HT 有効なPentium4 + WindowsXP SP2 環境で突然再起動する

(2005/09/26 20:47 追記)
※9ヶ月ぶりに症状が再発したので「HT 有効なPentium4 + WindowsXP SP2 環境で突然再起動する・再び」 に続報を書きました。
9月の末にWindowsXP SP2 に入れ替えて以来、ふとしたタイミングで唐突に強制再起動(あるいはハングアップ) することが多発するようになり、ほとほと困っておりました。もちろん、出来る限りの状況の切り分けなども試みていたのですがよく分からず。
半ば諦めつつも、しつこく情報を探していて見つけたのが以下のスレッド。

ここの291346348 の発言(敬称略) がヒントとなりました。
ファイヤウォールソフトとしてAgnitum Outpost Firewall FREE というのを使っています。こいつはフリーながらそこそこ軽く、適度に機能が充実してるので重用していたのですが、どうやらこいつが突発的な再起動の原因のようでした。

いちおうフィルタ系を全てオフにしてみるなどの対策も行ってみたのですがあまり効果が見られず、最後の手段として、有料版である「Outpost Firewall PRO」 の30日試用をしてみることにしました。

一応、日本語版はキヤノンシステムソリューションズという会社から出ているのですが、ローカライズが遅いのか本家のバージョンアップに全然追いつけておらず(しかもバージョンも不明)、特に日本語にもこだわらないので本家の英語バージョンをインストールしてみました。一応、Outpost Personal Firewall Pro History of changes などを見てみると”Outpost Firewall Pro 2.5 (build 369/369)” で”Following is a list of issues that were fixed : BSOD on Hyper threading PCs” とあるので、間違いないでしょう。
というわけで30日が経過…、この間の強制再起動は皆無となりました。素晴らしい!! というわけでレジストしましょう。もちろんレジストも本家から。本来のライセンスは1年更新らしいですが、2004/12/20 – 2005/01/10 までにレジストすると更新料が永久に無料になる、とのこと。

というわけでそそくさとレジストしてみましたが、ホントにずっとタダなのかなぁ? 送られてきた登録のメール見てもそれらしいこと書いてないですよ。あ…、分かった。上のページの”buy now!” ボタンから買わないとダメな模様。あぁぁ…なんてこと…。…ダメ元で、サポートにコンタクトはとってみた。超つたない英語ですが。さてどうなるか…。
とまぁ図らずも自ら自爆ネタを提供するハメになってしまいましたが、やっぱり英語が怖い、という場合は日本語パッケージ版/ダウンロード版を購入されると良いと思います。あとは以下のFAQ ページとマニュアルダウンロードが役に立つでしょう。

(2005/01/04 18:56 追記)
返事キタ。

Thank you for email.
Sorry to say, but we have ‘no refund’ policy.
Please check http://www.agnitum.com/purchase/salespolicy.html

そらまあそうなんでしょうけど、しょぼーん。間違って買ったのが全て悪いので…もう一個買うかねぇ…(えー)。ちょっと考えよう。

シェアする

フォローする