Home > Archives > 2004/03

2004/03

やふおくでの消費税総額表示対応ガイドライン

Yahoo!オークション 消費税法改正にかかわる対応とガイドライン変更のお知らせ(3月1日)

Yahoo!オークションの出品というのは個人が大半だと思うのですが、中には、業者の出品や、個人を装った業者、あるいは業者を装った個人(?)などもいるように思います。ここで気になるのが、「4/1 以降の消費税総額表示にはどう対応するの?」ということ。

なんか色々トラブルが起こりそう…とか思ってたら一応ちゃんとガイドラインが出ていました。まとめると、「落札価格には消費税相当額、及び、オークションシステム利用手数料(落札額の3%相当)が含まれる。」ということになりそうです。出品者が業者であろうとなかろうと消費税の事は落札者が考える必要は全く無くなる、ということです。

罰則規定とかがない以上、守らないヒトは守らないと思いますが…。

なお、4/1 以降、消費税相当額を含む総額表示は必須となったようなので、ご注意を。詳しくは「消費税ガイド」とかで勉強しましょう。折角だし。お姉さんちょっと萌えだし(またそういうことをいう)。

ファミリーコンピュータ 1983-1994

Amazon.co.jp: 本: ファミリーコンピュータ 1983-1994

amazon.co.jp で買った本第2段。2003/12/04 - 2004/02/08 まで、東京都写真美術館で開催されていた「テレビゲームの展覧会 レベルX」の公式カタログで、展覧会自体には残念ながら行くことの出来なかった私にはとてもありがたい本。重要参考資料として、大事に保管します。いやまず読まないとイケナイのですが、読むトコ多過ぎなのでなかなか読み進められず。

bitgeneration2000.jpg

こういう展覧会、関西でもやらないかなあ。過去に「BIT GENERATION 2000 テレビゲーム展」というのが神戸ファッション美術館で開催されたりしたこともあったり。近所なのでノコノコと出かけ、大変楽しんできました。入るなり、大画面・大音量で「インベーダー」が出迎えてくれたり。

会場の雰囲気は、神戸の後で行われた水戸芸術館のサイトの写真で少し分かるかも。今でも当時のページがそのまま参照できるのはとてもいいことです。

ググったら見つかったのでこれも。
MYCOM PC WEB
ビジネスから文化へ「テレビゲーム展」開催中 - 前編
ビジネスから文化へ「テレビゲーム展」開催中 - 後編

涙もろくなりました

風邪はどうにか治った模様。微妙に仕事に穴開けたりして、すまんこってす。

さてさてさて、そんなこんなで今日は週末、といえば毎週楽しみにしてるアレとアレがあるわけです。例によって録画しておいたのを今見て、感涙。長かったけど、途中で止めようかとも思ったけど、ずっと欠かさず見続けて良かったよ。あー、もう、「一人が口笛吹いてたらみんな集まってきてオーケストラになってた」みたいな話に弱いんだ!! そんな直球も許せる51回の積み重ねなわけで。

で、もうひとつも、これもまた、直球なんだけど。ネタばれなので、続きに書きます。今見ちゃうと、実際にその現場の出くわしたときの感情の揺さぶりを損なってしまうと思うので、そのへんは等価交換の原則ってことでひとつ、お願いします。あと、テンションも高めなので、その辺もご注意。

蘇るPC-9801伝説 永久保存版―月刊アスキー別冊

  • PC |

Passion For The Future: 蘇るPC-9801伝説 永久保存版」を見て、ビビっと来たのでamazon で注文。ついでに幾つか本とかも買ってみたけど、これはまた時を改めて。

PC98 は、周りに持っている(互換機含む)ヒトは何人かいたものの、結局自分はX68000 を選択したので、ユーザというわけではなかったのだけど、それでも当時の話はとてもとても懐かしく、とても興味深く読み終えました。世代的には、少し上の世代の話になるのがちょっと残念。でも永久保存版に相応しい内容かと。オススメ。

