Home > Archives > 2005/02

2005/02

Webalizer の検索キーワード文字化け対策

これまで、convertlog を使ってましたがちょっとおもしろそうなのを見つけたのでちょっと入れ替えてみました。

文字コードの変換だけでなく、全角アルファベットを半角に、アルファベット大文字は小文字に変換、おまけに検索文字の全角スペースを半角スペースに変換し、半角スペースをキーワードの区切りとして各キーワードを並び替えまでしてくれます。

BBClone だと完全に1キーワードまで分解してくれるのですが、どちらかというと「どういう組み合わせで辿り着いたのか」 が知りたいので、これはかなり重宝しそうな気がします。

ソートをするようになったからか、さすがにこれまでよりも少し時間がかかるようになりましたが、なかなか良い感じです。perl ベースなので、自分で改造できそうな(気がする) のもちょっと良いかも。

ついでに、webalizer まめちしき。検索エンジンからのリファラで埋まってしまうことが多く、普通のサイトからのリファラが埋もれてしまうことがあるので、ウチではこうやって対策してます。GroupReferrer とHideReferrer を併用すると、合計だけが表示され、個々のリファラは消してくれます。検索エンジンに限らず、いくらでも応用がきくと思います。


GroupReferrer	.google.			Google
GroupReferrer	.104/search		Google
HideReferrer	.google.
HideReferrer	.104/search
GroupReferrer	search.yahoo.co.jp		Yahoo!Japan
GroupReferrer	srd.yahoo.co.jp		Yahoo!Japan
HideReferrer	search.yahoo.co.jp
GroupReferrer	search.goo.ne.jp		goo
HideReferrer	search.goo.ne.jp
GroupReferrer	search.biglobe.ne.jp	biglobe
HideReferrer	search.biglobe.ne.jp
GroupReferrer	search.msn		MSN
HideReferrer	search.msn
GroupReferrer	excite.co.jp/search.gw	excite
HideReferrer	excite.co.jp/search.gw
GroupReferrer	infoseek.co.jp		infoseek
HideReferrer	infoseek.co.jp
GroupReferrer	mixi.jp			mixi
HideReferrer	mixi.jp

vsftpd 2.0.1 をRPM でRHL9 にインストール

永らく"vsftpd-1.1.3-8" のまま放置していたので、さすがにそろそろバージョン上げるか、と思い立ち、いつものごとくFC3 から"vsftpd-2.0.1-9.src.rpm" を頂いてくる。とりあえずのダメ元ビルドはやっぱりエラーが出て終了。どうやら"-fpie" というコンパイルオプションが引っかかっているらしい。


# for -fpie
BuildPrereq: gcc > gcc-3.2.3-13, binutils > binutils-2.14.90.0.4-24, glibc-devel >= 2.3.2-27

binutils こそこないだついうっかり入れ替えました が、gcc とglibc-devel のバージョンが古いので、このままではコンパイルが通らない。なので、RHL9 用の"vsftpd-1.1.3-8.src.rpm" からSPEC ファイルを抜き出して比較検討した結果、"-fpie" オプションを外すことでビルド通りました。"-fpic" も出来ればあったほうが良さそうですが、ないものは仕方がないので、これ以上はあんまり深く考えない。

で、変更した箇所。39行目あたり、上記と同じところをコメントアウト。


# for -fpie
# BuildPrereq: gcc > gcc-3.2.3-13, binutils > binutils-2.14.90.0.4-24, glibc-devel >= 2.3.2-27

70行目あたり、コンパイルオプションから"-fpie" を削除。


make CFLAGS="$RPM_OPT_FLAGS -pipe" \

で、ビルド。出来上がったらアップグレード。


# rpmbuild -ba --target i686 vsftpd.spec
# rpm -Uvh /usr/src/redhat/RPMS/i686/vsftpd-2.0.1-9.i686.rpm

あとはconf ファイルとかを設定すれば完了。体感上、特に何かが変わった感じもしませんが、SSL/TLS サポートなどが追加されてるので、オレオレ証明書でも作れば一応平文FTP よりはマシな運用が出来るかもしれない。これはまたいずれ。

(2005/03/03 19:59 追記)
設定方法が良くまとまっていて、分かりやすいので。xinetd 経由での起動方法が特に参考になりました。

SSL 関係の設定はこっちで確認。

付いたトラックバックを一覧表示

"recently_pinged_on Plugin" を使うと割と簡単にトラックバックの管理ができるようです。MT2.661 でも使えるようなので、早速導入し、「MT hxxks - Movable Type 2.x でトラックバックを一括管理するテンプレート」 を参考にしてページを作ってみました

上記テンプレートにある「編集」 リンクはベンリですが、そのまま使うとセキュリティリスクがありますので、「自分にしか見えない [編集] リンクを作る」 もあわせてご参照ください。

近頃流行の"rel="nofollow"" とかも追加したし、トラックバック復活させるかな。

Fedora Legacy kernel アップデート

さすがにkernel までは自分でRPM 作るのも怖いし…と、脆弱性があるのを知りつつ実は放置していたのですが、Fedora Legacy から"kernel-2.4.20-42.9.legacy" がリリースされたので早速入れてみました。

yum のリポジトリの設定を"Fedora Legacy" に変更 してあれば、あとは簡単です。ただ、デフォルトの設定だとkernel 関係は自動アップデートの対象外になっているので、"/etc/yum.conf" の以下の行をコメントアウトします。


#exclude=kernel*

あとは、


# yum update

で必要なパッケージを自動で落としてきてくれます。これまで、アップデートしていない場合は、kernel 以外にも色々取ってくると思います。

kernel に関しては、万が一の時のために前のバージョンでも起動できるように、update(rpm -Uvh) ではなく、install(rpm -ivh) するように、とされています。yum なら自動的によしなにしてくれます。


