Home > Archives > 2004/06

2004/06

apachetop でApache の状態をチェック

これはまた便利なソフトがあるものですね。Apache のログを定期的に拾ってきて画面上に"top" コマンドの表示みたいに利用状況を表示してくれます。サーバがどうにも重い、というような時とかに使うと面白いかもです。ものすごく些細なことながら、表示時間を+9 時間できるオプションとかがないのが少し残念。C のソースもちらっと見たけどどこを修正すべきかの見当すら付かず。

ま、そもそも、こういうコマンドで確認しないといけないほどのリクエストなんてウチには来ないワケですが。は、は、は。

なにげにfedora.us 以下からRPM ファイルを拾える、というのが興味深い、かも。

MovableType からNucleus への移行

といってもalectrope の話じゃなくて、ヨソのサイトでの話。MovableType は個人/非商用 以外の利用だとライセンス料がかかるため、社内の部門サーバで使うとか、きわめて微妙な色合いです。

MovableType のようなWeblog ツールや、Wiki、XOOPS のような重めのツールまで色々と試してみてたどり着いたのがNucleus。名前だけは前から知っていたものの実際に使ったことはなく、ついこないだバージョン3 が出たばかりらしいので設置してみたところ目からウロコがポロポロと。

こいつはすごいですかも。PHP + MySQL なのでMovableType よりもさらに環境を選びますが、MovableType からの移行ツールでサクッと移行できます。MovableType が利用しているデータベースから直接データを引っ張ってくるみたいで、予めNucleus 側で同じカテゴリを作っておく(ユーザが複数人いる場合はそれも作る)と、後はほとんど何も考えずに移行させてくれます。

また、ページは動的生成なので再構築も不要なのがちょこっとベンリかも。管理画面も使いやすいし、有志の方の手による日本語かも隅々まで行き届いているのでほとんどヘルプを読まなくても何とかなります。

そうそう、寄付は大歓迎というものの、ライセンス料というものは原則的にはないというのも魅力的です。

なにげに魅力的なプラグイン があるので食指が動いてきた。

とりあえず、未来の移行先の一つとして、検討に値すると思いました。

MovableType のコメントスパム対策

とうとうウチのような弱小サイトにもコメントスパムがやってくるようになりました。たぶんなんらかのWeb 巡回型のエージェントか何かで走らせているのでしょうね。

てなわけで、今のところまだホンの小手調べ、といったところのようですので、

  1. 管理画面から手動で削除
  2. コメントスパム送信元のIP アドレスをブロック

というきわめて手作業な対応でしのいでいます。

ですが今後のことも考えるとちゃんと対策しておくべきですね。
というわけで「Bayesian filter for MT」 を入れてみようかと情報収集中。CPU 負荷が高かったり、ベイジアンフィルタを育てる手間が必要があるとかあるようですが育つとかなり強力だとか。ベイジアンフィルタを育てる必要がある、との説明でたまごっちが引き合いに出されてるのですが、たまごっちは外国でも有名なのかな。

コメントの数が増えているのをみるとドキドキするので、それがスパムだったりすると超ガッカリです。というわけでこういうのは完全に排除する方向でがんばっていきたい。

NTP を利用してPC の時刻を同期させる

PC の時計ってのはわりとよくずれるものです。少々ずれたところでいいじゃないか、と思われるかも知れませんが、PC でTV 録画予約をしているとか、LAN で繋いだPC にファイルをコピーするとか、メールを送るとか、ずれているとかなり困るケースもあります。

そこで時刻あわせをしよう、ということになるのですが、何にあわせればいいのか。まさかNHK の時報で、ってなアナクロな方法なんかじゃとてもやってられません(BIOS でとりあえずの時刻あわせとかはやるかも)。

RPM パッケージを探す際の情報など

いつもあれはどこだっけ? となることが多いので、まとめておきます。わりと順不同。今後増えることもあるかも。ソースRPM のSPEC だけが欲しいんだ! というときに役立つかも。

    RHL9 のオフィシャルパッケージが欲しい場合は以下から。RedHatNetwork への登録(無料)が必要。
  • Red Hat Network

(2004/06/30 01:26 追記)

(2004/11/08 23:46 追記)

OpenSSH もソースファイルからRPM ファイルを作る

(2005/01/25 22:31 追記)
OpenSSH のRPM を作って入れ替え」 に追加記事を書きましたのでご参照ください。

OpenSSL の入れ替えが終わったので、次はOpenSSH。これもRPM で入れられるよう、あれこれしてみます。いったんはCheckInstall でRPM を作ってみたものの、tarball の中をよーく見てみたらredhat 用のSPEC ファイルを発見したのでこいつを使って入れ直すことにしました。