色々語りたい思いもあるけど、もう寝ないと。

ACCA でも個人情報流出

アッカネットワークス プレスリリース お客様情報の流出に関するお詫びとご説明

お次はアッカ ですか。最近流行ってますねえ。とはいえ事件(事故…ではないよね)が明るみに出ただけでも、かなりマシな気がします。これからもまだまだ出てくるかも知れない。個人情報は流出することを前提に管理しないといけないのかも。

アッカはフレッツシリーズにおけるNTT とは少し違い、プロバイダにADSL 等の回線を卸し、プロバイダはそれを使って一般ユーザ向けにサービスを提供しているので、あまり馴染みではないかもしれない(TVCM もたまに見かけた)。ここが個人情報を持っている理由は、回線工事をするためであり、クレジットカード等の信用情報までは扱っていないはずなので、まだ、安心かも知れない。

というわけで、今回もまた流出した可能性が。DION 経由で2001/01 - 2001/06 あたり、so-net 経由で 2001/06 - 2003/04 あたりまでアッカの回線を利用しておりました。もし何か起きたらネタにします。

(2004/03/25 23:25 追記)
ASAHIネットなど、アッカ対応プランの受付を当面中止(impress)

bookmark x の導入覚え書き(途中)

linuxwiki@ぱ研 - bookmark x

昨日はかなり煮詰まって変なテンションだったかも。1日たってアルコールも補給したので、現時点までのメモを冷静に残しておきたい。とはいえ、まだちゃんと動かせているわけではないので、間違いが混入してる可能性があります。

ちなみにこれ書いてる時点でのウチの環境はRHL9 +Apache2.0.40-21.9(rpm) +PHP4.3.4 +PostgreSQL7.3.4-3(rpm)です。PHP はもともとphp-4.2.2-17.2 (rpm) が入っていました。PHP4.3.4 でApache のDSO を入れるのにはApache2.0.44 以降が必要というエラーが出たので、PHP のインストールは現在不完全です。Apache もソースからインストールさせないとイケナイ模様。ま、それはさておき。

オンラインブックマークが必要なんです!!

ながらくSleipnir というタブブラウザを使っているのですが、こいつのブックマークがとうとう300KB 近くにまでふくれあがってしまいました…。

初めて触ったブラウザがNetscape だったこともあって、頑なにNetscape Communicator 4.x を使い続け、次第に時代に取り残され始め、やむなくIE も併用するようになり、ネットスケープのブックマークとIE のお気に入りの同期が最優先課題となったので、FaEdit を導入し同期は出来たモノのなんだかややこしくなり、そうしたところに現れたのがSleipnir だったわけです。独自形式のブックマークも高ポイントでした。

しかしそのころ既に膨大になっていたブックマークの整理は困難を極め、そうこうするうちにメンテがおろそかになり、おそらく相当数のデッドリンクを内包したブックマークとなってしまっているはずです。普段使うのはそんなに無いはずなのですけど、昔のといえども、なかなか消せないものですねえ。

また最近は、メールをその日毎のブックマーク代わりに使うようになり、微妙に重宝しているようでさらにややこしくさせているような、そんな気がする今日この頃です。というかこのままじゃダメです。

というわけでブックマークをオンライン化できないものかと、検討してたりします。

hddtemp でHDD の温度を取得する

hddtemp.linux@coredump

Linux サーバステータス可視化計画(今適当に命名)は遅々として進んでいません。ええ。そういえばHDD の温度って見られたっけ? と調べて辿り着いたのが上記のhddtemp(これを書いている時点ではphp エラーでページ見られず)。

解説は、ITmedia の「エンタープライズ: Linux Tips - ディスクのS.M.A.R.T.情報が知りたい」と、「けんども日記: Linux で HDD の温度を知るには」を参考にしました。

ITmedia の記事でのとはちょっとバージョンが違うようで、「けんども日記」 の方で書いてあるやりかたそのままなぞって、あっさりインストール完了。db ファイルを落としてきて


