IE のインターネット一時ファイル

IE には「インターネット一時ファイル」 という、一度表示したファイルをHDD にキャッシュし、これによって再度同じページにアクセスした際に高速に表示する機能があるのですが、しばしばこのキャッシュが原因で、自分でHTML を更新したのにIE で表示した際にその更新が反映されない、とか、ログオフしている状態なのにユーザ認証が必要なページが表示されてしまう、とかのトラブルに見舞われることがあります。
対策としては、まず、[インターネットオプション]-[全般]タブ内の[ファイルの削除] を実行すると、この一時ファイルを削除することが出来ます。たくさんキャッシュしていた場合は、少し時間がかかるので削除されるまで待ちます。また、[設定…] で一時ファイルに使用するファイルサイズを指定することが出来ます。ここに指定する適正なサイズはいくつなのか、というのは良く分からないのですが、個人的には”1MB” に指定していて、体感上では特に問題なく使えています。
昔は回線速度があまりなかったのでこの機能も意味がありましたが、最近の高速回線に接続されたPC では最早あまり意味のない機能のような気がします。とはいえ1MB はあまりにも極端すぎですので、(根拠はないものの) たぶん10-50MB くらいを指定しておくのがよさそうです。あまり大きく指定してもHDD アクセスが増えるだけなので、非力なPC ではかえってインターネットアクセスが遅く見えるようになることがあるかもしれません。
また、[インターネットオプション]-[詳細設定]タブ内の[ブラウザを閉じたとき、[Temporary Internet Files] フォルダを空にする] にチェックを入れておくと、IE 終了時に自動的に一時ファイルを削除してくれるようになる、はずです。特に理由がない場合はこれもチェックしておくと幸せになれそうです。

シェアする

フォローする