OpenSSL のソースファイルからRPM ファイルを作る

(2005/01/24 20:16 追記)
※ 以下の情報は既に古いです。「Fedora のSRPM からOpenSSL をリビルドしてRHL9 に」 をご覧ください。

RedHatLinux9 は既にRedHat によるサポートが終了していて、あとはFedora Legacy の最大限の努力に期待する、という状況ですので、頼り切りにせずに自分でパッケージを入れ替えていく努力もせねばなりません。というわけで今回はソースRPM もない、ただの "*.tar.gz" なソースファイルからRPM ファイルを作れるようにがんばってみることにします。ちなみに"*.tar.gz" なファイルのことを"tarball" とか言ったりします。tar玉 とか言ったりもするかも。

IE でページを開いただけでウィルスに感染してしまう

Windows + InternetExplorer の環境で、とあるサイトのページを開いただけで自動的にトロイの木馬型ウィルスを仕掛けられてしまう、といったことが起きているようです。対策としては、毎度のことですがとにもかくにもまずはWindowsUpdate することです。これで感染のリスクがかなり下がります。ただ、今回の件ではパッチ未公開のIE の脆弱性を利用している、との話もあるので、これだけでは不完全かもしれません。できればJavaScript の実行もオフにしておきたいところです。ついでに、ActiveX 関係もオフにしておいたほうがより安全です。

例えばSleipnir の場合、ステータスバーのアイコンをシングルクリック or ダブルクリックするだけでActiverX のオン/オフ をすぐ変更できますので、こういう機能がついているタブブラウザなどを使うのもきわめて有効な手段です。よりいっそう安全を求めるヒトはMozilla やOpera をどうぞ。

そんなこんなで、いまや画像表示以外はすべてデフォルトでオフ、になりましたが…IE をクラッシュさせるGIF 画像 なんてのもあるらしく…画像表示もオフにしろと!?

MAC アドレスからそのデバイスのベンダー名を検索する

  • PC

MAC アドレスというのは、LAN カードなどの物理的なネットワーク機器に必ず付けられている番号です。インターネットを利用する際、利用者には見えないところで必ずこのMAC アドレスのお世話になっています。身近な所では、無線LAN の利用者を制限する際などに利用することがあります。

で、MAC アドレスはネットワーク機器のメーカごとに割り当てられる範囲が定められているので、MAC アドレスで検索すればどこのメーカの機器なのかがある程度推察されます。そんなに利用する機会はありませんが必要なときもあったりするのでメモをかねて。

(2005/04/11 16:08 追記)
指定したIP アドレス(範囲指定可能) のMAC アドレスやベンダー名までも一覧にしてくれます。他にもいろいろ出来そうなので、ベンリかも。手元に置いておこう。

(2006/06/02 20:26 追記)

(2006/07/25 00:16 追記)
Technitium MAC Address Changer    - にわか鯖管の苦悩日記 _| ̄|● (2006-07-24)」 経由。

GUI でMAC アドレスを変更できるフリーソフト。

(2006/09/22 11:19 追記)
こちらもGUI でMAC アドレスを変更できるフリーソフト。

A4 用紙1枚でCD ケースを作る

A4 用紙1枚で CD が2枚入るケースがお手軽に作れるよ、というお話。試しに何回か作ってみましたが、なるほどこれは良いです。とりあえず的に焼いたCDとかをとりあえず仕舞っておくのにちょうどよさそうです。自分で試してみた結果と、スラッシュドットの書き込みも参考にして、折り方をまとめておきます。分かりにくかったらごめんなさい。

  1. Double-CD case が折り方の図解です。以下この図を元にします。
  2. 頂点B-頂点D の対角線で折るのは難しいので、まずは頂点B と頂点D を重ねるようにして折ります。
  3. この状態のまま、頂点A と頂点C を重ねるように折ります。
  4. 折った紙を広げます。頂点B-頂点D の対角線に折り目がついているので、その線にそって折ります。
  5. 頂点A から底辺に対し直角の折り目を入れます。この線がD と底辺の中心を1:2 に分割する線になりますので、この線より少し外側(左側)に頂点D をあわせて折ります。
  6. 同様に、頂点C から底辺に対し直角の折り目を作り、その線より少し外側(右側) に頂点B をあわせて折ります。
  7. あとは図のとおりに頂点C と頂点A を折ります。頂点A はもう少し左下がりにしてもいいかもしれません。
  8. 中心線で折り込み、頂点B のポケットみたいになっているところを挟み込みます。