# /usr/local/sbin/hddtemp /dev/hda

で無事表示できました。

(2005/01/20 14:52 追記)
Web サイト移転してました。

  • guzu.net
    http://www.guzu.net/linux/hddtemp.php

ウチでインストールしたのは"hddtemp-0.3-beta11.tar.gz" ですが、現在は微妙にバージョンが上がった"hddtemp-0.3-beta12.tar.bz2" がリリースになっています。


(2005/06/25 16:06 追記)
HDD を新しいものに取り替えた後、hddtemp を実行すると以下のようなエラーが出ることがあります。



# /usr/local/sbin/hddtemp /dev/hda
WARNING: Drive /dev/hda doesn't appear in the database of supported drives
WARNING: But using a common value, it reports something.
WARNING: Note that the temperature shown could be wrong.
WARNING: See --help, --debug and --drivebase options.
WARNING: And don't forget you can add your drive to hddtemp.db

一応、温度取得は出来るようなのですが、このままではRRDTool 等で温度取得がうまくいかないようです。新しいHDD の場合、"hddtemp.db" にまだそのHDD の記述がないためにこのような現象が起きるようなので、必要に応じてこのファイルを更新しましょう。取得先は上記のguru.net から。ウチの場合、"/usr/share/misc/hddtemp.db" に保存しています。今回はこれで改善したのでここで終了。

もし更新しても状況が改善されない場合、がんばって自分で記述を追加するしかないかも。

RHL9 からの移行先選定

今このサーバで使用しているRed Hat Linux 9 は、2004/04/30 でパッケージの更新が終了するので、5月以降、お金を払ってサポートを継続するようにするか、自分でコンパイルなどしてメンテし続けるか、それとも別のLinux ディストリビューションに移行するか、の選択を迫られています。

個人レベルでやってるサーバで有償サポートなんてありえないし、Red Hat Professional Workstation 買ってもなあ…という感じですし、今後全部自分でコンパイルして…とか考えると別のディストリビューションに移行してみるのもよいかと思いました。(2004/03/22 14:40 追記)

これまでと変わらぬ操作感でいきたいならば、Red Hat の支援を受けて作られているFedora が多分一番なのでしょうけど、こいつは人柱仕様というか、数ヶ月で新しいバージョンが出てくるコトになっているのでサーバ用途には不向きかも知れない。あと、文字コードがEUC じゃなくてUTF 、ってのがちょっと不安要素。

今のところ一番の候補がVine Linux。Red Hat Linux 5.2 あたりがベースでそこからアップデートを重ね、日本語環境で快適に使えることを念頭に置いてるので、一番めんどうがなさそう。あとは、Debian もちょっと気になる。けどなんにせよ、とりあえず使ってみないことにはなんとも言えない。

基本的な調整終了

この数日微妙に色々と試行錯誤しつつ、基本的な部分でのサイト構成、ページ間のつながりとかはそれなりに納得いくとこまで出来たので、ひとまずこのへんで区切り。

トップページを起点とし、続きを読んだり、コメント付けたり、トラックバックしたりするためには個別エントリにまで行く必要があるようにして、その移動の際にカテゴリと月での前後関係把握がやりやすいように考えてみたつもり。もっとエントリが増えればまた変更するかもしれないけど、いまはこれが精一杯。「自分が考える、現時点での自分なりの回答」みたいなのは作れたかも。微妙にWebalizer での結果なども反映させつつ、このようなカタチとなりました。

また、同時に、「Chitatopops: 月ごとのアーカイブのリストをネストして表示」をこれまた丸写しでプラグイン入れてちょこっと表示変更、その他色々冗長っぽいモノは色々と消し去りました。すっきりすっきり。

あとの予定は、もう少しちゃんとしたサイトを構成する諸々の要素、注意書きとかを揃えつつ、一部試験的にPHP でのインクルードなどもやっていくつもり。この辺が完了したら、テンプレートを分解して閲覧時にPHP で再構成する、なんていう負荷対策も実施してみたい。

「四季」到着

「四季」外観写真

このネタで何日引っ張るんだ、という感じですが、ひとまずの区切りです。本日目的の本、到着。ケース入りで豪華な感じ。ただ、ケースに巻き付いている帯が破れかかってるのがちょっと残念。この帯、購入者全員プレゼントの豆本応募券が付いているので、無くなっていたら大事(おおごと)ですよ!!

