GbE 環境構築完了

NTT-X で送料・代引き手数料無料キャンペーンをやっていたので、ついカッとなって買ってしまいました。

で、中一日で到着。今は在庫なくなったみたいで、納期1週間になってます。
ケーブルはサンワサプライのカテゴリ6 ケーブル を選択。ケーブル内部に「十字介在」 という物が入っていて、ヨレにくくなっているようです。
というわけで、GbE NIC を付けたPC は全てGbE ハブに繋ぎ、これまで使っていた100BASE-TX ハブ(アライド FS708XJ) をぶら下げ、ルータもGbE ハブと接続。ケーブルの取り回しなどを整えて、完成。
折角GbE 環境になったので、ジャンボフレームを使いましょう。RWIN の設定をいくつにするのが正しいのか? というのはよく分からなかったので、何となく9000 で揃えてみた。Windows の場合は「窓の手」 などで、Linux の場合は”ifconfig” で設定できます。

厳密なベンチマークは取ってないのですが、ファイルのコピーを何回かやってみて、「はやっ」 と思える程度には高速化できたようなので、大満足。

シェアする

フォローする