[install: kernel 2.4.20-42.9.legacy.i686]
[update: kernel-source 2.4.20-42.9.legacy.i386]
Is this ok [y/N]: y

終わったら、再起動。kernel の選択に"2.4.20-42.9.legacy" が追加されていればOK です。こいつを選択して起動しましょう。ウチでは特に問題なく動いてる模様。

[はてな] ときメモOnline

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。


まずは以下の資料をご覧ください。

MORPGにおけるロールプレイ | iwatamの個人サーバ

このコラムのウチ、以下の部分が今回言いたいことのとっかかりによさげなのでモジュールのテストをかねて引用してみます。上手くいくかな。

もしゲームの方でそうした雰囲気がきちんと決められているのなら、キャラの行動や話し方はその雰囲気に合わせるべきだ。「ときめきメモリアルオンライン」なるものができたら、そこでされる会話がいかにギャルゲー的な会話であっても文句は言えない。逆に「おめーら、会話が気色悪いんだよ、このオタが」と文句を言う人がいたら、「これはそういうゲームだ。このゲームにそれ以外の何を期待してるんだ?」と逆に言い返す。

3.3. ゲームの雰囲気に合わせるということ

この話はロールプレイやなりきりプレイ、ネカマプレイなどの話の中でたとえ話として出てきているわけですが、「ときメモOnline」 について言及しているいくつかのサイトではネカマの出現を危惧する声がちらほら。はっきりいって、もしネカマを徹底的に排除できたとしたら、それは相当つまらないゲームになってしまうと思いますよ。確か韓国での「ラグナロクオンライン」 はリアル性別と紐付けて自分と違う性別のキャラクタは作れないようになってたように思いますが。

どうせこんなゲーム、どう取り繕ったとして圧倒的に漢しかやらないはず…と思ったけどキャラクタのかわいさで意外と浸透するのではないか、と思った。と撒き餌を蒔いてみるネカマがココに一人。
いやいや、我が事ながらかなりイタい話ではあるのですが、FF11 ではいわゆるネカマをやってまして、基本に忠実に、フトコロのナイフ*1 を隠しつつ、丁寧な言葉遣い、立ち回りをしていたら勝手に勘違いされて微妙にかわいがって頂けたり、マジ告白されたりとかしましたがそれもまた良い思い出です。でも貢がれたりとかはあんまりなかったですよ、ええ。ほぼ自力で稼いで装備買っていても、「どうせ貢いでもらってるんでしょ?」 みたいに言われたことはありますが。
話がだいぶそれたので戻します。リアルの性別がどうであろうと、所詮ゲームなんだし、好きにさせてよ、と思うわけです、ネカマとしては。「FF11 の楽しさの半分はネカマで出来ていた」 と、本気で思っています。この楽しさは…どう表現すると良いのか…、期待されるであろう言動を引かれない範囲でやってのける? 「なりきり」 との線引きが難しいところです。もちろん、ことさらに自らが女であるかのように振る舞ったりは当然やらないですよ*2
全然話が戻ってないので頑張って戻します。スクリーンショットを見るに、学内の施設とかでウロウロとしているように見えますが、どうにも、ラグナロクオンラインのそれと重なって見えて仕方がない。おそらく、開発者の中にハマったひとがいるのでしょう、坂口さんが「EQ」 に大ハマリした結果企画されたのが「FF11」 であるように*3。でも高校って、授業とかあるから仕方なく同じ場所に皆がいるのであって、やることないなら帰るなり遊びに行くなりしますよね。現実には一人でゲーセンに行きたい日もあるでしょうけど、このゲームではそういうソロプレイヤーに対するケアはあるのか、とか。

あと、ゲーム自体が何を目的とするのか、というのも不明。オリジナルの設定から引っ張ってくるとすると、高校生活を3年過ごし、最後に意中の異性に告白をする、ということになるわけですが、告白相手もプレイヤーキャラクタだとすると…どうなるんだろうね? ここぞまさにネカマの面目躍如といったところですがいい加減しつこいですな。>ネカマ

MMORPG はシステムに慣れてくるとレベル上げは単なる作業になり、かけた時間に正比例する形で結果が得られるという、完全な直線という形でこれから先が見えてしまい、そうするともうチャットで気を紛らせながらえんえんと単調な作業を繰り返していくしかないのです。寝落ちは確かに迷惑ですし、ちゃんと寝ろ、って感じですが、システム自体が単調故にすぐ眠くなる、というのは否めないです。それでも、真剣にゲームプレイをする余地はいくらかは残っているのですが、「ときメモOnline」 はそういう単調なゲーム部分すら実装されないんじゃないかとすると、最早チャット以外にすることはなくなるわけですが、それは面白いのか!?

どのくらいをターゲットとして販売目標をどのくらいに設定するかによって内容はいくらでも動かせそうですけど、タイトルからして、一般層向けには考えてないのではないか、と思いたい。というか自メーカー初のネットゲーがこんなのってどうよ!?

一応、細くて険しい道だけど、正しい道はあるはずなので、頑張って頂きたい。でも個人的にメタルユーキは信じてないので。PS1 のときメモは、PCE 版の優秀なオリジナルスタッフが作った遺産をそこそこ丁寧に移植して、上手くプロデュースできたから成功したのであって、その後の展開は…ね。

で、色々と「ボクの考えたときメモOnline」は話のネタとしては面白いけど書くのは面倒なのでさっくり割愛。

ゲームであることを放棄するのはひよってるとしか思えないわけですが、どうなることやら。

当時の「ハイパープレイステーション」 とか見直しててとてもとても懐かしい気持ちに。1995-1997年くらいはまさにユメのような時代だったよね。もう2度と来ないという意味でも。

*1ログイン公式Webサイト WebLOGiN 編集者持ち回りブロードバンドコラム ビビビ! などを参照のこと

*2:それとなく匂わせ、くらいはするかも

*3:結局実制作には殆ど関わってないはず。この人が残っていれば「FF11」は…と思わなくもない。

Windows XP SP2 の自動更新2件

更新プログラム自体は昨年末に出ていたようですが今日いきなり自動更新で来たので入れてみた。KB887742 ってひょっとして、HT 有効なPentium4 + WindowsXP SP2 環境で突然再起動する への対策だったりしますか?