帯に付いている応募券を本の一番最後にある応募用紙(コピー可)に貼り付け、切手500円分を同封して送付すべし、だそうで。応募締め切りに注意。2004/05/31 まで。豆本の発送は9月以降だそうで。ずいぶんと長いなあ。

今回頼んだネット書店はきっちり段ボールでくるんだ上にエアーキャップ、そして包装紙となかなか安心の出来る梱包でした。不在がちで何度も足を運んで貰っちゃって、佐川のおっちゃん(よくお世話になるので絶対覚えられてる)には毎度毎度大変お世話になってます。と、こんなところでお礼を述べてみる。

左の写真はSO505iS によるもの。画像回転のみで他は特にレタッチせず。このくらいのサイズ、このくらいの明るさだとなかなかイイ感じ。


「四季」確保

なにげなく、駅構内にあるようなちっちゃい本屋さんを覗いてみたら、しっかり残り1冊!! みたいに置いてあったりで。早まりすぎた…!! 、と、まあそういうわけでして、注文したネット書店から発送済みメールが来たので無駄に送料を支払ってネット通販を満喫するさ…!! は、は、は。明日到着予定。

早々に届いたところで、「四季」はしばらく放置で、V シリーズを読み進めます。文庫版は途中までしか出てないのだけど前シリーズが既に文庫で揃ってしまってるので、出てる分は文庫で、まだのは新書で、という感じでいくことにしました。

というわけで今文庫になっている全部、すなわち、「黒猫の三角」、「人形式モナリザ」、「月は幽咽のデバイス」、「夢・出逢い・魔性」、「魔剣天翔」を確保しました。これだけ買っても3,000円そこらなので、文庫はコストパフォーマンスがいいねえ。2週間くらいで読めるかな…。

森博嗣「四季」

森博嗣 浮遊工作室 (ミステリィ制作部)

しまったぁぁぁ!! いつの間にやら春夏秋冬まで揃ってるし、しかもハードカバーなんかまで出てるし(6000部限定)。既にamazon.co.jp では売り切れ、中古が新品よりも高い値段で売りに出されています。

というわけで確保すべくとりあえずネット書店をはしごして、ようやく八重洲ブックセンターのネットショップ で在庫があるっぽいので注文。でも微妙な感じ。無事届きますかどうか。

とある別のネット書店でも在庫はあったのだけど、住所登録の時点で500サーバエラー がでてそこで終了。一見さんは買えませんかそうですか。折角トラックバック機能とかも追加されてイイ感じなのに(ニュースサイトの紹介記事でそのサイトに飛んで「四季」発売を知った)、こんなとこで躓くとは…、とここまで書いたらどこの書店か丸わかりですな。

S&M シリーズしかまだちゃんと読んでないのでV シリーズを読破しないと…。これから暫く読書漬けモードです。

ウィルス対策ことはじめ

ネットに繋げるなら万が一のときのウィルス対策はもはや必須の今日この頃です。特に最近のウィルスは色々とタチが悪く、感染し被害者となると同時に、ウィルスをばらまく「加害者」にもなってしまうので、要注意です。

ウィルスに感染してもすぐにそうとは分からないことが多いのが厄介です。しかし、大抵、何かこれまでとは違った事が起きているはずです(なにやらメールがいっぱい来るようになった、動作が重い、等々)。そういう時はウィルスに感染している疑いがあるので、チェックしてみましょう。

危険度の高いウィルスだと割と駆除可能なことが多い、マカフィーのStinger。メッセージが英語のソフトですが、そのかわり効果は絶大、一応簡易日本語マニュアルもあるしなにより無料なのでまずはコレを試すのが吉。

