ソニーと任天堂の新型機

発表になりました。正直言って、PS2 が発表・発売されたときのような興奮はないのですが、一応。ソースはいつものごとく impress GAME Watch より。
プレイステーション・ポータブル(PSP)がついに公開! ~対応タイトルの映像ラッシュに数々の注目作品を発見
任天堂Media Briefingにて「ニンテンドー・ディーエス」が公開
ソニーのPSP はなんといってもデザインがイイです。さすがソニー。E3 で流されたらしいトレイラームービーを見る限り、「wipeout」 の新作もあるっぽいような気がしたので、ちょっと期待。問題はお値段とそして、ソニーがPSP をただの携帯ゲーム機で終わらせるのか、高度な携帯情報端末として自社のCLIE とかも侵食する勢いで発展させるつもりなのか、あたり。普段持ち歩く物を無駄に増やすだけではちょっとアレです。
任天堂のNDS は現行のゲームボーイアドバンスのカートリッジがそのままささるという、かつてPS2 でPS のゲームも遊べます、としたソニーを髣髴とさせる戦略できました。PSP と真っ向勝負ならこれくらいはやらないとね。またそれだけGBA の資産に自身があるということなのでしょう。見た目がもう、みんな思うでしょうけど「ゲームウォッチ」にしか見えない、ってのがアレです。そろそろファミコンカラーのGBA でも買うか、とか思っていたのですが、ちょっと微妙になってきたかも。
どちらも携帯ゲーム機なので、ふっとした時間に一瞬で起動できて、すぐ終わらせることも出来て、また時間が出来たら前の状態から再開、ができれば及第点なのですが。「すごいゲームを外に持ち出そう」だけではあんまり意味ないかも。勝手なこといいつつ、様子見。

シェアする

フォローする