PSP の□ボタン、押しても戻らないのは無償修理

インプレスの記事では「交換」 と書いてますがオフィシャルでは「修理」 となってるのでココ要注意。たぶんカバー全体か□ボタンを「交換修理」 することになると思われます。どうにも□ボタンの戻りが悪いと思われるPSP は是非修理に出しましょう。たぶん、□ボタンが押しにくい、とかそういうのを修理する、ということではなさそう。

なお、現在出荷中のPSP は既に対策済みとの事。これでちょっとは安心して買えるようになったかな。でも最近はDS でぷよぷよフィーバー三昧なのでめっきり稼動しなくなりました、ウチのPSP。なので、風のうわさに聞いた、「工場出荷設定に戻すをするとお亡くなりになる」 ってのを決行してみました。そして…、普通に初期状態に戻りました。なんだか…、いやいやいや、ウチのPSP は元気です!! やったね!! 液晶パネル内のゴミとか、無償修理で取ってくれないかなぁ。ちょっと気になる。

WindowsXP SP2 なIE6 環境でポップアップウィンドウのURL 偽装ができるらしい

WindowsXP SP2 上のIE6 はポップアップブロック機能では、アドレスバーを非表示にしたポップアップの場合には、タイトルバーにそのURL を強制的に表示するようになっていて、今回はこれを逆手に取る形で偽装が出来ますよ、ということみたいです。ITPro の記事にある画像が分かりやすいです。指定サイズでウィンドウを開く、とかが無効になるタブブラウザならばリスクは低いような気もします。

対策は、普段から十分に気をつけましょう。ということみたい。

銀行のオンラインバンキングとか、お金とかプライバシーとかにかかわるサイトにアクセスする場合は、アドレスバー(ってテレビ的には使えない言葉らしい) に直接そのサイトのURL を打ち込むのがおそらく一番安全です。

長いURL を打ち込むのが面倒な場合、URL を書いたテキストファイルをメモ帳とかで開いておいて、アクセスするたびにアドレスバーへコピペする、とか。これも知らないうちに書き換えられてたりする可能性もあるけど(でも、もし本当に書き換えられるような環境だとすると、もうかなり手遅れ…)、メールに書いているURL へジャンプするよりは安全か。お気に入りに登録しておいて必ずそこからアクセスする、も同レベルで有効っぽい。

そういうテキストも作るのが面倒ならば、Google 検索の結果のリンクからジャンプする。でも、ついうっかりなんらかのミスとかが重なってフィッシング詐欺のサイトがトップに来る可能性もゼロではないし、自分と関係のない第三者のページを信頼する時点でもうダメっぽい感じ。リスク高し。

リンクにマウスカーソルを持っていくとブラウザウィンドウの下にリンク先のURL らしきものが表示されますが、これはJavaScript でさっくり偽装できますし、紛らわしい文字が使われていたら判別不能なので、そういう場合はリンクを右クリックしてメニューから「ショートカットのコピー」(IE の場合) を選択、メモ帳などに貼り付けして目視で検証するのが手間はかかりますがより安全となります。

PuTTY 0.57 出ました

PuTTY 0.56 以前に脆弱性があるとのこと。既に0.57 が出てますし、いつものごった煮版も即日対応されてますので、ささっと入れ替えておきましょう。

また、PuTTY のコードを利用しているFilezilla とWinSCP も同様に。これを書いてる時点ではWinSCP はまだ対応版は出ていないです。

NDS 版「ぷよぷよフィーバー」 買った

[はてな] 落ちゲー」 で書いたように、再びぷよぷよにハマりました。で、最新版である「ぷよぷよフィーバー」 を買おうかと思ったのですが、手軽に携帯ゲーム機、PSP 版かDS 版、で、読み込みのことを考えてカートリッジなNintendo DS 版を購入。

B00067HN3O ぷよぷよフィーバー

これまでのぷよぷよは2コセットで落ちてくるのが常でしたが今回は2コ、3コ、4コ、また4コはでっかいぷよがひとつ(回転ボタンで色が変わる) の場合もあります。

また今回フィーバーというのが追加されました。相手のお邪魔ぷよを相殺した際にゲージが貯まり、いっぱいになると「後もう少しで連鎖が開始する状態のぷよぷよセット」 が丸ごと落ちてきます。と、書くとフーンで終わってしまいそうな話なのですが実際にやってみるとコレがかなり面白い!! ぷよ初心者のうちはなかなか連鎖を組むことが出来ず、このゲームの面白さもなかなか分からなかったりしますが、そういう、「連鎖もろくに作れない状態のプレイヤー」 に対して面白さを提供する救済措置にもなってるのではないかと思います。

私もまだ5連鎖程度の腕前なのでまだまだ練習しないといかんです。結構遊んだ気になっても30分程度、とかだったりするのでなかなか楽しいです。ここにきてDS の稼働率が上がってきました。

(2005/02/22 00:16 追記)
どうでも良いことですが...。エンドロールを見てると、実制作はMILESTONE という会社がやってるようです。オフィシャルサイトの方にはゲームの名前は出てませんが、一応、2004年開発実績にコンシューマ向けパズルゲーム、があります。

なんとなく、社長さんのお名前でググってみたら、以下のようなページ(のキャッシュ) に遭遇。シューティングを作っていたりとか、ぷよの移植やってたりとか、ということはひょっとするとあの会社の...? ってそれは深読みしすぎか。でも、もしそうならば、陰ながらだけど、がんばれ。

  • 魔導物語 スタッフ一覧
    http://216.239.57.104/search?q=cache:62LNRb57PScJ:www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/4569/daidou/game/staff.html+%E6%9C%A8%E6%9D%91%E6%8B%93%E5%8F%B2&hl=ja&lr=lang_ja

そうそう、DS 版、さすがROM カートリッジだけあってデモとかアニメとか全てオフにしたらかなりサクサクなのです。待ち時間がほとんどないのはかなりイイです。(これから携帯向けぷよぷよを買うなら) オススメ。

[はてな] SEED DESTINY 第18話 「ローエングリンを討て!」

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

今回の見所。

「…あたし、予防線張られた?」

「………さぁ」

妹ちゃんはいいところナシですから!! 残念!!

