Home > Archives > 2005/05

2005/05

DoGA 第17回 CG アニメコンテスト 観てきた

  • Real

相変わらず、整理券の図が上下逆なのです。ただ、赤字で「ホール内の席順は自由です」 と書かれるようになったのは良い変更点です。12:00開場で、だいたい30分前くらいから並び出すので、整理券ゲットのためにも、開場1時間前には現地入りした方がよいですね、と来年に向けてのメモメモ。

さてさて、今回は新海誠さん以来空席だったグランプリが出ました。デキは良かったのですがやや微妙な気もしました。

つかはらさん の新作、「ウシガエル」 とか、ルンパロさん の「フルスロットル・マイナス」 とか、去年flash★bomb '04 で観た 人達の作品が入選したのは懐かしくもあり、嬉しくもあり。

他は「??」 と思うものもありましたが、昨年大変面白かった岸本真太郎さん の「tough guy!」 がきっちりレベルアップした新作をひっさげて帰ってきたのが良かった。

今回は全般的に尺が長いのが増えてきたので、結果として上映作品数が減ってきたような気もします。気がするだけですけど。個人的には短めのを沢山観たいなぁ。

買ったDVD は井端 義秀さん の「夏と空と僕らの未来」 と外伝DVD。「夏と空と僕らの未来」 は「フリクリ」 で確か今石洋之さんがやったという「動くマンガ」 っぽいものを突き詰めてやった演出が素晴らしかったので。これで作者のヒトが1週間生き延びられると思えば!! そして何週間生き延びられるようになったのかなあ。マンガも入っているし、これだけの内容なら1,500円くらいでもみんな買ったと思う(それでも赤字だったりして…)。

外伝DVD はボチボチ観ていく予定。また来年!!

そうそう、なんの事前告知もなかったのですが、「警察戦車隊 TANK S.W.A.T 01」 の「準関係者向け特別試写会」 がありました。ロマのフさん、タダで見せていただいてありがとうございます!! 感想は、見た人向け専用ページが設けられたくらいですし、完成度も90% くらいとのことで、たぶんまだ書くべきではないと思うので、割愛。

[はてな] 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-32 「ステラ」

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

何この神展開!!!!

週1アニメでこれほどにも30分が長く感じたアニメは久しぶりだ!!

しかも見所大杉!!

と勢いよく書いてみたものの調子が悪いので今日はもう寝る!!

気が向いたら、また続きでも。

続いた。

えーと、ネタバレになるのでまだのヒトは見たらダメだよ!!

  • ステラvsキラ
  • ステラvsシン
  • ネオvsキラ
  • スティングvsムラサメ隊

それに加えて、

  • 気を失ったネオを発見、収拾するマリュー艦長

タイトルが「ステラ」な時点でまさか…、とは思ったのだけど、よもや1週でデストローイがデストローイになるとは…なんて。

そうそう、キラでさえてこずったデストロイに、なぜシンはああもあっさりと接敵できましたか? というのは、キラが他の敵を全部引きつけている隙に乗じただけなのです。という解釈をするのが正しいSEEDデスティニーの楽しみ方なのです。

ご都合主義なところには目をつぶり、生暖かい目で見れば他にないタイヘンに面白いアニメなのですよ。

…さて、これでネオがムウでなかったらビックリですな。

もちょっと続き。

キラの脳内では、

その他大勢の命>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ステラの命

ですよね、明らかに。シンがサーベルで開いたコクピットにきっちり冷静にミサイル(?)撃ち込んでたりしますし。銃を降ろすなら、攻撃しない、って感じでしたし。

ウィルスバスター2004 でWindows98/Me に不具合

まーたーかー。結局前回のミスは活かされなかったですか? やはりチェック体制に問題があるとしか思えないわけで。

既に修正モジュールは出ているので、これを適用すれば直る…らしいですが、それでも改善しないヒトもいるらしいです。なにがなんだか。

「DARIUS PREMIUM BOX-REBIRTH」 購入

最近この手のBOX 商法って流行ってるよねー、こないだも「レジェンド オブ ゲームミュージック ~プレミアムBOX~」 買ったばかりだし、「DARIUS」 シリーズのサントラは全部持ってるし...、ねぇ? と一度はスルーしたのでした。しかし!!

の2005年 5月 18日 (水) のレビュー記事で、

今まで聴いた事のない音が出てきます。

とか書いてるのをみてもういてもたってもいられなくなって、「南米とかジャングルとか仮面ライダー」 みたいな方面で半泣きになりながらぽちっとなーしたのでした。そして本日、無事到着。

残念ながらもう在庫無くなってしまったみたいです。

B0009A49US DARIUS PREMIUM BOX-REBIRTH-(限定盤) [Limited Edition]

思えば、電脳御殿~私生活サトラレ日記 のレビューを見て、「レジェンド オブ ゲームミュージック ~プレミアムBOX~」 買ったのでした。もう、ゲームミュージック方面ではお世話になりっぱなしです。ありがとうございます。

こっちはまだ在庫あるみたい。

B0006ZJB1S レジェンド オブ ゲームミュージック ~プレミアムボックス~ [Limited Edition]

サントラCD 持ってるくらいですから、それぞれ、それなりに聞き込んではいるつもりです。というわけでワクワクしながら開封。最初「ダライアス」 が薄っぺらいケースに入っていることに気づかず、まずは「ダライアスII」 から。んー、あまり変わらないような? と思いつつ一通り聞いて「ダライアス」 へ。.........!!!! 確かに、音が違う!! なんというか、「リッジレーサーズ」 サントラでも感じたようなキラキラ感、原音感というか、ほどよく角を磨き込んで立たせてあるような感じが(何言ってるかもう分かりません)。

続いて「ダライアス外伝」 へ。ちょっとくっきり、という感じか。そう大きな違和感も感じず、すんなりと聞けました。「Gダライアス」 はあんまり変わった感じがしないような。でもこの2作もしっかり、くっきり感があるように感じます。それでいて広がりもあるような。あぁ、もう語彙が貧困すぎです。そういえば昔の「Gダライアス」 は再生環境が悪かったからか、どっかで音割れしてたトコがあったような気がしたけど、気のせいかもしれない。またヒマを見て聞き比べてみます。

DVD はまだですが、買って良かった。本当に。最初スルーしようとしてごめんなさいごめんなさい、というキブンです。

続いて、昔語りに入りますよ。

lilbox でGoogle Adsense の代替広告を表示する

ちょこちょことGoogle Adsense の表示方法を変えてみてはその結果に愕然としている今日この頃です。

で、これまでGoogle Adsense の代替広告表示にAmagle: AltADs を使ってきましたが、自分のサーバに設置して利用する、lilbox に変えてみることにしました。

