> 音楽

音楽

[はてな] 「ファミ通PRESENTS PRESS START 2007 -SYMPHONY OF GAMES-」 行ってきた

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

pressstart2007.jpg

大阪公演の方に行ってきました。会場は梅田の梅田芸術劇場で、2,000人弱入る会場の6-7割程度が埋まっていて、後ろの方や2F、3F席はガラガラそうな感じでした。

「SYMPHONY OF GAMES」 というくらいだから交響曲として楽しませてくれるのかと思いきや、全部スピーカー経由の音でかき消されてしまい。しかもなんか楽器の音が強すぎてコーラスとか聞こえないし。

あとまー色々イベントとしてどうなの? 的な事を色々と思ったけど、たぶん今の方向性では今後年1で開催とかは無理な気がします、とだけ。

司会進行の横山智佐はさすが舞台慣れしているというか、上手いなー、と。でも何故「檄!帝国歌劇団」 なのかとー。なんか当時と比べて高音出なくなってるような...? 記憶違いかな。あとなんかこの曲だけ演奏者たちの気合いが違っていた気がする。

アンコールはゼルダメドレーとFF7AC 版の「片翼の天使」 でした。

総じてまぁ行って良かったとは思うものの、5,000円くらいなら手放しで大絶賛だったかなぁ...、というような感じです。

写真はパンフに皆さんが手書きされたと思われるサイン。上から植松信夫さん、下村陽子さん、酒井省吾さん、近藤浩治さん、ですかねぇ。

ちょっと追記。

写真の角度的に、デジ一(たぶん) 持ってウロウロしてた方の写真ぽい。もし握手を求めに身を乗り出してたらバッチリシッカリ写真に写ってしまうところだった...、ということもないか。ないな。やっぱこういう会場行くときはDS 持って行くべきか。その発想はなかった。

ゲームプレイって激しく孤独なものだし、ゲーム自体を知らないと音楽にも思い入れができない傾向が強いので、いろんなゲーム音楽を演奏するのであれば、オリジナル知ってるヒト向けには現状のままでいいとしても、あまり知らないヒト向けに、せっかくスクリーンあるんだから、そのゲーム自体のバックグラウンドとかうんちくとかそういうのを表示させてもいいかも。現状は「画面を見ながらBGM として曲を聴く」ということになってるような。

とはいえ「コンシューマへの移植不可能と思われた「R-TYPE」 は、かなりの再現度でPCエンジンに移植されました」 で終わるんではなく「でも当時のROM 容量の制限からI、IIの二つに分けて発売され、前半終了時に表示されるパスワードを入力するとそのままの装備で後半が始められる」 とかまでやっちまうとドン引きなのでさじ加減は難しいかもと。

あと、「ダライアス」 と「スペハリ」 出すならなぜ「ナイトストライカー」 はありませんか!? とか言っちゃーだめですか?

[はてな] 「Gears of War」 サントラ届いた

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

B000SO7OVQ Gears of War / Game [Soundtrack, Import, from UK]

予定通り、本日到着!! 輸入CD なので、当然アメリカ仕様な「ケース上部にべったり貼り付けてるシールはがし」 に盛大に失敗、あーテープでぺちぺち取るのメンドウだなぁ...。

とにもかくにも、視聴開始。あー、コレだよコレ。ゲームの発売から半年もたってようやくサントラですよ。確かどっかで「○○が入ってなくて残念」 とか読んだような気がするけど、こんな曲あったっけ? ってのもあって大満足。あーED の歌? がなかったような気もする。

[はてな] 「Gears of War」 サントラ予約

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

日本のAmazon で予約開始しているとの情報をメールで頂き(ありがとうございます!!)、早速予約!! 

B000SO7OVQ Gears of War / Game [Soundtrack, Import, from UK]

まさか日本のAmazon で買えるとは...。灯台下暗しでした。

レコード会社のページにはまだ情報がない。

けどAmazon.com にはページができている。

ちょっと延期したりもしたけど、たぶん07/31 で確定だと思うので、届くのが楽しみ。

[はてな] 坂本真綾 「風待ちジェット/スピカ」 購入

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

B000F7M9JS 風待ちジェット [Single, Maxi]

オリコン初登場12位らしい。売れてるんかな?

かく言う私も、仕事帰りに鈴宮ハルヒに出てきた例のターミナル駅内の小さなCD 屋でゲットできたので、とりあえず、単にアニメの歌、って以上の扱いはされてるんかな。

個人的には、菅野よう子時代のインパクトが抜けず、いまだに音に重さがあまりなく、軽い、よくある歌謡曲みたいな曲には違和感があるのよね...。坂本真綾自身が書いている詩は結構良いと思うのだけど。

ただ、「坂本真綾の歌声を聞きたい」 というニーズは存分に満たしてくれるので、これはこれで。むしろ坂本真綾オンリー、つまりアカペラとかやって欲しいなぁ。あるいはピアノ伴奏のみとか。「おきてがみ」 はかなり理想的。

[はてな] FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN オリジナル・サウンドトラック

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

B000AO8CH4 FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN オリジナル・サウンドトラック [Soundtrack]

買おう買おうと思いつつ、今頃になってようやく確保。というか、正直に書くと、最初はまぁ買うまでもないか...とか思ってたのだけどどうやらデキが良いようだ、というのが分かったので急遽、という感じで。