昔々に折り紙をしたことを思い出したりとか、説明文を書いているときはまるで図形の証明文を書いてるかのような気分になったりとか、あぁなにもかもが懐かしい。紙の折り方ってのは、結構奥が深いみたいで、特許が取れたりもするらしい、ってなことを昔々に聞いたことがあるような。段ボールの折り方だったかな。

VNC 4.0 をxinetd 経由で起動させる

VNC 4.0 のRPM ファイルを作ってみる(RHL9 用)RHL9 にインストールしたVNC4 を使ってみる の続きです。

これまでのアレコレで、コマンドラインからVNC サーバを起動させれば、"VNC Viewer" で接続できることが確認できました。起動させたユーザで


$ vncserver -kill :1

とか実行しない限り、そのユーザでログオフしたとしてもVNC サーバのセッションは残ったままになるので、こういう使い方はベンリかも。

それはそれとして、ここまで出来たのだから、xinetd 経由でデーモンとして接続を待つ設定に出来れば更に手間いらずでラクが出来そうです。こういうちょっとのラクの為のたくさんの苦労がイイのです。

RHL9 にインストールしたVNC4 を使ってみる

さて、VNC 4.0 のRPM ファイルを作ってみる(RHL9 用) の続きです。

インストールは終わったものの、次はどうしたらいいのやら? というわけでいつものグーグル先生に教えを請うて導いて頂きました。まずはLinux 側での作業です。VNC 経由したいユーザで、"/usr/bin/vncserver" を実行、パスワードの設定を求められますので、適当な長さのものを設定します(foo は仮のユーザ名、hoge は仮のサーバ名です)。

VNC 4.0 のRPM ファイルを作ってみる(RHL9 用)

ちょうど新しいバージョンも出たことだしいい機会なのでLinux に入れてみることにしてみました。当然RedHat からのRHL9 用RPM ファイルのリリースはありませんし、いつまでもソースから手動でインストールするのも芸がないので、今回は「エンタープライズ:特集:第2回 RPM活用のステップアップ-SRPMリビルドとコンパイルマスター」 の記事を参考にして、自分でRPM ファイルを作ってみることにしました。

まずはファイル配布元であるRealVNC のサイトから必要なファイルをダウンロードします。名前やメールアドレスの登録が必要なように見えますが、必要なファイルの種類のチェックさえ入れればダウンロードページに進むことができます。でも一応本名とまともなメールアドレスで登録しておきました。

今回使用したのは、"x86 Linux Redhat 7.3 RPM" の"Source RPM (.nosrc.rpm) (473K)" です。同じRedHat とはいえ、バージョンが違うので、ドキドキですが、ダメならば完全にソースからインストールするまでです。出来る限りのことはやってみましょう。

さて、落としてきたファイルを


# rpm -ivh vnc-4.0-1.nosrc.rpm

でインストールすると"/usr/src/redhat/SPECS/vnc.spec" と"/usr/src/redhat/SOURCES/vnc-4.0-unixsrc.tar.gz" が展開されます。後は"/usr/src/redhat/SPECS/vnc.spec" をなんとか弄り回してパッケージ作成まで粘ってみます。

HepCat 1.2.6b 出ています

  • RSS

早速ダウンロード、っと思ったら404…。1.2.4b ダウンロードのリンク先URL と比較すると、どうやらファイルへのリンク先を間違えているっぽい。自分で落とせたアドレスをコメントの方に書いておいたので、落としたいのに落とせないー、ってヒトはこれで。じきに修正されると思います。

今回の修正点は、明示的なプロキシ指定が可能になったことと、バグ修正です。

[ブラウザ] は表示させず、[一覧表示] の記事タイトルダブルクリックでSleipnir にURL を渡すのが使い勝手が良いように思えてきました。しばらくこの使い方でやってみます。

適性・適職 診断 テストしてみたら…

よく見かけるテストなので、受けてみた。深く考えず、適当に選択しつつ、ぽちっとな。

90題へのご回答誠にお疲れさまでございました。
あなたがご回答なさった際に強く顕れた一面は・・・

『完全を求める』『夢見る』『平和を求める』

気質です。

一面といいつ、みっつもあるよ!! ふたつでじゅうぶんですよー(それでも多い)。

Sleipnir のアドレス拡張メニューに"はてなアンテナに追加"を追加

はてなアンテナ 育て中です。始めたばかりでまだ全然育って無くて恥ずかしいので、プライベートモードにしてます。

で、ラクしてアンテナに追加するために、「はてなアンテナのヘルプ」 の「22. アンテナに追加リンク」 を見つつちょっと考えて、Sleipnir の「アドレスバー拡張メニュー」 に以下のようなコードを追加してみました。