今のところ、代替広告用の部分を置き換えただけなので、あまり目にすることも無いかもしれません。

設置方法は、オフィシャルに詳しく解説されているので、そのとおりにやれば設置できると思います。また、オリジナル版の文字コードがEUC なので、lilbox.php UTF-8対応版 と見比べて、まだUTF-8 化されていない"Ver.3.40" をUTF-8 対応に改造しました。

とりあえず表示は出来ているようですが、色々間違ってるかもしれないので、とりあえず自分専用で。

このようなベンリなスクリプトを公開していただき、ありがとうございます。

「バタフライ・エフェクト」 観てきた

超映画批評のヒトがこれまでにない高得点を付けていたので、気になり、観てきました。こないだ始まったばかりなのにもう今週で上映終わりです。ほどなくDVD も出るだろうから、観に行く時間がない場合はDVD 待ちでも良いかも。というか早くDVD 出して欲しいです。も一度みたい。

できることなら、関連情報も一切見ずに、フラットな気持ちで観た方が楽しめるかも。とりあえず観ておいて損はない傑作だと思います。良質な脚本が不足しているとか言われているハリウッド映画ですが、なんのなんの、まだまだこんなのを作れる底力があるのは凄いよね、と思いました。

というわけで、以下はネタバレ。

[はてな] ひぐらしのなく頃に

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

4758010269 ひぐらしのなく頃に特別編雛見沢村連続怪死事件私的捜査ファイル [大型本]

マメにメモを取りつつ、2週目進行中。

我ながら、必死だな。

こういう本も、買ってみた。

「色々集めた資料を乱雑にコピーして作りましたよ」みたいな体裁の本になっています。装丁自体は、普通の本。かなーり手間暇かけて作ったのではないかと思われ。

暇潰し編で出てきた赤坂と大石が共同で出版しようとしている本のメモなので、当然、暇潰し編であったことが「本当にあったこと」として採用されています。それはよい。ただ、そうすると、圭一は一切名前の出てこない、無関係の人間ということになる...のか。単に言及されてないのか。いや、大石が圭一のことを調べなかったわけはないだろうし、そうすると、暇潰し編とその延長であるこの本では、圭一は、いなかった、ということになるのかなあ。

基本的にはTIPS を再編集した形になっているのだけど、いくつか新たな事実もわかります。「なぜこんなものが??」 というのもあったり。

まだまだひぐらし「で」遊べそうです。

[はてな] 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-31 「明けない夜」

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

うっわー、シンむっかつくわねえええええええ!!!! なぁ? こいつは即射殺するべきだったと思わんか?(殺したらそこで番組終了ですよ)

いくらエースパイロットであったとしても、性格的に不適格という判断を下すべきかと思うのだけど。議長はそうは思ってないみたいね。というか、このあたりは想定の範囲内か。この程度で盤上からけ落とすには、惜しい駒ということなのか。

アスランは…、情けなさ過ぎ。全国1000万のアスランファンが泣いて悲しんでいることでしょう。私はキラ派なので無問題ですが。ええ。

レイは達観しすぎ。過去に何があったというのか。

「ターミナル」ってなんだ? アークエンジェル隊の後方支援組織?

そして…デストローイ!!(ちょっとカコワルイ)

次回タイトルがやばすぎです。これは…死亡フラグ!? いやでもいくらなんでもそんなすぐには…なぁ?

E3 で公開された次世代ゲーム機たち

E3 で色々と重大な発表とかあったようですが、最近は「ひぐらしのなく頃に」 にかかりっきりであまり追いかけてませんでした。いや、かかりっきりどころか、頭の中のほぼ全てを占有されてしまうくらいに。

さてさて、実際に出てくるのはまだ半年くらい先ですし、壱ゲーマーとしては、スペック比較とか、開発費の高騰とかは割とどうでも良くて、要は「どのような新しいゲーム体験が出来るようになりますか?」 ということにのみ、興味があります。あ、あとお値段とかも(これが一番重要だ)。

PS→PS2 の時の上位互換 はこれまでのゲーム業界の歴史の中で、かなり賞賛に値することだったと、今でも思うわけですが、今回の次世代機では全てが同様の思想を持っているようです。

過去のソフト資産がそのまま繰り越せるというのは、特にハード立ち上げ初期のソフト不足を補うのと、「今日買ったゲームでも、新しいハードで動きますよ」 という安心感をもたらします。ってこれ壱ゲーマーの視点じゃないな。これまで買ったゲームがそのまま動く、というのはかなりのメリットなのですが、新しいハードで前のハードのゲームが動くなら、新しいハードが出るまで待とうか、みたいなことにもなります。実際、去年のことですが、DS が出るから、GBA SP 買うのガマンしたりしましたし。話飛びまくりですがゲームボーイミクロ、かなりよさげです。

Xbox360 のXbox 互換は、少し限定的なものになるみたいです。CPU もグラフィックチップも全然違うのですから、がんばって何とかする、としただけでもオドロキです。ヤツラは本気だ。本体デザインは、なんかhp のPC みたいですが、まあギリギリ及第点か。

それにひきかえ、PS3 のデザインには正直失望しました。昨日のWBS で久夛良木さんにインタビューを取っていたのですが、正確な記述ではないですが「リビングの中心に置いて、スポットライトでも当ててもらって」 と嬉しそうに話すのを見て、あぁ、この人はまたこういうことを言うのか、とガッカリしたのです。

リビングの中心に置くならば、普通のAV 機器と同様、ある意味「目立たない」 デザインにするのが最適だと思うのです。自己主張が激しすぎてラックの中にも入れられないようでは、どこに置けばよいの!? とか思ってしまいます。縦置きするにしても、微妙ですし。なにより、PS3 は本体サイズが大きすぎます。

対照的に、Revolution はかなり小さいっぽいです。任天堂にしては珍しく、オモチャっぽくない感じのデザインに見えます。このサイズで、GC のディスクがそのままプレイできるだけでなく、過去のFC、SFC、64 のゲームをネット経由か何かでダウンロード、プレイできるようにするとか。これぞ究極の上位互換ですよ!! よくやった!! あとはどのくらいのソフトが遊べるようになるのか、とか気になるお値段は、とかありますが、是非「携帯でゲームをダウンロードするのがバカらしくなるようなお値段」 になることを切に期待したい。

どんなゲームが出るか、とかもまだあんまり見てないですが、「KILL ZONE」 はヤバいですね。あのまま出るとしたら、ですが。でも今一番注目しているのは「Hellgate:London」 だったりします。FPS 系が今一番明るい未来のあるジャンルだという気がします。

そうそう、PS3 のあのブーメランみたいなコントローラーは、どうやらPSP にも使えるみたいなのですが、ならばもっと早くPSP 用プレイ台とコントローラーを出していただきたい。ずっと持つにはPSP、微妙に重いのです。ってこれは既に老ゲーマーってことなのか...。

p2 + W31S で幸せに

先月末にau W31S に変えて以降、パケット定額の恩恵を受けて、まさに世界が変わったよう。結局FOMA 901iS シリーズでもSO は出なかった ので、見切りをつけて正解だったような気がします。

