[はてな] (主に)360で発売される日本語版について

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。
Xbox 360 は、個人的には楽しめるゲームが各種あるので大変満足してるんですが、そうは言っても国内では大して売れてないハードではあります。
ただ、FPS/TPS は海外で作られているものが多いため、これの国内版が出るかどうか、ってのは大きな問題だったりします。わざわざ日本語音声吹き替えしても大して売れないんじゃ…とか。
「コールオブデューティ4」 は英語音声+日本語字幕、メニューの日本語化がされており、オリジナルの雰囲気をできるだけ保つように配慮されているように思います。いくつか誤訳などもあったようなのですが個人的にはあんまり気にならなかった。
あと「ロストプラネット」 は日本で制作しているのにもかかわらず、海外展開を考慮しているのか、英語音声+日本語字幕でしたね。
「ギアーズオブウォー」「Halo3」「バイオショック」 は上記とは逆に、日本語吹き替えまできっちりやってました。これはこれでお金かけてる大作感もあるし、なにより親切ですし、特に「バイオショック」 は文字でアレだけの情報を読むのは結構しんどいと思うので、よい配慮とは思うのですが、音声撮るのもお金かかるし、英語音声+字幕でもいいんじゃないかなぁ…とか思ったり。
特に、海外版→国内版のリリースにタイムラグがあるとうっかり海外版かってしまったりしちゃうかもしれないし、そうすると国内で売れる本数がおそらくその分減ってしまうだろうし…とか余計なことを考えてしまう。
何故こんなことを思うかというと…海外版でプレイした「レインボーシックスベガス」 の国内版を買いなおすかどうかという。プラチナで出てるから買ってもよいのだけどね。ゲームとしては面白かったけどお話は良く分からなかったデス。

シェアする

フォローする