(2004/06/18 16:15 追記)
JavaScript 使わなくても出来そうなので、置き換えます。


!はてなアンテナに追加|http://a.hatena.ne.jp/append?{URL}

"スクリプト" で同じコトをやりたい場合は「Sleipnir - スクリプト」 で。Sleipnir の"スクリプト" はノートン先生がアラート出したりするのと、制限ユーザなどではそもそも利用が出来ないので、できるだけ"アドレスバー拡張メニュー" で済ませるようにしています。

なお、上記の方法、及びSleipnir でBookmarklet を使う(2) の方法ではJavaScript の"window.open" を使用していますが、そろそろ出そうなWindowsXP SP2 ではこれの利用が制限されるかも、というような話を聞いていたので、ちょっと調べてみました。結論から言うと今回のような使い方の場合は特に影響は受けなさそうな気がします。気がするだけなのでSP2 正式版が出たら入れて試してみますね。

Sleipnir Version 1.60 正式版移行時の注意

1.56 あたりから移行する場合、まずは「1.60 正式版をインストールされる前に必ずお読み下さい(重要)」 をよく読み、よく理解します。これまではユーザごとに設定を別々に保存するかどうか好きにできたのが、セキュリティ上の問題で強制的にユーザごとに設定保存するようになりました。保存先が変わるので、ちょっと注意。でも手順どおりにやれば問題ないはずです。

また、History.ini(ページ閲覧履歴)、LastWnd.ini(終了時に開いているページ)、CloseURL.ini(閉じたページ) の保存ファイルが変更になったため、特に普段からタブをいっぱい開いていて、開いたまま終了させたりしているようなヒトは要注意。対策は、今使っているSleipnir で開いているページをグループに登録した後(1.56だと[ウィンドウ]-[現在の状態を保存])、1.60 にアップグレードして、グループを開くと復帰できると思います。グループ機能はうまく使えばすごい便利な気がします。

入れ替えの作業で影響が大きそうなのはたぶんこのへんくらいです、あとは「更新内容」 で確認してみてください。今回のバージョンアップで密かに"Gecko ActiveX Control" による、Gecko エンジンでのHTML レンダリングへの対応が進み始めてたりしてます。現状はまだ仮機能ということで、不具合とかもあるみたいですが、いずれGecko エンジンも内包していく方向にあるようです。すごいなあ。とりあえず試してみたヒトは「Sleipnir - Gecko」 を読んで試してみてください。

坂本真綾ファンクラブ第2期会員募集開始

ライブ行くこと前提で考えるならば入るべきか、と思いつつのメモ。

  • 募集期間は 06/15 10:00 - 07/30 20:00
  • 申し込みはローソンのLoppi からのみ
  • 気になるお値段は年会費5,000円 + 申し込み手数料200円 の計5,200円
  • そして会員特典は、会員証の発行、オリジナルグッズプレゼント、会報誌を年4回発行、ライブチケット優先販売、オリジナルグッズの販売、など

まだ時間的に余裕があるので、よーく考えよう。

しかし公式サイトの告知にお値段書いてないってのは片手落ちもいいところですよ。ロッピーのサイトの検索でもデータベースの更新されてなくて情報でてこないし。というわけで夜食買いついでにローソンまで出向いてローソンチケットの冊子貰ってきました。

HepCat 1.2.4b 出ました

  • RSS

今回のバージョンアップでは、

  • [チャンネルツリー] のアイテムを右クリックしたとき、選択状態にした上で右クリックメニューを出すようにして欲しい
  • [規定のブラウザ] が変更不可の環境で、任意の外部ブラウザにURL を渡す機能

がとり入れられました。ありがとうございます。好き勝手言ってることを取り入れて頂けるのは嬉しくもあり、またHepCat の元々のコンセプトから大きく外れた要求をしてやしないかとドキドキしてたりしてます。

というわけで、外部ブラウザが使えるようになりました。この機能が使えるのは[一覧表示] だけなのが少し残念。[要約表示] でも使えるとうれしいのですが、ここはIE コンポーネントを利用してるようなので、ちょっと無理かな…。

より安全なファイル転送の方法を模索

"SFTP" というのを使うと、アカウント名やパスワードだけでなく、ファイル転送部分も暗号化されるみたい。FileZilla やWinSCP でその機能が使えそうです。しかし、これらのソフトではEUC エンコードを考慮しておらず、結果として(EUC な)日本語でファイルに名前をつけているとファイル名が文字化け状態になります。

FileZilla の場合、本家SourceForge の要望に「SourceForge.net: Detail:844267 - Client:Support for filenames encoded in EUC」 としてポストされているものの、結果として放置状態になっているようです。また、ある時期に「FileZilla Kanji code convert version」 という、EUC-ShiftJIS 変換を行うパッチを公開されていた方がいたようなのですが現在そのサイトへはアクセスできず、行方不明状態。

というわけで、クライアント側ではなんともできそうにないので、「sftp-server SJISパッチ」 とか入れてみると幸せになれるのかも、と考え中。というか現状これしか解決法が見つからないっぽい。みんなどうしてるんだろう?