アスラン隊長も微妙に活躍してるようでしてないって言うか、でもリフレクター装備のMA 葬ってましたし、ということは、シンって別にいなくても良かった? そんなわきゃナイよね? ね? ね?

一応完全勝利しましたがアスラン隊長は晴れない顔ですな。シンとは対照的。今後シンが戦争の本当の姿(あるのか? そんなの) を知って壊れたり悩んだりするのだろうか。

こっそり追記するよ

Sleipnir ではてなブックマークを使う

ブックマークというより、クリップなんじゃないかという気もしますが、「お、あとで見たいのでおいとこう」 というようなページに対して使うのが良い使い方のようです。これまではGmail で管理、とかやってましたが微妙かなぁ、とかも思うので、(公開しても恥ずかしくないページについては) こっちでクリップするようにしてみましょう。というわけで、Sleipnir のアドレスバー拡張メニューで使えるコードをコピペ。

非ポップアップ版


はてなブックマークに追加|javascript:window.location='http://b.hatena.ne.jp/add?mode=confirm&title='+escape(document.title)+'&url='+escape(location.href);

ポップアップ版


はてなブックマークに追加|javascript:window.open('http://b.hatena.ne.jp/add?mode=confirm&is_bm=1&title='+escape(document.title)+'&url='+escape(location.href), '_blank');undefined;

(2005/02/21 11:21 追記)
非ポップアップ版よりポップアップ版のほうがベンリかも。なので両方書いてみる。お好みでどうぞ。ウィンドウサイズ指定とか、Sleipnir では意味のないコードは削除しました。

はてなが用意しているJavaScript そのままです。なんの工夫もなし。ジャンルも勝手にくっつけてくれるのでラクチンです。これで開けっ放しのタブをいくつか閉じることが出来そう。最大いくつ追加できるんだろう。

(2005/02/21 11:32 追記)
JavaScript 使わない版。Sleipnir 使いにはこれがベストかも。一応、動作は確認してますが、URL の文字列エスケープとかやってませんし、なによりオフィシャルに説明されてる方法ではないので、自己責任でどうぞ。


!はてなブックマークに追加|http://b.hatena.ne.jp/add?mode=confirm&url={URL}

(2005/03/18 21:55 追記)
そうそう、書き忘れてたので今書きますが、上記の「JavaScript 使わない版」 にはやっぱり問題があります。追加するページのURL に"&" などが含まれていた場合、そこでぶつ切りにしてくれます。これはどうしようもないので、そういうページを追加する場合は以下のリンクからどうぞ。自分のブックマークのタイトル右横の「B!」 のリンクから飛べるのと同じです。

PSP 「WipEout Pure」 予約しました

もし国内で発売されないなら海外から個人輸入してでも...と思っていたら、無事国内販売も決定され、ps.com でプレ予約できるようになっていたので予約してみた。amazon でも予約できるみたいだよ!! といつもの(略)。

B0007P51N4 WIPEOUT PURE ワイプアウト ピュア

オフィシャルサイトで見られるプロモムービーのグラフィック、モーション、サウンドがちゃんとワイプアウトテイストなのでかなりヤバい感じデス。今回はThe Designers Republic は関わっているのかなぁ。オフィシャルサイトの掲示板などを見てみてもまだ公式アナウンスはされてないみたいな模様。どちらにせよ、プレイムービー見る限りでは大丈夫そうなので、期待期待。

最初のPS 版「ワイプアウト」 は制作者インタビューでF-ZERO をリスペクトして作った、と言ってたのですが個人的にはF-ZERO よりスキです。マリオカートみたいなお邪魔兵器もありますし。それより何より、テクノサウンド+高速走行はかなりヤバいのです。

PS で「ワイプアウト」、「ワイプアウトXL」、「ワイプアウト3」 と続けて遊んで、「wipeout2097」 の並行輸入サントラも買ってひたすら聞き込んだりしたので、メモリースティックに入れたMP3 をゲームプレイ中に再生できるらしいPSP 版はかなり「買い」 なのです。既に「ワイプアウトXL」 と「ワイプアウト3」 のCD-DA はMP3 に変換完了、これから発売に向けて、ヘビーローテで聞き込みます。ところで「ワイプアウト」 は行方不明なのです。どこいった??

(2005/02/28 23:13 追記)

PS2 「鉄拳5」 オマケ要素多すぎ!!

ナムコがPS で「リッジーレーサー」 を出したときより、ゲーム起動時のロード中にミニゲームが遊べる、というのは半ばお約束になっていて、PSP の「リッジレーサーズ」 でも踏襲されてました。ナムコ脅威のテクノロジーにより、実際にはもうそんなにロードで待たされることもないのですけどね。で、「鉄拳5」 では「スターブレード」 が遊べるとの事!! なんですと!! いつもながら妙に気合が入ってますなぁ。

また、前々から噂になっていた、鉄拳10周年を記念して過去の鉄拳シリーズを収録するらしい、というのも情報でました。アーケード版の「鉄拳」、「鉄拳2 Ver.B」、「鉄拳3」 が収録されるとのこと、セーブ等は一切出来ないみたいですが、ナムコ脅威の太っ腹!!