ウィルスの名前がはっきりと分かっている場合はシマンテックの無償ウイルス駆除ツール などから必要なのをどうぞ。

ウィルス駆除中はさらなる感染の防止のためにも、パソコンをネットワークから切断する(LAN ケーブルを抜く)等の処置が効果的です。

で、一応駆除されたっぽい状態になったら、ウィルス対策ソフトの無料試用版などでパソコン全体のウィルスチェックを行って、パソコンの安全を確保。試用版は30日程度で期限が切れるので、それまでに製品版を購入します。どれを使うかはお好みで。

マカフィー ウィルススキャン
シマンテック ノートンアンチウィルス
トレンドマイクロ ウイルスバスター

ここまでやればほっと一息。お疲れ様でした。

Bookmarklet のリンクにターゲットを指定する

Sleipnir でBookmarklet を使う(2) で書いた方法では、リンクにターゲットが指定されていません。これを自動的に(というか強制的に)付ける方法。

"/mt/lib/MT/App/CMS.pm" の639行あたり、太字下線部を追加します。


変更前: $param{text} = sprintf qq(<a title="%s" href="%s">%s</a>\n\n%s),
変更後: $param{text} = sprintf qq(<a title="%s" href="%s" target="_blank">%s</a>\n\n%s),

ちなみに、エントリー入力画面での[URL] ボタンにもターゲットを付ける場合には、"/mt/lib/MT/Util.pm" の408行あたりの太字下線部を追加します。


変更前: $text =~ s!(http://\S+)!<a href="$1">$1</a>!g;
変更後: $text =~ s!(http://\S+)!<a href="$1" target="_blank">$1</a>!g;

イノセンス

イノセンス 見てきました。これこそ、男ばっかりかと思いきや、意外にも女性が(男女比8:2くらい)。やはりプロモーションが功を奏したのか。

プロモーションはともかく、内容はまさしく攻殻機動隊で、そしていつもの押井映画であり、難解用語出まくり。私もすぐに難しい引用が検索できる高性能な外部記憶が欲しいよ!! いやもう最近とみに生身の脳の記憶容量のヘタりを感じていてね…、少し脳も鍛えないとイケナイかも。情報を覚えるのも、情報そのものではなく、その情報のURL さらにいえばgoogle 検索実行時の検索ワードと結果内での表示位置さえ覚えていればよい、みたいな。そりゃ脳も退化するさ。

話がそれた。密度が濃い故に、もう一度見ないと理解できないかも…、というか、とある「とても気分が悪くなるようなとんでもないコト」によって映画に集中できなかったのです。これまで数多くの映画を映画館で見てきましたが、このようなコトは初めて(冷房寒すぎで震える、なんざかわいいモンですよ)。脳の記録から特定の要素を選別除去したいキブン。

ラストの展開は流石と言うべき盛り上げ方で、とても熱い。

坂本真綾ライブ「タナボタ3 ニコパチなどなど」

坂本真綾 さんのライブに行ってきました。いやー、なんか、男ばっかりを予想してたのですが意外に女性も多く、びっくり(男女比6:4くらい?)。

当然、ライブなので生坂本真綾が見られるわけですが、私的には生菅野よう子が見られたことがとても嬉しくて。音楽が好きで好きで仕方がない、という感じで、だからこんなにも様々なステキな曲を作って行くことが出来るのかなあ、とか。

もちろん曲の良さもさることながら坂本真綾のステキな声が当然メインなわけで、かなり好きな「オレンジ色とゆびきり」が演奏されたのでもうかなり満足。「うちゅうひこうしのうた」を密かに期待しつつ、結局それは無かったのだけど、ラストの「おきてがみ」にやられた。震えた。

チケット予約電話に50分電話し続けてやっと繋がって、「完売しました」とのアナウンスを聞いたときはもうどうしようかと思ったけど、色々手を尽くして行くことが出来て良かったですよ。また次回を期待。てかもうこうなったらファンクラブ入るべきですか?

