新たなデスクトップ検索ツール、DesktopHE を使ってみる

えー、唐突ですがこないだテストしていたGoogle デスクトップ 2 はアンインストールしてしまいました。やっぱり、なんらかのインデックスは作ってくれるみたいなのですが欲しい物が検索で引っかからない以上、使えないという判断。
で、今はDesktopHE というツールをテスト中です。これは内部にHyper Estraier という検索エンジンを利用したデスクトップ検索ツールです。
他の多くのデスクトップ検索ツールがそうであるように、まずはインデックスを作成しなければなりません。というわけで作成。しばらく待ってインデックスができあがったので、おもむろに検索…落ちる。何故だ。
テストした環境は、Windows XP Professional SP2 + 11月時点のWindows Update 全て。これにjava.com から”Java Runtime Environment Version 5.0 Update 5″ のWindows 版をダウンロードしてインストール、再起動後の状態。
現時点での最新版、”0.9.0″ で検索して落ちたときのメッセージダイアログ。コピペ出来ないのでスクリーンショットで。
DesktopHE090_error.gif
ちなみに”0.8.0″ でも同様に落ちた。
DesktopHE080_error.gif
それと、アプリが落ちたときに運が悪いと[インデックス設定] がなぜか吹っ飛ぶようです(インデックスしたデータそのものは残っている)。そして[インデックスデータ格納フォルダ] を別の場所に指定していてもデフォルトの”D:\Application Data\DesktopHE\index” に戻ってしまって勝手にフォルダ作ってくれたりします。DesktopHE 本体をDドライブに置いてるのが原因かもしれない。
運良く検索が通ったときは結構いい感じなので、この辺の不安定さが解消されたらかなり良い感じかも。
常用するなら、タスクマネージャ経由で自動実行出来たらなお良しかなぁ。
しばらく追いかけてみよう。
(2005/11/27 13:29 追記)
作者の方に連絡を取ってみたところ、すぐさまバグfix した”0.9.1″ をリリースして頂けました。落ちることもなくなったので、かなり良い感じです。ありがとうございます!!
(2005/11/27 14:20 追記)
落ちるのに比べたら些細なことだけどひとつ問題発見。
[インデックス設定] で作られる設定ファイルの実体は”DesktopHE.properties” だと思うのですが、これがかならず”D:\Application Data\DesktopHE\index” 以下に作られてしまいます。ルートフォルダに勝手にフォルダ作られるのはなんとなくイヤなので、、できれば”DesktopHE.exe” と同じフォルダに置けたらベストなのだけど。

シェアする

フォローする