向で。正しい画像が表示されてる状態で画像を右クリック、"Set Artwork to this track" を選択するとアートワークが表示されるようになります。

clutterclone.gif

ただ、アートワークが紐付けられているのはアルバム全体ではなく1曲だけ なので、残りの曲は手でコピーする必要があります。でも画像を探す手間が省けるだけでもかなりラクさが違います。

これでだいたい80% くらいのアートワークが取得できました。あとはどうしても画質的に気に入らないやつとか、未取得のヤツを手作業でちょっとずつ埋めていけばゴールはもうすぐです。

もう一つ、「iTunes Companion」 というソフトも高機能(アートワークをアルバム全部に適用する、とかもできる) っぽいのだけど、Yahoo! Widgets を入れる必要があったり、なんか妙に動作が重くなって操作不能っぽくなったり、上手く動いてるのかどうか分からない、とかあってあまりちゃんと試してない。短い時間使った印象では、ちょっと不安定な感じ。

とはいえ、既にだいたいの目的は達成できたので、ひとまずこれで満足。もし他に良いソフトがあれば教えて頂ければ幸いです。

(2007/10/13 20:54 追記)
もう少しいい方法が見つかったので、「iPod touch 用の液晶保護シール確保」 にその辺を書きました。

新型iPod とiTunes 7 発表

  • iOS

iPod nano がなんかiPod mini っぽい感じになりました。ギャップレス再生も魅力的。従来機もファームアップで対応したりするのかなぁ。新しいファームはiTunes 7 に統合されているみたいで、アップデートの内容は確認できないっぽい。iTunes と一緒にインストールされるQuickTime にセキュリティホールがあったようなので、早めにiTunes 7 にアップデートしておいたほうが良いかも。インストールしたヒトの話によると、なんかやたらと時間がかかるとか…? 後で試す。

2003年の年末に買った iPod(3G) はリモコンが壊れてしまい、バッテリの持ちも悪くなりましたがそれ以外は特に問題なく 毎日使っています。ただ、最近なんとなくもう少し小さければ…とか思うようになってきて、iPod nano が気になってました。Nike+iPod とかもあるし。で、多分次のnano は8GB 版が出るだろう、と踏んでいて、そのとおりになったのでコレ買うかも。今でも20GB のうち半分くらいしか入れていないので、少し整理すれば充分入りそうです。

で、今のiPod は「iPod バッテリー交換サービス」(税込み6,800円) に出してみようかなと。中のバッテリを交換してくれるわけではなく、結果的に新品に交換、となるらしいので、 オトクかなー、とか。ダメもとでやってみる方向で。

動画再生機能付き新型iPod

  • iOS

まぁ大方の予想通りの方向ではありましたが、ついにiPod で動画が見られるように。iTMS で買う以外に、自分でエンコードした動画も見られるようになってたらいいなポワワ。

新型iPod の登場に合わせ、こないだ5 になったばかりのiTunes もiTunes 6 になるようなので、これに動画エンコード機能が搭載されていたらもう大勢は決してしまうような。アップルの思想的に、やりそうな気がするがどうか。

これでshuffle / nano / iPod とラインナップがすっきりしました。30GB 版で34,800円ってのは結構お手頃な感じ。でも次買うならnano かなぁ、という気もする。

(2005/10/13 13:39 追記)
って既にiTunes 6 リリースされてますね。動画エンコード機能はないっぽい…。

(2005/10/13 14:01 追記)
インストールしてみた。やっぱり動画エンコード機能は無かった。今後のバージョンアップで機能追加される可能性はあるかもだけど、今のところはこの新型は微妙な感じ。大容量HDD のオマケぐらいの位置づけですかね、動画対応は。

ひょっとしたら再生可能な規格でエンコードした動画ファイルを何らかの形でiTunes にインポートしてiPod に転送、というのは可能かも。このへんは実機が出てからの人柱様に期待。

(2005/10/13 17:11 追記)
PSP にしろ、プレイやんにしろ、普通の人にとって動画を携帯端末で見られるようにエンコードして転送する、というのはかなり敷居が高い行為の筈なので、むしろここをiTunes が何とかしてくれたら他の追従を許さない存在になれるのに、とは思う。