Windows セキュリティ アップデートCD(2004年2月) 到着

Windows セキュリティ アップデートCD(2004年2月) で注文したCD が本日届いてました。

このCD にはWindows 98、98SE、Me、2000、XP 用のサービスパック、及びセキュリティ修正プログラムが含まれていて、CD を入れて画面の指示どおり進めていけば全て自動でインストールされます。CD に含まれるプログラムは「836570 - Windows セキュリティ アップデート CD に含まれるセキュリティ修正プログラムの一覧 (2004 年 2 月)」で確認できます。詳しい使い方、トラブルの時は「833242 - Windows セキュリティ アップデート CD (2004 年 2 月) の入手方法と使用方法」を参照してください。

また、CD は2枚組になっていて、もう1枚はsymantec のNorton Antivirus 2004 とNorton Personal Firewall 2004 の90日無償試用版です。修正プログラムを入れたらこれでひとまずしのいでね、ということなのでしょう。

マイクロソフトお墨付きでこのようなプログラムが配布されるのはとてもいいことだと思います。ただ、普段Windows Update してないヒトにまできちんと行き渡るかどうか…というのは微妙なところ。雑誌などでも告知してるのかな?

もちろん、CD には今年に入ってからの修正プログラムは含まれていませんので、Windows Update も忘れずに!!

送料も含め、全て無料で入手できますので、まだのヒトは「Windows セキュリティ アップデート CD (2004 年 2 月)」から今すぐご注文を!!

とまるで社員であるかのように宣伝してみたり。

Master of Epic

MMORPG Master of Epic

日本産なのに洋ゲーっぽい渋めのグラフィックだったはずのResonanceAge がいつのまにか大幅に模様替え、というか方向性が180度変わって萌えに。一体開発現場で何が起こったのか!?

なんというか、ドメイン名からして狙ってますよねえ、これ。

FFXI もやめたことだし、特に今やってるMMO もないのでβ 応募してみますか。TFLOβ も落選したしなウワーン。

HDD のメンテナンスとか

  • PC

これdo台 を買いました。PC の電源を落として配線を換えてといった、HDD のメンテの際に必要な作業がこれでかなりラクになります。

また、メルコが提供してる"Disk Formatter" で「物理フォーマット」(多分ゼロフィルのこと)ができるので、ある程度の故障ならこれでリカバーできそうです。

この「物理フォーマット」をかければFINALDATA ではファイルのサルベージはできなくなるようなので(確認済み)、HDD を処分する際にもよろしいかと。廃棄HDD からの情報漏洩とかもちょくちょくありますから、用心に越したことはないです。

さすがに各HDD メーカが提供しているツール(フロッピーブートで独自のツールが起動する)ではUSB/IEEE 経由では認識しなかったですけど、これだけ使えれば充分。

HDD はデータの生命線。

普段はDTempHDD Health といったソフトでHDD の温度やS.M.A.R.T. の監視をやってます。 温度以外は気休めの部分が大きいです。

Yahoo! BB 個人情報漏洩確認ページ

ご解約者様へのお詫び送付先確認ページ が出来たので、なんとなく、自分の名前、電話、メールアドレスを入力して確認してみた。…、…、…。


警察当局から分析のご依頼を受け、弊社にてお客様情報の照合作業を行った結果、誠に遺憾ながらお客様の情報が含まれていることが判明いたしました。
当方の不手際により、このような結果となり、お客様に大変ご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

調査の結果、以下の事実が判明しましたのでご報告いたします。


▼調査結果
■お客様情報の内容
以下のお客様情報が本件の対象となっておりました。
(1) お名前<お申し込み者氏名>
(2) ご住所<設置場所住所>
(3) 電話番号<お申し込み電話番号>
(4) メールアドレス<お申し込み時連絡先メールアドレス>
(5) Yahoo! BBメールアドレス、Yahoo! JAPAN ID
(6) Yahoo! BBお申し込み日