さらにさらに、有名漫画家さんにキャラのコスチュームデザインを依頼、それも収録されるとの事。これでもか!! というほどやりすぎです。ナムコ脅威の護送船団方式はいまだ健在。

IE のインターネット一時ファイル

  • PC

IE には「インターネット一時ファイル」 という、一度表示したファイルをHDD にキャッシュし、これによって再度同じページにアクセスした際に高速に表示する機能があるのですが、しばしばこのキャッシュが原因で、自分でHTML を更新したのにIE で表示した際にその更新が反映されない、とか、ログオフしている状態なのにユーザ認証が必要なページが表示されてしまう、とかのトラブルに見舞われることがあります。

対策としては、まず、[インターネットオプション]-[全般]タブ内の[ファイルの削除] を実行すると、この一時ファイルを削除することが出来ます。たくさんキャッシュしていた場合は、少し時間がかかるので削除されるまで待ちます。また、[設定...] で一時ファイルに使用するファイルサイズを指定することが出来ます。ここに指定する適正なサイズはいくつなのか、というのは良く分からないのですが、個人的には"1MB" に指定していて、体感上では特に問題なく使えています。

昔は回線速度があまりなかったのでこの機能も意味がありましたが、最近の高速回線に接続されたPC では最早あまり意味のない機能のような気がします。とはいえ1MB はあまりにも極端すぎですので、(根拠はないものの) たぶん10-50MB くらいを指定しておくのがよさそうです。あまり大きく指定してもHDD アクセスが増えるだけなので、非力なPC ではかえってインターネットアクセスが遅く見えるようになることがあるかもしれません。

また、[インターネットオプション]-[詳細設定]タブ内の[ブラウザを閉じたとき、[Temporary Internet Files] フォルダを空にする] にチェックを入れておくと、IE 終了時に自動的に一時ファイルを削除してくれるようになる、はずです。特に理由がない場合はこれもチェックしておくと幸せになれそうです。

FinePix の新型、かなり良さげ

なんだか見た目からして自分の中で何かが動いた感じがしたのでメモ。「スーパーCCDハニカム」 も既に5世代目とは。ウチのFinePix4700z は2000年に買ったから、初代、ってことか。「暗いところに強い」 とか「手ブレに強い」 とか聞くとかなり気になってきます。気になるお値段も5万円前後ということでオトクそうな感じです。安くなったなぁ。

といってもFinePix4700z がまだ元気に稼動しているので(稼働率はさほど高くないですが…)、買うとしてももう少し先でしょう。これで記録媒体がメモリースティックDUO とかだったりしたらPSP でも見られて幸せになれそうなのに、ってそれは出来ない相談ですな。

ネットスターのURL フィルタリングで迷惑メール対策

ボーダフォンのメールに、特定のURL を本文に含むメールを受信拒否する機能が追加されるそうです。NEC とネットスターという会社の協業で、今後はプロバイダや他の携帯会社にも売り込んでいくとか。プレスリリースを読んでもよく分からないのだけど、送信時に拒否する、って機能はないのかな。

なかなか、ベンリな機能っぽいものの、URL フィルタリングってのは、なんか、こう、いわゆる「Google 八分」 みたいな、ある種の意思が入り込むことの出来る余地があるのではないか(いやGoogle 八分が本当に存在するかどうかもよく分からんのですが) と疑ったりもするのですが、この辺は大丈夫なのかな。単純に迷惑な業者のURL リスト、というのは需要があるはずだけど、規模のメリットが出てきたときに、そろっと普通のサイトが紛れ込んでいたら分からないのではないかという気がする。

かといって「削除しましたよ」 というメールがいちいち来るのも本末転倒という気もする。必要に応じて開示請求(という言い方がいいのかどうか分からないけど) ができるとよいのか? オープンソース的にこういうリストを作るのも難しそうだけど…、なにげにワン切りメールの登録サイトなんかはうまく機能している気がする。

IE7 が出るみたいですよ

今年の夏、WindowsXP SP2 向けにInternet Explorer 7 β をリリースするそうな。IE7 は次期OS である Longhorn まで出さない、と言っていたのにこの方針転換てのは、やはりFirefox が無視できない存在になってきたからなのか。かつてのIE 対 Netscape のようなブラウザ戦争が再発するのは困りますが、お互いにより互換性を高める方向でバージョンアップされたら良いなぁ、と思います。

IE7 ではよりセキュアにブラウジングが出来ることを目指すそうですが、確かタブブラウザになる、とかいう噂もあったはず。IE7 でもSleipnir が使えるかどうかは微妙なところですが、その頃にはSleipnir 作者さんの新型ブラウザが出ているだろうから、あまり心配しなくても良いか。

インプレスの記事によると、スパイウェア対策ソフトの無償提供とか、Windows Update と Office Update などをひとまとめにした、Microsoft Update なるものを来月3月から開始する、とかあります。なにげに使いやすさ向上など、がんばってると思います。

[はてな] 落ちゲー

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

PSP のルミネスをプレイし続けること早数ヶ月。微妙だ微妙だと思い続けながらようやくLv90 手前くらいまでいったのですがそこで力尽きました。何しろこのゲーム、やたらと時間がかかるのです。携帯ゲーム機用のゲームなのに。具体的には1時間くらい。延々と。もう少し詳しくは下記を読んでくださいな。

「ルミネス」 プレイ中 | alectrope

で、確かに楽しい一瞬もあるのですが、そこに至るまでの時間がやたらとタイクツで、それはつまり「泥の中から砂金を見つける」 ようなどうしようもない忍耐力が必要とされるのです。娯楽の筈のゲームなのに。

そんな中でオススメされたのがGBA の「みんなでぷよぷよ」。何を隠そう、かつてはぷよらーだったのです。いや自分でもすっかりと忘れていましたが。トモダチがナゼかやたらとぷよぷよにハマり、メガドライブごとぷよぷよを買ったので、ひたすら一緒に練習してたのです、たぶん。ヤツは18連鎖とか組めるようになってましたが私はオーソドックスな階段積みで5連鎖程度というあまり大したことのない腕前。