他には、SSH でポートフォワードを設定、FTP 用のトンネルを掘る、という方法がありそうですが、PuTTY+FFFTP でテストした限りでは、ログインは出来たものの、その後のディレクトリリスト取得の応答部分でタイムアウトになってしまいます。うまくポートフォワードが出来ていないっぽい。そもそもこの方法だと単にパスワードが暗号化されるだけでデータ通信は普通のFTP と同じくそのまま通してしまうので、微妙ではあるのですが。

PuTTY の代わりにPortForwarder も使ってみたところ、FFFTP で転送以前に、サーバへの接続の時点でどうもうまくいかず。もうサーバ側でパッチあてるしかないかな。いやもちろん日本語名なファイルを作らない、とかも検討の余地ありですね。

※気休め程度ですが、いくばくかのセキュリティを確保するために、あえてぼかしたりして書いたりしてます。

SSH はじめました

上記サイト等を参考にして、外部からSSH を使用してリモートログインが出来るように設定してみました。SSH2 が使いたかったので、TeraTerm+TTSSH はあきらめて、PuTTY+日本語パッチ版を使うことにしました。オリジナルのソースに手を加えた「TeraTerm 3.1.3」 だとSSH2 が使えるとの記述があるようですが、手元でテストした限りではうまくいきませんでした(多分設定の煮詰め不足)。今回の件には関係ないものの、使うこともあるかもなのでリンク。「UTF-8対応TeraTerm Pro」。

他にSSH2 で使えそうなクライアントでは、「Terminal Emulator VaraTerm」 高機能っぽい分シェアウェアとなっているので、とりあえずリンクのみで。

PuTTY は設定関係をレジストリに持っているようで、USB メモリに一式入れて持ち運びを前提とすると、この方式はちとイヤです。「PuTTY を INIファイル対応にするパッチ」 を使うとini ファイルに設定を保存してくれるようになるようです。しかし、サイトで公開されているパッチあて済みのバイナリは少しバージョンが古いみたいなので、自分でパッチをあててコンパイルする必要があります。また、INI ファイルに設定内容が保存されることについてのセキュリティリスクとかも考えないといけないかも。でもこれは欲しい機能なのでVC 入れるかな…。

とにもかくにも、SSH は通るようになったので、ここをトンネルさせてFTP とかもできるとかなり嬉しいです。まだまだ試行錯誤中なのでいったんこの辺で切ります。

flash★bomb '04 行ってみよう

  • Real

flash★bomb '04 officialsite

FLASH・動画@2ch掲示板 のFlash 職人さん達の作品上映会。出品者さんの一覧はこちら

行くとしたら大阪会場なのでメモ。チケット販売は06/20 公式サイトで告知。

開催地:大阪 / 八尾市 / シルキーホール
期 日:2004年 7月 18日(SUN)
時 刻:17:00~21:00(予定)
参加費:¥1500-
定 員:200名(予定)

バナーもはってみたり。ぺたり。

HepCat 1.2.3b リリースと、ライブドアのRSS リーダのこと

  • RSS

HepCat 関係のエントリが増えてきたので、カテゴリを見直しました。これで過去のもこれまでよりはアクセスしやすくなったのではないかと思います。

前に書いた、「[要約表示] にもセキュリティ設定が反映されるようにしてほしい(けっこう切実)」 が取り入れられました。ありがとうございます。「新規フィードを作るとき、[ツリーアイテム] のカレントのフォルダではなく、RSS のショートカットをドロップしたフォルダ内に作れるように」 も出来ることを確認。

「「引用つきコピー」追加」 というのが今後色々なことに気が使える気がするので期待。できればこういう外部への書き出し系の機能をユーザが好きに作れるようになると嬉しいかもです。

  • [チャンネルツリー] のアイテムを右クリックしたとき、選択状態にした上で右クリックメニューを出すようにして欲しい
    (このフォルダだけ更新、とかを頻繁にやるので)
  • 同じく[チャンネルツリー] の[+][-] ボタンをクリックしたときの展開/格納アニメーションがなにげに負荷が高いような気がするので、アニメーションをオフに出来るといいかも

ライブドアがRSS リーダを発表(NewzCrawler) したことですし、今後このジャンルのソフトが色々と出てきそうです。「Editide Slash Blog: Livedoor発のRSS リーダー「Newz Crawler」」 によると、「NewzCrawler」 を日本語化した、ということなのかな。