※ なお、クレジットカード番号、銀行口座情報やパスワード、ご利用歴等の信用情報は含まれていないことも併せて確認致しております。


ヤッター500円ゲッツ!! …なワケないやん。

snmp とMRTG

ウィルスの件では大変お騒がせしました。

送信元は意外と近くにおりまして、案の定「添付ファイルを実行した」らしいですよまったく。シマンテックの駆除ツールのURL を教えて駆除実行後、マカフィー ウィルススキャンエンタープライズの試用版でディスクのフルチェックをして貰って、「そう高いものではないから今後このようなことが起こらないようにウィルス対策ソフトを買ってくれ」と指示して状況終了。

というわけで、まずは基本とばかりにMRTG…で使うためにsnmp などをインストールしてみたり。snmp のパッケージはRedHat から"net-snmp-5.0.9-2.90.1" 一式を取得。インストールと初期設定らしきものは終えたのですが、それから先が…ね。やばい、設定方法が全然分からない…。落ち着け、落ち着くんだ、とかやってるうちに今日は時間切れですな。また明日。

ま、ロクにドキュメント読んでないから当然の結果ではあります。がく。

/etc/sensors.conf(lm_sensors の設定)

lm_sensors のインストール の続き。

やる気があって忘れないうちにやってしまおう、ということで"/etc/sensors.conf" をいじってみることにします。

と、ここで大ハマリ。なにをどう設定すればいいのやらサッパリ。電圧や温度等を取得しているチップの種類はマザーボード毎に異なるので、自分の使っているマザーボードのチップ種別を正しく把握してその箇所に設定を書かねばいけません。

ウチのLinux マシンのマザーボードはASUS のTUSL2-C。これにTualatin コアのCeleron 1.4GHz が乗っています。"/etc/sysconfig/lm_sensors" には"i2c-i801" と"w83781d" と記述があるので、この辺りが怪しいとにらんで色々設定してみるも、上手くいかず。

lm_sensors のインストール

Linux マシンは常時稼働していますので、温度監視などできるようにしておいた方が良いです。といいつつずっとほったらかしていたのですが、夏が来るまでには…、といわず、思いついたときにやってみましょう。

Linux だとlm_sensors というのを使うのが一般的なようです。ページをたどればrpm ファイルも見つかりますが種類が多すぎてよく分からなかったのと、RedHat 公式のrpm ファイルはバージョンが古いので、大人しくソースからコンパイルすることにします。

ダウンロードページから"i2c-2.8.4.tar.gz" と"lm_sensors-2.8.5.tar.gz" をダウンロード。以下、「稼動状況をモニタする MB温度からCPU使用率まで1」を元に作業を進めています。

といきなり、"i2c" のmake でエラー発生。エラー画面に表示された、RedHat とFedora ユーザ向けの情報を元に"/usr/src/linux-2.4.20-30.9/configs/kernel-2.4.20-i686.config" を"/usr/src/linux-2.4.20-30.9/.config" としてコピー、これで無事make が通りました。

あとは解説通りに全てデフォルトの設定で進めていって、"/usr/local/bin/sensors" で無事表示されることを確認。…なんかCPU とM/B の温度が逆のような気がするので、後で"/etc/sensors.conf" をいじってみることにします。

Sleipnir でBookmarklet を使う(2)

Sleipnir でBookmarklet を使う」よりも簡単かも知れない方法を見つけたのでその報告。

"アドレスバー" の右側に"→" みたいなボタンがあると思うのですが、ここのメニュー(アドレスバー拡張メニュー)に追加します。

先ほどと同じく、「MT へ投稿」の内容をコピーしてメモ帳などに保存しておきます。Sleipnir がインストールされているフォルダ内あたりにあるはずの"AddrMenu.ini" をメモ帳などで開きます。

どこか適当な場所(できるだけ上の方がいいでしょう)に、


$MTに投稿|「メモ帳にコピーした内容をそのまま貼り付け」;

