森博嗣 「女王の百年密室」、「迷宮百年の睡魔」 読了

先週読み終えたのに書くのを忘れてました。
「女王の百年密室」 の方はもともとスズキユカさん の漫画のほうを先に読んでいたのですが結構忘れていたため、楽しく読めました。両方とも読むのが正しい楽しみ方ですが、どっちかというと漫画のほうがより分かりやすいかも。
「迷宮百年の睡魔」 はその続編。登場人物の把握はこちらの方がやりやすかったです。お話的にもかなり面白い。「イル・サン・ジャック」 という語感もいいなあ。すごい街だ。士郎正宗 や押井守 のテーマにも通じるような深みもあり。森博嗣 は底知れないです。そしてこのお話にもやはり「天才」 が出てきます。ていうか読む順番間違えたような気がする。ま、いいや。
今は「墜ちていく僕たち」 を読んでます。その次が「スカイ・クロラ」、で最後に「四季」。最後というか「一区切り」ですね。

シェアする

フォローする