オリジナルの方のサイトの解説によるとUsenet の読み込み機能もあるようだけど、ライブドア版はどんな機能があるのかよく分からないですね。主だったニュースサイトのRSS がどの程度プリセットされているのか、とか。まさかないとは思うけど、Bulknews のタダ乗りとかだったりしたら…。

HepCat 1.2.1b 出ました

  • RSS

早速バージョンアップ。とはいうもののどこがどう変わったのか、半分くらいしか確認できてなかったり…。好き勝手に書いていた、バージョンナンバーを上げて欲しいとかも取り入れられていて、ありがとうございます。だんだん手に馴染んできたように感じる最近です。ちょっとクセがあるように感じるので[一覧表示] は使わず、[ツリーアイテム] と[要約表示]、ブラウザの組み合わせで使っています。

現時点で気づいたことは、以下の通り。

  • いつからかは分かりませんが、密かにブラウザ部分のツールバーの位置が記憶されるようになってました。これで僅かながらブラウザ表示の領域を大きくできます。
  • [オプション設定]-[タブ機能]-[タブを複数段で表示する] のチェックを入れるとブラウザ表示が不可になり、HepCat を再起動するしかなくなる。また、チェックをいれても保存されるときとされないときがある。

Linux メモいくつか

HepCat1.2b 公開中

  • RSS

バージョン上がりました。Access のデータベースを使うようになったのでフィードの切り替えが速くなりました。その代わりか、更新中はやや重くなったように感じます。でも、切り替え時にもたもたとするよりはよっぽどいいので、この変更は歓迎です。

私の場合、Sleipnir と併用しているので、どうしてもSleipnir との比較みたいなものになってしまうのですが、いくつかあった方がいいなぁ、と思う機能があったりします。不具合系は普段使っている範囲では特にないです。

(2004/06/11 10:06 一部追記・書き換え)

  • [セキュリティ] で[ActiveXの実行] のチェックがオフの状態でActiveX を使用しているページを開くときに出るエラーダイアログを自動で閉じてくれる
     →JavaScript もオフにするとダイアログが出なくなったのでこれでよさそう。セキュリティのためにも、画像のみオンにしてます。
  • [規定のブラウザ] が変更不可の環境で、任意の外部ブラウザにURL を渡す機能
     (URL バーを選択してコピペすればいいことなんだけどね)
  • [一覧表示] で[公開日時] でのソートが効いていないっぽい
     ([公開日時]→[チャンネル] でソートしているような?)
  • 新規フィードを作るとき、[ツリーアイテム] のカレントのフォルダではなく、RSS のショートカットをドロップしたフォルダ内に作れるように
  • [ツリーアイテム] のフォルダを選択したとき、[一覧表示] に記事を表示するかどうかオプションで選択できるように
     (フォルダ下部の新着が全部消えるので不便)
  • [ツリーアイテム] のアイテム横のチェックボックスを間違えてクリックすることが多いので、例えば[編集] の中に入れてしまうとよいのでは
  • アップロードしなおすごとに、どんなに細かくても良いのでバージョン番号を上げて欲しい
     (バージョン番号が同じままのファイル入れ替えがあると混乱するので。xx/xx xx:xx 版 とかでもOK)
  • [要約表示] にもセキュリティ設定が反映されるようにしてほしい(けっこう切実)

以上、うまく説明できてないかもですが、こんなかんじです。
あやふやな意見をまとめて形にしていくのは大変な作業だと思います、蔭ながら応援してます。

6月のWindows セキュリティ修正プログラム

今月はふたつ。「DirectPlay の脆弱性により、サービス拒否が起こる」 はWindows 98/98SE/Me/2000/XP/Server 2003 が対象ですが、98/98SE/Me は深刻度が「緊急」 レベルでないので修正プログラムは出ません。ゲームはやらないのでDirectX とか入れてません、というヒトには無関係です。

もう一方の「Crystal Reports Web Viewer の脆弱性により、情報の漏えいおよびサービス拒否が起こる」 は、たいていのヒトには無関係です。「Visual Studio .NET 2003」、「Outlook 2003 with Business Contact Manager」、「Microsoft Business Solutions CRM 1.2」 のいずれかをインストールしている場合は更新プログラムをインストールする必要があります。

ところでIE には現在のところ回避不能な脆弱性(「ITmediaニュース:IEに未知の重大な脆弱性」) などというのがあるので、できるだけ普段からActiveX などは切るようにしておいたほうが良いと思います。Sleipnir とかだとActiveX のオン/オフ切り替えも簡単なのでこういうのを使うのも一つの方法です。ちなみにウチではJavaScript と画像のみオンにしています。