(2005/10/13 19:02 追記)
アメリカだと夜に放送されたドラマを翌日にはダウンロード出来るようになるとか。でも日本では…期待したい。

(2005/10/14 00:32 追記)
あーQuick Time PRO の[書き出し] でiPod 用動画に変換することが出来るみたい。なんてこと。昔Quick Time 3 PRO のライセンス買ったことがあるんだけど、バージョンアップしたら無効になっちゃったしなぁ。当時は4,400円もしたし。いまなら3,400円とはいえ、買うのは少し躊躇するよ。

ライセンス料の要る(ハズの) Fraunhofer IIS mp3 エンコーダを無料のiTunes に統合したアップルだから、どうしても期待してしまう。

(2005/10/14 13:16 追記)
上の話の詳細。.m4v のファイルが生成できるとの事。ということは一旦Quick Time PRO で.m4v ファイル生成した後、改めてiTunes 側でインポートできる、ということかな。もしこの推測が正しいなら、何らかの方法で同等の動画ファイルを作ることさえ出来ればiTunes → iPod(Video) へ持っていける、ということになるね。

(2005/10/15 11:48 追記)
独自に作った動画ファイルをiPod で見る事も想定はしているみたい。今のところ、Quick Time PRO 必須っぽいのがなんとも。フォーマットの解析が進めば、あるいは?

(2005/10/28 17:14 追記)
フリーソフトだけで完結できるようです。

いつもの携帯動画変換君でもできそうです。

でもどちらの方法も、iTunes の思想とは対立してる気もする。全ておまかせ、って出来たらいいのにねぇ。

(2005/10/28 20:28 追記)
Quick Time PRO での書き出し。実時間の4倍て。

(2005/11/24 16:03 追記)
QuickTime 7 Proではエレメンタリー形式(動画ファイルと音声ファイルが別々になっている形式) のMPEG2のみ対応とのこと、注意!!

iTunes 搭載のケータイ

前からウワサになっていたiPod 付きケータイが出ました。アメリカとカナダ向けですけど。

正確には、iPod ではなくiTunes(のモバイル版?) が入っているようです。iPod みたいなクリックホイールもないし、こういう名称なのでしょう。iTunes って名前でも分かる人には分かるしね。

iPod nano 4GB で1,000曲、ってことになってるので、100曲入れられるということは少なくとも400MB分のメモリが搭載されていることになります。ざっと詳細を見た限り、メモリは内蔵されているみたいで日本のケータイみたいに外部メモリカードを使うのではないみたい。

日本だと既に音楽が聴けるケータイってのは既存のものだし、こういう「iTunes を搭載したケータイ」 ってのはウケると思うのだけど、国内メーカでそんなことをやってくれそうなところは…。まぁソニエリは有り得ないでしょう。

あぁ、あれだ。ケータイ+音楽プレーヤってのはなんかSCSI オンボードなマザーボードみたいな気がした。例えがマニアックでゴメンよ!! メインの機能をアップグレード(買い替え) しようとしたときに上に乗っかってる機能をどうやって引き継ごうか、という。

いまんところはW31S + iPod(3G) で十分幸せ。

(2005/09/09 14:34 追記)
Cingular ってなんの会社? って思ってたのですが、ドコモとかau と同じく、携帯キャリアになるのですね。2年縛りの端末価格が249.99ドルなのは高いのか安いのか。

(2005/09/13 22:54 追記)
miniSD よりも小さいmicroSD を搭載しているようです。メモリーカードスロットあったのね。

2GB と4GB のiPod nano

  • iOS

iPod 新型が発表になりました。アップルストア価格で2GB モデルが税込み21,800円、4GB モデルが税込み27,800円。さらに送料無料、パーソナライズサービス(レーザー刻印) も無料。今なら1-3日で手に入るようです。結構在庫あるのかな。

と同時に、iPod mini はディスコンになるっぽいです。もう店頭在庫のみになるでしょうから、mini 狙ってた人はお早めに。

nano は白と黒の2色展開なのがいい感じですね。買うなら黒かなぁ。

商品説明に「音飛びも問題ありません」 とあるので、超小型HDD とかではなくてメモリ? 小さいのが欲しいけどiPod shuffle ほどに割り切ったのはちょっと…というヒトにはよさそう。

個人的には、4GB でも少し足りないのと、まだまだiPod 3G が元気なので、様子を見つつ、という感じです。

(2005/09/08 09:18 追記)
iTunes 5 もリリースされてました。最近バージョンアップの速度が早いような。

(2005/09/08 13:58 追記)
やはりシリコンオーディオでしたか。

(2005/09/09 01:11 追記)

iTunes Music Store いよいよサービス開始

  • iOS

本日からサービス開始のようです。iTunes 4.9 以降が必要です。気になるお値段は1曲150円-200円とのこと。このくらいならば利用しやすい。ダウンロードしたファイルの著作権管理が(他の同様のサービスと比べると) ゆるめなのも扱いやすくていい感じです。

