Radeon 搭載のビデオカードがカノープスより登場

PCI Express 版の「MTVGA X600Pro」 と、AGP 版の「MTVGA 9600XT」 が出るそうです。価格はどちらも2万円半ば。たぶん普通の同チップを積んだビデオカードよりは割高ですが、ファンレス、D4 端子に出力ができることと、MTVX との連携機能などに価値が見出せれば買い、かもしれません。
ウチはMTV2000 Plus なので恩恵は受けれませんし、Video Gate 1000 で一応TV 出力はできてるし、「HALF LIFE 2」 クーポンつきの9600XT カード(しかもファンレス) が2万円くらいで売ってたりするので、かなり微妙な感じです。というわけで様子見。
なんだかむりやり業界全体でPCI Express へ移行させようとする意思を感じる昨今、AGP 版も出すのは極めて良心的です。
昔のSpectra シリーズのときみたいにちゃんと独自チューンのドライバとか載せてるのだろうか。

コメント

  1. ysd-ura より:

    DVI→コンポーネント端子が単体で7,8千円するから値段的にはお手頃かも。
    確かにこれでドライバが画質優先の独自仕様なら買う価値はあるんだけど、どうなんだろう?