2019年5月のセキュリティ更新プログラム

Adobe Flash Player、Adobe Acrobat / Reader の更新プログラム出てます。

Intel CPU にまた新たな脆弱性、「MDS」 という脆弱性が公表されたようで、CPU 側とOS 側で対応が必要とのこと。

また、Windows 7、 Windows Server 2008 R2 以前のリモートデスクトップサービスで、ワーム拡散に繋がる恐れのある脆弱性が見つかったとのことで、サポート終了した古いOS 向けにも修正プログラムが提供されてます。数カ月後にこれを悪用したワームとか出現しうるので忘れないうちにお早めに、というか古いOS はこれを機にどうにか退役させたほうが良さげ。

悪意のあるソフトウェアの削除ツール

今月の追加は1件です。

  • ShadowHammer ファミリ
    https://www.microsoft.com/en-us/wdsi/threats/malware-encyclopedia-description?Name=Backdoor:Win32/ShadowHammer!dha&threatId=-2147232881

シェアする

フォローする