ドメイン内のNTP サーバを探す

NTP を利用してPC の時刻を同期させる」 も併せてご覧ください。
Windows クライアントをActive Directory ドメインに参加させたとき、クライアントとドメインサーバ間での認証には”Kerberos V5″ というものが使われるのですが、この方式ではクライアントとドメインサーバ間での時刻同期が必須であり、そのためにも、SNTP プロトコルを利用した”W32Time” サービスによるNTP サーバ機能をドメインコントローラが提供するようです。
つまり、ドメインに参加したPC は時刻合わせが不要となり、Windows XP の場合は[日付と時刻のプロパティ] から[インターネット時刻] のタブ がなくなります。
この状態でもコマンドプロンプトより”w32tm” コマンドを利用することで手動で設定が可能です。実際の設定方法は上記オフィシャルサイトの情報と、そこからダウンロードできるWord ファイルをご覧ください。
今回、「ドメインに参加させたくないけど時刻同期は行いたい」 というやや変則的な欲求があり、色々調べていたのですが、以下のコマンドでドメイン内のNTP サーバ(PDC) を発見することができました。


w32tm /monitor /domain:[ドメイン名]

管理者に聞けば一発、って話ではありますが、自分でできることは自分でやろう、ということで。
(2004/11/30 20:11 追記)
(自分的に) タイムリーなメモだったので。ありがとうございます。

シェアする

フォローする