唯一の不満といえば、EZアプリ (BREW®) はユーザが勝手に作るコトは出来ないらしく、これから先もiMona などは使えないであろう、という点。

代替策として、Flash で作られたブラウザ、Andy も試してみたのですが、数字キーでスクロールなのがちょっと使いにくいな、と思っていました。

で、p2。前から存在は知っていましたが、よくよく見てみると携帯からのアクセスも考慮されてるみたいなので、試しインストール。設置方法は公式の手順どおりで、ものすごく簡単に出来ましたが、セキュリティ対策を厳重に行う必要があります。

携帯から使いたい、というのが最大の目的なので、ウチでは、httpd.conf(.htaccess でも可) でLAN と、EZサーバのIPアドレス帯域 に載っているIP アドレスのみを通す設定に。

"ezweb.ne.jp" を指定するよりは、折角公開されていることですし、IP アドレスを指定してみました。このほうがより安全です。なお、ブラウザのエージェント名、W31S だと"KDDI-SN32 UP.Browser/6.2.0.9 (GUI) MMP/2.0" によるアクセス制御、は偽装が容易なのでこれは使っちゃダメです。

あと、p2 側でBASIC 認証をかけ、「サブスクライバID」 も登録してみた。ひとまず、このくらいか。オレオレ証明書でSSL、とかはまた気が向いたときにでも。

PC で利用する場合、勿論専用ブラウザを使ったほうがなにかと快適です。それでも、JavaScript とか駆使してかなり快適に利用できます。基本的には、携帯で見ることを前提に、お気に入り板とかスレッドとかを登録しておくとベンリっぽいです。あと、dat とかも全てサーバ側に置くことになるので、PC が変わってもそのまま続きから読めるのも見逃せないメリットだったりします。

というわけで、かなり幸せになれました。

※BREW®およびBREW®に関連する商標は、Qualcomm社の商標または登録商標です。

Google AdSense 実験中

設置から3ヶ月、一度設置すればあとはメンテフリーというのはよいですが、念願の小切手にはまだまだです。

これまで、個別エントリにのみAdSense のコードを貼り付けていたのですが、ふと思い立ち、いろいろ、試行錯誤してみることにします。とりあえずトップページに3箇所貼り付けてみました。…さすがに3つも貼るとウザいですね。

(2005/05/20 13:05 追記)
なんだかんだいいつつ、結局全ページに取り付けてみました。「カスタム チャネル」 機能を使って、各ページごとの大まかなクリック傾向などが見られたら良いかなー、と。

ちなみにAdSense のコードは全て別ファイルにして、php でinclude させています。コードを変えても再構築する手間が要らないので、ラクできます。

Windows Installer 3.1(v2)

  • PC

自動更新できてたので、インストールしてみた。サイレントインストールに失敗する不具合が修正されただけのようです。再起動不要。対応OS は、Windows 2000 SP3 / SP4、Windows XP / SP1 / SP2、Windows Server 2003。

[はてな] ひぐらしのなく頃に

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

鬼隠し編~暇潰し編までの4編を1回ずつ読んだ上での感想など。本格的な推理をするには時間軸に沿ったメモを取る必要がありそう。そこまでやるかどうするか。

昨日はいろんな人の推理を読んで、結構いっぱいいっぱいだったのだけど、改めて現時点での自分のポジションを確認してみる。といってもまとまり無く、バラバラと書くだけ。

ネタバレそのものなので、暇潰し編まで終わってない人は読まないほうがよろしいです。

暇潰し編まで含めて、一貫した思想の元に連続殺人事件が起こっていた、と考えます。

祟りなどの仕業でなく、全て人間の手によるものと考えます。

雛見沢大災害について、鬼隠し編と綿流し編では全く触れられていませんが、公式の「「ひぐらしのなく頃に」のご紹介」 に「雛見沢村連続怪死事件(1979年~1983年)」 とあり、お話の舞台となった昭和58年でこの連続殺人事件が終わっていることから、崇殺し編や暇潰し編と同様、起こったものと考えます。綿流し編は、ちょっと苦しいかも。

暇潰し編で梨花が赤坂に語ったように、この5年間に及ぶ連続殺人事件は周到に計画されたものであり、おそらく最後に雛見沢大災害を起こし、(ほぼ全ての) 村人を殺すところまでが計画のうちであったと考えます。

5年目に圭一が雛見沢にいたことが、どのような意味を持つのかは分かりませんが、いないならいないで、予定通りに状況は進行していたでしょう。

どのエピソードでも必ず被害者になっている富井こと、トミーとマツ鷹野三四ですが、富井の殺害に関して、これはおそらく鷹野三四を、犯人です。根拠は、崇殺し編での彼女の様子、富井の自転車に良く似た自転車が車に載せられていた点、などから。

鷹野三四と思われる焼死体は、おそらく別人のもの。歯形照合をすり抜けるために別人に自分の診察券で歯の治療をさせたのかもしれないし、あるいはカルテそのものを改ざんしたのかもしれない。

あるいは、高野三四は犯人ではないかもしれない。彼女はどうしても祭具殿の中を見たかった。しかし、隙を見て忍び込めたとしても、おそらく「崇殺し」にあうだろうと考え、周到にスケープゴートを用意したのでは? 富井は何もせずとも「崇殺され」るだろうと考えた?

いや、確か富井の遺体発見現場から少し離れたところに富井の自転車が放置してあった、とあったので、鷹野が色々工作したのかもしれない。ということは村人の目をごまかしつつ、祭具殿の中を暴こうとするグループがいたことになる? この連中が大災害の犯人であるかもしれない。

でもこの連中と、これまでの4年間、あるいは5年間の連続殺人事件の犯人が同一であるかは不確定。少なくとも、昭和57年までの事件に関しては、園崎家の協力なくして、達成は出来なかったのではないかと思うのだが。園崎家がシロってことはないでしょう。地下にあんな施設まで隠し持っていたくらいだし。

連続殺人は、ひとつの思想で行われているとはいえ、個々の犯人は同一である可能性は低いと思う。村ぐるみ(=園崎家主導で) 隠蔽工作は行われていた、はず。

圭一はある意味蚊帳の外だったのだけど、変に好奇心を起こしたことで事件に巻き込まれることになった? 何もしなかったとしても、大災害では生き残れなかったかもしれない(両親死んでるしね)。

今思うことはこのくらい。表層の表層だけ。やはり再度潜ったほうがよいみたい。ブクブクブク。

SARG でSquid のログ解析

先週くらいから、Squid のログ解析をやろうかと調べていまして、SARG はそのうちのひとつです。

<mack.ro /> から"sarg-2.0.7-1.mack.src.rpm" を頂いてきて、RPM を作成します。特にSPEC ファイルもいじることなく、ビルドも通りました。

