6月のWindows Update は、緊急5、重要11 です

Adobe Flash Player で”critical” レベル。既にこの脆弱性を利用した攻撃も確認されているとのことで、緊急度高いので早めの適用を。Windows 8 以降であればIE 向けFlash Player はOS に組み込まれていて、更新もWindows Update から行われているはずですし(Windows 10 のEdge も同様)、Google Chrome もブラウザに組み込まれているので、ブラウザの更新さえしておけば大丈夫です。
というわけで、Firefox でもあまり使わないということであればFlash Player はアンインストールしてしまうのも手です。YouTube もHTML5 で再生出来るようになったので、入れなくてもあまり困らないかも。

脆弱性とは直接は関係ないですが、新規でWindows 7 をインストールしたときの、SP1 を入れたあとでもWindows Update にめちゃくちゃ時間がかかる問題の対策用ロールアップ更新プログラムが出たので、検証とかで必要な人は手に入れておくと良いかと。Windows 8.1、 Windows Server 2008 R2 向けのパッケージもあります。

緊急 (5件)

重要 (11件)

悪意のあるソフトウェアの削除ツール

今月の追加は1件です。

  • Ursnif
    https://www.microsoft.com/security/portal/threat/encyclopedia/Entry.aspx?Name=Win32/Ursnif

シェアする

フォローする