[はてな] ムシキングの筐体は無料レンタルらしい

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。
該当するページが見つかりません | SEGA
販売促進のために、今人気のムシキングの筐体を店頭に設置したい.. – 人力検索はてな
へぇーへぇーへぇー。
近所のローソンとかにもいきなり置いてあってびっくりしたのだけど、そういうことなのね。カードだけは店側が仕入れて、売り上げはセガとお店で折半、だそうだ。
中の人はNAOMI(=DreamCastのアーケード版)らしい。
ということはGD-ROMだろうから、バージョンアップとかも簡単なのかも。
横目で見つつ、やったことはないけどね。
子供にやらせると見せかけて実はお父さんのほうがアツくなってる、とかありそうだ。
リアルに泣けたのでまるまる引用。これぞ開発秘話というか。
Not Found | 関西テレビ放送 KTV

Q.ムシキングを作るに至った直接的なきっかけは?
僕たちはそういう仕事をしていたのですが、SEGAがコンシューマー(家庭用ゲーム機)の開発に全精力を投入しようという動きがあって、我々は社内で職を失ったんです。と言ってもリストラされた訳ではなくて「コンシューマービジネスの為に何ができるか探りなさい」と二年くらい期間をもらったんですよ。開発として何ができるかを考えたら、CG水族館と昆虫図鑑のデータと動かすノウハウしかなかったんです。
うちの会社はよく「発展的解散」という名のもとに部署ごとなくなるんですよ。僕たちも他の部署に吸収される事が決まっていたんです。リストラされないとはいえ、自分の意志とは関係なく他の部署に移動させられるのは悲しいですよ。我々の部署は沈没しかかっていて、その頃のチームネームは「脱出艇ムシキング」だったんですよ。「我々はムシキングを作って脱出するんだ!」と。ノアの箱船でした。うまくいかなかったら海に沈むんだと毎日言ってましたね。だから手を抜くことができなかったし、抜くつもりもなかった。「子供たちを喜ばせたい」という気持ちの全てを注ぎ込みましたね。普通子供向けのゲームにはあまり時間をかけないんですけど、開発に一年半かかってしまいました。その時期は辛かったですね。

よくあるトレーディングカードゲームと同じように見せかけて、志が高い。5年、10年続けていくということだし、こういう人たちの作るゲームなら安心できる。といいながらやったことないのだけど。
甥っ子ちゃんがハマってるので、カードを見せてもらったりとかするのですけど。こんど近所のコンビニに一緒に行って手ほどきしてもらおうか。これでもゲーマーの端くれ、やりもしないで「何が面白いか分からん」 とか言ってるようじゃもうこの先緩慢な死が待っているだけですよ。

シェアする

フォローする