ただ、デフォルトだと日本語の文字化けが起きるみたいなので、SARG FAQ を見て、ソース(charset.c) に手を加えました。


wget http://mack.ro/linux/sarg/sarg-2.0.7-1.mack.src.rpm
rpm -ivh sarg-2.0.7-1.mack.src.rpm
tar xvzf sarg-2.0.7.tar.gz
emacs sarg-2.0.7/charset.c
rm sarg-2.0.7.tar.gz
tar cvzf sarg-2.0.7.tar.gz sarg-2.0.7/
rpmbuild -ba --target i686 /usr/src/redhat/SPECS/sarg-2.0.7.spec
rpm -Uvh /usr/src/redhat/RPMS/i686/sarg-2.0.7-1.fc2.mack.i686.rpm

あとは"/etc/sarg/sarg.conf" を必要に応じて編集。


# sarg

で解析される、とのことなのですが、なぜか待てど暮らせど解析が終わらない。このとき、sort がCPU 100% 近くに張り付いた状態。仕方ないのでCtrl-C でプロセスをストップ、そのときのエラーメッセージが以下。


# sarg
SARG: Records in file: 26306, reading: 100.00%
sort: オープン失敗: /tmp/sarg/.htmp: そのようなファイルやディレクトリはありません
SARG: (totday) ログファイルをオープンできません: /tmp/sarg/.sort

ちょっとお手上げな感じ。情報も見つからないし、諦めて他のにした方が良いかな。ちなみに他によさそうと思ったのは以下のふたつ。

Fedora のSquid SRPM からRHL9 用RPM を作る・2

セキュリティホール memo より。

Squid 2.5 STABLE9 以前に「DNS lookups unreliable on untrusted networks」 という脆弱性が発見されたようです。既にパッチ(squid-2.5.STABLE9-dns_query-5.patch) が出ています。

Fedora Core 用のSRPM(squid-2.5.STABLE9-7.src.rpm) は既にこのパッチを取り込んだものに修正されていたので、早速入れ替えました。

以前の「Fedora のSquid SRPM からRHL9 用RPM を作る」 と全く同じ手順で出来ましたので、詳しくはそちらを参照してください。

(2005/05/18 16:21 追記)
またしてもセキュリティホール memo より。

Squid 2.5.STABLE10 出ました。上記のセキュリティFIX を含みます。さすがにFedora のSRPM 版はまだ出ていないので、これを出るのを待つのではなく、今すぐ出来る方法で対処をしておくべきです。被害があってからでは遅いですしね。

[はてな] ひぐらしのなく頃に~暇潰し編~

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

ある意味、番外編的なエピソード。綿流しのお祭の夜の殺人事件が起こる1年前、ダム建設を阻止させるために建設大臣の孫が誘拐され、そして開放されるまでのお話。この事件で大臣と村の間でどういった「手打ち」がなされたのか分からないけれど、梨花の「予言」 によると、誘拐を行った時点で計画凍結は「決定事項」 となっていたようだし、これはなんなのか。

そしてそれからさらに1年後、現場監督のバラバラ殺人事件を起こすまで工事計画は推し進められていたようだし、回りくどいといえば回りくどい。しかも梨花の「予言」 によるとそれから4年間の死亡者、そしてその翌年に自分が死ぬことまでは既に確定しているらしく、そうすると。。。どうなるんだ。もう。

あるいは5年目に起こすつもりの「何か」のために周到に用意・計画されているものなのか。でもその計画には「前原家の移住」 は含まれていないはずなんだよなぁ。もしそこまで分かっていたなら、それはもうホントに「予言」 になるわけで。

というわけで、前原圭一の存在自体がイレギュラーと前置きした上で、何がどうなるか、とか考えると…、はい、分かりませんね。

頭痛くなってきた。やめよう。

[はてな] ひぐらしのなく頃に~祟殺し編~

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

公式BBS の「「ひぐらしのなく頃に解」プレイ前の人限定」 スレッド見てたら訳分からなくなってきた。推理にいたるほどの何かがまだ見つからないので、とりあえず、ひとつずつ思ったことを書いておこう。

前に「初期状態は同じで、あとは微妙に異なる」 とか書きましたが、正確には途中で分岐していった、別の結果、という解釈が適当のようです。

祟殺し編の場合はスタート時点で死体が出てきたり、その結果沙耶子の叔父さんが村に戻ってくることになり、分岐というのも少し苦しい感じもしますが。

圭一の「覚醒」 時はやはりあの目をしていたのかなぁ。ここの村の連中はマジギレするとそういうモードに入るようになっているのかなぁ。

沙耶子の叔父さんを殺したのは圭一で間違いないと思う。ただ、それは「村の中の誰か」 にはバレバレで、村全体で隠蔽工作を行い、口裏を合わせるようにしたのかなぁ。結局叔父さんが本当に生きていたかどうかは確認できていないしね。大石が圭一のことを見張っていたのもなぜなのかなぁ、と思うし。

鷹野三四はたぶん富井さんを殺してますよね。自転車積んでいたし。県外の焼死遺体は別人なのかもしれない。で、本人は失踪? あぁ、ワケワカラン。

一番分からないのは、圭一が吊り橋から突き落とされた後、なぜか致命傷には至らず、有毒ガスの災厄からも逃れ、1日以上経った後に目覚めている、という点。ここに誰かのヘルプがあったのではないかと思うのだけど。。。

そして雛見沢大災害。ほとんど全員死なせてどうするんだと。。。

価格.com のホームページ改竄でウィルス感染の可能性

結構おおごとになってるみたいです。

の記事によると、ホームページのHTML が書き換えられ、MS04-013 の脆弱性を利用してウィルスをダウンロード、実行するようになっていたとか。

kakaku.com をNetcraft ってみると、おそらくWindows Server 2003 + IIS6.0 の環境だったようですね。

収益がネットからのみの企業であるだけに、それなりにしっかりとしたセキュリティ対策を行っていたであろうに改竄されてしまった、というのは、ひょっとすると大変なことなのかもしれない。

ただ、11日に攻撃が始まり、サーバを完全に停止する15日までの間、手作業で修正していた、とあるのだけど、この4日間にうっかり「改竄された後、修正されていない状態のkakaku.com」 にアクセスした人のPC はウィルスに感染した可能性があるわけで、現在駆除ツールなどの案内が出ているとはいえ、犯人の情報を得るためにサーバを稼働し続けたのはちょっとどうなのかなあ、という感想。

個人的にはこの数日アクセスしたことはなかったので、安全っぽいです。いちおう、NAVDefUpdateService でNorton Antivirus の2005/05/16 rev.007 版定義ファイル が入っていることを確認、たぶんコレで大丈夫。

(2005/05/17 10:58 追記)

(2005/05/26 09:36 追記)
05/24 午後に一部復帰しました。不正アクセス被害にあった60台のWindows サーバは警察に提出した、とのことなので同等の機材をかき集めた上、今回の脆弱性(どういうものかは不明ですが) への対策を施すのに1週間強を要した、ということですね。

