iPhone 2.1 にアップデート

昨晩リリースされたので早速入れてみた。
各所でレポが上がってますが、日本のiPhoneユーザにとって待望の、連文節変換が搭載され、さらに変換速度も目に見えて速くなりました。これまでは1-2秒程度考え込むことがあったからねぇ…。
他は、心なしか電波の掴みが良くなったような気はします。あとそれに付随してか、「マップ」 で仮位置のプロットまでが早くなりました。携帯の基地局からの位置
計測も組み合わせるGPS(A-GPS) だからですかね。
日本のケータイは予定された仕様を100% 満たした完璧な状態で出荷され、アップデートは機能追加ではなく万が一の不具合修正のみ、という考え方で作られているわけですが、ソフトウェアアップデートで普通に機能追加されていくiPhone はやはり全く違うモノですね。2ヶ月ほど使ってもまだまだ飽きることのないケータイは初めてです。いやそもそもこれはこれまでのケータイとは違うモノですよね。「携帯電話」 としては全く使ってないですし。
まぁ今回の、あるいは今後のアップデート、更にソフトバンクのがんばりによって普段の環境でもほぼ圏外が無くなったらau やめてiPhone 1本にできるかも、みたいな算段もあったりします。

シェアする

フォローする