アップル AirMac Express ちょっと欲しい

  • PC

最初AV Watch の記事を読んだだけではいまいちピンと来なかったのですが、「はてなダイアリー - リンクとか備忘録とか日記とか」 で読んでようやく理解。ひとことで言うとこれはかなり欲しいぞ。Mac 持ってないけど。無線LAN とかも全然使ってないけど。

ノートPC と一緒に携帯して、出先でワイヤレスになろう! というコンセプトのようですね。これはいい着眼点。素晴らしい。

「ドーン・オブ・ザ・デッド」 見てきた

21グラム」 とどっちを見るか考えた末、時間的な都合とより興味のあるほうということで「ドーン・オブ・ザ・デッド」 見ることにしました。で、今回はパンフレットは買わず。そういう評価です。以下ネタバレなのでまだ見てない方は見ない方がよろしいかと。

あ、そうそう、「ハウルの動く城」 の新作予告編やってました。私の知る限りで3つめ、結構尺長め。もう城の動きだけで泣ける。

PS2 鉄人28号 面白そう、しかし...

現在、リメイクされた 「鉄人28号」 が夜中にやってたりしまして、これがまた良いデキなのです。なんでロボットなのに血がにじんだ包帯巻いてますか? とか。

で、番組の合間のCM でPS2 用ゲーム「鉄人28号」 が盛んにCM されてまして、ちょっと気になりつつ、でもこういう原作モノは...とか思ってたら、かつて「リモート・コントロール・ダンディ」 という、ある種名作を作り出した会社が制作してるとのこと。おぉ、こりゃ期待出来る...!! けど買ったところでどうせやらないのが目に見えているので、購入は控える方向で。中古で買うか。でもいきなりたたき売りされてたりとかしたらゲンナリするなあ。

「ウルトラマン」 も実はちょっと気になる。誰か買いません?

ネットゲームの今後

MMORPG に限って言うと、これはものすごく人を選ぶゲームです。出来る人は出来るし、出来ない人は出来ない。いったんハマると長期間そのゲームを続ける(時間を投入しないと強くならないから)し、続けるにつれてゲーム内での仲間も出来るのでそう簡単には別のゲームには移行せず、継続的な課金が得られるので運営側にとってはおいしいです。ですが、そういう人たちはきわめて限られた、一般的ではない層のはずです。

いやほんとに、自分でも「FFXI」 にたいそうハマっていたとき、家にかえるやいなやPS2 を起動させ、まだ人の少ないうちに倉庫キャラでツェールン鉱山に小一時間ほどこもってひたすら採掘し、出てきた鉱石を枠いっぱいまで競売にかけてあとは競売前で放置バザー、それからご飯食べたり色々したりして、そうこうするうちにその日の在庫がはけるのでその稼ぎで明日のためのつるはしとか購入、残ったお金をメインキャラに送金し、明日の起床時間を気にしつつメインキャラで入りなおしてLS の人たちと(以下きりがないので略)。で、平日でも午前2時とか3時までとかやって睡眠時間は3-4時間がザラとか、そういう生活をしているのがMMORPG プレーヤーの実態かと。いわゆる「廃人」 と呼ばれる人たちはもっとすごい生活してるのでしょう。

Sleipnir Version 1.60 beta 1 でBookmarklet を使うための方法

このバージョンからオプションに「ポップアップ広告」 というのが追加され、これが有効になっているとSleipnir でBookmarklet を使う(2) で書いたBookmarklet が使えなくなることが判明。

「ポップアップ許可URLリスト」 にURL を書けば回避できますが(実験済み)、このBookmarklet の性格上、ページのタイトルとURL は普通毎回変わるわけで、ワイルドカードとか正規表現とかその辺の類の指定も出来そうにないので、少なくとも現時点ではこの機能をオフにすることでしか対処法はなさそうです。

せっかくある機能を使わないのはもったいないけど、この手のポップアップ広告は今のところ「禁止URL」 と「禁止タイトル」 でほぼまかなえているのでとりあえずこれで。

SHADOWBANE 07/31 でサービス終了

会社経営的に利益が上がらなかったからなのか、07/31 をもってSHADOWBANE はサービス終了となります。微妙に興味はあったものの、運営会社に何か言葉に出来ない違和感を感じて、結局やらずじまい。MMORPG は一緒にやってくれる友達が居ないとなかなか手が出せません。といいつつFFXI は(ほぼ)一人寂しくネカマしてましたが(かなりイタい)。