  • Google 検索:
    http://news.google.co.jp/?ncl=http://www.asahi.com/national/update/0525/TKY200505250310.html%3Ftc&hl=ja

なーんか、もやもやを感じたりしなくも無いですが…、ま、いいか。お疲れ様です。

(2005/05/27 00:25 追記)
その通り!! アドバンスド・ノーガード戦法といいますか。

[はてな] 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-30 「刹那の夢」

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

これだけ戦果を上げりゃあ「エース」と認めざるを得ないけど、かといってそこまで増長するのはいかがなモノかと思いますよ、シンちゃん。

なんつーか、どうあれ、縦社会そのものといっていい、軍隊の規律・秩序を自分のワガママで好き勝手に乱すシンは好きになれんのです。キラとやってることはそう変わらないのにナー。ま、彼は悩むキャラでしたし。

なので、タリア艦長におきましては、是非彼にしかるべき処罰を加えてください。とりあえず営巣入りとか。で、「ボクが、いちばん、ガンダムを上手く使えるんだ」 とか言わせちゃってくださいな。

と落としててあれですが、「アスランって大したこと無い」 っていう、全国1000万(推定) のSEEDデスティニーファンの想いを代弁してくれた意義は大層大きいのです(ホントかよ)。

旧オーブ軍の生き残りがいきなりアークエンジェル隊に編入されてたのは少し笑ったが、ほんといい人達だなぁ、エラそうなキラ様はちょっと浮いてましたが。

[はてな] ひぐらしのなく頃に~綿流し編~・2

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

せっかく書いたものを消すのも忍びないので、別途書いてみる。やっぱりネタバレ注意なのです。

そうそう、ネタバレがイヤな人は、公式サイトすら見ちゃいけないかもです。うっかり「雛見沢迷所案内」 を見てしまい、綿流し編終了段階の私にとってのネタバレがあることを発見。がっくり。気をつけよう(誰に言ってるのやら)。

導入エピソードである鬼隠し編で雛見沢村の通り一遍の観光案内が終了し、初期状態だけは同一であとは微妙に異なるパラレルワールド、というのが綿流し編の位置づけかと思われます。今後、エピソードを読み進むにあたり、「同じ部分・異なる部分」 などに注意して差分を見ていく必要がありそうです。

今回一番感心したのは、上にも書いたけど魅音と詩音関係。魅音の口からでまかせの仮想人格かと思わせ、ゲーム大会にもらった人形を巡っての悲しい出来事を引っ張り出し、主人公にそれを気づかせ、そうかそうか、そう持ってくるのねー、と思ったらホンマに別人なのかよ!! と。ミスリーディングというか、作者の思惑にまんまとハマった、と感じた一瞬でした。こう、作者の作った枠から逃れられない、という点ではまさしくこれは「ゲーム」なのでは? とも思った。

ミスリーディング系で言えば、電話を切った後再度電話がかかってきて「うちのおじいちゃんそっちに行ってませんか?」と聞かれる、のとかかなり震えた。それは、鬼隠し編の、レナが1時間もずっと黙って部屋の前にいた、というのにどうしても重なってしまうから。…で、その後に手に入ったTIPSで人騒がせなおじいちゃんだなぁ、となるものの、実は…という転がし方も実にウマい。

で、再度魅音と詩音。「生き残った二人」として、毎晩お互いの無事を確かめている、はずが…うわぁぁぁぁぁぁぁ。結局「アレ」は魅音、だったのだよね? 最後の最後のほうでも魅音?詩音?と思う箇所があり、というかホントに起きたことなのかどうかも分からず、ラストちょい手前は「どうしようもない、悲しい昔話」って感じで結構ホロリときてたのに、最後こう落とすとは…、とここでも手のひらで踊らされているわけです。

今回の事件の原因として、ゲーム大会にもらった人形を巡っての悲しい出来事を再度引っ張り出してきたり、なにげに日常パートでの言動も見逃せません。

今回のレナはとんだ名探偵、妙に勘の鋭い、イイヤツでした。いつ豹変するかとこっちは常にビクビクだったのですが、ってまんまと手のひらで(以下略)。

これまでの数年の「法則」に従うならば、主人公を殺すのは不自然さがあるわけで、お疲れ様会でも言われてましたがこの辺がポイントそうですね。ってここでもミスリーディングで転がされてる可能性が高い。

「消去予定の人間に深くかかわったかもしれない人間なので消去」ということなのか? でもそれだけじゃ薄すぎだよねぇ。

どうやらヤバい系の注射の類なども複数ありそうですな。

こんなところかね?

[はてな] ひぐらしのなく頃に~綿流し編~・1

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

先ほど、終了。固まった体と心をお疲れ様会でほぐしつつ、クールダウン。

今日はもう遅いので明日もっと書くとして、とりあえず簡単に。ネタバレ注意ですよ!!

といってもなにから書けばよいのか。2エピソード目にして、なんでこんなに濃厚なのだろう。1エピソード目の「刷り込みの記憶」を利用した演出もかなり、冴えてる。

今エピソードの最大のトリックは魅音と詩音ですね。

ラスト直前、感動のあまり半泣きになってたのだけど(自分でも意外だ!!)、その後、うわぁぁぁぁぁぁ。ホントにコレ、解決するんでしょうね??

というわけで今はココまで。

Bloglines からはてなRSS へOPML ファイルをインポート

  • RSS

Sleipnir ではてなRSS を使う」 の続き的お話。

思ったよりも早く、OPML インポート機能が追加されましたので、早速Bloglines から取り込み。Bloglines で[Edit] を選択、フィード一覧の一番下に[Export Subscriptions] というのがあるので、このリンクを右クリックして[対象をファイルに保存](IE の場合) を選択、適当なところに適当な名前で保存します。拡張子は".xml" で。

次に、はてなRSS。[設定] ページの下のほうに[OPMLのインポート] というのがありますので、ここで先ほどのファイルを選択し、[インポートする] ボタンを押します。後は少しずつフィードが増えていくはずなので(どうしても我慢できないときは時々リロードしたりしつつ)、大人しく待ちましょう。

手元で試してみたところ、いくつかのフィードはインポートされませんでした。必要なものは自分で追加することで対応。実は結構抜け落ちてるのかもしれませんが、ま、そのへんはおいおい、気がついたらその都度追加するという方向で。なお、Bloglines で作成していたフォルダは全て無視されました。

以下、Bloglines とはてなRSS を比べてみての感想など。

まず一番違うのは、「はてなRSS では未読管理はしない」 ということ。逆にここがBloglines の最大のポイントのひとつであり、たいていのRSS リーダ では実装している機能なので、かなり思い切っています。また、同じ階層のフォルダに入れている各フィードは、更新日時順に並ぶ(まだ完全ではないようですが) のも大きな違いです。このへん、はてなアンテナの挙動に似てると言えます。