で、久しぶりにやってみたぷよぷよは…覚えてる! 覚えてるぞッ!! というぷよぷよ脳の恐怖状態となり、ゲームによるインプリンティングは怖いなと思いましたという感想(他人事のように)。(元々あまり上手くなかったので)一瞬で勘も取り戻しましたし。てわけでDS のぷよぷよフィーバーを買うことにします。しばし待て。

自分がかつてぷよらーであったことすら忘れてしまうほど久しぶりのぷよぷよはプレイ中の1分1秒がタイヘン面白く、そう、これだよこれこれ!! という喜びと楽しみに満ちあふれて、かつての幸せなゲーム体験も思い出し、あぁ、こんな一瞬があるから、ゲームって止められないのよね!! いちお、まだゲームには見放されていないようです。

イマドキのゲームに対して面白くないなぁ、と思うことが年を追うごとに増えてきたので、最近はさしてゲームもやらなくなってきました。これまでのゲームプレイの結果として、似たようなゲームはもうお腹イッパイで、今後一切新しいゲームが出なくなったとしても、今手元にあるゲームで遊べば良く、たぶんもう何も困らないナ、と思うのです。お気に入りのゲームは収拾しておいた方が良いかも。

なので、凶悪な犯罪を犯したヤツがたまたまゲーム大好きだった、ってダケでゲームが規制される方向に行ったとしても、実はもう、困らない。完全に規制されたり、非合法化されて持ってるだけで違法、とかなったりするとマズいですが、18禁程度なら甘んじて受け入れましょう!!

…話がそれた。さて、話は戻ってルミネスですが、失礼を承知で言うと「連鎖を組むという、単位時間あたりの面白さが追求できないヒトが、逆に延々と時間をつぎ込むことで擬似的に似たような(等価ではない)面白さを得ようとするためのツール」 に見えて仕方がない、ということなのです。ごめんよ!!

単純に落ちゲーというジャンルでかぶっているだけで、ルミネスとぷよぷよは全く別種のルールに縛られたゲームですし、ルミネスはどっちかというと連鎖より同時消しを狙うゲームだと思うのですが、シンプルだけど奥が深い以前に2色しかないので飽きてきます。で、たぶんそこをごまかすためにスキンとかしつこく沢山入れてるんではないかと。オメーが下手だから面白くないだけダロ!? ってツッコミが来そうなのでビクビクしてみる。

やっぱり、丁重におもてなしした上でキッチリ3分以内で死んで頂くという、ゲーセンのルールに立脚したぷよぷよは良くできてるなー、と思うのです。ぷよぷよ通あたりで既に完成型。その後コンパイルはぷよぷよとともに成長、そして迷走し…、解体、今やセガが版権を持っていたりで時代の流れってヤツは…。

NDS 版「ぷよぷよフィーバー」 買った | alectrope

[はてな] 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第17話 「戦士の条件」

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

たぶん見所はホーク姉妹のシャワーシーン(えー)。あと、アスランxシンのカラミもその筋のヒトにはヨダレモンかと。と、ダメな書き出しで始めてみる。この調子だとアークエンジェル隊の出番はもうしばらくなさそうな感じ。ていうか後先考えてないよなヤツラ。議長は明らかに黒っぽい描かれ方をされてるけどどうなるのやら。

シンにエラそうにお説教たれてるアスランにしてもフラフラと敵対勢力間を行ったり来たりしてるので微妙に説得力がなく、いやいやよくよく考えてみれば前作SEED のグダグダ感を忠実に引き継いでいるのが彼かもしれない。ここまでのデスティニーはかなり面白かったわけですが今作主人公の筈なシンは徹底的に頭が悪い演出に踊らされてるし、この迷走の先に何があるか目が離せません。

いや目が離せないのはルナマリアたん(の絶対領域)だったりするわけですが!!

Google AdSense 始めてみました

ふと思いついたのでついカッとなって申請してみたら通ったので始めてみる。個別エントリの一番下にそのページの内容に沿っている(らしい) 広告リンクが表示されるようにしてみました。JavaScript オフの場合は表示されません。邪魔っぽかったらちょっと考えます。

申し込み時のメールはGmail のアカウントで行ってみたのですが、これでもちゃんと通る模様。

ちなみに…、amazlet でamazon アソシエイト やってるわけですが、現時点で売り上げは0円であることを、一応、説明責任として報告しておきます。書影が使えるだけでおっけーなので、無問題。

最近ついたコメントを表示する

「キミのサイトは付いたコメント一覧がなくて見づらいので付けなさい」 と言われたので付けてみました。

上記ページのサンプルを元に、少し手を加えて完成。アラ簡単。

(2005/02/24 00:15 追記)
ちょっと手直ししたので差し替え。
(2005/03/08 13:17 追記)
コメントは付いた順にしたほうが分かりやすいと思ったので手直し。


<div class="sidetitle">最近のコメント</div>
<div class="side">
<ul>
<MTEntries recently_commented_on="5" sort_order="descend">
<li>
<h2 class="entrytitle"><a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a></h2>
<ul>
<MTComments lastn="5" sort_order="ascend">
<li><a href="<$MTEntryPermalink$>#c<$MTCommentID$>"><span class="posted"><$MTCommentAuthor$></span></a><span class="posted"> - <$MTCommentDate format="%Y/%m/%d %H:%M"$></span></li></MTComments>
</ul>
</li>
</MTEntries>
</ul>
</div>