で、とにもかくにも、聞いてみた。

映像と共に流されると、どうしても意識が映像の方に行ってしまいがちだけど、サントラだと音楽だけをじっくりと楽しむことが出来るのが良い感じですね。ピアノバージョンのティファのテーマとか、落ち着いて聞くのにもってこい、という感じ。

そういう静かな曲や元気な曲などもあるので、オーディオのチェックCD なんかにも良いかもしれない。なんとなくだけど、音にクリアさがあるような(どんなだ!)。

iTunes で192kbps のAAC に変換してiPod に放り込んだので、しばらく聞いてみよう。

私の耳ではiPod でも結構聞けるナァ、とかいう感じなのです。ええ。

やはり植松伸夫スキーならおさえておくべきだよね! これは。

[はてな] 坂本真綾 「夕凪LOOP」

※この記事ははてなダイアリーから移転したものです。リンク切れなどは(気が向けば)修正するかも。

B000B84PIY 夕凪LOOP(初回限定盤) [Limited Edition]

B000B7MCBM 夕凪LOOP(通常盤)

今回のアルバムは、というかここ最近の坂本真綾には、かつてはあったはずの菅野よう子の姿が見つからず、壱ファンとしてはそのへんの事情は分からないけれども、菅野よう子ありきの坂本真綾と思っていた私としては、他の人の作曲する歌ってどうなのよ、と。

つまり坂本真綾単体のアルバムとして、自分は楽しめるのかどうか、というのがすごく心配だった。最近ちょっと顔変わったような気もするし、不安要素とかわりとあったりで。あとルナマリアとかな!!

などということを悶々と思っていたため、買うのも遅くなったものの、遅ればせながらAmazon で発注かけて初回版が手に入ったのでほっとした。今のところはまだ在庫あるみたい。

で、視聴。んー、やっぱり微妙かなぁ、と思ったけど、後半からかなり良い感じに。変にポップなのより、自然に耳に入るような、しっとりとした歌の方が向いてるのかも。

後半はどれも良いけど、7曲目「月と走りながら」、8曲目「NO FEAR / あいすること」、9曲目「ユニゾン」、10曲目「冬ですか」 とかが良かった。特に「ユニゾン」。なんか、上手く言葉には出来ないものの、これからの坂本真綾が進む方向性が分かったような気がした。声優業は全部辞めて歌うたい専門になってもいいかも、という気がしたりしたり、という壱ファンの妄想。

とにもかくにも、買って良かった。ちゃんと毎回毎回アルバム買ってるアーティストさんってこの人くらいだよ。次のアルバムも期待。

ちょこっとコピーコントロールなおはなし

avex とソニーミュージックがそれぞれCCCD によるアルバム発売を止める/段階的に止める ことになったりと、最近ちょっとこのあたりのお話が騒がしそうです。このあたりを小寺信良さん と津田大介さん が対談。なかなか、興味深いです。あと、「妖精現実 フェアリアル」 より、DMCRA なお話と「「コピーさせないこと」に課金するのが合理的な理由: 「コピーに課金」でなく」 なお話。こういう仕組みが実際にあるとかなり面白いかも。

ちなみに、CCCD というのはPC のCD ドライブの性能依存で読めたり読めなかったりするらしく、ウチのドライブ(DVD マルチ NEC ND-2500A) だとCCCD であっても特になんの制約もなく普通にiTunes で取り込んでiPod で聞けております。もちろんちゃんと自分で買ったやつ(安藤祐子 x2枚)。いちおう、根拠などをあげておきます(ちょっと弱気)。

(2004/11/10 22:21 追記)

坂本真綾ファンクラブ第2期会員募集開始

ライブ行くこと前提で考えるならば入るべきか、と思いつつのメモ。

  • 募集期間は 06/15 10:00 - 07/30 20:00
  • 申し込みはローソンのLoppi からのみ
  • 気になるお値段は年会費5,000円 + 申し込み手数料200円 の計5,200円
  • そして会員特典は、会員証の発行、オリジナルグッズプレゼント、会報誌を年4回発行、ライブチケット優先販売、オリジナルグッズの販売、など

まだ時間的に余裕があるので、よーく考えよう。

しかし公式サイトの告知にお値段書いてないってのは片手落ちもいいところですよ。ロッピーのサイトの検索でもデータベースの更新されてなくて情報でてこないし。というわけで夜食買いついでにローソンまで出向いてローソンチケットの冊子貰ってきました。

坂本真綾ライブ「タナボタ3 ニコパチなどなど」

坂本真綾 さんのライブに行ってきました。いやー、なんか、男ばっかりを予想してたのですが意外に女性も多く、びっくり(男女比6:4くらい?)。

当然、ライブなので生坂本真綾が見られるわけですが、私的には生菅野よう子が見られたことがとても嬉しくて。音楽が好きで好きで仕方がない、という感じで、だからこんなにも様々なステキな曲を作って行くことが出来るのかなあ、とか。

もちろん曲の良さもさることながら坂本真綾のステキな声が当然メインなわけで、かなり好きな「オレンジ色とゆびきり」が演奏されたのでもうかなり満足。「うちゅうひこうしのうた」を密かに期待しつつ、結局それは無かったのだけど、ラストの「おきてがみ」にやられた。震えた。

チケット予約電話に50分電話し続けてやっと繋がって、「完売しました」とのアナウンスを聞いたときはもうどうしようかと思ったけど、色々手を尽くして行くことが出来て良かったですよ。また次回を期待。てかもうこうなったらファンクラブ入るべきですか?

Index of all entries

Home > 音楽

Return to page top