未読管理はベンリな反面、未読がたまったときの「未読つぶし処理」 の作業負荷が結構高いので、痛しかゆしと思っていました。完全に時系列に並べてくれる(まだ完全ではないようです) のもいい感じなのですが、「ここまで読んだ」 的なしおりが任意の場所に挟めたりすると良いかなあ。

Bloglines は結構表示が遅いときがあり、イライラ待つ事もしばしばだったのですが、今のところ、はてなRSS は結構軽快な表示速度です。

ウチのサーバのログを見る限りでは、はてなRSS の巡回頻度はまだ不定期で、頻繁に見に来ることもあればしばらく来なかったりしてます。ちなみにBloglines だとだいたい1時間毎に見に来てます。はてなRSS のヘルプ によると、"http://r.hatena.ne.jp/rpc" に更新ping をうつとよい、とのことなので、早速設定。

ちなみにalectrope では"ping.bloggers.jp"、"http://ping.myblog.jp"、"http://bulkfeeds.net/rpc" あたりに更新ping をうっています。

半日使ってみて、β ながら結構使えるかも、と思ったのですが、フィード内の各エントリの日時表示がどうにも正しくないような気がしてならないです。少なくともMovableType が標準で出力するrss/atom ならば、更新日時も含まれているのでここを読んでいるはずなのですが、必ずしも正しくない(=ソートの順番が正しくない) ことがあるようです。

このへん、Bloglines と比較してみたかったのですが、当のBloglines の調子が悪いらしく、フィードが一切表示されなくなったので、比較できず。無念。

また、削除などの編集機能がまだ少し弱いかな、と感じました。でもβ なのですし、いずれ解消されるだろうと期待しつつ。

(2005/05/12 19:38 追記)
http://alectrope.jp/mt/atom.xml をフィードとして追加した場合、時間が9時間ずれてしまってます。atom の仕様書を色々見てみたところ、atom 内にタイムゾーンの指定まで含むのはダメで、Weblog なりRSS リーダなりでなんとかしなさい、となっているようです。Bloglines は問題ないようなので、はてなRSS 側でなんとか出来る…ことなのかな?

ついでに、調べ中にこんなのを見つけたので、対策してみた。

5月のWindows セキュリティ修正プログラム

今月はWindows2000 用の重要が1件のみです。

重要 (1)

エクスプローラのWeb 表示に関連する問題のようなので、色々軽くするために[従来のWindowsフォルダを使う] にしている人は影響を受けない、はず。パッチの提供されない、Windows 98 / 98SE / Me のヒトはこれでしのぎましょう。

例によって駆除ツールも更新されていますので、チェックしておきましょう。

Sleipnir ではてなRSS を使う

いよいよはてなもオンラインRSS リーダーを出してきました。現在のところ、一つ一つ手作業で取り込むしかないので、様子見です。まだ出たばかりですし、いずれOPML ファイルをインポートできるようになったら、Bloglines から乗り換えられるか、見てみたいと思います。

今日のところは、Sleipnir から手軽に追加できるスクリプトを。JavaScript 不要です。例によって、アドレスバー拡張メニュー(AddrMenu.ini) に追加しますよ。


!はてなRSSに追加|http://r.hatena.ne.jp/append/{URL}

今回、"append" の後の区切り文字列がこれまでの"?" から"/" になったのが興味深いです。今のところは、アンテナやブックマークは従来どおり、"?" が使われています。

なにげに、ブックマークと協調して動くようになっているのがよい感じです。また、アンテナからインポート、というのがあるのですが、これが何をしてくれるものなのか、謎です。数回試してみたものの、なぜか動かない。そもそも、アンテナに追加しているサイトはRSS とか出力していないサイトが大多数なのですが、そのへん、はてながよしなにしてくれた上でRSS フィードも出しますよ、ということならばかなりの神サービスかもしれない。しばらく、様子見つつ、使ってみます。

[はてな] ひぐらしのなく頃に~鬼隠し編~

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

ずいぶんと前にインストールして、デスクトップにショートカットを作ったものの、なかなかゲーム起動力(げーむきどう・ぢから) が充填されず、放置していたのでした。

「ひぐらしのく頃に」は複数のエピソードで構成されているいわゆるノベルゲームで、しかも途中には選択肢などはなく、ただただ読み進めていくだけという構成になっています。現在のところまだ2つ目のエピソードの途中なので、構成なども把握し切れていないですが、思うままに感想とか書いてみる。お話の性格上、ネタバレを含む可能性があるので、まっさらな状態でプレイしたい人は読まないほうが吉。

最初はいわゆるギャルゲーフォーマットに則った、ユルい学園生活が淡々と繰り返されます。イタい部分を期待している向きにはここはきわめてダルく、早く進めー展開しろーとイライラする所かと思いますが、日常→非日常の対比を描くにはここは必要不可欠な部分なのです、たぶん。

非電源ゲームをネタにした部活の描写とか、かなりアツかったです。たぶん作者の人の普段の趣味が色濃く反映されている部分なのでしょう。

というわけで、そういった日常がダラダラと...、とはならず。大体20-30分くらいで一区切り、「TIPS」によってまた別の視点からのお話を見ることが出来たりして、テンポ自体は割とサクサクな感じです。モニタで文字を読むのに慣れていなかったり、そもそもこのノリに馴染めない人にはツラいかもしれません。

で、そうした日常の合間にときどき、「アレ?」と思う話が混入し始め、あれよあれよという間に向こう側の世界が日常に侵食してきます。個人的には、

「嘘だッ!!」

が怖すぎでした。ブルブル。

「眼」の描写がかなりキます。

いわゆるスプラッタ的表現はあまりないし、エッチシーンなんかも当然ないのですが、なんか18禁にしてしまった方が良いのでは、というか、こういう方向も「アリ」とした功績はデカいと思うのです。あの「月姫」ですら、途中でエッチシーンが始まってびっくりしたものですし。

時代設定が昭和58年としたのはそれなりに理由があり、学校の制服がなんでみんなバラバラなのかの理由など、感心したのですが、「その当時には無かったはずの言葉・概念」などがそのままあったりするのは時代考証が...とか言っちゃダメなのかもしれない。

というわけで、よく分からないままに鬼隠し編終了。現在は綿流し編をプレイ中。

追記

そうそう、ドラえもの鬼隠し編もオチが付いたようなので、ついでに感想など。出来杉の不死属性により、スネ夫もあっけなく返り討ち。なんか意味無く笑えた。相変わらずレベルが高いね。

それより、なぜドラえもの鬼隠し編の元ネタが「ひぐらしのく頃に」と直感したのか、だが...あはははははははははははははは!!!!