あと、コメントのリンクから直接そのコメントが参照できるように、個別エントリのテンプレートにちょっと手を加える。太字が追加部分。


<a name="c<$MTCommentID$>"></a>
<$MTCommentBody$>

誰からもコメント付かなかったとしても、古いエントリに追記した時の更新通知にも使えそうなので、とてもとてもベンリになりました。は、は、は。

HDD のヘルスチェック

  • PC

おお、ベンリっぽいです。ただ、起動のたびにインストーラーが起動するのが謎です。無料なんだから仕方ないけど、ちょっとうっとうしいぞ。

ウチではDTemp とHDD Health というのを併用してます。微妙にベンリ。

[はてな] 天外魔境II 卍丸

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

確か、CD-ROMドライブを搭載した、世界初の家庭用ゲーム機であるNEC のPCエンジン+SUPER CD-ROM2 で発売されたRPG。その濃厚なゲーム体験は今もってなお最高峰と推すヒトも多く、かくいう私もその一人。

ただもうハードの入手からして、中古屋ややふおくで良品を探すしかないのが難点。そんなわけでPS2 でリメイクされたりなんかしてるわけですが。なんとゆーかこれがまたツッコミドコロ満載なわけですよ。

しかしさてさてその前に、天外2 のゲームデザイナーである、桝田省治さんのサイトの以下のリンクなど、を必読。

Column 「天外IIのバトルシステムの基本コンセプト」

Column 「天外II 絹の話」

Column 「天外IIで削った心残りネタ」

Column 「天外II 今だから書ける絹の声の話」

Column 「桝田省治の制作ノート」

天外2 にはこの人の「悪意」 といったものが沢山込められてまして。といっても決して悪い意味ではなく、当時既に王道RPG だったFF やDQ にはないものがあったのでした。ネタバレになっちゃいますけど、ある村で突然殆どの村人が蒸発、その日を境に村には沢山の豚がやってくるようになり、残った村人は豚肉を食べ、豚皮を利用した安価で高性能な防具などが売りに出され、その防具を装備してそのエリアのボスを倒すと、その豚というのは実は…みたいな。

あとシステム的にも、かなり変わっていました。通常プレイだと70時間、段(レベル) も70-80 くらい必要になるのですが、各種巻物(魔法)、各キャラに固有の術を組み合わせ、使いこなすと確か20段ちょっと、26時間くらいでクリアできるようになるとか。発売後にゲーム雑誌に載った開発者対談で、読者投稿に対して「あー、それは巻物を全然使いこなせてませんねー」と言ったのは忘れられません。

で、PS2 版。いまどきらしく3D 化されたのに良心的お値段の4,800円。でもなにか、微妙な物を感じてやふおくで中古を購入。プレイしてみてビックリですよ。このゲームはもともとCD-ROM の凄さみたいな物をアピールする一面もあったので、いわゆる「ビジュアルシーン」(静止画コマ送りの紙芝居だけど) なども満載だったわけですが、このあたりもバッチリそのまま再現…、ってそのままかいっ!! いやそのままならそのままで良いのですが(今見るとかなり厳しいけど)、微妙に追加カットとかあったりしてるから始末が悪い。なんでそういうところ頑張りますか?

さらにさらに、3D にしたことでオリジナルが持っていた軽快さが全てスポイルされてしまいました。CD-ROM ゲームといえば長い読み込みが常ですが、一つの国の中では町、フィールドを含め、読み込みナシ待ち時間ゼロを実現、フィールドの音楽はCD-DA で流し続け、町、ダンジョン等のBGM はPSG で鳴らすという徹底した配慮がなされていました。が、PS2 版は町にはいるのにも読み込むだけではなく、町の家の中、2階へ上がる、等でもいちいち読み込んでくれます。なにげに移動速度が遅くなってる気がするし、全体的にかなりもっさりです。

なので、値段上がってもイイから変なコトせずにPCエンジン版そのままで出して欲しかった。いやそれじゃイマドキ売れないよ、っていうのはもうそこで間違ったいて、この程度のレベルでは対した効果は上げてないですよ、と思うわけで。オリジナルを知ってるおじさん(もうそういう年だよ…) が懐古趣味的に買うのが関の山で、今更新規に遊んでくれる層がどれだけいるのやら。リメイクの開発者のヒトはものすごく頑張ってまじめに作ったのだと思うのですけど、方向が間違っているというか、残念な感じというか。

と、読み込みに文句を言いつつ2時間ほどプレイ。1本目の暗黒ランを切り、帆掛け船で弁天様に会いに行き…、と、戦闘システムとシナリオのキレはそのままなのでその辺は安心。これでローディングさえもっと少なければ…ギギギ。

余談ですが、オリジナルのメインプログラマーは岩崎啓真さんという人で、パソコンから移植された傑作「イースI+II」 のプログラマーさんでもあります。この人は凄いよ!! と思ったのは続編(というか外伝というか外典というか)の「風雲カブキ伝」のダメっぷり(天外2のメインスタッフはノータッチ) を見たときに強く強く思ったものです。FF まるパクりのサイドビュー戦闘シーンとか(このころのPCエンジンゲームはやたらとSFC を意識してたしねー…)。とはいえ「カブキ伝」も他のゲームではついぞお目にかかったことのないような「仕掛け」というかどんでん返しがあったりするので、その部分だけでも全肯定。

というわけで長々、ダラダラと書いてみた。さすがはてなダイアリー、誰も見てない(だろう) し何ともないぜ!!

そういえばちょっと書き忘れてたことがあったので追記。PS2 になって音楽がショボくなりました。これはかなり致命的。PSG でもいいんだってばさー。

そうそう、もう一つ追記。ザコ敵との戦闘が異常にサクサクと進むのもかなり画期的でした。連射パッドでIボタンを押しっぱなしにしていればなにもせずとも経験値が入ったりとか。このサクサク感もPS2 では全てなくなったわけですが。

というわけで、はっきりいってPS2 版を以て天外2 を語る事なかれと言うことです。PCE からPS に移植されたときメモはあんなにも素晴らしい移植だったのにねぇ…、とか全然違うゲームを持ち出してみる。でも今や同じグループ会社ですから!!