このゲームのエピソードで面白かったのは、スラッシュドットの書き込みにもあったHotWired Japan の「ハッキングで凶暴化したオンラインゲーム『シャドウベイン』」 という記事。サーバをクラックして自分が強くなるのではなく、モンスターを凶暴化させますか!! これじゃまるで.hack じゃないですか。これはたのしそうかも(いろいろな意味で間違い)。

書き手=読み手=自分。

alectrope もWeblog なわけですが、ここにある記録は、私は、数ヵ月後の自分に読んでもらうために書いています。書き手=読み手=自分。書く理由の第一位にはあがるものの優先度は高くないので、基本的には他者の視線を意識した書き方にしてるつもり(なってるかどうかは自分では判断できない)。「自分が欲しくて検索した情報で、他人も必要としそうな情報」 などは特に積極的に記録してます。より正確に記録することを目指すことで、自分の主記憶から抜け落ちていく分の補完が出来ると考えています。

気になったURL を再度検索する手間がかなり面倒で、下手をするともう2度とたどりつけないこともよく経験します。ここはその対策のひとつでもあります。(まだ)うまく機能していませんが。プライベートモードはてなダイアリー とか、ひとりWiki とかやれば、いいのか。けどそうすると記録しておきたい事象ごとに記録するメディアを選択しないといけなくなる、いや今実際そうやって断片を記録しているのだけど、もっとシンプルにしたいです。

プライベートはてなダイアリーは「CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:Blogは究極の知的生産の道具」 でそういう使い方が出来ることを知って、ちょこっと使ってみたりしてます。最終的にHTML に変換されるのにも関わらず、HTML 以外の記法を覚えないといけない(覚えなくても使えるけど)感じがちょっとイヤで、それはWiki もそうで、こういうもやもやも含めて、記憶をまとめるのに何が最適なのか、というのを日々模索中です。

やふおく、配達記録郵便で住所確認はじめる

詐欺対策を更に一歩押し進めるようです。さしあたっては、オークション取引実績歴の浅いユーザに配達記録郵便を送り、その内容物に書かれているコードをWeb 経由で入力させることで本人の所在確認とするようです。今後、対象ユーザを拡大していくようなので、いずれウチにも連絡があることでしょう。

どの程度の効果があるかはさておき、このような努力をひとつひとつ積み重ねていって詐欺事件を減らせるよう、この調子でがんばって欲しいです。

ところで、「配達記録?」 「配達証明?」 どっちが正しいのだろう? 日本郵政公社的には配達記録のようですが。

森博嗣 「墜ちていく僕たち」 「スカイ・クロラ」 読了

浮遊工作室 (ミステリィ制作部)

森博嗣 「墜ちていく僕たち」 「スカイ・クロラ」 読了しました。「墜ちていく僕たち」 は森博嗣でなかったらちょっと厳しかったかも。複数の監督の手によるオムニバス仕立て2時間モノドラマ or 映画とかになったら面白そう。「スカイ・クロラ」 はお薦めしてくれたヒトのイチオシだったのですが、内容的にまさかこれで終わりじゃないよねぇ…? と思ったら最後にチラっと続編の予告が!! で、サイト見てみたら、なんと今月発売ですよ「ナ・バ・テア(None but Air)」。06/25 発売みたい。実に良いタイミングで読めたようです。「スカイ・クロラ」 も単行本で買い直すかな。

さぁ! いよいよ「四季」 です。豆本の応募も恙なく済ませたし、ゆっくり読もう。

Yahoo!BB 個人情報漏洩させた犯人を逮捕

ITmedia 的に、身内が身内に対して起こした事件の報道、ということでなんかキレが悪い気がします。氏名すら出していないし。インターネットウォッチの方が参考になります。

「PC JAPAN」 という雑誌のライターさんもしていたらしく、同雑誌は即日休刊、サイトも既に消え去ったのでGoogle のキャッシュ おいときますね。さすがにキャッシュまでは手が回らなかったか。

この件で、ソフトバンク発行の他の雑誌等についても内容等を検討する、とのことなので、是非これ もよろしく検討下さいお願いします。こういう雑誌って、「普通と言えば普通のことをいかに「ぶっこ抜き」とかいって大層なモノのように取り上げるか」というのがキモで、たまに普通に役立つソフトを見つけたりする(でも立ち読みで済ます)のですが、さすがに犯罪幇助をさらに幇助するような内容があったりすると…ねぇ? というか「実に良いタイミングだった」 という気がします。

ITmedia も、ごちゃごちゃしてて読みにくい、リニュアル前のが良かった、と思いつつ、無くなると大変困るので存続をお願いします。更に個人情報要求するんで莫迦らしくなって請求しなかった私の Yahoo!BB 500円金券使っても良いから。

Home > Archives > 2004/06

Return to page top