[はてな] 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-29 「FATES」

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

なによ、やれば出来る子じゃぁないか!! これだけ過去映像をちりばめていてもダイアローグさえ冴えてりゃぁなんの問題もないってコトだねー。

というか意味深映像大杉。議長の行動原理とかも少しずつ見えてきたかも。ようやく、ようやくこれからだ。といったところですか。議長を中心とした、過去のあれこれとか、色々伏線が引かれましたが、まだピースが足りない感じですね。

なんだかんだいって、面白いのですよ、これ。

MT4i 2.0 にバージョンアップ

いつの間にかバージョンが上がっていました。管理用モードが追加され、携帯からも投稿が出来るようになったのが一番大きいです。次は携帯カメラで撮った画像投稿も出来れば、と妄想してみましたがそこまでワガママは言いますまい。

というわけで、これまで使っていた1.81 からのバージョンアップ方法 に従って、バージョンアップ。

"mt4imgr.cgi" にアクセスし、保存するとエラーが出たので、エラーログを追いかけ、アクセス権の問題と判明。あらかじめ0バイトの"mt4icfg.cgi" を666 で同じフォルダに作って回避。

見た目はこれまでとあまり変わらないですが、出来ることが増えて、タイヘン良い感じです。ありがとうございます。

W31S で再生できる音楽とか動画を作る

とりあえず、音楽と動画。上のサイトに全てが説明されています。「携帯動画変換君」 とQuickTime(Pro 版でなくてOK)、2つの.ini ファイルをそれぞれ所定の場所にコピー、あとは携帯動画変換君 を起動してメニューから"W31S" を選択、あとは音楽なり動画なりお好きに変換してくださいな。

動画変換のテストとして、たまたま手元にあったCM などを変換してみたところ、15秒で550KB 程度になりました。画質はそれなりですが、ネタ動画や縦シューのリプレイ動画(携帯を縦にすれば見やすいかなー、と) などを変換して持ち歩くなどすると楽しそうです。PC がなくても見られますよー、ぐらいの位置づけでしょうか。

携帯動画変換君 で作ることの出来るファイルは、音楽、動画共に拡張子が.3g2 になります。音楽の場合、再生は出来ますがいわゆる着うた等に指定することは、少なくとも今のところは出来ないようです。

というわけで、えせ着うたなども作ってみました。以下のサイトの「えせ着うたフロントエンドSMAF版」 を使用し、拡張子が.mmf のファイルを作成、そして目的が達成できました。エクセレント!!

色々試してみたところ、W31Sの場合再生可能な最大ファイルサイズは300KB のようです。割り切ってモノラルにすれば、ファイルサイズを抑えることが出来るので、4bit ADPCM(サンプリング周波数24000Hz)、8bit PCM(サンプリング周波数12000Hz) どちらの場合でも、最長25秒程度までの音声ならば、再生できそうです。

ただ、W31S で設定できる音は結構限られていて、いくつかのアクションはプリセットからしか選択できないのが残念(充電時にも音が出るようにして欲しかった!!) ですが、それでも当初やりたかったことが達成できたので、満足しました。

そろそろ、大容量メモリースティックPro Duo を買わないとですね。512MB くらいが適当かな。

そうそう、音楽作成とか動画作成は著作権に留意して、私的利用の範囲内で(おやくそく)。このあたりも最近…まぁ、いいや。

(2005/05/05 20:57 追記)
関連ツール。W31S でも使えます。

bbclone 0.4.8a utf8 に入れ替え

BBClone 入れてみました」 にもちょっと書きましたが、さらに追記で、バージョンアップする際は「var フォルダとconf フォルダ以外を全て転送」 が正しいです。"conf/config.php" は必要に応じて編集してください。

さてさて、最近の数バージョンでは、[詳細統計] の[どこから来たか] のリンク方法の仕様が二転三転していて、前までは普通にリンクするようになっていたのが、リファラを隠蔽するためか、JavaScript を使ったものに変更されました。

それはそれでいいのですが、一旦飛んだ先のページで個人的には大嫌いな(というか機能しない設定にしている) "<meta http-equiv="Refresh" content="0; URL=…>" を使用していて、イヤな感じです。とりあえず、自分の欲求を満足するためだけに、ちょこっと変更したので、変更箇所を忘れないために、メモ。

変更するファイルは"lib/html.php"、ブラウザから見た場合の"show_detailed.php" の<head> ~ </head> 内をいじります。

92行目あたり、<body> の行と</body> の行の間に以下のコードを挟みます。


          ."    +'<a href=\"http://'+addr+'\">http://'+addr+'</a>'\n"

Google のリファラなどで検索文字列が文字化けするため、"unescape()" は外してみました。必要に応じて、89行目も同じように変更しておくと良いかも。


          ."    +'<meta http-equiv=\"Refresh\" content=\"0; URL=http://'+addr+'\" />'\n"

第三科学研究所のDPP ケーブル購入

通販でも買えるのですが、東京出たからには秋葉原にも行かねば、ということでついでに購入。若干、通販より割高ではありますが、送料考えると安いよね(自分の交通費は考えない)。

これまでは投げ売りされてたBURUTTER を使ってましたが、たまに認識されなかったりしたのでした。

パラレルポート経由ならば遅延とかも皆無で快適なゲームプレイが出来そうです。一度繋げばそれで済むとはいえ、PC の裏側の作業が少しめんどうなので、試すのはまた今度に。ドライバはPsxpad を使うのがよい、とのこと。

「都市の模型展 -東京を視る-」 観てきた

  • Real

映像展示の「東京静脈」 と「東京スキャナー」 を押井守が監修しているというので、時間をやりくりして見に行きました。数ヶ月かかって作ったという、ニューヨーク、東京、上海の立体模型は、これもまた圧倒的な存在感があります。こういうのとCABIN みたいなVR システムが組めば高精細な東京ウォークスルーシステムとか作れそう。観たいなぁ、そういうの。

「東京静脈」 はまんま映画版「パトレイバー2」 で東京の川を船で移動してたシーンな感じで。「東京スキャナー」 は「スキャンをしているCG」 とかがやや微妙と言えば微妙な気もしましたが、いいカメラ使ってるなぁ、とかそういうあたりで楽しめました。最後の着陸シーケンスが圧巻。

どちらもDVD が出ているみたいですが、それぞれ3,000円位するみたいなので、とても手が出ませんよ。せめてカップリングにしていただけたら!!