2月のWindows セキュリティ修正プログラム

今月は緊急8件、重要3件、警告1件の、合計12件。IE の累積パッチも出てます。「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」 の新しいもの(Windows-KB890830-V1.1-JPN.exe) も出ています。

Windows UpdateOffice Update の両方を実行して、更新プログラムを確認、インストールしましょう。

緊急 (8)

重要 (3)

警告 (1)

Nessus をRPM でインストール

なんとなく、入れてみたくなったので、入れてみる。

まず、Nessus の動作に必要とされるGTK2.2、Nmap、OpenSSL のうち、Nmap のバージョンが古いみたいなので、Nmap のRPM パッケージを新たに作って、アップグレードします。

上記サイトから"Latest Stable Source RPM (includes NmapFE): nmap-3.75-1.src.rpm" をもらってきてビルド。特にSPEC ファイルもいじらないでOK だったので、ラクできます。


# rpmbuild --rebuild --target i686 nmap-3.75-1.src.rpm

で、おつぎはNessus 本体。オフィシャルにインストーラ付きのがあるのでこれを利用しても良いのですが、少し探し回って以下のサイトのSRPM からビルドすることにしました。今回もらってきたのは"nessus-2.2.2a-18.rh9.at.src.rpm"、"libnasl-2.2.2a-19.rh9.at.src.rpm"、"libnessus-2.2.2a-15.rh9.at.src.rpm" の3つ。

以下の順番で入れられました。


# rpmbuild -ba --target i686 libnessus-2.2.2a-15.rh9.at.spec
# rpm -Uvh /usr/src/redhat/RPMS/i686/libnessus-2.2.2a-15.i686.rpm /usr/src/redhat/RPMS/i686/libnessus-devel-2.2.2a-15.i686.rpm
# rpmbuild -ba --target i686 libnasl-2.2.2a-19.rh9.at.spec
# rpm -Uvh /usr/src/redhat/RPMS/i686/libnasl-2.2.2a-19.i686.rpm /usr/src/redhat/RPMS/i686/libnasl-devel-2.2.2a-19.i686.rpm /usr/src/redhat/RPMS/i686/nasl-2.2.2a-19.i686.rpm
# rpmbuild -ba --target i686 nessus-2.2.2a-18.rh9.at.spec
# rpm -Uvh /usr/src/redhat/RPMS/i686/nessus-2.2.2a-18.i686.rpm /usr/src/redhat/RPMS/i686/nessus-server-2.2.2a-18.i686.rpm /usr/src/redhat/RPMS/i686/nessus-devel-2.2.2a-18.i686.rpm

ただし、各SPEC ファイルの一部を書き換える必要があります。


%{eversion} -> %{version}

インストール後は上記サイトの説明でいけると思います。

今回クライアントはWindows 版の"nessuswx-1.4.5a.zip" を使っています。

スキャン結果は一覧にしてくれるのでベンリです。危ない部分に対しては対策も載せてくれます。いいですねこれ。

もちろん、これを自分の管理しているホスト以外に使ってしまうと不正アクセスと見なされる可能性が極めて高いので使っちゃダメです。

memtest86 のオフィシャルサイトへのアクセスはちょっと注意

  • Memtest86 - Memory Diagnostic Page
    http://www.memtest86.com/

これを書いている現在、上記サイトへアクセスするとノートン先生が警告を出してきます。「Bloodhound.Exploit.20」 というやつらしい。

これはCAN-2004-1305 で報告されている、「ANI(Windows アニメーションカーソル)ファイルの処理に関するWindows カーネル の脆弱性」 というものを利用しているそうなので、これの対策であるMS05-002 のセキュリティ修正プログラムを実行する必要があります。また、WindowsXP SP2 はこの脆弱性はないので影響は受けないとのこと。

んー、これは改竄されたのかサーバが感染したのか、なんなのか。"www.eclipseplugincentral.com" というサイトにウィルスの本体が置かれているのですがここも踏み台なのだろうか。よく分からない。

[はてな] 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第16話 「インド洋の死闘」

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

アスランが戦闘の指揮をすることになったわけですが…全然指揮できてないじゃんー。シンはやっぱり独断専行であとで頬はたかれてるし。これは予測できたお約束的展開だけど、これはたぶん来週につなげるために必要なシーンだったのだと解釈。

戦闘シーン自体もただただ冗長で、あまり面白くなかったかも。

※話数間違えてたので修正。EDITEDは数えないのか、そうか…。

マイクロソフトの管理者向けセキュリティ情報ページがリニューアル

セキュリティホール memo 経由。

毎月お世話になってるマイクロソフトのセキュリティ情報ページ(管理者向け) ページのフォーマットがリニューアルされました。これまで別ページ立てになっていた「このセキュリティ更新プログラムに関するよく寄せられる質問」 が同じページに含まれるようになったので、より見やすくなりました。

2月はいっぱい出そうです。Windows 関連だけで9件、しかも「緊急」 も含む、ということで…来週はかなり忙しくなりそうな予感。早く風邪を治さねば。

「PC Security Test 2005」 でPC の安全度を測定

何度かテストしてみたのですが…どうにも、結果が良くない。サーバを立ててる関係でOpen Ports ではねられるのは良いとしても、ちょっと他の部分がダメダメです。安全対策を再度見直さねば。

といいたいところなのだけど、このテスト自体が信用できる物なのかどうか微妙だったり。というかOutpost Firewall がチェック対象に入ってないのか? このへんの詳細情報とか載ってないなぁ…。

だいたい、JavaScript を切った状態で、本来のトップページであるはずの"http://www.pc-st.com/" へアクセスすると

PC Security Test is a free program for Windows that checks computer security against viruses, spyware and hackers

とか表示されて止まるし。JavaScript 使って表示させるページの振り分けやってるみたいだけど、こういう問答無用で任意のページへ飛ばす行為こそ、やっちゃぁいけないことだと思うけど。

Home > Archives > 2005/02

Return to page top