> > 「雲のむこう、約束の場所」 見てきた

「雲のむこう、約束の場所」 見てきた

「彼女と彼女の猫」 で衝撃を受け、すぐさまMANGAZOO の通販でCD を購入、「ほしのこえ」 はDoGA の上映会で見て、その場でDVD 買って新海さんにサインして頂いて…というのがココに至るまでの自分的経緯で、「いきなり劇場映画かよ」 と微妙な不安も抱いていたワケですが、なんとか時間をやりくりしてみてきました。

いろんな意味で、新海誠ファンならば必ず見ておくべき映画なのではないかと思います。
以下ネタバレに付き、追記に書きます。


なんか劇場の設備が良くなかったのか、微妙に音割れしてるし(元々音が大きめなのか?)、フィルムの掛け替えはヘタッピだし、そういうところが結構気にかかりました。ちゃんとやってくれよー。

で、そんな映画館だったからなのかもしれませんが、一番期待していた、「雲と空の表現」 がどうにもイマイチな感じがしました。深みがないというか。パンフの絵を見てもだいたい同じ感じなので、もともとこういう色なのかな。でもちょっと白っぽい感じもしたかも。「ハウルと動く城」 の方が空の描写に関しては上をいっているように思います。

キャラクターに関しては、さすがキャラデのヒトを入れただけあって、かなりいい感じになっています。特に元気な頃のサユリの描写はかなりハッとさせるものがありました。ただ主役3人の声については微妙という気がします。というか本職の声優さんが演ってるおっちゃん2人(岡部、富沢) がかなり上手くて…ってだけかもしれません。

テーマはともかく、ナニを観て欲しいのかが分からなくて、燃えなのか萌えなのか、どっちにせよ、踏み込みが足りなくて、たぶん一番盛り上がるはずのシーンでも「ふーん」 となってしまって、原えりすんのヒト が言われるように、やっぱりきっちりとした脚本家を入れた方が…と思うのです。

思うに、もともと30分くらいの尺を想定していたのが、もろもろの「諸事情」 ってやつで劇場公開モノとなり、やむなく引き延ばしをしてこういう結果になったのかなあ、という気もします。それに今回、相当の人間が原画とかで参加してたりするので、細かな違いはあれども、普通のアニメプロダクションとそう変わらない体制になってきているような気がして、そうすると、監督はなんにでも首をつっこむより、さらに分業化を進めていかないと破綻するような気がします。今回のでも細部まで目をかけられなかった部分があるんじゃないかな、と思う。

単館系であれ劇場公開映画となったからには、「映画の文法」 的な見方をされると思うのですが、構成がわかりにくくて(すぐ「3年後」 とかって時間が飛ぶし)、もう少しいっぱい映画観た方がいいんじゃないかなぁ、と思いました。とエラそうに言えるほどには私も映画観てないですけどね。

あと…いくらなんでも中学生がいきなり飛行機は作れないだろう、とか、高校生の分際で軍関係の施設に入れますか、とか、施設のセキュリティ弱すぎ、とか、元々の部分にツッコミどころが多いように思います。高校生→大学生、としてもそれなりに成り立つような気がするし、実際キャラデも高校生にしては大人びているのでは? という気もするけど。たぶん「高校生」 の縛りがあるんだろうな、なにか、作者の中で。

それでも、この映画は必ず観ておくべき映画で、「観て良かった」 と心の底から思っているのです。ホントに。

たぶん、興行的にはしょっぱいことになると思うので、またDVD で会いましょう、ということになると思うのですが、

「結果には満足しています。次は失敗しません。ご期待ください。」

とでも言ってくれれば一生付いてきます!! 次回作も期待。

Home > 映画とか > 「雲のむこう、約束の場所」 見てきた

Return to page top