都市の模型展自体は入場無料で、展望台の入場料(1,500円) のオマケみたいな感じなのですが、時間の関係で展望台には目もくれず、都市の模型展に直行、全部見終わったところで丁度時間となり、展望台へは行けず仕舞い。まぁ、仕方ない。

あと、六本木ヒルズ入り口前にあった多脚砲台みたいなオブジェが気になった。むしろ「HL2」 のストライダーっぽい感じ。

SN320014.JPG

「日本科学未来館」観てきた

  • Real

MEGASTAR-II cosmos をめあてにしていたのですが、到着が14:00 を回ってしまったので、予約も取れず、観られずじまいでした。残念。スコープドッグより先にこっちに回っていれば…とも少し後悔してみたりもしましたが、これはこれで。一番みたいものから見るのが多分正しいはず。

それでも色々と観られました。ASIMO とか。目線を頂きつつ、パチリ。

asimo.jpg

「意外とちっちゃいなぁ」 というのが第一印象でしたが、「そりゃスコープドッグの後に見ればなんでも小さいよ」 とトモダチにつっこまれました(ナイスツッコミをありがとう!!)。

あと、未来館のシンボルでもあるらしい、「Geo-Cosmos」 というのがかなり良い感じでした。準備中の画面をパチリ。

nowloading.jpg

未来館の展示物はどれもがそうですが、「普通の人の感覚に訴えかける、圧倒的なもの」 みたいなのが数多くありました。ただの数字の羅列じゃなくて、それを再構築、視覚に訴えかけるとかそういう感じの。

もうひとつの観たかったもの、「みんなのCABIN」 は無事観ることが出来ました。たぶん焦点が合うのが真ん中に設定されていたっぽいので、端からではちょっと厳しかったです。リアルタイムでもっと圧倒的な密度の画像が出せるようになったらもっと楽しくなりそうな気がします、このへんの技術って。

そんなこんなで、軽く見て回るだけであっという間に3時間あまりが経過。小学生くらいのオトコノコが来たら、興奮の余り、訳も分からず走り回りたくなるような、そんなところでした。これだけ遊べて入場料500円とは、安すぎる。

そうそう、ゆりかもめ は、要はポートライナー(六甲ライナーでも可) とどう違うの? とか思った壱関西人。

1/1 スケールな鉄製スコープドッグ観てきた

  • Real

故あって、公開2日目に行ってきました。色々経緯はあったものの、結果としてコレのために上京したようなものなので、「ボトムズ(最低の野郎ども) ですな」 とトモダチに言われましたです。

さてさて、水道橋に着いたのが12:00 ちょっと前。開場は12:00 からだったのですが、とりあえず場所だけ確認のパチリ。ホント駅からすぐです。まずはam/pm を目指すのが宜しいかと。

SN320009.JPG

朝ほとんど何も食べていなかったので、まずは先にお昼を。何も考えず、見た目であんかけスパゲティ 和伊家 へ。おおお、我ながら素晴らしいチョイス、大変おいしゅうございました。

食後はコミック・ネット・カフェ FUTABA で調べ物をしつつ、ちょっと休憩。で、13:00 頃に会場入り。なんかタイミングが良かったみたいで、ほとんど並ぶことなく、さっと入れました。

今回の展示のメインである「スコープドッグ・ブルーティッシュ・カスタム」 はスケールこそ1/1 ですが、「超巨大(1/1 スケール) な版権モノ」 なわけなので、一切の写真撮影は不許可でした。そりゃまあそうですよね。他の作品は撮影OK だったので、デスクトップなMac とか、ノートなWindows とかの写真は撮ってみたのですが、問題があるといけないので掲載は控えておきます。

順路沿いに進んでいくと、まずはスコープドッグの大きな足と背中が見えてきました。脚部は床にボルト付けされた鉄板の上に溶接で固定され、背中上部2カ所が建物構造物と接続されていました。

そして左手のガトリングガンと爪をみながら、前へ回り込む。足下すぐでは全体が見られないので、ちょっと後ずさり。…凄い。全高は4メートル弱なのに、なんだこの圧倒的な威圧感は。戦場でこんなのに出くわしたら、生き残れる気がしない。と思う。重量は2トンほどあるらしい。ちゃんと右膝と腰のアーマーに足をかけるところがあって、上れるようになっているらしい。ちゃんと降着状態も取れるとか。分かってるね!!

個人的にボトムズといえば、外伝小説であるところの「青の騎士 ベルゼルガ物語」 シリーズの印象が強いです。というかむしろアニメの方のストーリーとかあんまり覚えてないです。

「プロフェッショナル」 の仕事ってヤツを見られて、大満足でした。凄いなぁ、としか言えないのが悔しいよ。

というわけで、刻印入りボルト2本と、会場で先行販売な「タタキツクルコト」 を購入。会場限定の、革製のしおりと、ポスターも頂きました。この本自体の購入特典にポスター全員サービスがあるようなのですが、頂いたポスターはA、B どちらとも違う絵柄ですね。

タタキツクルコト 1/1スコープドッグ制作日誌
倉田 光吾郎
インフォバーン (2005/05/13)
売り上げランキング: 229
近日発売 予約可

今回、ついカッっとなった勢いで見て参りましたが、興味のある方は是非見に行かれた方がよいと思います。

(2006/03/11 10:10 追記)
作者本人による会場レポ。来場者は21,000人弱もあったとか。凄い。あースコープドッグ、触っても良かったのか…、触ればよかった。

「リッジレーサーズ」 サントラ購入

B0007URZKG リッジレーサーズ ダイレクトオーディオ

というわけで、ようやく発売です。発売日当日、夜遅くにAmazon から届いたので早速iTunes で取り込み、さすがにまだCDDB に登録がありませんよ。仕方がないので全て手打ち...はしないで、インプレスの記事からコピーペースト。ありがとうございます。

で、そそくさと取り込みを完了させて、iPod へ転送、そのまま東京1泊2日旅行のお供として、ヘビーローテーションさせてました。ホントにこれしか聞かなかった。連続ではないものの、6時間はバッテリがもったので、まだまだウチのiPod も元気です。

以前のインタビュー記事を読み返しながら読むとまた楽しめるかと想います。

お気に入りはCM でも使われた「Disco Ball」、あとはヒゲソリヒゲソリな「Rotterdam Nation Remix」、やっぱり基本の「Ridge Racer」 あたりでしょうか。初代アーケードの「リッジレーサー」 は「リッジレーサーズ」 と違い、1回でも壁に当たればもう1位はムリ、というシビアなレギュレーション(敵車接触もかなり致命的) だったので、これを聞くとあの当時のバトル--トンネルを抜けて、上級コースへ分岐する左カーブを曲がった先に黄色いクルマが小さく見え、「よしっ、捉えた!!」 とテンションを上げながら追いかける--が思い起こされるのです。あぁ幸せな記憶。

[はてな] 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-28 「残る命 散る命」

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

またか、またかッ、またこのパターンかッッ!!!! いやキラスキーとしてはお腹いっぱいな感じで大変宜しい感じです。今日のキラさんは17分割とかお好みだったようです。種割りシンちゃん相手でも互角だし、やっぱキラ最強。毎回毎回、笑えるほどに無傷だしな。

やはりトダカ艦長は器の大きな人でした。「アークエンジェルへ行け!!」には痺れた。オーブって、国家元首以外はいい人ばっかりなのだろうなァ。そしてどうなるルナマリアたん。

来週は議長と共に過去を振り返る、あるいみ総集編なお話。うわっ、キラ若ッ!!

ガンダムSEED DESTINY 第28話 「残る命散る命」 感想 - 蒼穹のぺうげおっと

Home > Archives > 2005/05

Return to page top