近いうちに実際に購入してみます。

写真をiPod のCM 風に加工するサービス

  • iOS

結構前のニュースだったりしますが、iPod mini のCM? つながりということで。

人物を写したスナップ写真を送ると、iPod のCM 風に加工してくれるそうです。お値段は20ドルくらい。写真を直接送るのではなく、デジタルファイルとして送信するようなので、受け取りも当然ファイルで、ということになりそうです。支払いはPayPal が使えるようなので、アカウントを持っている人ならば比較的気軽に利用できそうです。

料金も一見高そうには見えますが、外部のアーティストと契約して作業を依頼していたりとかするので、例えば1枚につき作業時間が30分-1時間、お金は折半、と考えると妥当かな、という気がします。

Photoshop 使いで「自分で作れるぜ!!」 なヒトは自作するのがよいでしょう。

こういう、なにもないところから需要を引き出してくるアイディア商売ってすごいね。

iPod mini のCM?

  • iOS

iPod mini のCM が見られます(要QuickTime)。ほぅ、アップルもアメリカではこういうポップなCM うってるのね、と思ったらそうではなく、36歳の高校教師が自分の余暇を利用し、半年近くかけて作り上げたもの、とのこと。すごい!! ネットは広大だ…。普通にCM として使えるレベルですよ、これ。

(2004/12/17 15:45 追記)
日本語版の記事出てるじゃないか…。確認不足過ぎ>じぶん

iPod に使ってるイヤホンが修理から帰ってきましたよ

  • iOS

iPod に使ってるイヤホンが壊れましたよ」 で書いたお話の続き。

片側から音が出なくなり、修理に出していたソニーの「MDR-EX71SL」、先日修理に出したお店より連絡がありまして、引き取りに行ってきました。結果、症状が確認されたらしく、「交換修理」 と相成りました。つまり新品に交換ですよひゃっほう!!

iPod に使ってるイヤホン」 でも書いたように、イヤーピースを紛失したり、イヤホン部分を収納するプラスチック製のケースとかもなくしていたのですが、それらも全て新しくなりました。あと、一応修理に出すときに一緒に入れておいた、袋とか延長ケーブルとか、S サイズとL サイズのイヤーピースはそのまま交換品に添付されて戻ってきました。

なお、修理に出してから戻ってくるまで、10日間ほどかかりました。

自分の耳的にはアップルのよりもソニーのの方が合うような気もしますが、せっかくなので聞き比べたりして遊んでみることにします。

iPod ソックス

  • iOS

6色セット販売のみで、たぶん税込み3,570円。

おそらく気分で使い分けてね、ってことなのだろうけど、複数人で共同購入してもいいかも。というわけで誰か一緒に買いませんか? とか言ってみる。パープルかブルーかグレー希望。って買うのかよ!!

iPod に使ってるイヤホンが壊れましたよ

  • iOS

iPod に使ってるイヤホン」 で書いた、ソニーの「密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-EX71SL」 の左から音が出なくなりました。本当、ある朝突然にという。単に接触不良というだけでなく、完全に断線してしまったっぽいです。その前の晩は普通に聞けていたのに、なぜだ。

で、どうしようもないのでiPod 純正のイヤホンを引っ張り出してきたのですが、耳の穴にすっぽり入るカナル型に慣れてしまったこの耳にはなんだか激しく違和感が。外の音が聞こえるのもかなり気になります(本当はそのほうが安全なんだけどね)。

というわけで、幸いにしてまだ保証期間内だったので、修理に出してみることにします。なんとなく、こういう家電製品って過去の経験から「修理に出すと後はもうロスタイム」 みたいな気がしてるので、どうなるかはかなり微妙な感じです。良品交換とかになったらラッキー、くらいの気持ちで。

さて、ソニーの窓口に出すのも面倒なので買った店に持っていくとしますよ。ついでに…コレ 買おうかな…。

(2004/11/02 23:27 追記)
修理受付の待ち時間を利用して、ついフラフラとなって購入してみた。今は大変満足している。で、前にスペアとして買ったソニーのEP-EX1 と組み合わせてみた…こっ、これはぁぁっ!! とても良いです。色が黒なのを除けば。灰色の出してくれないかなぁ。確かにこの組み合わせはよいです。

