PS2 とPSP の連携プレイ

任天堂がGC とGBA でやっているように、PSP はPS2(や現在開発中のPS3) と連携して何か新しいものを作り出す携帯ゲーム機であるはずなので、こういう特許を取得したのは至極当然のことではあります。
どっかのメーカーと組んでUSB接続無線LAN アダプタのPS2 用ドライバを用意して、PSP とアドホックで接続とかが一番お手軽な接続方法ですかね。無線LAN アダプタもソフトに同梱させれば良いし。というのは物理的な接続方法であって、この仕組みを利用してどんなものが出るか次第ですね。例えば、PSP にはルートマップが表示されていて、その情報をもとにダンジョンを進む、とか。2人でやれば「その先を右!!」 とかできるとかそういう。マップ担当がヒマにならないようなことも考えないといけないか。
PSP 自体もだんだんと電源が入る機会が減ってきております。ルミネスやりたいけど1時間奪われるとなるとなかなか出来ないです。
さてさて。こんな話もあります。こういう発言をする、ってことは、2月3月で設計が改善されて…てのは望み薄かもね。大丈夫なんかソニー?

(2005/01/24 22:51 追記)
特許の詳細。

(2005/01/25 10:24 追記)
日経ビジネス掲載の記事がWeb でも読めるようになりました。いかなる事情があったにせよ、これがSCE の公式見解として、記事どおりに受け取るしかないです。永久保存決定。

シェアする

フォローする

コメント

  1. ゲトメ より:

    まあPSPの□ボタンが埋まる不具合っていうのは、ゲーム製作者が□ボタンを使わせないような
    ゲームを作れば全く問題ないな。オレのPSPは電源が入らない(画面が映らない?)不具合だったけど、
    それも、世界一美しいPSPに似合う、「世界一美しくプリントされたUMDで出来たゲーム」だったら、
    ソフトを見ているだけでも満足できただろうなー。
    純正のゲームに期待できないので、ウラ技的に起動できる世の中にいっぱいあるゲーム(かなり遠まわし表現)
    が出来るようになればいいなあ、と期待。

  2. カネダ より:

    すぐUMD のフタが開いてしまう、というのを利用したUMD 射出機構で的当てゲームなどはユーザが工夫して遊んでいる好例だと思います。
    いろんな事を一緒くたにして語る人が多いですが、とにかくこれをゲーム機というならば面白いゲームをこそ出して欲しいわけで。
    PS、PS2 と、ゲーム機という点では全くブレがなかった久多良木さんですが、PSP はどういう位置づけで考えているのかなあ。
    ゲーム自体やらなくなってきたので、そろそろ、大容量メモリースティック買いますかね。

  3. げとめ より:

    PSPはアリカのテトリスが無くなったので、あとはワイプアウトに期待かなー…日本で出るかしらんが。
    グランツーリスモもPSPでならちょっとやりたい感じ。
    今はNDSのヨッシーとメテオスとパックピクスに期待。あと地味にGBAの三国無双に期待。2Dらしいので。

  4. カネダ より:

    アリカテトリス家庭用で出して欲しいなー。日本国内向け家庭用ゲーム機ライセンス持ってるのは任天堂なのかなあ。アリカはDS に参入してるのでそっちに…どうかな。
    メテオス地味に待ちます。