設置メモ(1)

まずはここから始めないとどうしようもないので、他のサイトへのリンクばっかりですが、ご容赦を。
movabletype 日本語パッチ制作者のみらのさんのサイトの「Movable Type 日本語化手順」がとてもよくまとまってるのでここをベースに設置作業します。


日本語パッチの種類は設置先のサーバの種類ではなく、作業するPC のOS の種類で選びます。また、UTF-8 とEUC が選べますが、トラックバックとかで文字化けとかがあるようなので、UTF-8 を選択するのが無難っぽいです。また、その場合、unicode 対応のテキストエディタでないと文字化けしちゃうので、適当な物を用意しましょう。
ちなみにウチの環境は、作業PC はWindows、設置先サーバはLinux、文字コードはUTF-8、テキストエディタはTeraPad をありがたく使っています。
Image::Magick が入ってなかったので「Programing: Image::Magick」を参考にしてmake しようとしたところ、途中でエラーが出たので「[magick-users] Perl Magick install question」の通りに
./configure –enable-shared
として完了。
いったんココで切ります。

シェアする

フォローする