(2004/11/15 23:17 追記)
修理品が戻ってきました。「iPod に使ってるイヤホンが修理から帰ってきましたよ」 をご参照ください。

iPod のバッテリー

  • iOS

今ウチで使っている第3世代iPod は、たぶん少なくとも3時間くらいはもってくれているので、毎日、あるいは1日おきの充電さえ忘れなければ問題ないのですが、それでもいつかは訪れるであろう充電トラブル、今から取れる対策を考えてみた。

たぶん一番ローリスクなのはアップルの「AppleCare Protection Plan for iPod」。iPod 購入から1年間の保障期間中に加入すれば、さらにプラス1年、合計2年間の修理保証が約束されます。ハード全体の保証なのでバッテリー以外の故障にも対応しているのがポイントです。というわけでこいつは7,140円(アップルストア価格)。iPod は去年の年末に買ったので、加入するなら今が最後のチャンスっぽい。

もし1年以上経過していて、どうにもバッテリーのもちが悪いなあ、と感じだたらアップルの「iPodバッテリー交換サービス」。いくつか条件がありますが、不具合の原因がバッテリーにのみあると判定されれば、新品のバッテリーに交換してくれます。と理解していたのですがよくよく見てみれば、「AppleCare修理サービス - iPod」 の「修理に関するご注意とお願い」 には「新品のiPod に交換」 とありますね。で、実質本体交換だけどバッテリー交換のお値段は15,750円。納期は1週間程度。古い世代のiPod も交換部品として保持してるのかなあ。

一番ハイリスクだけどもっともローコストなのが自分でバッテリーを交換する方法。Wired News の記事によると、NewerTech Technologies のバッテリーに交換すると再生時間が延びた、そうです。けどこのバッテリーは初代と第2世代用。第3世代は薄くなった分、大きなバッテリが積めないみたいでこれしかない。海外からの注文も対応してくれるみたいなので、送料・関税とか考えても安いかもしれない。iPod を傷つけずに開けるナイロン製のツール がついてるのが良心的。中を開けるのに抵抗ない人はこれを。もちろん、中開けると保証が切れます。

iPod の中身を一旦消去すると再生時間が延びた、というのも興味深い話です。

本当に最後の手段は…新しいのを買う、かもしれない。iTunes のデータさえ破壊されてなければ、そのまま移行できるはず。

あと、1年保証などでの修理でアップルストアなんかに持って行くと即良品交換になったりするので、可能であればiPod の中身を完全に消去してからのほうがよさそうです。それすらできないくらい壊れてる、かもしれませんけど。

(2005/01/15 19:54 追記)
3G 用のバッテリ交換キットを見つけたのでリンク。分解方法も写真入りでわかりやすい。

結局、「AppleCare Protection Plan for iPod」 は購入しないままに1年が経過。単純にバッテリが死んだだけならこういうキットを使っても良いかも。

iPod Photo とiTunes 4.7

  • iOS

ちょっと前に噂になってた、カラー液晶搭載版新型iPod が出ました。例によってiTunes で写真を整理・分類し、それをiPod に転送して見ることができる(TV 出力も可能)、とのこと。という思想があるので、デジカメで撮った写真を転送してその場で見られるビューアというような使い方はできないみたい。

あとは対応フォーマットがどんなのかとかが気になります。ので、あとでiTunes 4.7 入れてみましょう。今回はWindows 版の日本語版も同時に発表されました。

(2004/10/27 17:30 追記)

(2004/11/02 12:50 追記)

iPod に使ってるイヤホン

  • iOS

iPod 用のイヤホンとして、ソニーのMDR-EX71SL(W) を利用してます。iPod とほぼ同じ色なのでいい感じです。これは耳の穴をしっかりとふさぐので、音漏れしにくく、逆に外部の音も聞こえにくくなる効果があります。このため、使い始めのなれないころは自分の足音がや心臓の音が気になったり、何か食べながら、はかなり違和感があったり、自転車に乗るのは大変危険、とかあります。

耳の中に入る部分はシリコン製のイヤーピースを別途はめるつくりになっていて、耳の大きさにあわせてS、M、L と3種類付属しています。で、ながらくM サイズのを使っていたのですがある日片方が紛失…。やむなく今はL サイズを使っているのですが耳に合わないことこの上なし。