として保存します。行末に";"(セミコロン)を付けるのを忘れずに。"「」"も実際には必要ありません。あとは[拡張メニューの再読み込み]をクリックしたのち、実行してみてエラーなく投稿画面が出ればOK です。

アドレスバー拡張メニューはとってもベンリで、今開いているページのタイトルとURL をクリップボードにコピーしたりリンクを作ったりするのに頻繁に使っています。以下その方法。

Sleipnir でBookmarklet を使う

Sleipnir でBookmarklet を使う為の方法。

Movabletype のメインメニューから設定を進めていって、「MTへ投稿」が表示されたらこのリンクを右クリックして"ショートカットのコピー"、メモ帳でも開いて今コピーしておいた内容をペーストしておきます。

次に、「LunaTear: SleipnirからのBookmarklet」から"Bookmarklet.js.txt" をダウンロードして拡張子の".txt" を削除、Sleipnir の"scripts" フォルダに移動します。

"Bookmarklet.js" をメモ帳などで開いて、17行目の"window.open..." 以降の部分を、先ほどコピーしてメモ帳に貼り付けておいた内容に置き換えます。両者をよく見比べて、余計なモノまでコピーしないように注意。

Sleipnir の[スクリプト]-[スクリプトの再読込] を行った後、実行してみてエラーなく投稿画面が表示されればOKです。

※これを書いたあと、もうちょっとお手軽な方法を発見しました。詳しくは Sleipnir でBookmarklet を使う(2) にて。

ドナドナ

  • PC

ASUS P4B、Micron PC133 CL2 256MB x2、Adaptec AHA-2940-U2W に別れを告げてきました。使わなくなったパーツはこうやって処分していかないと、すぐに部屋がそういったもので一杯になってしまうので、ベンリに活用させていただいております。

さて、このお金でメモリなど…、といきたいところですが、今日(書いてる時点から考えると、昨日は、ですね)は久しぶりのヒトとの飲み会があったりなのでそうそう使うワケにはいかないのです!! といいつつ時間調整も兼ねて、例によってショップ巡り。

ほぼ元通り

  • PC

主要なアプリなどもほぼ一通りセットアップ完了。で、レジストリがまだあんまり汚れていない今のうちにC ドライブをフルバックアップ。コレで一安心。なにかやらかしてもすぐ戻せます。やはりインストール直後が一番キビキビ動きますねえ。

明日は余りパーツなどをドナドナしてくる予定。

さらに苦戦、そして…敗戦

  • PC

WindowsUpdate できない件ですが、キャッシュされたファイルやActiveX を全て削除したり、ルート証明書を入れ直してみたり、WindowsUpdate で使用するActiveX ファイルを直接ダウンロードしてインストールしてみたり、関係するファイルをレジストリに再登録してみたり、挙げ句の果てにはノートンアンチウィルスまで完全削除してみたりもしたのですが、…ダメでした。全く以て状況改善せず。

自分の納得のいくところまで突き詰めたので、もう、降参です。白旗。ってわけで気を取り直して再インストール開始。もう手慣れたモンです。なんたって数日前にやったばっかりだしな!!

いくつかの問題

  • PC

いまだに環境再構築中です。ウィークデイはなかなか時間が取れないねえ。で、寝る時間を削ってたりするわけですが、ハード的、あるいはソフト的にいくつか解決しない問題が存在しています。

メインマシン環境再構築中

  • PC

日曜ふと思い立って日本橋にふらふらと出かけ、いろいろと購入、メインマシンのマザーボードをIntel のD865PERLK に換装しました。黒基盤がイイです。

これまではCeleron 2.2GHz + ASUS P4B(845) + SDRAM(!) 256MBx2 という構成だったのです。なんとも微妙に中途半端な構成ですがこれでも丸1年甚大なシステムクラッシュもなく、MTV2000Plus で自動録画→スタンバイ待機を問題なくこなせていた安定環境でもあります。

Home > Archives > 2004/03

Return to page top