このイヤーピースだけ売ってないものかと思ったら、ちゃんとバラ売りされてたので早速注文。…色は黒しかありませんか? まあ、仕方なし。

そのうちイヤホン自体が壊れたらアップルのやつにしてみようか。ソニーのイヤーピースと組み合わせると最強、らしい。

(2004/11/15 23:19 追記)
リンク追加するの忘れてました。その後、予言通り(?)、壊れたのでした…。「iPod に使ってるイヤホンが壊れましたよ」 をご覧ください。

iPod で音楽を聴くということ

  • iOS

CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンドの、川野俊充さん によるゲストブログ。

ソニーのHDD 内臓ウォークマン とiPod の比較のお話。

とにもかくにも、MP3(MPEG Audio Layer-3) による、音情報を大量に間引いてオリジナルの10分の1 程度のファイルサイズにまで圧縮し、かつ耳で聞く限りではそんなに劣化したようには聞こえない状態の音楽を聴くというスタイルがPC で爆発的に普及したのは、ひとえに「ファイル交換ソフト」 の功績(というか影響) が大きいと思います。もちろん、PC の性能の向上、インターネット回線のブロードバンド化、というのも大きなものだと思います。

しかし、そのせいでかえってMP3 にマイナスイメージが付いてしまって、日本の家電メーカがMP3 を利用した携帯型音楽プレーヤーを発売することにためらうようになってしまったのかなぁ、と。著作権管理機能がなかったことが、普及への足かせになったというのもあると思います。

その隙間をつく形で出たのがiPod。決してiPod のデキに満足しているわけではないですが、現状、まわりを見渡してみて、PC との連携や使い勝手等の点でこれを超えるものがなかなかなかった、というのがiPod 購入に至った理由です。個人的には、iTunes for Windows が出たのが決定的でした。

アップルの考える「使いやすさ」 の思想に身をゆだね、その思想に従った音楽ファイル管理の恩恵を享受できるのは、慣れるととてもラクチンです。HDD 内のファイルの位置関係に思い悩む必要がなくなるのですから。既に自分の持っているCD のうち、お気に入りのものはほとんどiTunes 経由でiPod の中に蓄積されています。

出かけるときにCD を選んでケースに入れたり、MD をとっかえひっかえするのはとてもとてもめんどうなことで、iPod の充電さえ忘れなければ、出かけるときコレひとつで自分の好きな曲を好きなように聴けるのはとても大きいです。上の記事にもある、「自分だけの環境を作るためにiPod で音楽を聴く」 というのはかなり頷ける指摘です。

iPod は同種の他の製品と比べ比較的「ユル」 く、微妙なライン上で売られているわけですが、「いずれは『iPod』も非合法に?」 (http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/business/story/20040629103.html) なんていう話があったりもするので、今後の動向に注目。

iPod を買ってパッケージを開けて目にする、本体に巻いてあるオビに書いてある言葉を忘れないようにしないといけないと思います。キレイゴトすぎですが。

新型iPod

  • iOS

これまでの現行モデル(私が持ってるのもコレ) にあった4つのボタンがなくなり、ホイールの中にボタンが取り込まれたので、すっきりしました。さらにスリムになったとか。また駆動時間が長くなったり、ちょこちょこと機能強化されたりしたようですが、買い換えるほどではないです。今の自分の生活スタイルだと2日に1回フル充電すれば持ちますし。

でも「メインメニューにシャッフル機能」 はかなり欲しい。旧モデルでもファームアップとかでできるようにならないかなー。

ところで、新モデルからリモコンとジャケットはつかなくなった模様。お気をつけて。

個人的にはリモコンは必須です。むしろリモコンに液晶ディスプレイを付けてくれ、と思うのですが、どうやらアップル的には本体を見せびらかして欲しい、という考えがあるように思えます。

なんかするたびにiPod 本体を取り出すのは気が引けるのですけど。iPod厨 とか後ろ指さされたりするらしいですし。iPod なリモコンを首からぶら下げてる人はよく見ますが、iPod 本体を手に持ってる人ってのはこないだ1度見たきりです。それはスラリとしたモデル体型のおねーさんで、さっそうとタクシーに乗り込み、どこかへ走っていきました。いやホントに。

iPod 開発秘話的お話。「へぇー」 っとなったのでリンク。

Index of all entries

Home > Apple > iOS

Return to page top